投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秋刀魚

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 9月22日(土)06時13分27秒
返信・引用 編集済
  今年はまあまあの水揚げみたいで良かったね。
少し小ぶりだけど油は乗っているそうです。
それにしても最近は秋刀魚の頭と内臓を取ってあるものが
売られているけど、何だって一番旨いところを捨てるかなあ。
犬、猫だって内臓から食べるらしいのに。

まあ、大きなお世話かな。

ところで、台風24号は不気味だよ。
 
    (風)  一時獲れすぎて処理できないなんてニュースで言っていたけど、北海道の地震で急に獲れなくなったかなんかで品薄になったということだったけど(あるいは流通の問題だったのか)その後どうなったんでしょうね、今はそんなに安くはなかったけど普通に売っていたけど。

 秋刀魚はなんと言ったってハラワタだよね、我が家の三人は絶対に食べないね、こどもは母親に影響されるから、見た目ちょっとでもヘンだともう食べないからね、あんなに美味しいものを。

 台風24号、ECMWFで見る限り、また中華民国方向に行くみたいだよ、まだわからないけど。
 

いいぞ太郎

 投稿者:じっちゃい  投稿日:2018年 9月21日(金)21時38分14秒
返信・引用
  一人登校、さすがの根性だ!頑張れ、応援してるぞ!  
    (風)  などと、考えるのは我々爺さんたちくらいですよ、太郎はおそらく腹の中で親は選べないからなあとぼやきながら歩いていることでしょう。  

緊張感

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 9月20日(木)06時58分48秒
返信・引用
  そんなに年中緊張していると、しまいにプッツンするよ。
いいじゃないの風ぐらい。
オット! 風じゃなくて風邪だった。
 
    (風) いや、かんべんならねえ。後期高齢者がピンピンしているというのに。普段でも緊張感が足りないのにさらに足りないなんて。  

無事通過

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 9月 5日(水)10時20分35秒
返信・引用
  強風・豪雨・深夜の雷は有りましたが無事に朝を迎えられました(ホッ)
ニュースではかなりの被害が伝えられてますが皆さんの所はいかがでしょうか。
阿蘇は今回も余裕でしたね。
 
    (風)  ご無事でしたか、良かったですね。
 おかげさまで、今回も阿蘇は波風立たず(もともと波は立ちませんが)でした。
 台風が通った各地のみなさん、今頃ドッと脱力中でしょうね。
 

Re: 宝探し

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 9月 3日(月)13時05分49秒
返信・引用
  早生品種の「阿蘇コシヒカリ」 納得です。
白州の田んぼもかなり黄金色に実ってきていますね。
此方の品種は良く知らないんですが「白州米」として販売され
大変美味しいお米で地元だけの味です
(他県へ販売するほどの生産ではないから)
何となく水の良い所の作物は美味しいような気がしますね。

それにしても台風21号 かなり脅威ですわ。
伊勢湾台風の進路に似ているとか・・・
その昔 伊勢湾台風で大きな被害が出たという白州ですから
今回はちょっと気がかりですよ。
これ以上各地に被害を振り撒かず なるべく大人しく進んで欲しいものと
切に切にお願いします。
 
    (風)  確かにコメは水に影響があるでしょうね、平野部の都市圏に近い田んぼは付近を流れる河川から田の水を引くわけで、それに対して白州や阿蘇なんかほとんど山からの綺麗な水を引くわけですからね。

 いつも確認しようと思っていながら忘れてしまうのですが、「阿蘇コシヒカリ」の頭につく「阿蘇」という言葉。阿蘇で出来るコシヒカリなのか阿蘇コシヒカリという品種なのか。コシヒカリという言葉は魚沼地方で作るコシヒカリでしか使ってはいけない、だから同じコシヒカリでも他の地方で作るコシヒカリには頭に産地を付けなければならないルールでもあるのかなあ。

 もともとコシヒカリは新潟県の魚沼地方で開発されたコメで、今では全国でコシヒカリが作られているので、あえて魚沼産コシヒカリと言っているのは、これは本来の本場のコシヒカリでよという意味なんでしょうけど、阿蘇の場合はどうなんだろう。

