teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ヴィトン偽物 _激安財布コピー(0)
  2. 知ってほしいアニメがある(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


蝦夷梅雨の湿り気が「卑屈力」をそれとなく鍛えて

 投稿者:torov  投稿日:2018年 7月17日(火)22時17分36秒
返信・引用
  そろそろ猛り狂ったように「猛暑、猛暑」と叫ばれておりますが(おそらくそんな
矛盾は「友引文春の過ち」(まああの文春上層部の言い種をされると、かつて図書館
関係者だった者からすれば、角川や厳冬と同じ扱いで「新刊の文春文庫だけは買わない」
になるのは必然なんだけどね)などと同様のいわゆる両成敗で)こちらはしっかり
蝦夷梅雨模様で御座います。そんな中なんとか辛抱してロードバイクも新調することが
出来ました。今度はメリダとは真逆の米中(でも資本はカナダ)仕様、といふ迷走を辿り
まくったキャノンデールを選ぶことに。まあ乗り心地はふわふわしきっているのですが、
それなりに安定性はあるので、そこそこの街乗りポタリングをするには重宝しておりまする。
(まだ月イチくらいで調整しなくてはならないと脅されているタイヤの空気圧調整までは
至っていないのだけど、立て込みすぎたスケジュールの中でそのあたりには行かねばと)

そんな中でなんとか先月の月末に久々の「花神参り」は琴似のサイゼリヤまで行ってなんとか
済ませたのですが、あまりの「銀英伝」の不出来に影響されたのか今年の「銀英伝参り」が
絶不調。やっとへぼ詩人が本懐を遂げるあたりまでは来たのですが、果たして今月中に
詣でを済ませられるかは不透明なところで。

 かつ今回は前クールのアニメ視聴が絶不調すぎて(及川啓監督の2作品「ウマ娘」「ヒナ
まつり」もまだ何話か残ってる。特に「銀英伝」「多田恋」と禍根を遺しまくって視聴習慣を
遠ざけてくれた「おそ松さんヤン」にはムカっ腹が立ちもする)、かなりストレスでもあったの
ですが新作でなんとか完走出来たのはそんな中でも「卑屈力」をそれとなくこの時期に鍛えて
くれた「こみが」こと「こみっくがーるず」でした。特に先達の3人メイン回とラス2話の
ちゃんとOPEDを踏まえた構成は何度も見返したくなるほどで、一番のホラー要素でかまして
くれたフーラ先輩も流して観られるほど心に残る一作になりました(ま、Nexusの中心メンバーは
それこそ山崎理が抜けてガタガタになり崩れ去った南町奉行所のメンツが「WORKING」シリーズ
などに流れたりして培ってきたものと知るだけに、いい代表作が作れたのかな、といふしみじみと
した部分も感じられたので)。

ま、今クールは久しぶりにジャンプラブコメが巡回コースの一つに入っているのですが
(「ゆらぎ荘の幽奈さん」。一応関智一のトコ(アトミックモンキー)からフリーになって
結婚も公表出来たおのゆうこと◆小野友樹[フリー]の再出発作として期待してる。ジーベック
作品観るのも久々だし)、「ジャンプ」11代目編集長・中野博之のつぶやく「ジャンプにはもう
ワンピースしか柱がないんだ」の「卑屈コメント」と「6月末で引退した今村彩夏」の間には
結局「『灼熱の卓球娘』を粗略にしか扱えなかったテレ東とジャンプの姿勢」といふ一点で
釣り合ってしまったが為にこれもまた「両成敗」になっているんだろうなあ、といふことはこの
時期にしか断言して言えないことなんだろうなあ、と思って書いてみる、と。
 ちなみに◆今村彩夏(WITH LINE(EARLY WING系,2018年6月30日までで引退))の
主な声優としての事績は次の通り。
『アブソリュート・デュオ』のオーディションからスタートし(放芸系の大阪アニメーション
スクール専門学校出身)、2016年の『三者三葉』では葉山照(はやまてる)役『灼熱の卓球娘』
では大宗ムネことムネムネ先輩を演じ一躍有名に。2017年にはプリンセス・プリンシパルのアンジェを
演じ飛躍を期待されたが、体調思わしくなく、2018年の『たくのみ』では空回りしがちな岡山から
上京してきた主人公・天月みちるを好演していたものの、好きだった競馬関連で貰った『ウマ娘』の
マヤノトップガン役も◆星谷美緒[俳協]に明け渡し、体調不良の名目を以て2018年6月いっぱいで
声優業を引退した、と。

ひとまず塩水選も済んで今クールは「すのはら荘の管理人さん」「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」
「あそびあそばせ」「ちおちゃんの通学路」「ハッピーシュガーライフ」あたりに注目している、
といふあたりが最近のtorovのポイントでもあるのでした。ま、ここ一週間が修羅場だろうけど、
これを抜けたらもう少しスローペースで行きたいかな、と思っている次第。
 といふことで最近のtorovでした。
 
 

このあたりでそろそろレスポンスを

 投稿者:torov  投稿日:2018年 5月20日(日)20時03分14秒
返信・引用
  ようやくだましだましですが、ロードバイクもなんとか正常に動くようなので果てるくらい
までは大事に乗りつつ市内廻りを始めた今日この頃(まあこの時期はリラ冷えで寒いのですが)。
といふことでこのあたりでそろそろレスポンスを、とやって参りました。torovでございます。

