投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


金髪

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 6月21日(木)06時47分56秒
返信・引用 編集済
  サッカーが嫌いになったのは日本人の金髪とサポーターと称する
人達の行動ですね。
ミモザさんの仰る通り観戦すれば面白いとは思うのですが
どうも年齢を重ねる毎に頑固というか意固地になってきていると
自分でも承知しているのですが。
カミサンにも怒られていますよ。
それでもスポーツ選手が金髪にしたりタトゥーを入れるのは如何なものか、
小生は嫌いです(と、又しつこいですね)笑

PS スポーツで好きなのは空手、剣道。柔道のような武道です。
  これらは、スポーツとは若干違うのかもしれませんが。
 
    (風) ジジイ二人がウルサイのう、ですが、基本的に何でもかんでもあちらの完全コピー、フーリガンでしたっけ、あんなことまでマネをして、スクランブル交差点の無法占拠なんかどんどん摘発すればいいのでよ、結局今の若者の甘やかしですね、でもこれはサッカーとは基本的に別問題ですが、詰まるところ、あれもこれもみんな含めてこれが「サッカー文化」なのかな・・・・・サッカーは見ると確かに面白ですね、で収めますか。

 日本の武道をどうしてオリンピックなんかに採用してもらわなければならないのでしょうね、そのために古来の「作法」を枉げてまで。特に柔道なんかそうですね、単なる格闘技じゃないんだから。

 「国際化」とはは向こうに合わせるということでは無い!
 

まあまあ・・

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 6月20日(水)11時48分55秒
返信・引用
  サッカー嫌いの風さん 皆さん
昨日の試合は最高でしたよ!!
勝てるとは思わなかったけど運も良かったし
良く頑張っていましたよ
サッカー大好き婆さんなわけじゃ無いけどワールドカップだけは別物です。
コロンビヤの声援がうるさい中小柄な体系の同胞が走りまくってて・・
選手の名前と顔も全部は分からないけど それでも感動します。
サッカーは原始的なルールで分かり易く本当にシンプル
そして とても頭を使うスポーツみたいです。
金髪にしてるくらい大目に見てあげましょうよ。
世界で戦っている選手達なんですから色々な考えもあると思いますよ。
次回のセネガルとの試合は深夜になるけど是非起きて応援しましょう。
きっと夢中になりますよ(笑)
日本人は4種の血液型があるけど一種類の血液型の国もありますよね。
血液型性格判断は有りえないらしいですが 当たってると思う事も多々有り
リオのカーニバルなんかほとんどがO型の性格の国民らしいお祭りですね。

開催国ロシアはオリンピックやワールドカップで西側諸国からの非難を
避けてるんでしょうが 何もしないよりは良いかな・・
米朝会談も同じかも・・・です。
 
    (風)  いやいやここにサッカー好きがいたか。そうです、そうです、サッカーは面白いですね、戦争になるくらい熱くなるスポーツですからね、なんてすぐに変節する。

 確かに観ていると面白いのはわかります、一瞬で局面が変わるので目が離せませんからね。それが国を背負ってやる試合だと更にそうですね、愛国者たる小生も全く同感です。ただ、わざわざ見ることはしませんが。

 それに、あのわざと転んで相手に足を掛けられたなんて騒ぐのなんとかなりませんかね、もっと紳士的にやってほしいですね。痛くても痛くないふりをする、これぞ「もののふ」のスポーツだと思うのですが。

 なんとかベスト16(でよろしかったですか)に残ってほしいですね。
 

「村道Bつづき」他

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 6月20日(水)09時44分33秒
返信・引用
  5月26日にも書きましたが、長陽大橋のライブカメラの村道「B」が数日前から広角の画像に切り替わって長陽大橋の絶景が見えます。
村道Aと村道Bを比べてみると二つのカメラが互いに相手方を見る様になっているのが良く分かります。
村道Bのほぼ中央奥あたりが立野駅方向、画面手前の左90°方向に南阿蘇鉄道の第一白川橋梁が見える筈です。実際に第一白川橋梁からこのライブカメラがある所が見えます。鉄道の方が低いですから道路を見上げる形になります。その上にはゴルフ場のクラブハウスらしき建物が見えます。

Aso4と呼ばれる大噴火から9万年だそうですから、人間の時間スケールとしては果てしなく長くとも、火山としてはまだ若い(新しい)部類になると思います。

外輪山縁とその外側は広い森林となっていますが、カルデラ内と中央火口丘は多少の草木は生えても森林帯を形成するにはまだ期間が足りないということでしょうか。そのため雨が降っても涵養量が少なく、多く降れば一気に増水することになり、数十年に1回は洪水に見舞われることになるのでしょう。Aso4では九州全域より広い範囲が火砕流に見舞われたとのことですが、現在は九州全体としては森林地帯が多いことを考えると、阿蘇火山の場合森林が形成されるには噴火が全く休止してから同じ位の時間経過が必要になると言う事でしょうか。