 我が家では最近、「姫ごのみ」という品種のコメを食べています、これは少しだけウルチ米よりモチ米に近い品種なんでしょうか、もちもち感が普通のコメより有ります。美味しいコメで、このコメを分けてもらう農家でも、うちではこちらのほうが美味いと思っているのでこれを食べているということです、晩生のコメで、コシヒカリよりは一月ほど遅くなりますが、それでももう今はそんな季節になったのですね。

 今年はずいぶん久しぶりに台風に遭わずに稲刈りができそうです、と言っても今年は台風が多いので、この先はまだ全くわかりませんが、早世のコメはなんとかセーフのようです、秋台風はあまり九州には来ないので、このまますべての稲刈りが無事終わることを願っています。

 それにしても、台風21号、心配ですね、台風というのは実際に来てみないとNHKなどが大騒ぎするような下馬評どおりの台風かどうかわからないことが多いのですが、今回もまたそうあってほしいですが、避けられそうにないし、大きな台風のようですね、直接コースにあたる地方、居ても立ってもいられない気分だろうと本当に同情します。

 伊勢湾台風の時は小生は高校生でした、大学に入って名古屋出身の友人が、高校時代に台風の後の片付けでボランティアで参加した時に、たくさんの犠牲者の遺体を見たと言っていました、記憶に残る台風でした。今回の台風明るい時間帯に通過するようなので、それが少しは救いになるでしょうか、白州は直接のコースからはかなり離れているようですが台風の東側、要注意なようですね、どうぞご無事で。
 

Re: 宝探し

 投稿者:  投稿日:2018年 9月 2日(日)10時43分31秒
返信・引用
  ミモザさんへのお返事です。

 書き漏らしましたね、稲のこと。

 もう殆ど稲刈り間近な黄金色の穂は、そうです、早世の「阿蘇コシヒカリ」ですね。以前はもうひとつ晩生の稲があって一月くらい遅れて稲刈りがありましたが、今では更にもう一種類加わって、これは減反政策に代わる米があります、飼料用の稲で、飼料用の米が生る稲と実がつかない葉だけの稲があるようでこれはまだ青々としています。それに加えて転作や休耕田もあるし、色様々な田んぼ風景です。
 

宝探し

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 8月31日(金)11時08分40秒
返信・引用
  雑草の中の探し物 大物ばかりですね
それだけ広大な土地 広大な雑草園ということでしょうか。
時々する私の探し物は小さなシャベル・草抜き用のヘラ・剪定ハサミ程度かな。
土地の広さと雑草の程がわかりますわね。
昨日どんぐりが畑を耕した所から数個の立派なジャガイモが出てきましたが
ちょっと虫食いや傷がありますよ。
まだ調理してないので中はどうなってるのか??ですが。
うるさく言う人が居なければどんぐりもジャガイモを
ほったらかしているかも知れませんわ。
暑い中耕した畑には野沢菜と大根などの冬野菜を作る予定ですが
家でゴロゴロしてるよりちょっと体を動かすとその後のお酒を食事が
美味しったらないんですよね。
‥といっても1~2時間働くだけですよ それなりの土地ですから・・

通学路の写真から見える阿蘇の田んぼはかなり黄金色に色付いてる所がありますね。
早生品種でしょうか そちらも台風の被害から逃れて綺麗です。
21号の進路が気になります。

 
    (風)  都市部でしたら大地主というところですが田舎では特に珍しくありません、それでも管理するとなると、道楽のメインを菜園と屋敷の管理にでもしないと絶対に出来ませんね、だからもう自然まかせで行っています。我が家は全く塀なんてありませんのでどこからでも入ってこられますが、昼はともかくも夜は絶対に侵入不可能です。最近のボンはあまり当てに出来ませんが、天然の要塞というか、真っ暗ななか明かりも付けずに我が家に接近は絶対に出来ません、足元がどうなっているかわかりませんからね、小生ですら不可能だと思います。だから、家の連中、小さな窓の戸締まりまで神経質に鍵をかけていますが、一体どうやって入ってくるんだと言っても安心できないのでしょうね。

 今日、ようやく、というか今年は少ししか植えませんでしたが、ジャガイモ、終わりました。少し腐っていましたが、それは地中にあったからではなくて、普通に掘っても、どうしてだろうと思うようにいくつかのイモは必ず腐りますから、そういったイモだったのではないのかなと思っています。