ではなんとなくNAKA24さんのコメントにレスポンスするていで。

そういえば自分では買わなかったので(初日山田家でうどんを食べてから、徒歩でまったり
夕陽を眺めつつ下へ降りていったところにあったマルヨシセンター八栗店で買ったのだっけ)
失念していましたが、こちらも(新潟米菓子断ちをしていた御利益があったのか)北越の
ロングサラダと北海道ではなかなかお目にかかれない三福(奈良にある石井製菓が売り出している
小粒の「大和てんぐあられ」)のあられを手にすることが出来ました(こちらは三重の方だと
小昼の時間にお茶漬けにするのも美味いあられとして知られる)。
ttp://ishii-seika.co.jp/products/88/
 そろそろロングサラダの賞味期限が来そうなので食べようかな、とは思っていますが。

>信長の忍びは今期愛知県で(お膝元なのに)地上波放送がなく、やむなく配信版を見てます。
信長の忍びは年度末に第1部と第2部の総集編をBSフジで放送していたところから何故か
(主にそのテンポに)ハマりまして、第3部もBSフジで時々チェックしておりまする(昔は
結構白泉社の4コマを買ってた時期も長かったのだけど、最近とんと御無沙汰で)。

>ウマ娘は競馬も好きなので必然的に見てます。ちなみにトウカイテイオーちゃんがお気に入りです。
「ウマ娘」はなんでなんとなく私たちの世代はギャンブル狂でない限り「far from JRA」に
ならざるを得ないのかをほとほと考えさせてくれる作品でもあるなあ、と。ってことでブクオフで
藤田伸二の「騎手の一分」(講談社現代新書2210)とか買ってきてしまいました。今のエージェントと
大手クラブが荒らして止まない制度が横行する中で考えると(かつ女性騎手中心のJRAゴリ推し
コンテンツが見事に沈んだことを加味しても)騎手が乗らないキラーコンテンツとして「ウマ娘」の
あるべき姿はある意味正しい在り方になるんだよな、と。
 ま、その本質はさておき「ウマ娘」としてはキャラ立ちし過ぎなゴルシ(ゴールドシップ)と
大食いパートで出てたタマモクロス、そしてメイン世代ではやはりセイウンスカイが好みかな、と。
イザ始まるとこんなにススズをトラウマにしていた人が多かったのか、ってことに気付かされました。
7話「約束」での収束のさせ方はまさに神展開だったな、といふことで納得しております。

 といふあたりで本題に参りましょうか。
ま、近頃では西城秀樹、星由里子、朝岡雪路と相次いで亡くなられている現状はあるのですが。
(とりわけ紹介のされ方が不憫だな、と感じたのは星由里子さんでしょうか。「2時のワイドショー」
など長くワイドショーの司会を務めていたり、役者としても(東宝芸能所属だったので)「科捜研の女」で
主人公沢口靖子の母親役などを演じるなどちゃんとした実績もあるのに(まあうちらの世代としては
クレージーキャッツの映画(特に古澤憲吾監督作品)にも出演していたことから「タイラー」シリーズの
ユリコ・スターのモデルになった人と記憶されてはいるのだけど)、あの老害のヒロイン、って紹介が
食傷気味に書かれる感じがどうも(終わりなき介護にも似た)醜悪に見えて不憫だな、と。あのテの
「虚喝することでしか出来てないカナガワ的な老害」はまさしく死ななきゃ他が浮かばれないんだろうなあ、
と思えてしまうのは、やはり私が小林信彦の「ミート・ザ・ビートルズ」を好きすぎるから由縁なのかも
しれません)

視聴するアニメも5月になるとやはり優劣多寡がはっきりしてくるもので。先月と印象が変化しているもの
としては「銀河英雄伝説」が切り推奨数え役満(ELISAのED、前回トリューニヒトの声優がなにゆえ
今回メルカッツ、そしておそ松さんヤンの数え役満)を達成してくれたので2話切り、その悪影響で今回の
ラインハルトもヤンも出てくる(かつキルヒアイスが一(ピン)先輩な上に5月中旬中の人が休業宣言)
「多田恋」までが微妙につっかかる、といふ弊害を誘発しているのがまず難儀なあたり。
 他方NAKA24さんも挙げられていた「ウマ娘」や「ヒナまつり」、「アイカツフレンズ!」といったあたりは
神回連発で終始安定している印象。そして尻上がりに良くなっているな、と感じるのは新米に近い声優を
抱えていた「こみっくがーるず」かなと。多分に「かおっさん」とおっさん成分高めな福島出身のかおすちゃん
(萌田薫子)◆赤尾ひかる[アイム]のあばばボイスも東北人特有の「卑屈」に対する耐性があれば難なく
観られるし、デリーター、アニメイト、ナガシマスパーランド(遊園地回)、眼鏡市場と実在する小物や
施設、ショップも躊躇なく入れ込んでいくスタイルが意外と噛み合ってきていて尻上がりに面白い。
大人系キャラもそこそこ頑張っててかつて「サクラクエスト」で国王やってた◆七瀬彩夏[ac1]が
コワモテの厳しい虹野先生(でも多分に腐っててコスプレもする)を演じてるのもなかなか観てて楽しいところ。
最近「あまんちゅ!~あどばんす~」と「ひとねとまそたん」が積み上がり気味ですが、結構良作が多いので
サクサク観られる作品をどうしても優先してしまいがちなような(その点でいくと1クール遅れでまったり
観てると自然に時間が経過してくれる「ゆるキャン△」は優秀だなあと)。

まあひとまずはそんなところで。やっと待望のサイズのスクラップブックも買ってきたのでぼっちらぼっちら
新聞のSCRAP作業にでも入りましょうか。では今宵はこのあたりで。torovでした。
 