私も芸術に関しては全く判りませんが、せっかくの展示品が放置されているのも問題だと思います。見る人が観れば、何と勿体ないことかと思うでしょうね。精密機械などが屋内であっても手入れもされず放置してあったら、私でも何と勿体ないことをと思うでしょうね。

写真で見る限り、展示品はそのままでも除草や樹木の手入れ等の管理は行われている様ですね。何もしなかったら半年で雑草のジャングルになりますね。
初めて阿蘇に行ったときは、いこいの村と言う駅はありませんでした。調べてみたら平成元年3月11日開設とのことでした。


天草にはいつも渋滞していると聞いているのとのことですが、見に行ったわけではないのですが、我々がいつも出くわしている都市部の渋滞とは少し違うのでないかと思っています。多分渋滞のネックは五橋入口という国道57号と天門橋に向かう道との交差点ではないかと思っています。

宇土半島の先端を大きく左にカーブして三角西港を過ぎてその先1㎞程の所に、浜ん小浦天草一号橋店(はまんこら 魚介料理・海鮮料理)という店があり、この店の前に三角町三角浦という国道57号線のライブカメラがあります。このカメラから900メートルほど先が五橋入口という交差点です。

連休など観光客が多いと思われる時にこのカメラの画像を何度も見たことがありますが、五橋入口からの渋滞の末尾はこのカメラの先十数メートルまでで、カメラの下まで届いていたのは見たことがありませんでした。このカメラは最近更新されるまではいつも五橋入口の方に向いていて、上の方は天門橋の下部が僅かに見えていました。下の方は入江の海面と時々出入りする小舟などが見えました。
今では新橋(公募の結果、天城橋と決まったそうですが、私は余りいい名前とは思っていません)の取付道路はは立体交差となっているので渋滞は解消されていることでしょう。
今はカメラが更新されて道路しか写っていません。逆の三角西港の方に向いている時も多くなりました。

三角駅側の様子は判りません。


大阪の地震に関して19日の風さんの日記から、「今のうちに田舎に帰ったほうがいいと思うよ」
私もそう思います。私の場合は東京から来たのですが、戻るつもりはありません。はっきり言って今の東京は大嫌いです。

 
    (風)  せっかくのライブカメラ、動画で送ればもっとリアリティがあるのですがね。

 彫刻の周辺、仰る通り全く放置してあるわけではないのですが、草刈りの間隔が長いので、残念ながらちゃんとした状態で鑑賞することが出来ません、それに、何ということか、彫刻の前面に植樹して、その木が彫刻を隠すほど大きくなったり、彫刻の周りにツツジを植えてそのツツジがまた大きくなって彫刻が見えなくなったりと、これなんか草刈りをしないよりもっとよくありません。

 小生は以前にも書きましたが天草には行ったことがないのですが、交通のネックは橋なのでしょうね、海を渡るにはとにかく橋を通らなければならないので、ルートは限られますからね。

 熊本地震のときは大都市に比べたら遥かに人口が少ないのに、それでも食料の補給や給水が大変だったので、これを首都圏に置き換えたらゾッとしますね、結局、実際にその時にならないと人間というものはわからないのでしょう。

 

天災

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 6月20日(水)07時16分37秒
返信・引用
  忘れたころにやってくるというけど、最近は忘れる暇がないね。
地震も怖いけど小生は水害が心配ですよ。
我家は海抜4mの土地なんだけど2本の川に挟まれているからね。
一番怖いのは約2km離れた相模川の氾濫です。
最近は頻繁に大雨が降るし雨雲の移動が遅いしでマジで心配。

昨夜のサッカーは日本が勝ったようだけど小生はサッカー嫌いでね。
大体、日本男児が金髪にするのが許せない。芸人じゃあるまいし。
スポーツ選手の金髪が増えてきたね、○○野郎です。
と、まあ年寄りの独り言。
 
    (風)  本当に最近は日本各地で地震が起きているね。もし、太平洋岸に大きな地震が起きて津波が来たら、大雨時の川の氾濫くらいじゃ収まらないからね。昔は海っペリに住んでいてそんなことなんか考えなかったけど、今はなんとなく現実味を帯びてくるね。以前、宮崎県の海岸線を走った時に、あちらこちらに、ここは海抜何メートルですという標識が貼ってあったけど、御地もそういった対策は採っているのでしょうか。

 小生もサッカーは観ないけど、あの、大仰な痛がりようは何なんだろうね、あの交通ルール無視して繁華街を占拠するサポーターと言われる連中の振る舞い、あれはなんなんだ、「武士」のスポーツじゃないね、どうせならラグビーだね、男は黙って肉弾相打つラグビーだね。
 金髪○○野郎のことだけど、日本の今結構人気がある某なんとか大介という「リベラル」を売り物にしている「ジャーナリスト」、これが金髪で、それは人種差別だ、と人の発言を取り上げて非難をしていて、じゃああんたの金髪はなんなの、それも人種差別の裏返しだろうと言われて、何も言われなかったとか。最近は「肌色」というクレヨンは人種差別になるからと、色の名前を変えているみたいだけど、金髪にするのはなぜなんだ。まあ年寄りの大声の独り言だけど。
 

寒い!

