投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


おめでとう

 投稿者:ミモザ  投稿日:2017年 3月26日(日)10時30分8秒
返信・引用
  太郎君 卒園おめでとう
写真を拝見すると皆親御さんの方がうるっとしておられるようで
「おめでとうございます」はご両親へ言う言葉ですね。
残念ながら(当然ながら)ダイエットした背広姿は映ってないけど
かなりうるっとしながら撮られたんでしょう。
次に待っているのは入学式 ピカピカの一年生
白州は昨夜から降り出した雪で庭は真っ白まだまだ止む気配はありません。
桜の便りも聞かれる季節なのにね~
季節外れの雪もまた良し 春は確実に来ますから
入学式まで3キロ減のまま維持してください。
 
    (風) ありがとうございます。今のこどもたちは多感なんでしょうね、卒園児も何人も泣いていました、予行演習の時から感極まって泣く子がいたそうですよ、小生は娘の時も太郎の時も全くそんなことはありませんでした。
 太郎にオマエも泣いたか?と尋ねると、ぜーんぜん、と言っていました。

 親がなくても子は育つと言いますが、居ても居なくても勝手に育っていくようです、今のところは親の権威で押さえつけていますが、そのうちに逆転するでしょう、尤も、我が家ではそれまで、小生が元気でいられるかどうか分かりませんが(笑)

 入学式は4月10日だったと思います、それまでは、ズボンは入るようにしておかなければね。

 白州、雪ですか、それは驚きですね、箱根も雪だそうで、今年は春が少し遅そうですね。
 

ダイエット

 投稿者:ミモザ  投稿日:2017年 3月25日(土)16時19分41秒
返信・引用
  簡単に3キロのダイエットとは流石ですね。
元々それほど痩せる必要はない体形だと記憶してますが
「食べなきゃ痩せられる」そして 動けばもっと痩せられますわね。
先日からの墓起こし作業 本当にハラハラしながら読みました。
もう年末の手術の事なんかとっくに忘れておられますよね。
我が家もすっかり忘れてるとこまでは同じですが痩せませんね~
食べて呑んでおまけにそれほど動かない・・我慢してるのはおやつくらいで
これじゃ痩せられませんよね~
まっ私は食べても呑んでも全く太れない質なもんで毎日餌作りに励んでおり
・・でもやっぱりどげんとせんといかんでしょうね(熊本弁のつもり)
体重差30キロの夫婦は辛いです。

下記のコメントに鎌田・東糀谷・六郷土手等懐かしい駅名が並びました。
京急の大森海岸駅を約10年その後モノレールの大井競馬場を10年強利用する
暮らしでしたので何れも身近な生活圏内でした。
丁度先週 第一京浜を走る機会があったのですが京浜急行が高架になり
道路もかなりきれいになっててびっくり!オリンピックのせいでしょうか。
圏央道(首都圏中央連絡道路)もほとんど完成して便利になってました。
東名から都心に入らず東北道・関越道・常磐道へ行けるのでトラックが多いですよ。
 
    (風)  いやいや3キロなんてどうということないですよ、べつに苦しむこともなく痩せられます。ちょっと節食していると胃の大きさもだんだん小さくなってくるのでしょうね。確かに毎年のメタボ検診で「肥満」と判定されるほどではないのですが、とにかく昔のスーツに合わせなくてはならなかったので。サラリーマン時代は激務で、ということはまったく無かたったのですが、やはり色々なストレスがあったのでしょうね、今より細い腰回りのスーツを着ていたものですから。確かにミモザさんはスマートですよね、世の中には水を飲んでも太る人がいるようですから体質というものがあるんですね。

 墓起こしでは各方面にご心配をおかけしたようで。写真でみるほど危険なものではありませんよ。そう言えば腹を切って3ヶ月経ったばかりでした、全く忘れて作業をしていました。人間の体は大したものだと我ながら驚いているところです。

 そう言えば、ミモザさんご夫妻、京浜運河沿いでしたね、八潮でしたっけ。東京も相変わらず日々変化しているようで、大きな道路が次々に開通して、道路の接続も変わったのでしょうね、小生なんかもう自動車道を走っても迷ってしまうと思います。
 

桜など

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2017年 3月25日(土)16時01分46秒
返信・引用
  イタサン、最近会わないね。
さぞかしスマートになったのでしょうね。
小生はまだ開花した桜に出会っていませんが、鶴が台に
親類がいるので、会いに行くときは満開の桜が見られると思います。
スマートと言えば風さんもだって?
小生は全然だめだね。食いしん坊だから飯を抜くなんて考えられないよ。