 すべての道はお酒に通じる、ですね、どこかで喜んでいる男が居そうだ。

 一年はあっという間に経つのが、見守りで立っていて感じますね、厳冬期から桜そして若草の季節、もう稲も黄金色に染まって、まもなく稲刈りのあとは切り株の風景、そしてまた・・・写真を見ると毎日同じように歩いている子どもたちの背景が変わってきます。

 今年は、阿蘇は奇跡的に台風が来ないで済みそうかなと思っていますが、気象庁は裏切るのでまだ安心はできません。
 

半鐘泥棒

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 8月24日(金)07時25分56秒
返信・引用
  昔、背の高い人を「半鐘泥棒」などと言って
からかっていましたよね。
小学校3年位の時、江戸川区小岩に住んでいましたが
同級生の父親が消防署長だったので署の火の見やぐらに
何回か登らせてもらいました。(今なら事件かも)
その火の見やぐらにも半鐘がありました。
 
    (風)  うん言った言った。昔、新入社員でものすごく背の高い男がいたので、「オイ!半鐘泥棒」と言ったらキョトンとしていた、もう半鐘なんて無いし、完全に死語だった。

 それに、昔の消防署には必ず望楼があったけど、高層ビルだらけになったからかどうか知らないけど、新しく建てる消防署にはもう火の見櫓だとか望楼なんか無いんじゃないでしょうかね。
 

ボッチラジオ体操

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 8月23日(木)08時59分49秒
返信・引用
  小学生が(多分)初めて東京へ二日間、虎舞を演じて翌日は東京見物して帰郷、これは子供にとっては重労働でしょうね。

疲れて当然、と言う訳で風さんがボッチラジオ体操。
何だか颯爽とやっている風に見えますね。
見えるじゃ無くて実際に颯爽とやってるんだと返ってきそうです。

ところで颯爽としている写真の右上に見えるのは半鐘ですよね。
緊急事態のときに叩くのでしょうか。

当地の集会所の敷地の隅に火の見櫓があって半鐘も下がっていましたが、かなり前に取り壊してしまいました。
半鐘は何処かに保管してあるのかと思いますが。

 
    (風)  太郎は赤ちゃんの時から何度も千葉のおじいちゃんの家に行ったりで乗っていますが、今回初めての子も何人かいたようです、そうですよね、特に何かない限り小さな子が飛行にのることなんてありませんからね、いい経験をしたと思っています。
 太郎が赤ちゃんの時に、そういうことがないように予め眠っている間にと段取りをして乗ったのですが、飛び立った途端に泣きだして、降りるまで泣き止まず親を困らせたことがありますが、まだ言って分かる年ではないのでこんな時は本当にお手上げです、乗り合わせた乗客もとんだ災難だったでしょう。そういった事があったからかどうか(もちろん太郎は覚えていませんが)、飛行機はあまり好かん、と言っています。

 半鐘、お気づきになりましたか、さすが目の付け所が違いますね、あれは今の集会所を村の人全員で建てた時に、昔使っていたのでしょうね、どこからか古い半鐘が出てきたので、記念にと、あそこにぶら下げてあるだけで使うことはありません。最近はいろいろと不心得者がいるので、ただぶら下げておくだけだと危ないので、太い鎖で二重三重に縛り付けてあります。
 

飛行軌跡

 投稿者:JR1FHY  投稿日:2018年 8月21日(火)19時20分16秒
返信・引用 編集済
  毎度ご搭乗いただき有難うございます
777ー200今日は大型の飛行機ですね
 
    (風)  リアルタイムで軌跡がわかるのだから便利な時代になりましたね(理屈はAPRSと同じなんですけどね)。
 そうですか、大型機ですか、そのあたりの知識が無いもので。

 台風かなりまだ遠くにありますが、大きな台風なんですねもう結構風が強くなっています、無事に着陸してくれることを願っています。
 

残念!

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 8月21日(火)17時24分12秒
返信・引用
  「ニッポンの祭り・・」映りませんでしたね 残念です。
もしかして7時のニュースでやるかもと思ったけど此方も無し。
台風の進路以外には気になるニュースも無かったし 全国の祭りなんだから
ちょっとだけでも映してくれたら良いのにと思いつつ・・
風さんの熱い気持ちはしかと受け取りましたわ。
そちらでは今日見られるんですね 良かった!
 