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 6月16日(土)10時25分59秒
返信・引用
  梅雨ですから仕方ないけどちょっと寒過ぎな白州です。
でも庭作業には格好なお日和で早朝から大きくなり過ぎた花木の移植や
株分けなどして気になる事が片付くのは有難いお天気です。
これで雨になれば水やり不要ですし。

新しい立ち位置風景良いですね。
子供たちの声が聞こえてきそうな写真です。
桑の実 取り易い位置にあって楽しそう 桑も大木になるので
下に実が落ちて赤くなって初めてここに桑があったのかと気付きます。
桑の実のジャムはそれは美味しいんですよ。
此方に来た当時は作りましたが収穫が何とも難しく
それに桑の木もずいぶん伐採されてしまいました。

阿蘇いこいの森の彫刻群 もったいないですね。
・・そうは思うけど実は彫刻に対する鑑賞眼を持ち合わせていません。
そもそも「いこいの森」を作る時の目的は何だったんでしょうね?
丁度今朝の新聞に30年前のテクノポリス構想で作られたテクノ団地が
刑務所としてオープンした記事がありました。
その中の一つ「阿蘇ソフトの村」は刑務所誘致に落ちて今も空き地とか。
地方にはこういう所がたくさん残ってますね。
バブル時代を走って来た世代ですがあの騒ぎは何だったのかと思います。

秘密基地制作の基礎は楽そうだと思ったのに壁作り(雨仕舞い)は
神経使う作業ですね 内ではとても出来ません。
我が家の柱にコンパネを打ち付けてその上から壁板を打ち付けての作業は
面白いほど簡単にやれた記憶がありますから。
結局家(小屋)を建てるのに近道はないということが理解できました。
作り始めたからには止めることはできませんよ(笑)
皆が見守っていますから。



 
    (風)  今年はなんとなく気温が低い日が続いていますね、そのうちにこの気温が懐かしくなるほどの暑さがやってくるのでしょうが。

 あの桑の木は田んぼの脇の土手に自生してる木で、どうしてあそこにあるのでしょうね。小生も気が付かなかったのですが、児童の一人が、これ桑の実バイと言って仲間に教えて摘んで食べていました。目ざとくヒヨドリがやってきていたのですぐに丸裸になることでしょう。

 いこいの村というのは、合併前の阿蘇町が宿泊保養施設として作ったもので、域外からも結構利用者があったのですが、その後、老朽化であちらこちら不具合が出ていたのですが、多分、建設時はどこかから補助金が出たのだと思いますが運営までは面倒見てくれなくて、自前で管理しなくてはならなくなってふうふう言っている間に熊本地震が起きて、致命的な損傷を受けたのではと、これは全くの小生の想像ですが。大体において箱物行政というのはこういう末路を迎えるもので全国にゴロゴロしているのでは無いでしょうか。外観的には損傷を受けているとは思えないのですが、市民なんかなんとか再生できないかと思っていると思うのですが、カネがかかるものはどんどん廃止するのが方針のようで、仙酔峡のロープウェイも結局このまま無くなるのでしょう。反対側のロープウェイも今は噴火の被害で休止していますが、これはそのうちにまた営業再開するのではと思っています。このロープウェイは民間の営業で、仙酔峡側は市の運営で、小生なんか、向こう側のロープウェイは無くたって車で行けるのだから、本当に必要なのは仙酔峡側だと思うのですがね。日本百名山に一気に昇れるロープウェイのほうがなんたって眺望が違うので存在価値があると思うのですが、とにかく金のかかるものは廃止廃止が方針のようです、以前にも書きましたが、落語の「始末の極意」で、ある大商店の主人が、10人の使用人を雇っていたが、節約のために5人にして、それでも仕事に余裕があるので、その5人も解雇し、夫婦だけで経営を続け、そのうち主人は自分ひとりでも仕事が間に合う、というので妻と離縁し、最後には自分自身もいらない、と自殺してしまう。つまり、経済学で言う「縮小再生産」です。いこいの村は森林公園だけとっても素晴らしいところなんですけどね。

 そういえば数年前に阿蘇のどこかに刑務所誘致という話がありましたね、調べてみたら、多分合併前だったと思いますが波野村がオウム真理教の道場だった跡地に候補として名乗り上げたのだったと思います。ただ「阿蘇ソフトの村」というのはちょっとわかりません。

 秘密基地、なかなか終わりませんねえ、なんだか未完の建築物になりそうで。いくら木材などを買い足してもすぐに無くなって参っています、思っていた以上に材料費がかかります、よくよく見たら結構広い建物になっています。もそろそろ台風の季節でもありますし、せめて吹上で飛ばされないようしておかないと・・・・・
 

