teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


最高裁からJasrac宛にダメだし来てますが

 投稿者:コマプ墨田  投稿日:2015年 4月29日(水)08時04分50秒
編集済
  これって公取委に差し戻しってことですかね?  で公取委が「最高裁判断一切受け付けません 絶対Jasrac正しいですから」とかなる可能性ってあるんですかね。いやそうなった場合をぜひ見てみたいという気持ちがかなりあるんですがねぇ。が、そうなると最高裁と公取委がガチで戦うわけですかね。いくらなんでも面白すぎませんか。シュールレアリズム領域に突入しつつある空気です。なんせJasracは「最高裁見解は間違っているぞ 自分たちの正義をますます主張していく」とかそういう考えの模様であるわけで。いやすごいなぁ。ブッタ髷です。最高裁何するものぞ、みたいな?


楽曲、放送で使い放題に転機 JASRAC契約「参入の妨げ」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H8N_Y5A420C1EA1000/

PS:
というか既に自分でこの段階のことをこちらBBSに書いてたじゃないですか(笑
ざっと読んであたってんじゃないんですかと。どうでしょ?

分かった! 最高裁は2回ある!!
http://6726.teacup.com/swan/bbs/1457

というか完全に忘れていたw なるほどねぇ。公取委ねばるかも。
最後の最後に最高裁が「なるほどなるほど公取委のが正解だったねメンゴ~」とか、
ありなもんかどうかですが。あったらもう日本沈没でいいよね。

 
 

[演奏楽曲をJASRACに報告してみようイベント]開催します

 投稿者:河崎覚  投稿日:2015年 3月 6日(金)13時16分26秒
  ついに!来週2015年3/9月曜日!目黒ライブステーションにて、全出演者がJASRACに楽曲登録しているミュージシャンが、JASRACと包括契約しているライブハウスで演奏した[演奏楽曲をJASRACに報告してみようイベント]が開催されます。

全ライブの写真&動画&録音&セットリストの公開やブログ転載を可としています。

>けん さんが仰るように
JASRACの規定にも、一曲毎の著作使用料徴収は可となっているのですから、こんな裁判を起こす理由がよくわかりませんが、ライブハウスで演奏された自分の曲の使用料を「もらったことがない」と、著作権者本人が言っているのですから、包括契約で集めた使用料の分配方法がJASRAC内部で確立されてないのかもしれません。だったら、コンサートホールと同じ扱いにすれば良いだけなのに、それも受け付けず裁判と言うのは分配方法について、何か表に出せない事でもあるのか? と、日本最大の音楽著作権管理団体の体質について、とても心配しています。

http://www.egawahojin.com/?p=1555

 

JASRACファンキー末吉氏裁判

 投稿者:けん  投稿日:2015年 2月24日(火)22時20分2秒
  お久しぶりです。
一曲ごとの使用料で過去分精算するのを受けつけないなんて、
JASRACも無茶苦茶デタラメなことやってますね。
裁判所はとっととファンキー末吉氏の主張通り一曲ごとの使用料で
精算するよう判決を出してもらいたいものです。
 

徐々に記憶が

 投稿者:コマプ墨田  投稿日:2014年 1月27日(月)06時55分42秒
  蘇ってきました。

恐怖のJASRACカウントw
 ↓↓↓↓
個別一曲ごと包括契約

一曲でもJASRAC監理曲をやってる証拠を掴まれたら、
10年間全営業時間JASRACの曲を演奏したことになっちゃうってやつ。
こんなもん独禁法違反じゃないなら何?
こういうこと平気でやってきてるのに、
 ↓

>JASRACが主張を覆した時の言い分は
>「そもそもライブハウスに於いては一曲ごとの使用料を払う契約方法は無い」

と、?

JASRACの考え方としては、
自分たちが個別一曲ごと支払いと包括契約を
自由自在に使い分けて、最も多く額をひねり出し
利用者からカネをふんだくるのはOKだけども、
利用者側が勝手に同じ支払い制度を使うのは許さない。
こういうことですかね。

独禁法違反じゃないですか。
ライブハウス等の飲食枠は完全なJASRAC独占域ですから、
こんなこと許されるわけが無いんですけどね。

ファンキー氏、公取委に既に話してるそうなので、
次に行った時、そこいら聞いてみてもらいたいすね。
まぁ公取委も今やアレですけど、別領域ではあるし。
 

Reデサフィナード事件判例

 投稿者:河崎 覚  投稿日:2014年 1月25日(土)09時09分19秒
  これは、非常にありがたい情報でございます!
一読では全貌を理解出来ないので、勉強させて頂きます。
いつも有り難うございます。

http://www.simplepile.jp/

 