ところで、先日スマホに機種交換をした際にLGのキャンペーンに応募したら
小さなドローンが当たり、今日届きました。
本当に小さなものですが200万画素のHDカメラが搭載されていますので
少し遊べるかも
 
    (風) おっドローンいいね、市街地で飛ばすのは危険だから、ちょっと遊んだらこちらに送って、ちょうど欲しいと思っていた、ありがとう。  

さくら3/24

 投稿者:いたみ  投稿日:2017年 3月24日(金)08時08分18秒
返信・引用
  本日変化なし
気温が低く足踏みが続きそうです

東海道線で川崎まで出てそこから歩いてます
約7キロ一時間半ほどかかります
 
    (風)  そんなに歩くんですか、昔のいたみさんの体型しか知りませんが、かなりスリムになったでしょうね(笑)。
 小生も昔、JR蒲田から東糀谷まで歩いていましたが大した距離ではありませんでした。7キロは凄いなあ。

 今日はこちらもちょっと寒いです、開花し始めてから気温が低い日が続くと花が開いている期間が長くなるといいますね、もっと華やかになったら写真も投稿してください。

 
 

さくら

 投稿者:いたみ  投稿日:2017年 3月23日(木)21時56分30秒
返信・引用
  毎朝 通勤時に六郷橋から大師橋まで多摩川の土手を河口に向かって三十分ほど歩いていますが昨日は一輪だけでしたが今朝は数輪花開いていました
並木の中でまだ一本だけですが他の樹の蕾も目一杯膨らんでいますので明朝は
もっと期待できそうです
満開になるのももう間近だと思います
今週末は無理でも来週末にはお花見ですね
 
    (風)  東京が全国で一番開花したそうですね、もう、まもなく一斉に開きますね、楽しみですね。ここはまだまだという感じです。
 でも面白いルートを歩いていますね。六郷橋というと京急六郷土手駅ですか、各駅しか停まりませんよね、そこから川伝いに歩いて東糀谷まで歩いているのですか。
 

ハラハラ

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 3月19日(日)16時19分45秒
返信・引用
  この三日間の日記、正直ハラハラして読んでいます。
企業でやったら完全アウトですね。

石材用の吊り具というのがあるのですが、探したらレンタルしている所があるかも知れません。
でもちょっと手遅れか。もう作業は終わっている頃かも知れませんね。

まだ電気冷蔵庫が一般家庭に出回っていない子供の頃、真夏の暑い盛りの朝方、氷屋がリヤカー
で配達していたのを見たことがありませんか。氷を両側から挟み込むように引っかけてぶら下げ
て運んでいきました。

目の粗い大きなのこぎりでシャキシャキと涼しげな音を出して少し切り込んでから、鋸の根本を
コンと当てると見事に割れました。まれに一部が三角に割れたりすることもあって、見ていた子
供達がそのおこぼれを頂戴して水洗いし、頬張った思い出があります。

これを、もっとがっしりと作ってあるのが石材用の吊り具ですが、これは氷ではないので挟む面
はゴムかウレタン系のものが貼ってあると思います。
 
    (風)  ご心配おかけしました、多分イエローカードかレッドカードが出るだろうと思っていました。アウトだということは分かっていましたが、危険だということを承知した上でやるのと、知らないでやるのとの違いで、十分に安全を確保してやりましたからご勘弁を、おかげさまで、総て無事に完了しました。おまけにごお節介ながら近所の墓まで起こして山を降りてきました。今晩の日記に載せます。いやいや精も根も尽き果てました、疲れました。
 石材を掴むクランプは知っていたので、ネットで調べたのですが、高価でしかも今回の墓を起こすのに適したクランプはそれ自体の重量が相当あって、それをまた山の上まで持って上がるのを考えたら、今回は、だましだまし、ベルトでやろうと決めました。自分で作ろかとも思ったのですが、時間がかかり過ぎますし。絶対に石の下には身を置かない、手を入れない、挟まれない、三脚の足を浮かせない、を徹底しました。日記にも書いてありますが、昔の墓石はザラザラしていて、研磨していない石と布製のベルトとでは、精々あの高さでは絶対に滑りません、それでも万一を考えて、滑り落ちることを頭に作業をしました、四面研磨してあって滑りそうな墓誌が一基あったので途中で縦にベルトを通してやりました。
 今後、商売でやる時には、専用のクランプを用意しましょう、注文がないかと期待しています。別にそれを意識してやったわけであありませんが、明日がちょうどお彼岸の中日、良い供養になったと思っています。
 

血液をサラサラにする???