Re: 新しい立ち位置

 投稿者:  投稿日:2018年 6月15日(金)08時19分59秒
返信・引用
  KK5さんへのお返事です。

 その後、ちょっとネットで調べてみたところ、黒川の源流は根子岳あたりですね、画像で色が付いている場所よりもっと上流に川筋が見えたり隠れたりして続いているようです。こうして見ると、途中のいろいろな豊富な水量の川があっても、それらは、この黒川に流れ込んでいるので、水があろうと無かろうと、本家はやはり黒川ということになりますね。赤丸が小生が立っている場所になります。
 

新しい立ち位置

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 6月14日(木)10時42分16秒
返信・引用
  この橋Googleで見ると何やら工事中の様ですね。2013年11月とありますので、前年の大水害の復旧工事でしょうか。土手も今ではすっかり草に覆われています。

「門(かど)の町橋」と言うのですね。部外者ですから勿論由来は判りません。
川と言っても黒川の源流と言っていい場所ですから、普段は殆ど流れていなくて当然ですね。
 
    (風)  googleのストリートビューを見ると、確かに工事真っ最中というところですね、水害の復旧工事何なんでしょうね。ストリートビューもいいですが、更新が無いのでもっと頻繁に更新してくれたらいいのですが、全国津々浦々ですからね。

 そもそもあの川がどうして黒川の源流筋なのかわかりません、黒川が白川と合流するところでは黒川も相当の水量になっていますが、このあたりであの川は恐らく五岳の中心部分に遡っているのではと思うのですが、五岳は周辺に比べたらまだ若い山で、あまり伏流水は無いのではないでしょうか、大雨などが降った際に山肌に降った雨を集めて急に水量が増えて大量の水が流れると思うのでうが、雨が止めばまた水無川になります。それに対して周辺、つまり外輪から流れる川は豊富な水量で、例えば国造神社そばの宮川などは渓流釣りができるほどです、我が家の側を流れる豆札川もいつも水が流れていて、今は護岸工事で殺風景な川になっていますが、昔は皆、水遊びをしたとよく話しています。阿蘇の歴史的な発展は外輪の麓から始まっており、外輪の麓の方がはるかに古いのですが、そういった地形なのにどうして黒川という名称になったのでしょうね。

 小生も今回、初めてあの橋が「門の町橋」という名前だと知りました、あの田んぼの真中が「門の町」というのはちょっとピンの来ませんね。
 

開局しました

 投稿者:いたみ改めJR1FHY  投稿日:2018年 6月13日(水)08時29分16秒
返信・引用
  二十数年ぶりにコールサインを取り直しました
今のところモービルでしか出れませんがローカルさんのところからHFのGPを譲っていただいたのでそのうちデビューする予定です
昔のZPAメンバーと交信ができました
今後ともよろしくお願いいたします
 
    (風)  最近は、昔鳴らした人が人生一通りのことをやり尽くしてまた無線にカムバックするケースが多いですね、おめでとうございます、コールサイン、再割り当てされずにまだ残っていましたね、良かったですね。
 最近はGMMもお空に出ているようですね。
 そのうち、HFでお空で会いましょう。
   de JA6LGV (ex JL1MUF)
 

HF送信機

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 6月10日(日)06時40分21秒
返信・引用 編集済
  JA6DI OM制作の送信機、いいねえ。
昨今は何でもデジタルで訳が分からないけど(アナログでもわからない)
電源トランスや真空管が美しいよね。バリコンもいいね。
大昔小生も挑戦したことがあるけど、とにかく不器用なので
まともに完成したものはごく僅かでしたよ。
小生の周りにも色々制作しているOMが何人かいるけど、羨ましい限りです。

秘密基地の浸水対策は側溝を掘ったら?
適当にマンホールを配置して吸込みかな。
 
    (風)  すごいよね、あのご年齢で作る気力が、85歳だよ、85歳。昔は無線機なんか売っていなかったから皆んな自作したのだろうけど。そこまでやって「アマチュア無線」だけど、今は買ってきてスイッチを入れたら使えるんだから便利といえば便利だけど、本当の面白さは無いから、すぐに飽きてやらなくなる。
 昔の無線機は、個人が手を入れられたけど、今は殆ど集積回路で基板化されていて、それができなくなっているけど、そんな時代になってもデジタル回路の無線機を自作をする人たちも大勢いるからね。奥が深いね。その両方ができれば無敵なんだけど。

 秘密基地は側溝を掘ると、その側溝をずっと傾斜をつけて遠くまで流さないといけないから、雨樋をしかり繋いでなるべく離したところまで持っていってあとは草むらに自然浸透だ。
 

雪舟する

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 6月 5日(火)06時40分9秒
返信・引用
  またまた一般では使われない言葉を
良くご存知ですなあ。
 
    (風)  いやいや、明治大正の両親を持つと自然に耳学問で覚えるのだろうね。尤もこの言葉は戦後のものだけど。我々の年代はまだ「戦後」なんて言葉は普通に使っているけど、今の人達、「戦後」ってどの戦争?と思うかもね。ご存知だと思うけど、何かで読んだけど、昔からの京都人は「この前の戦争で・・・」と言うときは、応仁の乱で京都が丸焼けしたときのことを言うらしい、それだけ今次大戦も含めて京都は戦火にまみえることが無かったということらしい。   