Re連投のお返事です

 投稿者:河崎 覚  投稿日:2014年 1月25日(土)09時07分20秒
  >② 当初、「今後の支払い」「過去分清算」を個別一曲ごと換算で支払う旨、
>JASRACは了承するものの、途中から「過去分清算」は包括しか受け付けないと、
>前言を翻し、訴訟へ。

>今回裁判では、この過去分の支払い方法以外では、
>双方に不同意は無いわけですから、

この部分ですが、ファンキー末吉はJASRACからの過去分請求について、一曲ごとの使用料で払いたい。といって、JASRACから指定された演奏楽曲リストに演奏曲を記載して提出しましたが、リストも受け取られず使用料も受け取ってもらえませんでした。このとき、JASRACが主張を覆した時の言い分は「そもそもライブハウスに於いては一曲ごとの使用料を払う契約方法は無い」というものでした。

もちろん、JASRAC側のかなり矛盾した見解でした。

従いまして、将来にわたる契約に於いても、ファンキー末吉は一曲ごとの使用料を演奏者から徴収し、店が代行して演奏曲リストを添えてJASRACに払いたいです。

コマプ墨田 様が提示してくださる過去の事例のおかげで、ファンキー末吉のケースの見通しがが分かりやすくなりました!

ありがとうございます。

http://www.simplepile.jp/

 

デサフィナード事件判例

 投稿者:コマプ墨田  投稿日:2014年 1月25日(土)02時44分59秒
編集済
  さらに連投ですが、重要なので別枠で。

おぼろげな記憶でアレ?と思い、デサフィナード事件判決文を確認したところです。
いやぁ参った。なにがなんだか分かりませんね。
この裁判で、JASRAC自ら、被告への損害賠償請求を一曲ごと総額でやってるじゃないですか?
どうだこれで払え!と。 で判決はそれで確定してるんですがね?
どういうこってすか? けんさんあたりご意見くださいって、もう見てないかw

こちら地裁高裁両判決文ありです。
 ↓
地裁 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070131152830.pdf
高裁 http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20080925090310.pdf

算定の具体内容は地裁判決をご覧ください。
加えてしかも決定的なことが高裁判決に書いてあるんですが。
 ↓↓↓
カ損害又は損失
(ア) 1審原告は,管理著作物の適用利用を促進させるため,無許諾利用
者に対しても,交渉の一定段階までは,包括的利用許諾契約を結んだ場
合の規定によって算出した使用料による清算に応じ,任意の説得に応じ
ず侵害を継続する者に対しては1曲1回の使用料規定による額を請求し
ている。後者は使用料規程に基づく本来の利用料であるから,懲罰的損
害賠償の性格はない。そして,このような方法は,誠実な利用者との公
平の見地から当然である。(以上判決文コマプ引用)

ということは、要は高裁の見解はこういうことですかね。
 ↓↓↓
「包括契約強制してMAXぶんどるなんてのは鬼畜もいいとこで、
そんなもんは懲罰的損害賠償ってことにもなるから、
一曲ごと清算するのが公平である。」

いや、これ判事は
 ↓
「包括契約の方がサービス契約で、
本来だと一曲ごと総額だから高額算定なんだけど、
それで通常だから問題ない。」

といってるのか。そうですねw
でも実際一曲ごとで払うのが基本だと
司法は断定してるわけです。
それで払うというファンキー氏に
JASRACは何を因縁つけてるんでしょうか?

ん~こうなると、ファンキー氏の対処に問題を感じるとこまったくないわけですが、
一体全体JASRACは何を考えているんでしょうか?

----
高裁判決の件の箇所読んでさらに思い出しました。これですよ。
 ↓↓↓
http://www.local.co.jp/news-drift/news-toukou.html

鬼畜も鬼畜、すごいですよね。
なんと一曲ごと算定で営業時間MAX総額で請求してるわけです。
それ全曲スパイ調査とかで証拠握ってるとかじゃないんですよね。
一曲やってるのキャッチすればOKって理屈ですからね。

----
ファンキー氏本人の経緯説明
これを読むとファンキー氏じゃなくとも首をかしげちゃいますね?

http://www.funkyblog.jp/2013/10/jasrac_13.html

後半デサフィナードの件も書かれてますが、若干把握間違いがあるような気がします。
しかし、弁護士見解報告でデサフィナード判例の重要箇所について言及されています。
ここのことですね。
 ↓