一ヶ月以上あけてしまいましたが…

 投稿者:NAKA24  投稿日:2018年 5月16日(水)01時31分10秒
返信・引用
  お元気でお過ごしでしょうか。
近頃はかなり暑い日もありますので、お体にはお気をつけ下さい。
こんばんはNAKA24です。

なお、アニメ視聴はあまり進んでいません…
愛知県で地上波放送のものでは、「魔法使いの嫁」(全話録画ずみ)は少しずつ見ておりますのと
「ダーリン・イン・ザ・フランキス」「ヲタクに恋は難しい(途中から)」は見ております。
あと、多分この辺では遅れ放送というか、当時放送が無かったと思われる「文豪ストレイドッグス」をかろうじて。
HDDの容量の都合ではありますが、あまり放置すると見なくなるパターンなので、他のもなんとか見ていきたいと思います。
とりあえず、まほよめは私好みのアニメなので、ちゃんと最後まで見ます。
種崎さんの声も好きですし(個人的には、別の名前で出てるゆずソフト関係でおなじみ)。
あぁあと、未視聴ですが「ヒナまつり」は録画してますので視聴予定です。

ネット配信では「信長の忍び」と「ウマ娘」見てます。
信長の忍びは今期愛知県で(お膝元なのに)地上波放送がなく、やむなく配信版を見てます。
ウマ娘は競馬も好きなので必然的に見てます。ちなみにトウカイテイオーちゃんがお気に入りです。
人間が走ってる感じになってるのも見てるうちに気にならなくなってきました。
キャラデザは実在馬の毛色や流星、脚元の色違いも再現してたりして面白いのですが
現役当時の馬体重も体の大きさであらわしてるのかと思ったら当てはまらないキャラも居たのが微妙に残念。


話が変わってtorovさんの旅行記は一通り読ませて頂きました。
美味しそうな話ばかりで一番気になったのは釜バターうどんと海老のすりみ天。
私は暫く旅らしい旅に出てないので、少しは見習いたいです。
とりあえず、食の旅に出てみようかな。
私の場合、旅というとどうしてもオートバイのツーリングばっかりなので、走る方がメインになりますので
たまにはのんびり電車やクルマで出かけて見ても良いかもしれません。

今日は短めですがこの辺で失礼します。

追伸
この前、めったに行かないスーパーにいったら北越のおかき類をいくつか見つけることができました。
白えびロングサラダ買ってきて食べました。美味しかったです。
 

でもまあそこは間髪入れずに

 投稿者:torov  投稿日:2018年 4月14日(土)20時41分52秒
返信・引用
  それでは間髪入れずに3月のとあるピーカンな日の高松行が続きます。

 そんなうちに高松三越が開く時間になったので片原町まで戻り、大手まんじゅう(15個入)を確保してから
一旦定宿に戻り、先だって亡くなられた大杉漣が「漣ぽっ」でも訪れていた「植田うどん」で絶品の
ひやかけ(かけうどんでかけるダシも冷や。別名ひやひや)とトッピングのハッシュドポテトを平らげてから
再び長尾線へ。今度は「うどんの国の金色毛鞠」の聖地の一つでポコが初めてことでんに乗る林道駅まで。
アニメでは黒塗りされていた電話番号もちゃんと本物は(瓦町運転営業所のダイヤルが)書かれてました。
近くの幼稚園児が乗るワゴンを横目に幼稚園の先生に経緯を説明しつつ撮影を済ませ、もう一つの目的だった
林道駅付近のうどん屋も開いたので(前出の「うどバカ」などで修行した人が開いた)「讃岐うどん工房 I style」へ。
ここではもう「根っこ」ではシーズンオフで頂けなかったこちらの冬の名物「しっぽくうどん」を頂く。
(ま、しっぽくうどんは温まるし切り揃えられたにんじん・大根・里芋・こんにゃく・お肉にバラリと七味で
具沢山なのはいいけど、この時期昼は急に暑くなるのでじりじりと旅人の体力を奪うのもまたしっぽくうどんの
恐怖なんだよねぇ。といふことで普段は冷や系のうどんを攻めることが多かったりするのですけど)

ま、この後は郊外型の「マルナカ」を吟味するも高野豆腐天や金時豆天は見付からず(ソースは流石に
四国はソース文化圏かつ瀬戸内圏内なので「しょース」も売ってた。ただ二度目にソースコーナーまで
行かなかったのでその辺を買いそびれてはしまったのだけれど)、一方でイトメンちゃんぽんとか金ちゃん
ヌードルのとんこつ味とかは目ざとく見つけて確保したとか。この日はあと2軒のうどん屋を訪れて、
もう一つの「うどんの国の金色毛鞠」聖地の一つだけど、高橋ナツコにシーンを削られてしまったライオン
通りのアーケード内にある「川福」で(発祥の)ざるうどんは食べてきました。
 高松に都合丸二日ほど定点観測出来た結論としては香川でも中讃(高松)と西讃(丸亀)のランドマークは
明らかに違うんだな、ってことかなあ。高松はほとんどの地点でやっぱり屋島がランドマークだった
(だから(狸の伝説も含めて)「うどんの国の金色毛鞠」で屋島のウエイトはでかい)。これが丸亀に行くと
讃岐富士と呼ばれる飯野山がポコンと突き出て見えるのがランドマークだ(だからカマタマーレ讃岐のホーム
である丸亀競技場の中継観るとすごく飯野山がはっきり見えてる)、といふことがしっかり認識出来た香川行でした。