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月16日(木)23時16分5秒
返信・引用
  最近うちの地区に、また新たなよう分からんものを紹介して売る業者が表れました。
自分の近くの人が、どんなものか探り行ってきました。
見た目は郷かな椅子風で座ると暖かく、椅子全体が高電圧の電界に覆われて居て、他の人に触ると電撃を受けたそうです。
この装置の謳い文句は血液をサラサラにして、血液の循環を良くするで色んな体の不具合に効果が有ると言っていたとの事。
医師法?薬事法?・・・どちらか分からんが怪しげなものである。
早速Netで調べてみた所、高圧線の下では野菜などが生育が良く成るとのデーターがあるそうで
電界の中に具合の悪い人を置けば症状が改善するのでないかと言う事で、この様な装置が色んなメーカーで作られたそうである。
効果の程もプラシーボ効果らしい物は確認できたが、発明されてからかなりの年月が経っているが、未だに効果が出るとする仕組みは未解明だそうである。
この装置が又高価で65万、ヤオフクには半値程で幾つも出されているそうです。
ここの従業員は、買って下さいとは言わないそうです。
そこでピ~ンと来ましたが、はいはい学校とやり方が同じ・・・
被害者はいつも高齢者の方のようです。
 
    (風)  そうですか、小生は、何が不愉快と言って、健康食品係のCMですね(それと過払い金請求のCMもですが)、ラジオを聞いていると、この二種類以外無いくらいコレばっかりですからね。

 我々無線をやっていると電磁波なんて一般の人よりは分かっていて、地球そのものが、宇宙から沢山の電磁波を浴びていて、そういったなかで人類という種(そのほかにも地球上には沢山の種が存在しますが)は進化を遂げてきたわけで、電波、電磁波は、下から上まで長い方から短いほうまでびっしりと体に降り注いでいるということを、三才ブックスの周波数帳を見せてやりたいですね。

 街中の携帯基地局のアンテナの電磁波が癌になるとか、高圧線の下に住むと癌になると言う人がいるかと思えば今度はそれが治療装置ですか、まあ、いろいろと考えるものですね。我々は昔からゲルマニウムラジオに始まって高周波には馴染んでいるので、多分長生きすることでしょう。携帯基地局の電磁波の電界強度がどれだけ微弱なのかそういった人たちは知っているのでしょうか、そんなことを言うのならテレビを見るほうが極めて危険なことを。

 人間の体は、理科の実験室ではないのだから、コレとコレを足すとこうなるなどという単純な仕組みにはなっていないわけで、コレを飲むと膝関節の痛みが治るなんてことは、健康食品ごときでできるわけないわけで、体が神秘的なシステムで取り込んだ食品をうまくバランスを取ってそういったことをやっているわけで、だから普通に食いたいものを食っていればいいということが健康食品崇拝者にはわからないようですね。まあそんな人に限ってプラシボ効果で効いているのでそれでいいのでしょうけど。

 最近聞いていたラジオで言っていたことですが、高齢者、特に女性ですが、簡単なことで骨折するのは、カルシウムが足りないからとカルシウム剤をせっせと飲ませるのは間違いなんだそうですが、ご存知でしたか。カルシウムというのは人間が生きていく上で極めて大切なミネラルで、カルシウムは細胞を動かすのに非常に重要な役割をするそうです、心臓が動いているのもこのカルシウムの力なんだそうです、だから、こんな重要なカルシウムが、そう簡単に足りなくなるわけなくて、足りなくなったらオオゴトになるわけで、人間の体はちゃんとバランをとってカルシウムを体内に取り込んでいるそうです。じゃあ、なんで骨からカルシウムが無くなって骨折するのかというと、骨にカルシウムを取り込むものが欠けているからだそうで、その物質は、活性型ビタミンD(だったかな、そのあたりはお調べください)だそうです、この活性型ビタミンDが足りない状態でいくらカルシウム剤、カルシウムを多く含む食品を摂っても役に立たないのだそうですよ。これも最近の医学でわかったことらしいですね、人間の体はそれほど簡単な仕組みではないのでいまだに医学の世界ではわからないことだらけなわけで、どうして、健康食品という業界がこれほど隆盛なのか小生には全く分かりません。お金が余って使いみちに困っている人はどんどん買ってくださいというところでしょうか。
 
 