    (風)  東京ローカルでやったようで、ネットのNHKにありました、でも、坂梨虎舞いの演舞はカットでした。
 https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180820/0017077.html

 こどもたちは先程羽田を飛び立って熊本に向かっています、軌跡がリアルタイムでわかるのだから便利な世の中になりました。
https://ja.flightaware.com/live/flight/ANA647
もうこちらは結構風が出ています、無事に着陸することを願っています。
 

今夕6時10分からのNHK全国ニュースをご注目!

 投稿者:  投稿日:2018年 8月20日(月)15時26分33秒
返信・引用 編集済
   本日、坂梨の子どもたちが「虎舞」で出演した日本青年館ホールでの「ぼくたち、わたしたちのニッポンの祭り2018」の様子が夕方6時10分のNHK全国ニュースで放映されるそうです。
(虎舞のカットが入るかどうかはわかりませんが)

 でも、この時間って「クマロク」というローカルニュースの時間じゃないだろうか・・・・

確認してもらいました、全国放送に間違いないそうです

http://

 
    (風)  で、結果ですが、NHKの放送はありませんでした、ニュースはナマモノですから差し替えがあったのでしょう。

 因みに熊本ローカルになりますが、明日の夕方(8/21)、KKTで放送があるそうです。
 

まだまだ・・

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 8月20日(月)09時44分52秒
返信・引用
  意外とその先の展開があるやも知れませんよ(笑)
久賀町は実家のある周防大島町から車で約1時間かな?
 (都会のように一直線の道路がなくて海岸線を走るので)
父はその久賀町で食料事務所関係の会社をしてました。
そして姉の嫁ぎ先も久賀町・・と言っても義兄の仕事は関東でしたから
古い大きな家だけが残っているはず その姉夫婦が今80代です。
私の母方の従兄弟は全員関東近県に散らばってます。
「ファミリーヒストリー」 ひも解いて行くと何処かでつながっていたりして
ちょっと面白いですね。
 
    (風)  えっ、まだ続きそうですか、当地もそうですが、人の出入りは都会と違ってあまり多く無いと思うので直接往来は無くてもああ、知っているよという場合が多ですね。なんとなく「知っているよ」的に繋がりがあるかもしれません、何かの折にでも、世間話の材料になるかもしれないので、もう少し情報を送っておきますね、プライバシーになるので、後からメールでお知らせします。
 
 

Re: 台風進路

 投稿者:  投稿日:2018年 8月20日(月)04時28分30秒
返信・引用
  > No.5676[元記事へ]

ミモザさんへのお返事です。

 周防大島の件です。

 小生の親戚筋が住んでいる場所は、二歳児の遭難事件があった場所とは山を隔てた反対側の旧久賀町の流田という集落で、その付近では結構「町なか」だということです、80歳を越えたお母さんがご健在だそうですが、ミモザさんのご実家は海まではちょっと歩いていけないということでしたので、ピンポイントの位置関係ではなさそうですね、いやあ残念でした。この話、この先もっと展開があるかなあと期待をしていたのですが(笑)

 なんだか周防大島、非常に興味が湧いてきました、ここからはそんなに遠くないのでそのうちに機会を作って行ってみたいと思っています。
 

台風進路

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 8月18日(土)20時49分29秒
返信・引用
  何か定まらない動き・・・と思ったらかなり定まって来た台風進路。
今年の台風は関東を目指して来るのも多いですが何故か進路になっていても
此処白州は被害も無く・・いえ雨風も全く無く なんかなあ~って
予報を聞いてます。
何かあってはいけないと大袈裟に注意を呼び掛けてませんか気象庁!
台風では風雨は無くてその後雨が降り 昨日からめっきり涼しくなりました。
全国的なお天気のようですね。
うっかり夏掛けで風邪をひかないようにしましょう。