第三者が主催するライブについて
この形態のライブは,プロの演奏者又は後援会からライブ開催の申込み
により行われ,演奏者が自ら曲目の選定を行い,ちらし等を作り,雑誌に
掲載して広告し,チケットを作って販売し,ライブチャージを取得するの
であって,本件店舗は,従業員が客からのライブチャージ徴収事務を担当
し,例外的に予約を受け付けることがある以外,何らの関与もせず,演奏
者等から店舗の使用料等を受領せず,演奏者に演奏料も支払われないので
あるから,本件店舗は,ライブを管理・支配せず,基本的に,ライブ開催
による直接の利益を得ていない 他方 本件店舗のコンセプトに照らすと
本件店舗は,このようなライブを店の営業政策の一環として取り入れ,か
かる雰囲気を好む客の来集を図って営業上の利益を増大させることを意図
していた可能性も否定できないが,ライブ開催と来店者及び収益の増加と
の関係は必ずしも明らかではなく(ライブ開催時の飲食物提供は通常より
簡素であると認められる。2(1)イ(イ)c),仮に一定程度の利益が生じる
としても,管理著作物の利用主体を肯定することにはならない。そうする
と,このような形態のライブで,本件店舗(1審被告)が,演奏を支配・
管理し,演奏による営業上の利益の帰属主体であるとまではいうことがで
きず,管理楽曲の演奏権を侵害したとは認められない。
(デサフィナード裁判 高裁判決36P~37P)

やはりここは専門家から注目されていたのですね。
なにしろ、要するに演奏者側に許諾手続きを負わせてノータッチで営業可能という
形態があることになったわけですからね。
しかし、そんな双方に面倒で無駄な費用がかさむことやるくらいなら、
JASRACが認めさえすれば、個別でそのつど店が払えば(払えれば)いいだけの話なのであり、
実際そうなってると、そういう話ということになりますかね。
こんな当たり前のことに行き着くまでにどれだけ経営者は苦しめられたことでしょう。
これを思うとデサフィナードさんの功績は大きいですね。
それに比べてJASRACという組織は、ほんとに....

 

連投で申し訳ありませんが、

 投稿者:コマプ墨田  投稿日:2014年 1月24日(金)21時15分33秒
編集済
  先の記事など再読でこの件の本質が見えてきたのでまとめました。

① ファンキー氏店舗にJASRACは過去分清算と以後の正規支払いを要求し、
氏は姿勢として了承、その方針でJASRACと具体的方法を検討。

② 当初、「今後の支払い」「過去分清算」を個別一曲ごと換算で支払う旨、
JASRACは了承するものの、途中から「過去分清算」は包括しか受け付けないと、
前言を翻し、訴訟へ。

③ ファンキー氏は著作権料支払いを拒否してる事実は無く、実際、請求以後、
使用料(←おそらく自身換算での過去分総額を含む)を法務省に預けている模様。

これが訴訟に至る本体と思われます。
SWAN事件等の一連の高額請求事例と基本はほとんど同じというか、
大波が去った後の再来という印象です。

ただ、違っているのが、
「過去分を個別一曲換算総計」で支払うことが
可能かどうかという点にスポットがあたることです。
これは結局SWAN事件等の際、こちらBBSでも、
「現実的な懲罰徴収であり法的に認められない」とか
議論あったわけですが、話が煮え切らないまま、
やがて法的にはJASRAC主張でパスしてしまった項目です。
結局この分が高額に成ってしまうので、以後の支払いに応じたとたん、
零細事業者はあまりに大きなダメージを
抱えてしまうという問題が残っていたわけです。
今回裁判では、この過去分の支払い方法以外では、
双方に不同意は無いわけですから、
純粋にここに焦点があると言えると思います。

SWAN事件以前、現場担当者レベルで事が収まる場合(段階)だと
JASRACはこの点は融通を利かせてきたようです。
今後の支払いに応じてもらえるなら「過去分を大幅に減額」とか、
「過去分はいいので今後の支払いを」とか、
まぁここもJASRAC得意のどんぶり勘定が利いてたわけです(現状不明)。
しかしこの段階でこじれて、もう一段上のレベルに話が行くと、
法務関係の部署がここぞとばかりに任務遂行にとりかかりますので、
過去一連の状況に展開するわけです。

SWAN事件、銀河のほとり事件、デサフィナード事件などの結果、
基本的に現使用料支払いに関しては、ライブハウス枠JAZZ喫茶枠とも、
大きく不当な請求をJASRACが行うことは無さそうな模様であり、
またもしそのような要求を受けても回避策はあると言えます。
よって、SWAN事件等以後、新規に店を始める場合、
最初にJASRACと段取りを適性に組めば、
JASRACがらみで経営上大きく問題が発生することは
無いと言えるかもしれません。(とにかく過去分を貯めないこと)