追補

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 3月15日(水)11時53分54秒
返信・引用
  以前投稿したことがありましたが、あのラーメン構造の橋は丈夫ですよ。橋本体は工場生産が可能(現場では出来ない)ですから工期も問題ないでしょう。取付道路はひどくやられましたが阿蘇長陽大橋も同構造で橋本体の損傷は殆ど無い様に見えました。

道路の情報は色々出てきますが、鉄道の方はどうなっているのでしょうか。


音源は不明でしたが、ハリー・ベラフォンテの日本公演のテープを聴いたことがあります。勿論打ち合わせの上でしょうが、観客をステージに引っ張り上げて歌の途中のワンフレーズを掛け合いで歌わせたりしていました。

先の投稿ですが下から5行目、"結論はは四拍子" 文字が抜けていました。
"結論は「蛍の光」は四拍子"が正解です。
 
    (風) ラーメン構造って強いんですね。

鉄道・・・・どうなっているのでしょうね、何と言っても f-JR九州ですから。

言われてみるまで、「蛍の光」に四拍子のものと三拍子のものがあるとは気が付きませんでした。
高校野球の入場行進曲用にその時に流行っているどんな曲でも編曲するので感心してしまいます。
 

国道57号線の北外輪山トンネル

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 3月14日(火)18時17分13秒
返信・引用
  今のトンネル掘りの技術はかなり進んでいますから、約3.5キロで丸3年ですから充分可能ではないでしょうか。
昔万世橋の交通博物館で(多分戦前のかなり古い)トンネル工事の模型を見たことがあります。全く手掘りと言う感じで1キロ10年掛かっても出来るかどうかと思いました。
丹那トンネル(在来線)は8キロ弱で16年掛かっています。大体1キロ2年の計算になりますが、大正から昭和に渡っての頃のことで、地質調査等が不十分だったためいくつものトラブルが発生しましたので現在との比較にはなりません。

時折トンネルボーリングマシンと言われる機械の写真が新聞に載る事がありますが、この機械は掘るトンネルの条件に
合わせて作るので工事が終わると殆どの機械は解体されます。大きさにもよりますが数十億円以上とのことです。

短いトンネルでは片側からで1台、少し長くなると両側からで2台、もっと長くなるとほぼ中央の立て坑からも入れるので3台またはそれ以上となります。

私などは貧乏人根性が染みついていますから、たった1回しか使わないのに100億円かよとびっくりしましたが、よく考えてみるとトンネルの総工費はそれの一桁以上高いですから、速く安全に出来ればお安い買い物と言う事になります。

我が身を振り返ってみると、たった2㎝位の穴を一個所開けるだけのために10k円程のドリルを買ったこともありました。



ところで、娘さんは卒業式で「蛍の光」のピアノ伴奏をされたそうですね。日頃から熱心に練習に通っておられたそうですから、かなり上達されたのでしょうね。私なんぞ、10本の指が(その上ペダルを踏む足まで)別々に動いてあの複雑な♯や♭がベタベタと貼り付いた楽譜通りに演奏するなんて神業としか思えません。

ショパンのノクターンなど弾けるようになったら、一度聞かせて頂ければと思っています。私のお気に入りは作品9-1と9-2です。・・・・・と生意気なことを書いていますが他は殆ど聴いていません、あとは幻想即興曲くらいかな。

あと「蛍の光」で思い出したのがデパートなどの閉店時に流れるあれ、旋律は同じように聞こえるのだけれど、どうも雰囲気というかムードというかかなり開きがあると思っていたのですが、そこで止まったままずっと過ごしてきました。


「蛍の光」はスコットランド民謡というのは知っていましたが(他にもComing Through the Ryeとか・・・Danny Boy はアイルランド民謡)気になったのでGoogleで見たら面白いことが書いてありました。

先刻ご存じの方も多いと思いますが、要約すると

1940年米国でMGM映画の「哀愁」が上映された
1949年昭和24年日本国内で公開されヒットした、当然楽曲も広まったと思われる
コロムビアレコードはこの曲(Farewell Waltz 別れのワルツ)をレコード化しようとしたが、音源がなかったため、古関裕而に採譜と編曲を依頼した
これが「別れのワルツ」のタイトルで日本でレコード化され、大ヒットした
この時、古関裕而の名は出さずに、編曲:ユージン・コスマン 演奏:ユージン・コスマン管弦楽団」とレコードに表記されていた上、洋楽規格のレコードで発売されたため、人々はこれを外国録音の演奏だと思い込んでいた。当然78回転のSP盤ですよね。

ここまで読むと察しの良い方はお気づきと思いますが、なにやら似ている様だなと・・・・そう、ユージン=裕而と来れば、コスマン=古関  なかなかやるじゃん!