あと残った宿題は4月新番(2018年 第2クール(4-6月))の話題か。
BS11ではリピートで「よりもい」「ゆるキャン△」の放送が始まってますが、「ゆるキャン△」は
このクールで確保。キャンプは小学生の頃に沢山拉致られて狭い車でハイライト攻め、といふサイアクの
環境であちこち引き回されたのでロクな思い出なかったんで1クール見送ったワケですが、評判とEDが
「プラメモ」の佐々木惠梨だったこともあり、波立てずまったり観る深夜アニメと割り切れば完走できるかなと。
あとは「ホリプロフレンズ」と化した「アイカツフレンズ!」で2年ぶりアイカツシリーズに復帰、と。
まずは本格的に二本柱にしようとしてる名子役から廻って来た◆美山加恋(ホリプロ)が本腰を入れられるか、の
正念場であるかと同時に様々な深夜アニメを闇の黒歴史に放り込んできた不遇の本格派声優◆木戸衣吹(ホリプロ)の
ちゃんとした代表作になってくれるといいかなと、数多のホリプロ(声優もどきが荒らした)黒歴史を
つぶさに観て来たアイカツおじさんとしてはまず祈るばかりで。

 一応深夜アニメの本命は「月刊少女野崎くん」のメインスタッフが結集して作るオリジナル作品で
安定の動画工房印「多田くんは恋をしない」です。「ローマの休日」テーマを事前モチーフにしつつ
安定した学園&写真部コメディが出来ているところに覇権と揺るぎなさを感じる辺り。
 大穴は「アウトブレイク・カンパニー」などを手がけた及川啓監督が送る2本で、特に「ウマ娘」が
スタートダッシュも含めて大穴、でした(もう1本は「ヒナまつり」)。とりわけ「社台運動会」を
毛嫌いする人間にとって、そことバチバチやったトコの作品はどうしても判官びいきしたくもなる、
ってあたりでメインキャラの多くが1990年代後半の馬名なのは好印象(特に3話でセイウンスカイが
勝つ展開とかね)。ススズは脚本が「くまみこ」でやらかしたピエール杉浦なのはバレている展開なので、
史実通りかはたまた「D4プリンセス」的展開を希望、と今は書いておこう。

 朝番では「鬼太郎(6)」も順調な滑り出しだし(ローテンションで籠もりがちな「ぷちこ」系鬼太郎
なのも野沢雅子そのままな生き字引の目玉おやじもキャラ付けとしては仕上がっているのがミソ)、
その前枠ではなざーさんが跋扈している「はなざーさんの不吉なレイトンハウス」もといレイトンシリーズ
初のTVシリーズ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」もいい感じ。
 深夜はほどほどに「こみっくがーるず」画定。「ゴールデンカムイ」は1話で脱落、「ニル・アドミラリ」
とか「銀河英雄伝説」あたりが積み状態、といったところ。今回BSフジ系がかなり絞ってて「ひそねとまそたん」
が当落線上で気が向いたら「信長の忍び~姉川・石山篇~」を録るくらい。スカパーの方で落合福嗣は
頑張っている「グラゼニ」は話としては計算高くて面白いけど、無料放送は1話だけで食傷気味、かつ
特番に日公の癌細胞の一つガンちゃん出てて、思わず今年の目標に「野球的な話題から自分を遠ざける」を
実行しつつある今日この頃になってしまったような。今シーズンはTVH(テレ東系)で完全に息切れで
アニメ枠をどんどん潰す一方でSTV(日テレ系)が2本も新番組オンエアする珍しさ。「ルパン三世(5)」は
いいスタートを切っているなと(そこは流石のシリーズ構成/大河内一楼か)。BS-TBS系の深夜は
またトムスが先陣切っていまさら「ジョー」のインスパイヤ物とかトチ狂ってるので久々にTBS系を
チェックしないシーズンになりそうな気がします。
 

さて、書き上がったはいいがまだ長いな。

 投稿者:torov  投稿日:2018年 4月14日(土)20時34分11秒
返信・引用
  さて、書き上がったはいいがまだ長いな。更に構成して2分割します。まずはNAKA24さんのレスの続きから。

>つい先日放送のあった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が現存天守の城址を廻って四国一周でした。
まあいつも巡回コースには「タビリス」があるので5回目があったことと検証ルートはあらかた
観てしまったところですが↓
ローカル路線バスの旅Z 第5回「四国ぐるり一周城巡り!」の正解ルートを考える。
ttp://tabiris.com/archives/localbusz5/
土スペこと「土曜スペシャル」の放送枠が結局崩壊してしまい、ネット局のオンエア体制が
崩壊している現状こっちでオンエアを観られるのは暫(しばら)く先のことだったりするのですが。

 あと基本高所恐怖症の気配は強いので高い所に登る趣味はどちらかといえば今回一緒に旅に出た
母親の方が強かったようで(今回も高知城・松山城・大洲城と廻ったそうで)。松山の宿は松山城に
登るロープウェイの麓にあったけど、思いっきりスルーしていよてつに乗ってました。