はたして、SWAN事件等の際、
当時高額な過去分を請求されていた各店主さんが
そのままの額でついに支払いをさせられたのか、
あるいは水面下なんらかのJASRAC側の
対応があったのかどうか、自分はほぼ把握しておりません。
これは水面下個別で店主さんがJASRAC側と対応するしかない
完全非公式ワークなので基本公にならないでしょう。
少なくてもSWAN事件に関して言うなら、
JASRACはSWANさんに一定の金額を返すべきだったですね。

しかし、ことJAZZ系のライブハウスにおいては
全国規模のネットワークがあるので、

「そっちの店でどうなってんの?」
「いやぁ、こうこうこうで、まぁこの分は言われたとおり払ったけどさ云々」

とか情報を共有しつつ、可能な最善策を模索してやってるのではないかと、
あの時期以後の展開(水面下)を想像しています。

---
ファンキー氏裁判においては、確実にJASRACは、
「JASRAC分配制度の不備」を審議から排除する方針(本件と無関係)をとるはずで、
過去事例からしてもそれは可能と思われます。
先日書いたように、この領域に関しては別途でカウンター裁判ということしかないでしょう。
しかしこのテーマは、むしろJASRAC内で泥沼のまま長年にわたり
継続していることであり、これと独りで戦うとなると大変なことになります。
まずは、JASRAC内のこの勢力の動向を把握することが必要な気がします。

(余談風)

こちら記事にファンキー氏論理に関わり、以下のような展開がありましたが、
http://frekul.com/blog/report/2013/11/26/funkyinterview/

>何故ミュージシャンは10年間1円も貰えないのか

>「バンドマンのお金をAKBが吸い取っている」のか

>ということは、海保さんのバンドがお金を貰えていないなら、
>余分に貰ってるバンドがいるはずなんですよ。
>しかし少なくとも、そういう人の話を聞いたことがない。
>…実はそういうバンドマンもいて、
>でも気まずいから絶対に人には言わない、ってことかもしれないですけどね。

大きな勘違いがありますね。
ライブハウスで演奏されるJASRAC管理曲の大半は、
海外の著作権協会が権利を持つ楽曲のはずなので、
要するにほとんど欧米の権利者に行ってると想像がつくわけです。
この領域から海外著作権協会に金が渡せる機能は、
JASRACとしては涙もののありがたさのはずです(笑
ある意味なるほどと思ってしまいました。
これに関して詳しく書くと長くなるので今はやめます。

 

re 河崎さま

 投稿者:コマプ墨田  投稿日:2014年 1月20日(月)18時50分5秒
編集済
  この件は熟考が要りますね。
 ↓

>先の調停の段階でJASRACが主張した「一曲140円」の使用曲を毎曲ごとにリストアップし料金は現在も積み立てていますが、JASRACが調停不成立とし受け取りを拒否

銀河のほとり事件という過去事例で、「一曲ごと総計の支払いはJASRAC規定上可能のはずだ」とJASRAC側に追求した結果、しぶしぶながら認められております。JASRACは利用頻度の少ないこの店に対し、包括契約を強制し、店の利用頻度を遥かに上回る暴利を突きつけていたのです。

JASRACの場合、徹底して資料を出して「こうこうこうでおかしいじゃないか、こう書いてあるじゃないか」と理詰めを徹底する必要があります。JASRACの基本姿勢は「それらしいこと言っとけば連中は"しょうがないのかな"と納得する」です。ちなみに、この銀河のほとりの一件では、しぶしぶ認めざるを得なくなった後も、本来自分たちが規定した内容どおりやらずに、不当に高額な一曲ごと使用料を店側に示し、もし気がつかなければ店主さんはその額で支払いかねないところでしたJASRACというのはそういう組織です。

銀河のほとり
http://plaza.rakuten.co.jp/ginganohotori/

ただし、この一件はかなり以前になりますので、姑息なJASRACは既に利用規定を変えている可能性はあります。まず、利用規定を詳細分析することが重要です。久々に銀河のほとりさんのサイトを見たところ、繁盛しているような感じです。その後JASRACとどうなっているのか、自分は知りません(笑