風さんの親戚にも周防大島出身者が居られるのですか!
確か淡路島に次ぐ大きさ(違ったかな?)の島ですから知らないとは思うけど
それにもう島を出てから50年 余りに昔の事となりました。
因みに私の旧姓は小百合さんと同性です。
とにかく新鮮なお魚とみかんの美味しい所なんですよ。
でも実家は海には遠くて歩いては行けません。
もし行かれる方には良い所を紹介しますよ(笑)
 
    (風)  今年は台風の波状攻撃で、それでいて、幸いなことに直接被害を被るわけでなし、というところですが、台風19号と20号が続けてやってきますね。
台風19号はかなり大きな台風のようで、今回は駄目かなと思っていたところ、当初の予想からかなり西側にずれてきていて、また東にぶれないでくれよと祈るばかりですが気象庁はすぐに裏切るからあまり期待しないことにしましょう。

 周防大島の「親戚」と言っても、親戚と言えるかどうか、過去の親戚の葬儀などの席ですれ違ったことがあるかどうかくらいの距離ですから、あっ、いや待てよ、もうかなり昔に、子どもたちを連れて家族で立ち寄ってくれたことがあったような、後で日記で調べてみます。もし、もう少し大島の情報が入れば、また、その時に。

 でも周防大島はここからそんなに遠くないんですね、日帰り圏内で十分に行けますね。
 

京浜東北線

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 8月18日(土)18時03分27秒
返信・引用
  京浜東北線という呼び名は未だ残っている様ですね。
ただ以前と違って、大宮と横浜の間だけをそう言う様です。
ですから大宮から北は宇都宮線と書いてありますね。

そう言えば、栃木方面の人は東北線と言う表現は何だか遠い田舎のイメージがあるので好まない云々と言うのを読んだ記憶があります。
 
    (風)  そうでしたか。最近は昔のいくつもの「路線」をまたいで、電車が走っているので、昔の「何々線」という言葉があまリ意味がなくなってきましたね、ハッキリしているのは山手線くらいですか。今では遠くで事故があっても全線が止まることがあるとかで、便利なようで不便なところもあるようですね。

 最近友人から聞いたのですが、以前は東京始発だったのが、もっと北の方から電車がやってくるので東京から座って帰ろうと思っても空席がなくて座れないと言っていました。小生の頃は、東海道線で通勤していましたが、職場は有楽町駅が最寄り駅で、朝は新橋で降りずに、終点東京まで行ってゆっくり一駅折り返して出勤して、帰りも方向的には新橋駅が駅になりますが、有楽町から反対方向の東京まで行ってそこから座って帰ったものですが、今はそれがもう出来ないのですね。
 小生がいた頃は東海道線を途中から離れて新宿に行く「新宿ライナー」という特別な電車が走っていましたが、数年後に上京したときに、駅のアナウンスで新宿LINEという放送を聞いたときに、駅員がライナーと言うところをラインと言っているな、間違っているな、と思ったところ、小生がこちらに来てから新宿ラインという路線が出来て埼玉の方まで走っていることを知りそれも特別な電車でなくて普通に走っていることを知りました。今は東京を中心に人の動きがウンと北からウンと南まで行き来が盛んになっているのですね。うっかり寝過ごすと大変なことになりますね。

 東海道線も東京から小田原・熱海くらいまでの間を「湘南電車」と言いなれていましたが、今はどうなったのでしょう、あまり縁のない人に、同じ線を走る東海道線、湘南電車、それに横須賀線の違いを説明するのに苦労したことを覚えています。

 それに最近は東京環状の高速がどんどん整備されて、小生はもう完全にイナカ者になってしまいました。
 

台風他

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 8月18日(土)13時11分9秒
返信・引用
  台風他

全くめまぐるしく来ますね、特に九州には。まるで山手線か京浜東北線(こりゃまた古い書き方?)のホームに立っているようでしょうね。

台風13号接近の時、風さんにご心配をお掛けしましたが、敢えて返信はしませんでした。風の師匠が曲がれ、曲がれと念じてくれていましたので必ず曲がると。結果は台風らしき現象は何も起こらず至って平穏に夜が明けました。

それにしても凄い「スーパー爺さん」がいたものですね。日頃いやなニュースばかりの中、久しぶりにほっとして心温まる知らせでしたね。
珍しく昼のワイドショーなんかの時間に家にいたものですからつい見てしまいました。