そんな今回の旅はどちらも定宿が「東急REIホテル」だったので交通アクセスがすこぶる良く、
また天気もすこぶるピーカンだったものでいろいろな趣向を凝らすことが出来ました。
そのうち高松の「東急REIホテル」があるのは兵庫町。かつては城下町だった高松には丸亀町
などをはじめ商店街の名前にかつて~から来た人達が町を形成したかと思われる名前が随所に
残っています(なので兵庫町は兵庫からやってきた人達が形成した城下町で現在では「ひょこたん」
といふゆるキャラ系マスコットもあり、アーケードの一角には石像まで立っていると。またこの
あたりは高松市内でもとりわけうどん屋が密集している地域でもあり、食べ比べするのに
すごく役に立ちました)。
 兵庫町のアーケードを通り高松三越や「あん餅雑煮」を冬期間は食べられるエビスヤを左手に観つつ、
アーケードの間に線路と踏切があることでも知られることでんの片原町駅へ。2日目の朝はここから
主にグリーンカラーベースのことでん長尾線に乗って「うどんの国の金色毛鞠」聖地巡礼+アルファを
体験してきました(ことでんは1日乗車券が1230円とわりに高めですが、こういう時は重宝しました)。
まずはことでん3路線(琴平線・志度線・長尾線)の要の駅にあたる瓦町を抜けて花園駅へ。朝6時
から賑わっている「元祖うどんバカ一代」へ向かうがチト迷う。なんとか読図と周辺地図を拡げられる
椅子に座って場所確認し、ようやく辿り着く。アスカのコスプレで知られた桜の稲垣早希や能町みね子が
絶賛してた「釜バターうどん」はやはり少し待ちされるけれど(9分くらい)、すごくレベルの高い
カルボナーラ。やはりこれは熱いうちにかっこむべし、といふ仕上げの胡椒も利いた美味からスタート。

 今度は木太東口駅まで乗り、近くの歩行者しか通れないショートカットの道を抜け、長尾街道沿いに
歩けば昔BSのローカル線旅でも訪れてた「根っこ」に到着。ここは朝7時からやってるし、「うどんの
国の金色毛鞠」でも3ページ目には出てくる「串に刺さった玉子おでんにストッパーのこんにゃく」も
ある。また香川特有のえび天(海老のすりみ天。すっげえ美味いので讃岐うどん定番のトッピング。
基本的には西讃海岸部の蒲鉾屋が作ってる特産)も置いてある。個人的にはここの冷やし肉うどんが
ヒットだったので(刻みわかめのトッピングもいい味出してた)、他の店では肉うどん頼まなかった
くらいハマりました。
 朝から2軒平らげて、朝のラッシュを避ける上でも、とまったり長尾方面へガタゴトと。電車は
高速道路や市街地などを避けるのに一旦高架を駆け上がった後、「ここはどこ?」と思われるくらい
鄙びた田舎の駅を抜けた、かと思ったらゼロ年代に出来た学園通り駅はスーパーと直結してる作りで
もう少し後の時間なら必ず寄っていただろう、といふくらい賑わいのあるところに見えた。
(確か商店街とスーパーが合わさって出来た施設になっているんだっけ。三木町の中心施設で
「bellcity(ベルシティ)」だっけか)
その後は更に乗降客も減り、終点近くでは後方の電車に1人も乗っていなかったり。で終点まではいかず、
フィールドワーク的に降りたのは一つ手前の公文明(くもんみょう)駅。ここは事前に調べて行った
調査の時もなかなかその由来がわからなかった駅。でも帰ってきてから由来があらかた判明したので
結果に納得したところ。
 納得したページはこちら。Webコラムマガジン「のらり」■新・汽車旅日記~平成ニッポン、いい日々旅立ち
ttp://www.norari.net/train/040314.php
 ただそこでは「こんな片田舎で公文書を管理しただろうか」といふ疑問があったのだが、三木町に
合併するまでの旧井戸村の村役場はこの公文明駅の近くにあったので(現在も三木町役場の井戸出張所は
長尾線で最も乗降客が少ない井戸駅ではなく、この公文明駅から少し行ったところにある、といふのは
公文明駅にあった「災害発生時の代行輸送によるバス乗り場 案内図」で確認出来た。それにもともと
ややこしく命名されてた公文明駅の旧名は井戸駅でこちらが中心地だったことは察せられる)、ここが
いわゆる「荘園系地名」(北海道的に考えるとあちこちにかつてあった「学田(がくでん)」のようなもの。
律令時代に公文書を扱う官吏の役職が公文といって、公文の役所が諸経費を賄う為に有していた田畑に
対して付けられていた地名を公文名ないしは公文明、といふそうで)なのには納得出来るものがあったと。

では一旦はここまで。続きはまたじきに。
 

大変返事・返答が遅れてしまい済みませんでした

 投稿者:torov  投稿日:2018年 4月13日(金)11時10分37秒
返信・引用
  といふことで大変返事・返答が遅れてしまい済みませんでした。torovでございます。
ではとり急ぎNAKA24さんのレスを仕込みつつ、3月の四国行の話題と4月新番(2018年
第2クール(4-6月))の話題が出来ましたら、といふことで。

>おかげで、楽しみにしていた「ハクメイとミコチ」は無事完走致しました。
私も年末年始のBS11のプロモで即決した1本(もう1本は「よりもい」こと「宇宙よりも
遠い場所」)でした。こちらもようやく(昨年から積み残してた「少女終末旅行」と同時期に)
完走出来ました。世界観に考え抜かれた効果的なフライングドッグの的確な音楽(EDと
特別挿入の特殊EDが特にインパクト強い)、そして適切に配置されたキャスティング。
ラス話で出て来たよしこさん(緑尾老(リョクビロウ)◆榊原良子[フリー])やその前の
夜汽車の話で「揚げヤマイモ」食べてたハリネズミ◆清川元夢[俳協]などを含め若手から
ベテランまでの声優の配置が絶妙でかつ適切。まあそれを束ねるシリーズ構成・吉田玲子が
あってこその安定感がある角川ファンタジーに仕上がっていたなと。
 ハクメイ役の「りっさん」こと◆松田利冴(アイム)は鈴木このみがグランプリで勝った頃、
(松田颯水[アーツ]と松田利冴(アイム))姉妹で関西予選では勝っていた全日本アニソン
グランプリに出ていた頃が第一印象で、デビューが「電波教師」だった頃からは暫(しば)し
観ていなかったのだけれど、アイカツ組(あかり)からしっかり成長したミコチ◆下地紫野[青二]
とのコンビネーションも卓越していて、1クール飽きずに楽しむことが出来ました。
(ま、個人的には歌姫のコンジュ◆悠木碧(プロ・フィット)が絡んできた話の方が(悠木碧が
「あっぱれさんま先生」のアオイちゃんの頃から好みだったこともあり)やっぱりこんな感じの
ゆるゆるとした声優達のセッションはいいなあ、と思ったり)