----
追加記述

その後こちら↓読みましたところ、ファンキー氏側は当初から万全で対応しているにもかかわらず、しかも、一曲ごと支払いの提案はJASRACが提案し、途中まで問題なくその線で進行していたにもかかわらず、いきなり「やっぱやめますんで、文句あるなら裁判で」となっちゃったとのことですね。これはひどい。ひどいけどまさにJASRAC丸出しの展開。

http://frekul.com/blog/report/2013/11/26/funkyinterview/

http://www.funkyblog.jp/2013/10/jasrac_13.html

JASRAC自身が規定した規則どおりなら当たり前に一曲ごと支払いはできるはずで、当初JASRAC担当はその線で事をまとめる予定だったのだが、このレベルの報告書を上層に渡したら→「あ~これはだめだめ、こんなの公で認めたら包括でとる体制くずれちゃうからな、おぬし無能じゃの~」と現場担当者が拳固くらった、そんな印象大ですね。JASRACというのは実際この程度のもんですよ。理屈はいつでも覆せる確信もってやってますし、実際公取委までやっちゃえる力があるわけです。公取委なんて本来はイーライセンスの件以前からJASRAC独禁法違反の線でそれなりにはやってたんですよね。それがアレですから。

でもこれ、基本完璧独禁法違反ですね。だって使用料金を換算する方法が二種類あって、店は「こちらの方だと割高だからこっちで払う」と言ってるのに「できねーよ、お前はこっちで払え」と強制してるわけだから。じゃぁなんで一曲ごとの支払い方法が書いてあるんだ?となるわけですが、答は簡単。それ書いとかないと文化庁から使用料規定の認可おりませんから(笑 要は認可の時は適正モード、だけど実際やるのはテキトーモード。世間からカスラックといわれる由縁ですね。

と思ってここまで書いて再確認でもう一回記事よく読んだら、こうありましたね。

http://frekul.com/blog/report/2013/11/26/funkyinterview/

>河瀬 :JASRACが言ってるのは過去の分ですよね?今後、例えば今週末演奏する分を1曲いくらで払うことを否定してるわけではなくて、過去の分について否定してきたってことですかね?

>ちょっと話がややこしいので、少し分析してみよう。「Live Bar X.Y.Z.→A」は、過去も、そして今後も、ライブ演奏を行うライブバーだ。だから

>1. これまでの分をどうするか
法的に見ると、結果的に「Live Bar X.Y.Z.→A」は利用許諾契約を行うことなく、無許諾で演奏を行っていたのだから、損害賠償額の問題になる。
>2. 今後の分をどうするか
法的に見ると、今後「Live Bar X.Y.Z.→A」とJASRACがどのような形で利用許諾契約を行うかの問題になる。

>が、両方とも重要な問題だし、そして、「1 と 2 はそれぞれ無関係/独立に考えるべき問題」とは言いがたい…のだが、今回の訴訟に限って言えば、対象は 1 であるようだ。そして 1 について、「信用できないから、包括形式以外はNG」と言っているようだ。
(引用終り)

そうなるとまた話はちょっと違ってくるわけです。やっぱり銀河のほとり事件以降、JASRACは過去分清算以外は個別支払いを認めてるということでしょうかね。そこはその後もちゃんとやってますからと(笑 JASRAC様、すいませんでした(謝 書き直そうかと思ったけども、まぁもう書いちゃったからしょうがないということで。

 

Re:ファンキー末吉氏裁判の件

 投稿者:河崎 覚  投稿日:2014年 1月20日(月)18時07分49秒
  >コマプ墨田 さま
仰る通り、今回の差止請求と「ファンキー末吉 支援者」の会の主張は直接繋がりません。

ただし、”①店のJASRAC管理曲依存度”については、先の調停の段階でJASRACが主張した「一曲140円」の使用曲を毎曲ごとにリストアップし料金は現在も積み立てていますが、JASRACが調停不成立とし受け取りを拒否している状態から訴訟を起こされました。ドラムが置いてあれば、いつ何を演奏しているのかJASRACには分からないから、包括契約しか認めないとでも言いたいのかもしれませんが、これをJASRACが言うとJASRACが作っているルールが崩れるので言わないでしょう。

また、”②店経営者が同時にJASRACから著作権料を支払われる権利者であること”については、全く仰る通り訴訟そのものとは全く関係ありません。

JASRACは「それが訴訟である」という事実をよく知っております。
それは、文化庁長官に認可させるだけの資料を作る力があり「黒い集金システム」の中身を公にしなくても、数々の訴訟を起こし、個人や小規模店舗に対しJASRACのルールで請求してきたことからもよく伝わります。

ファンキー末吉やライブハウスを守りたいと考えている私どもは、支援金を出来る限り集めて、ファンキー末吉が考えるように、勝っても負けても納得がいってもいかなくても、全力で闘って欲しいし支えたいと考えております。

そこで出てくるモノが、日本の音楽業界の現在の姿だと思います。
ホームページもよく読んで頂きまして有り難うございます。

http:www.simplepile.jp/?page_id=287

 

レンタル掲示板
/16