その通りです

 投稿者:ド素人を改名しました  投稿日:2018年 6月 4日(月)07時56分32秒
返信・引用
  風様、お書きの通りです。

アルカリなので外からの腐食を防止するのと、単管と接触している土の
部分にコンクリートが入りますので、底の部分の土との接地面の強化に
なるとの事でした。

理想は、半渇きの時に、鉄筋を使い流し込んでいたコンクリートに穴を
あけておくと単管の内部にたまった雨水抜きになるみたいです。

私は車庫作りが終わったらテラスに屋根を作ろうと思ってますので風様の
真似をして頑張ろうと思います。

風様、数年前に、クマデンさんの紹介でメールをしたJH6TEKです。
今後は、tekで投稿いたします。
あれから2年をかけて、サンルームとテラスがやっとの事で完成しました。
完成したら家内が、テラスに屋根を作ってくれとのお言葉です。

今後共、宜しくお願い致します。
 
    (風)  失礼しました、過去のメールを検索してようやく思い出しました、初めてメールを頂戴したのは2014年12月になります。もうそんなに年月が経ったのですね。クマデンのS本さんも退職されて今は新しい職場でご活躍中です。あの当時のご予定では一の宮にお住みになるとのことでしたが、計画通りに移住されて、そこでDIYですね。tekさん 改めまして今後ともよろしくお願いします。  

私も制作してます

 投稿者:ド素人  投稿日:2018年 6月 3日(日)14時47分27秒
返信・引用
  素人が書き込みをして申し訳ありません。
以前、お馬さんの事で書き込みをしたド素人です。
単管基礎の事ですが、私が経験したことをお書きします。

単管を地中に埋め込まれてると思いますが、埋め込んだ後にコンクリートを管の中に
流し込むと、とても基礎が強化されると知り合いのお頭が言われてました。
流し込んだ後は竹かなんかで、コンクリートを突くとベストです。
10年経過しても大丈夫みたいです。

其れと単管の空いている口にはキャップを被せたら管の中に雨水が入らないので長持ちだ
そうです。

実は、私も単管を購入して、車庫作りを孫と一緒に行っております。
主様のブログは毎日楽しみに拝見してます。

ミモザ様同様私も『垂木クランプ』の部分で悩んでました。
主様やミモザ様の作業中の写真はとても参考になってます。

コンクリートの作業は思いほか、疲れますね。
この前、インスタントセメントを10袋購入し作業をしたら死ぬ程疲れました。

梅雨の時期になりますが、頑張って下さい。
 
    (風)  こんにちは、ド素人さんは自らを「ド素人」とご謙遜なさっておいでですが、小生はそのド素人の最たる者で、だからド素人という字を見ると自分のことを言われているようでドキッとしてしまいます、ここにご登場の皆さんは一部プロもおいでですが皆さんド素人ですから、可能でしたら別の名前を作ってどんどんご登場いただけるとありがたいです。ついでに「主様」などと勿体無いお言葉もご勘弁を、「風さん」とお呼びください。

 で、単管パイプ工作のことですが、セメントはアルカリ性なのでパイプが腐食することはないと思われるので穴の中にセメントを流し込むのは効果的でしょうね、地中にあるパイプは外側から酸化していきますが内側はアルカリで保護されているので理屈から言うと半分酸化したところで腐食は止ることになるのでしょうかね。

 お孫さんとご一緒に制作をされているという文で、ようやく、どのくらいの年配の方かということの大まかながら想像が出来ました(笑)

 セメント打ちは本当に狭いところなら、インストセメントで済みますが、ある程度の面積を打つとなると、思った以上に重労働になるらしいですね、セメントの大部分は砂と砂利ですから、それをこねるのは大変ですね。ちょっとあるなと思ったら生コンを頼んだほうが手っ取り早いです、拡張前の下屋の時は生コンを頼みましたが、増床した部分は、生コンを頼むほどでもないし、それでも結構要りそうだしなあと今からちょっと悩んでいます。

 本格的に雨になる前にやっつけてしまいたいのですが、なかなか捗りません。
 

納得です

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 6月 2日(土)09時45分35秒
返信・引用
  単管と木材を止め付けられる垂木クランプなるものがあるんですか
理解できましたわ(笑)
良いなと思った所は基礎造りです。
単管パイプを元からあるコンクリの穴に埋めてコンクリを流し込む方法。
簡単ではないでしょうが我が家も基礎造りには悩みましたから。
添付した写真は小屋造りの基礎ですが ボイド管(厚手のダンボール製)を
適当な長さに切りコンクリを流して上部に金具をセットします。
言うのは簡単だけどこれが大変で面白くも無い作業でしてもう二度と
したくない いえもうそんな体力も無いんですが。
まずボイド管を垂直に立てる事が難しく 金具を水平に設置するのも難しく
この金具に柱をボルト止めしましたが何と基礎の上下では寸法違いになりました。
無知でお金が無いからこそやれたんだなと思い出しますが
あれから10年以上 多少の雨もれ修理はしたけど立派に役立ってますわ(笑)
雨漏れは屋根材のアスファルトシングルの重ねが足りなかった事やその他です。
屋根材下のコンパネには防水材をしっかり張ったつもりですがこれも重ね部分が
少なかったかも この時100均の木工用ホッチキスが便利でした。
費用も作業も結構かかるけど後で後悔しないようにしてくださいませ。

一日での県内移動は困難でも東京までに日帰り出張は可能!!
JR九州は何考えてるんでしょうね。
豪華列車ばかり話題なって地元が置き去りなんて!