>ああ、そういえば新谷真弓さんは作者さんのオーダーだったのですね。
作者のオーダーだった話はナタリーの鼎談にあるかと思います。
アニメ「ハクメイとミコチ」樫木祐人×安藤正臣×須江信人×栗林大貴座談会
ttps://natalie.mu/comic/pp/hakumiko
制作側のメッセージや方向性はこの座談会でくっきりわかる構成になってたかな、と思うし
(その分この鼎談の頃苦労されてた、といふ8話の「長い一日」を観るのが一山越える迄に
かなり観るのも苦労したあたりで)、個人的には庵野作品から永らく遠ざかっていたので、
「カレカノ」の芝姫つばさがハスキーなまま20年経つとこう使われるのかあ、とまあその意味で
感慨深かったってな印象で。

あとは「3月のライオン」と「妹さえいればいい。」あたりかな。
「3月のライオン」はキャスティングに関して多分音響監督の元ヨーヨーの猫つまみPD上がり
と感性が違うんだろうなあ(特にコードギアスはんぎゃく日記組の起用とか、先生がマダオ過ぎて
いまいち説得力に欠ける学年主任とか)とは思いつつ、アニメ化をここまで2シリーズに渡って
(大体コミックス換算で9巻あたりまで)幸福なうちに達成出来たのは素晴らしいな、と。
若干将棋のマンガなのに将棋とは関係ない話でつらい役割を担ってた◆茅野愛衣[大沢]に
関しては珍しく同時期の将棋物アニメ化になってた「りゅうおうのおしごと!」で(こちらも
こちらでツラい立場だったけどペドすぎる主人公より観られて応援したくもなる将棋指ししてた)
清滝桂香役の方がより生き生きしてたような気もします。

 「妹さえいればいい。」は結構出て来たアイテム(特にアルコール系)が身近に手に入れやすく
(オリオンビールは「わしたショップ」があるので手に入れやすいし、JR札幌駅西口に行けば
道産ビールも手に入れ易いので「桜桃の雫」は購入しました)また多分にクリエイター物でも
あったので心情は汲み取りやすかったし。下手に原作者が全話脚本を手がけているので、
妙なシリアス方面に話を振りがちな点はありましたが、それをも含めて「摂取しやすい小学館
製のアニメ」として楽しめたので、ヘタにブレずにまったりとした心で深夜に消化するのが
心地いい作品なのかなと。

ちょっと長くなったので、残りの課題は次スレに続く、といったあたりで。ではひとまず。
 

大変ご無沙汰しました…

 投稿者:NAKA24  投稿日:2018年 4月 3日(火)01時52分23秒
返信・引用
  torovさん毎度どうもです。ご無沙汰で申し訳ありません。
そしてNaoyaさんお久しぶりです。
年明けから忙しく、3月に一息ついてからアニメを視聴し始めてたら今日になってしまいました。

おかげで、楽しみにしていた「ハクメイとミコチ」は無事完走致しました。
以前、一度だけ「ダンジョン飯」目当てで購読したハルタに掲載されていて
その時には既にアニメ化が決まっていたのですが、ひと際目を引いた作品でありました。
ストーリーや世界観もステキなのですが、キャラがしっかりしているというか、
一人ひとりにちゃんと人格や人生がある感じが好きな作品です。
お二人とも挙げておられたので、やはりいい作品だったのだろうと納得しております。
ああ、そういえば新谷真弓さんは作者さんのオーダーだったのですね。
勿論私も好きな声優さんです。ゲストキャラの中でもひと際存在感がありました。

他ですと、最終話手前まで視聴したのが「三ツ星カラーズ」「3月のライオン」です。
こちらも楽しみに視聴しております。
前者は可愛らしいキャラクターの掛け合いが楽しい基本的に不道徳な番組で
後者は対照的にモノローグが多く、基本静かでゆっくり、時折激しさを見せるような作品。
羽海野作品は、実はマンガを読んだ事は無く、ハチクロもこちらもアニメ視聴のみなのですが
スタッフも制作会社も放送局も違うにも関わらず、まとっている空気というか、オーラみたいなものがよく似ている感じがするので、これは羽海野先生の力なのかなと思います。

あとは、ちょっと前に見終わっていたのですが「少女終末旅行」がかなり良かった。
私はどうも空気感というか、そういう雰囲気に惹かれるようです。

他は凄く中途半端に1~2話だけ見て止まっているようなのがいくつかあるので4月にそのあたりを少しずつ消化していきたいと思います(「妹さえいればいい。」「このはな綺譚」「魔法使いの嫁」「だがしかし2」、未視聴の「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」あたり)。

また、torovさんは四国へいらっしゃったという事で
丁度というと変ですが、つい先日放送のあった「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が現存天守の城址を廻って四国一周でした。
私、本州以外は四国(香川・徳島のみですが)と淡路島しか知らない人間なので、四国は意外と親近感があります。
決して詳しくはありませんが。
職場の元後輩が松山と土佐にいるので、一度ゆっくり訪れてみたいです。
じゃこ天美味しそうですね。