既に何回もボランティアに出ているとか、九州本島南端から北海道北端まで歩き通したとか、普段は毎日8㎞のランニングをしているとか・・・・

今回も子供の行動特性を理解して、万全の計画で臨んだようです。ボランティア精神の完璧な履行といい実に見事ですね。

それにしても特に怪我などもなく、僅か20分ほどで発見というのも驚きです。天が味方したというのでしょうね。
動員されたので見回っているというレベルとは相当の開きがありますね。

 
    (風)  えっ、今はもう京浜東北線とは言わないんですか。山手線は山の手線(字は同じで読み方だけの違うのかな)と言うようですが。

 今やってきている台風19号、これは手強そうですが、そのあとからすぐに気象庁はまだ決めていないようですが、台風になるのでしょう、似たようなコースで次なるやつが来ているようです。
http://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp2318.gif

 「二歳のこども」、これはもう奇跡としか言いようがないですね、あれだけの人数と時間で見つからなったというのはどういう探し方をしていたのでしょうね。ちょっと写真を見たところ、棒で草むらを突っついていましたが、もう死んだものとしてBODYを探していたのでしょうかね。小生いまだに信じられないのですよ。
 

かくして

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 8月17日(金)06時27分6秒
返信・引用
  ジャンクの山がどんどん増殖するのである。
家にあるのも送ろうか?
一山10K、着払いでどう???
 
    (風) モノにもよるけどね。D-70も入っているなら商談成立だ。
ジジイ科学教室の初めの一歩もこんなところからだよ。
 

良かったです

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 8月16日(木)16時15分37秒
返信・引用
  本当に見つかって良かったですね 2歳のヨシキクン。
見つけたのは大分から駆けつけたボランティアで78歳の男性だとか。
65歳でお魚屋さんを止め以来ボランティアに全国へ自費(年金)で
出かけるのだそうですね。
ボランティアだから車に寝袋だど積み込んで相手先に迷惑かけないように
今回も当家からお風呂を進められたけど断ったとか。
実は山口県周防大島郡は私のふるさとなんですよ。
だから余計に事件性が無く無事に見つかって欲しいと祈っておりましたので
本当に良かったです。
 
    (風)  小生、パラパラとヘッドラインニュースしか読んでいないので詳しくわからないのですが、大勢の人がしかも2日でしたっけ子供が動くであろう範囲を捜査してみつからなったのがどうして簡単に見つかったのかなあ、それに、二歳の子供が夜なんか真っ暗の中に2日もどうしていたのろうか、どうもよくわからないのですが、とにかく無事であったのは本当に良かったと思っています。

 ミモザさんの故郷は山口県で確か海があるということは記憶にありましたが、それが日本海側だったかな、瀬戸内側だったかなと思っていました、というのは小生の従兄の長男(と言っても40代)の奥さんが周防大島なので、ミモザさんもそこだったかなあと思っていました。他の土地の人が、島というと、そこにいる人は全部知り合いだと思ってしまうのですが、大きな島で、そんな事ありませんよね。そのうち機会があれば、そのあたりを確かめてみたいなと思っていました。人は意外なところでつながっているものですからね。

 

Re: 13日の日記の花

 投稿者:じっちゃい  投稿日:2018年 8月15日(水)22時38分43秒
返信・引用
  > No.5670[元記事へ]

種明かしをします。

先日和尚のお墓詣りに御地に参りましたが、道中、県境から高森峠にかけて道路際に可憐な花が今を盛りに咲いていました。気になって帰って検索したところキツネノカミソリと出ていました。それにそっくりでしたので分かった次第です。造詣が・・・どころか偶々です。
 
    (風)  そうでしたか。佐土原爺孫の虫好きもそうですが、人の趣味・道楽・興味の対象は千差万別、足元に目をやると野草などもちょっと見るだけで驚くほどの種類があるのでしょうね。

 小生はその方面には全く疎いので、昔気になってわからないとよく日記に写真を載せて和尚から教えてもらったものでした。足元の世界、虫も草花も同じ目線ですね、だからじっちゃいは小生よりははるかにご存知でしょう。

 ここ阿蘇の野辺に咲く野の花の種類も夏から秋へと足早にその姿を変えている今日このごろです。
 

/271