 
    (風)  目立ちませんが基礎工事部分が一番大変で(これは建築に限らず、何事も大事なのは基礎ですね)、実際にビルを建てるのも長い時間をかけて基礎を作って、基礎が出来上がるとあれよあれよと言う間にビルが上に伸びていきますが、写真を拝見するとこれ一つでものすごいエネルギーを使いそうで小生のような緻密に計算しないでやる人間にはとても不向きな方法なので、小生流の方法を編み出しました(笑)

 阿蘇にななつ星が(大分経由で)戻ってきたと皆喜んでいるようですが、小生なんかやることをやらずに来るな、という気持ちです。そもそも、鉄道がそこのけそこのけで(同じ道路を走るのではないので適当な表現では無いとは思いますが)、問答無用に人や車の通行を遮断して線路を走れるのはどうしてでしょう、そんな権利がどこにあるのだ、それは恐らく公共性が強いからだということだと思うのですが、その公共性をないがしろにして己の利益優先で走らせる鉄道にどうしてそんな優先権を与える必要があるのでしょうかね、今や逆で車のほうが多いのだから信号で列車を止める権利のほうが道路利用者にはよほどあると思うのでが、そのあたりを表に出して問題にするのはどうでしょう。九州ではこの4月のダイヤ改正(改悪で)で各県で在来線の本数がかなり減ったために九州の知事会がf-JR九州に抗議をしているというニュースがありました。
 「おい!f-JR九州、大津~阿蘇間の代替バスを走らせろ、公共交通機関としての自覚を持て、社会的な責任を果たせ!」
 

おはようございます

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 6月 1日(金)07時02分37秒
返信・引用
  今日から6月 この季節になると日の出のせいか5時には起きます。
阿蘇は梅雨入りですね こちらはまだ発表されてないけど2日間降って
ようやく今朝は晴れてます。梅雨入りも時間の問題です。

秘密基地 柱になるものが木材でないのでどうするのかとても不思議です。
基礎もコンクリに埋め込んでるみたいですし 材料は何となく分かるんですが。
屋根の垂木は何処に止めつけてあるのやら??
サッシの取り付けも?? 壁はどうなるんでしょう?
でも とても楽しみに見てますので本格的な梅雨に入る前に作業続けて下さい。

働く女性が当たり前になってきて良い時代です。
私の時代は家事の手を抜かないから・・・と働かせてもらってたような
これは時代じゃなくて考え方ですね。
頻繁に東京出張される奥様 風さんの支えあってこそ安心して働けるというものです。
 
    (風)  おはようございます。当地、今朝は北の高気圧に囲まれて爽やかで素晴らしい天気になりました、今日はこのあと暑くなりそうです。

 単管パイプの工作はあまりスマートではありませんが、こどもたちがレゴなどの積み木オモチャ工作をするようなもので自由に組み立て解体が出来るので便利で楽しいですよ。

 ただ、確かに、材木なんかとのインターフェースがちょっと面倒ですね。正しい使い方かどうかわかりませんが、垂木クランプという部品があって、それをパイプに留めて、一方は木材を留めることができるので、それを利用してパイプと木をうまく繋いでします。

 正直のところ、小生の工作は行き当たりばったりで、最初から細かな設計でやっているのでないので、さて、次はどうやってこの問題を解決しようかと、その時々で工夫というかゴマカシと言うか、解決しなながらやっています。

 壁は垂木クランプに横桟を渡して、それに合板を打ち付けようと思っています、ただ、クランプの出っ張りが邪魔をしないかと気にはしていますが、それも行き当たりばったりです。合板を打ち付けたあと、防水シーを貼るのかなあ、なにか壁材を貼るのかなあなんてそのあたりのことわからないのでまだ決めていません、雨風を防ぐことができれば、もういいや、で、終わるかもしれません。

 屋根は垂木に野地板として合板を張って、合板に横桟を打ち付けて、それに波板を打ち付けています。

 今度そのあたりのこと、日記に写真で載せますね。でもこの程度の「工作」でもカネがかかるなあ・・・

 カミさんの出張は訊いていませんが、多分、業務に関しての研修ではないかと想像していますが、便利な世の中(本当にそうなのかはどうかわかりませんが)になりましたね、阿蘇の山の中から日帰りで東京まで往復できるのですからね。

 ここでオマケ、です。阿蘇から熊本まで一部区間がJR不通で日帰りで往復するのも大変です。「おい!f-JR九州、大津~阿蘇間の代替バスを走らせろ、公共交通機関としての自覚を持て、社会的な責任を果たせ!」誰かが言い続けないとなあ・・・・