と、そんな感じで今回はこの辺で。
相変わらずのマイペースをご容赦ください。
春アニメも楽しみにしながら今宵は失礼致します。
 

恥ずかしながら、四国から帰ってきました

 投稿者:torov  投稿日:2018年 3月26日(月)17時34分32秒
返信・引用
  まずはじめにNaoyaさん半月放置ですみません。ただ、その書かれた日は大移動で
多分機上の人だったもので(また機会がありましたら、もっといろんなお話をしましょう)。

 といふことでなんとか四国旅行から戻ったか、と思えばいろいろ詰め込んでいた
本棚がひしゃげてオシャカになり、その整頓と新聞のSCRAPが重なってここまで
ぐずたらかかってしまいました。torovでございます。

想定していた松山側の目標は着くなり早々達成してしまったので、その後の行動が
わたわたになってしまったのは多少誤算でしたが、それはそれでなかなか楽しむことが
出来ました(ちなみに目標は15年越しの目標で、JR松山駅を出たらすぐのところに
ある安岡蒲鉾の直営店「かけはしでじゃこ天うどんを食べること」だったもので。
じゃこ天うどんは500円になってました。あったかいうどんのダシはとみに旅行者の
体力を如実に奪うので(ま、それまでの3日間で延べ12軒のさぬきうどんを食べて
来たので熱いかけダシを飲む必要がなかったともいえるが)うどんを流し込みつつ
「じゃこ天おばちゃん」の働いていた店でうどんとじゃこ天とじゃこカツ(150円
追加でトッピング)を堪能。その夜のホテルで食べた手握りごぼ天も含めて大変
美味しゅうございました)。

今回も基本的には民鉄の電車乗り鉄三昧、が基本でその点ではいよてつの「ALL IYOTETSU
2Day Pass」(3月から値上がりして2200円)がやはり便利でした。市内の路面電車(5路線)・
郊外電車(3路線)・市内いよてつバス・松山空港へのリムジンバスが全てフリーで
2日間使えてこの価格はお得。
http://www.iyotetsu.co.jp/ticket/toku/allpass.html
選択肢として迷うことが一切なかったので(むろん路面電車に乗る際間違えがちな
JR松山駅行きといよてつの総本山松山市駅行きを間違えるイージートラップなど気にする
ことなく快適にいよてつの交通機関を楽しめる)、逆にそこを迷わなかった分だけ目的が
ずれてわたわたになったのも一理あるのですが(特に郡中線は付近にあるスーパーがさまざま
選べるので(坊っちゃんスタジアムに話題を攫われて特段行きたくなるような名所ポイントは
乏しいのでずか)そこをちゃんと調べていけば特産の「いりこみそ」以外にもいい商品が見つけ
られたかな、とも反省。旧京王の電車に揺られて郡中駅を往復するくらいしか出来なかった)。
松山の路面電車はダイヤモンドクロスや新型の5000形(今度札幌の市電も導入しようと
してる単行タイプの同型)もさながら住宅家屋に突っ込んでいくある意味阪堺電車よりも
スペクタクルなカオスの環状線が何よりも楽しめました。

 まあそれでも松山の定宿は大街道のド真ん中だったので交通アクセスは抜群。松山三越の
向かい側だったのでその点ではすこぶる快適でした。地下の食品コーナーは充実してるし
(単品勝負で有名な卯之町の山田家まんじゅうの限定新作「こきび」は絶品だし、改装工事で
大街道支店が今跡形もない労研饅頭も今はここで買える(松山のすあまともいえる「しょうゆ餅」
も美味しい。労研饅頭だと運が良ければあん入りも豆入りも何も入ってない「すや」も買える))、
松山三越屋上にはフットサルコートもあって、ショップコーナーも同フロアにあり愛媛FCの
グッズも買えるのはお得(のーさんの書いた愛媛FCのタオマフも購入。今治タオル使えなくて
中国産使ってたのはチト苦笑でしたが)。
http://efpark.com/
ま、コンサドーレに足りないのはそうした半公式なチームの行先案内出来るショップが街中に
ちゃんと存在出来てないことだよな、とも思うのですが。今愛媛FCの練習場はかつて観覧車が
あり、坊っちゃん列車の1号車も静態保存されている梅津寺公園の近くにあるので(唯一いよてつで
海に面した「東京ラブストーリー」でも登場した海沿いの駅で、遠くを見渡すとDASH島も
見えるあたり)、そこも翌日の朝行って堪能して参りました。ま、高松はうどんとことでん
長尾線を中心に「うどんの国の金色毛鞠」巡礼と洒落こんでのですが、それはまたおいおい。

「よりもい」こと「宇宙よりも遠い場所」ははやみんキャラを咀嚼するのに1ヶ月くらい
かかってしまいましたが、やっぱり慣れてしまえばそこは「月のランプ」「こばと。」の頃から
追いかけて観てたいしづかあつこ監督作品。グンマー的状況を過ぎればそこそこに楽しめる要素が
散りばめられているので、もう少しで追いつけるかな、と(それでもやっと9話あたり)。
なんだかんだでまどろみたくなるとやはり点けているのは「ハクメイとミコチ」だったりして
(でも原作者唯一のキャストオーダーがジャダの◆新谷真弓[ケンユウオフィス提携預かり]{ナイロン100℃}
だったのは意外でしたけど。ま、そこはあの時代に作りたがっていたと岡田斗司夫が漏らしていた
「庵野組」がちゃんと機能したのだな、といふ感じでしみじみ)