 

村道B

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 5月26日(土)14時09分9秒
返信・引用
  村道Bは今はアングルが下がっていますが、時々変わってもう少し上の方まで少し「引いて」広範囲に見えるときがあります。
そうなると今の画像の直ぐ上に長陽大橋が見えます。ライブカメラの説明地図にある様にAとBのカメラはお互いに相手方を見る向きに設置されています。今まで両方とも写る範囲は変わっても反対側を向いたことはありません。反対側は多分大して見栄えのある画像にはならないと思います。
でもあの道が国道でも県道でもなく「村道」というのもまた凄いことですね。

「建設中の橋の高解像度ライブカメラ」興味ありますね。どうしてやらないのでしょう、建設費の割合から見ればゼロに等しいでしょう。多分そういう発想が出来ないのでしょう、宣伝効果は大きいと思います。元の橋の崩落はあれほど大々的に報道されたのですから、これが出来たら見に行ってみようかという(私みたいな)少し変な人間も大勢いるかと思うのですが。

建設中の橋と言えば、十数年前に長崎港の入口の女神大橋が両岸から伸びてきて中央で繋がる直前に遊覧船で真下から、その日の午後ハウステンボスに向かう途中に元の西海橋からすぐ隣りに建設中の新しい橋を見たことがありました。大昔長崎港に行ったとき(確か長崎国体が開催中だったと思う)は長崎駅近くの旭大橋もまだありませんでした。

橋の話であと一つ、天草五橋に新しい橋が出来ました。

天草五橋の第一橋、三角-大矢野島間の天門橋の北側に建設中だった新しい橋が出来ました。5月20日開通とのことでしたので観光客で賑わっていることでしょう。今では旧橋と言われる様になってしまいましたが、この天門橋の下もあの大昔に島原に向かうフェリーで通りました。橋が出来て三年くらいだっでしょうか、当時天草五橋が観光の目玉になっていたようです。他の4橋は見ていませんが写真で見ると橋の展示会の様です。

三径間連続トラスという工法で銀色の美しい橋でした。鹿児島県長島町にもこれとそっくりな橋があります。
最近出来る橋は設計は合理的なのですが、余り美しくないという感じはあります。トンネルでは入ってしまえば唯の穴という感じですが、橋の姿の善し悪しは大切だと思います。
 
    (風)  K5さんは本当に九州にお詳しい、小生なんか足元にも、です。

 長崎県の白地図をみて、改めて長崎市はどこかと聞かれて、分かる人は少ないでしょうね、長崎県はそれだけ入り組んでいますからね、小生なんか最近ようやくわかって来ました。ついでに、大村湾、まるで湖のようで外洋につながる水路は本当に狭いでね、大村湾と隣、佐世保も旅順ではありませんが敵に閉塞されたら、軍艦は出られませんね、よくあんな場所に軍港があるものだと感心します。

 小生、実は天草にはいつも渋滞していると聞いているので一度も行ったことがないんですよ、長崎から三角までは昔フェリーで渡ったことはありますが。こんど新しい橋ができて渋滞も緩和されるそうですから、是非行ってみたいですね。
 

迂回路通って見ました

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 5月25日(金)21時34分59秒
返信・引用
  風さんいつものやつ、ごちそうさんでした。
帰りに教えられたとおりに走って見ました。
途中R325で右折するだけで粗、道なりの直進でした。
このR325に乗った時、落ちた大橋の方へ行くのかと思ったら
いつの間にか迂回路への道に行ってしまいました。
KK5さんの仰っている休息所みたいな所は気が付きませんでした
以前も何回も通っていますので休息所みたいなのは知っております。
まだ至るところで警備員がいて工事中の様でした。
帰りに立野ダム展望所へ因って見ました、未だ何にも無い様ですね

今日通った長陽村経由の道よりミルクロードの方が慣れているせいか走りやすい様な気がしました。
 
    (風) 時間的には同じ様なものだと思いますが、小生も慣れているせいか二重峠越えの方をいつも走ります。  

阿蘇長陽大橋

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 5月25日(金)08時58分8秒
返信・引用
  阿蘇長陽大橋

あそこは面白いと言うか、ものすごい地形ですね。道路情報カメラ長陽大橋ルートの村道Bを見ると、右側は急傾斜の岩肌、道路の左下は深い谷になっています。岩肌の方は震災前のGoogleでは緑の草や木で覆われていましたが地震で崩れ落ちて、残った部分も削り取ってしまったのかも知れません。岩肌のままの方が土かぶりもなくしっかりと安定していると思います。

カメラの視線の先は突き当たりの様に見えますが、左にカーブして長陽大橋に差し掛かります。震災前にはここは公園風になっていて何台かの車が止められる様になっていましたが、復旧工事で無くなってしまったのでしょうか。機会があったらゆっくり眺めていたいですね。風さんの所からだったら1時間も掛からないでしょう。阿蘇大橋が無くなってしまったので、私が行くとしたら阿蘇駅前から登山道を上り(可能なら火口見学をしてから)米塚を見て県道299経由が良いですね。自分の目で見たのは南阿蘇鉄道(本当は国鉄高森線と書きたいところ)の第一白川橋梁から見上げただけです。
 
    (風)  なんと言っても健磐龍命が蹴破って阿蘇カルデラの水を熊本平野に流した場所ですからね、それだけ地形が複雑なんでしょうね。
昔長陽大橋のたもとに駐車場があって、その下に昔あった立野ダム建設で廃業した温泉の記念碑がありましたが、ライブカメラ「村道A」の手前に見える場所だったでしょうか。カメラがどちらを向いているのかちょっとわかりませんが。カメラの方向と言えば、二重峠越えのカメラは小生が要望を出して方向がわかるようにしてもらいましたが、こういった配慮は欲しいですね。

 どうせなら阿蘇大橋の建設工事と合わせてNHKなんかが災害時などにやっている高解像度の動画のライブカメラを付けたら良いと思うのですが、動画カメラどうしてやらないのでしょうね、たいしたことないのに。

 最近は南阿蘇のほうが交通の便は良くなりましたね、あとは立野高森間の完全復旧ですが、小生はしつこく小型SLを走らせることは出来ないのかなあと思っているのですがね、なんたって用地買収の必要がないわけですからね。

 お約束「おい!f-JR九州、大津~阿蘇間の代替バスを走らせろ、公共交通機関としての自覚を持て、社会的な責任を果たせ!」
 
 

Re: こんばんは

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 5月24日(木)21時31分1秒
返信・引用
  > No.5622[元記事へ]

JA6LGVさんへのお返事です。
いつも急なご連絡ですみません。
たぶん明日はお伺いするのは午後一に成ると思います。
午前中は畑の草刈りをしようと思っております。

 
    (風) 了解です。  

こんばんは

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 5月24日(木)20時58分37秒
返信・引用
  明日風さんの建設中の、秘密基地を探りに行く計画を立てて居ますが都合はどうでしょうか。
別件で固定資産税を払いに行くのですが、というのは別に振り込みでも要は足せるのですが
ただ納税に託けて遊びに行きたいだけですよ。
 
    (風)  明日も天気は良さそうですね。終日外でやっていると思いますから、どうぞお立ち寄りください。  

後期高齢者(2)

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 5月22日(火)11時14分1秒
返信・引用
  「ようこそおいでくださいました」私は先月後期高齢者の2年生になりました。後輩(?)が出来て何となく嬉しいような気分。

ここだけは、勉強も、試験も無いのに確実に進級します。定年もありませんが、いつ卒業だよと追い出されるか誰にも判りません。
追い出され無い様に必死にしがみついていなければなりません。勉強はともかく、努力はしないと。でも何にどんな努力が必要かの「解」は判りません。各自自分が正しいと思う方向に向かうしか無いと思います。誰のせいにも出来ません。

ところで、立野ダムの件ですが、阿蘇カルデラに降った雨が全て流れ出すのですから洪水調節のために必要なのでしょうが、この分ではいつ出来るか判りませんね。出来た頃には気候が変わって要らなくなっているなんてことがあるかも。
かなり前のことですが、立野ダムで水位が上がるとかで、南阿蘇鉄道の立野駅から立野橋梁の間の線路を少し上に付け替えたことがありました。
熊本地震で路線被害の大きかったのはこのあたりだったと思います。

阿蘇長陽大橋も復旧工事が終わりましたが、栃(の)木から立野に向かうと長陽大橋を渡り終えると直ぐ右にカーブして、旧来よりかなりショーカットするようになりました。また山肌も大幅に削られてコンクリート(画像で見る限では)で固められています。

 
    (風)  はいピカピカの一年生です、先輩どうぞよろしくお願いします。
 健康保険も昨日から国保から後期高齢者医療保険に切り替わりました。
 今やどんどん高齢化が進んで後期高齢者の人口がどんどん増えているようで、小生の周囲を見回しても高齢者ばかりです。この先のことは全くわかりませんね、健康に常日ごろ注意をしている人がある日ポックリ逝ったり、かなり自堕落に生きている人が驚くほど長生きしたりと、これはもう神仏の領域なので、その日まで一日一日を悔いなく生きることですね。

 ダムが要るのか不要なのか、難しい問題ですね。自然保護と言っても、活火山の阿蘇は雄大な自然と沢山の人間の生活営まれている町が一体となって存在する世界に稀なジオパークなので、どのあたりで折り合いを付けるかでしょうね。

 小生は熊本に行くときはほとんど二重峠超えのルートが多いですが、偶に長陽大橋経由で行くと、非常に複雑は地形の中を走りますが、周囲は興味深い風景が沢山で、ゆっくり眺めたいのに停まるわけに行かず、いつもアッという間に通過していまいます。今、新しい阿蘇大橋の建設工事がされていて、日々景色が変わっていっているようです。
 

/268