あとはもう少しで「ラーメン大好き小泉さん」と「スロウスタート」は完走できるかな。
遅れているのは主に再放送組で「コードギアスR2」と「弱虫ペダル(4)」の遅れがひどいんだっけ。
ま、いろいろありますがそろそろ次クールの予習(鬼太郎(6)とアイカツフレンズで復帰は
画定してるんだけど)を試みつつ部屋の掃除と整頓地獄はきりなく続きそうな今日この頃の
torov、でした。
 

お久しぶりです。

 投稿者:Naoya  投稿日:2018年 3月11日(日)09時14分26秒
返信・引用
  ご無沙汰しています。
物凄く久々に書き込みいたします、Naoyaです。

サイト自体が落ちた一方、掲示板が動いてくれているのが、感慨深かったり。
ひとまず、相変わらずアニメ追ってゲームや映画で日々癒されたりしております。

今期だと「宇宙よりも遠い場所」「ハクメイとミコチ」「ゆるキャン△」「刻刻」
が特にお気に入り。しかし、はまって先を見たい!と思えるあたりで1クールすぎるのはどうか。

では、今回はここらへんで。
 

近況報告になるかと思います、といふことで

 投稿者:torov  投稿日:2018年 3月 1日(木)17時33分4秒
返信・引用
  とりあえず書かなきゃ書かなきゃと焦りつつスルーしていたらあっ、といふ間に
2ヶ月経ってしまったので、ゆるゆると文言を重ねて観れば、近況報告になるか
と思います、といふことで。

 まずは前回少し書いた高尾じんぐ「くーねるまるた」も第一部が終わり、一部14巻を
ついこの間読み終えたばかり。久々に4コマではない6ページマンガの読み方をゆるゆると
学び直させてくれたいい作品でした(その分墨の色濃い漫画がのしている「スピリッツ」で
ノンブルもなくそこそこに探すのが難しいのはモンダイなんだけど)。今度は初夏頃に復活
して「くーねるまるた ぬーぼ」になるんだとか。仕切り直しての続編も楽しみ、ってことで。

 前クールは「妹さえいればいい。」が心性に合っててここで「少年サンデー分不足」を
補えたのはいいのだけど、今クールはやはりまず「たくのみ。」ですかね。ED「ストイックに
デトックス」も聴き心地がいいし、ちょっとした酒にまつわるウンチクもクドすぎない程度に
まとまっているのですごくいい。ただ前半構成的にアバンの30秒がかなりジャマでラスマス
フィーバーな内田真礼(と書いてダメ弟をフォローするダメ姉まれいたそ、と詠む)OPが
ちっとも頭に入って来なかったのはかなりマイナス要素になってたような(主人公が岡山出身、
同居人の姉妹は北海道出身と、的確な配置[酒を分解する酵素が足りなくて下戸が多く揃って
いる地域、を意識的に避けている]なのは好感持てる。ただ「大都会」岡山から出て来たメインの
都会憧憬思考は今更ながら面映ゆく思えてしまうところですけれど)。
 今期一番サクサク観れてテンポも良くてOPの「フレデリックぶしぶし」がヤケに耳に残るのは
やはり「ラーメン大好き小泉さん」かと。ドラマ版では美山加恋が演じてた大澤悠役を◆佐倉綾音
[アイム]がやることによって、悠ののヤンデレぶりがしっかり強化強調されてるような。
でも「ラーメン大好き小泉さん」のジングルやOPはすごく耳に残るし、「シエナのくせに」
EDのアレンジもカッコ良くかつ往年のインスタントラーメンCMリスペクトで構成されている
のはやっぱりなんかずるい、けどそこはサクサク観られるので巧みな構成に毎回唸ってしまうのも
事実な今期一番ストレスなく見易い作品はダントツで「ラーメン大好き小泉さん」なのでした。

 これと金曜夜に(BS11では)やっている「ハクメイとミコチ」で週末気分をつかんで、
土曜深夜の「たくのみ。」で休日のペースを楽しむ、って感じなのがおそらく今クールアニメの
楽しみ方の流れになっているのかも。

 これに続くグループがダメ弟だけど最近「のうりん」ちゃんと買ってないのでこっちは観てる
(話はそこそこな1話だったけど内田弟の声とモノローグが余りにも魅力ないんで、そのセンス
のなさに1話切りしたのは山梨シルクセンターが今更あがいてる「サンリオ男子」でした)
「りゅうおうのおしごと!」MachikoのOPやあやねる&日高里菜、といふダブルロリのヤンデレ2人に
「将棋マンガは結局+アルファが重要」になりがち、の如くロリ全振りながらも将棋アニメに不可欠な
岡本信彦や茅野愛衣を的確に配置しているおかげで、関西棋院(福島)中心で描いているけど破綻なく
観られているのは(川井憲次音楽もしっかりしてて)盤石のスタッフをある程度揃えたからこそ
活きているところなの、かなと。ま、観る時間と場所を選ぶ点ではこれと「スロウスタート」と
「よりもい(宇宙よりも遠い場所)」が難儀なんですけどね・・・。

 といふことで、3月になってしまいました。中旬には四国に出掛けることが画定(でも直行便は
(今は)ないので乗り継ぎなのですが。ある程度旅程が決まってから、6年半ぶりに新千歳-松山
直行便が3月末から復活するそうで・・・)。ま、そんな感じで今回は今迄なかなかいられなかった
高松と松山に腰を据えつつ、ことでん・いよてつを使い倒すような旅がある程度楽しめればなあ、
と想いながらやっと予定スケジュールが埋まってきたのかな、と。ではまた旅が終わって一段落
したら来ようか、と思います。といふことで近況報告になったでしょうか。では今日はこのあたりで。
 

レンタル掲示板
/54