結論はは四拍子、「別れのワルツ」は三拍子です。両方聴けば一発で判ります。「蛍の光」では踊れないでしょう。踊のたぐいは私には全く出来ません。

この両曲、全く別の曲との扱いとなっている様です。

昔、瀬戸内海航路の別府で下船した時流れていた様な気がしたなあ。

Auld Lang Syne   久しき昔か・・・・・
 
    (風)  トンネル掘削マシン、確かに凄いですね、掘削技術は昔と今、比べると全く違いますね、まるでSFの世界のように感じます。その昔には小生の高祖父が用水隧道の掘削に失敗で切腹して責任を取った時代もあったのだなあと思ったりしています。そんなに古くなくても、昔は基本的には人力で掘っていたのですからね、高森トンネルだってそうだったのでしょうね。

 57号線外輪山トンネルも両側から掘るようですから掘削マシンは2台なんでしょうね。滝室坂トンネルではどうなるのでしょうね。

 娘のピアノは完全にお遊びで真剣になんかやっていませんよ、小生なんか、なんでわざわざ毎週遠方まで行く必要があるのだと文句を言っていますが、以前地元で教えていただいていた先生が向こうに移られて、その先生を慕って、それで遠くまで出掛けているようです、今、ピアノソナタ「悲愴」とやらを発表会に向けて時々練習をしているようで、その時々で与えられた課題をなんとかこなしているくらいで、とてもこちらのリクエストに応えてなど不可能ですね。


 https://www.youtube.com/watch?v=EgmxcF3zXHc このエピソードは初めてです、そうだったのですか、いやあ、面白い。

 以下は余談ですが、昔、ハリー・ベラフォンテが日本に来て、リサイタルで、会場の人を右半分と左半分に分けたり、男性女性を分けたりしながら汗いっぱいになって掛け合いで歌に付き合わせたりした時代がありましたね、さらばジャマイカでしたっけ、あの時はさすがアメリカのエンターテインメント、凄いなあと思いました、ああ言ったことで日本のミュージシャンたちもステージで観客を引き込んで一緒に盛り上げる手法を学んだのではと思たりしています、小生、ハリー・ベラフォンテ大好きでした、あのリズム感とハスキーな声質、懐かしいですね、今聴いても全く古くないですね。
 

良い思いでとなる事でしょう

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月12日(日)19時43分7秒
返信・引用
  風さんホントに良い経験を太郎君にさせてあげましたね。
そして、しっかり家のお手伝いもしてるし少しづつ心も体も成長して行く喜びは何物にも代えがたいものが有りますからね、親子共々ずーっと心に残る事でしょう。
夏子ちゃんが悔しがったのは良く分かりますよ。
太郎君は今日は良い夢を見る事でしょう。
 
    (風)  子どもにとってはちょっとしたことでも大冒険になるのでしょう、今度ミーティングで、バーベキューでもやりましょうかね。  

わあ楽しそう!!

 投稿者:ミモザ  投稿日:2017年 3月12日(日)19時15分52秒
返信・引用
  キャンプごっごの太郎君ご満悦の笑顔ですね。
思い出しましたよ ログ建設当時お二人で泊まってらしたテント。
その時あらっ若いご夫婦なんだ・・・じゃどうして白州だよりなるものが??
と変だな~と思ったものです。
ジモティーのバーベキューは若い方たちでしょう?
おじいさんは参加してないでしょう?
そう私の書いたのは高齢者のお話です。
もう少し暖かくなれば太郎君と二人でテント生活を楽しめますね。
何時でも直ぐに使えるように小屋に準備しておかれては。
取り出しやすくしておかないと中々やりませんから。
春休みや夏休みは絶好のチャンス 男同士の想い出を作って下さい。

我が家のキャンピングカーはアウトドアとは少し違うかもしれませんね。
キャンプ場でも利用すればそれに近いんだけど旅の途中は外食も多いし
それより やろうと思えば自宅で十分やれるわけですから。
もっぱらキャンピングカーは移動の道具 宿も決めず手軽に動けるのが
有難いです。
 
    (風)  小生はここではカウンターパートが二種類いて、子どもの保護者同士の付き合いの時は若い世代ですし、世帯主としての付き合いになるとまあ、年寄りグループになりますか、だからそのあたりが時々混乱するのですが、バーバキューの世代は・・・・・・言われてみると、その若い世代の方ですかね。でも年寄り世代の家でも、遠く離れている子どもたちが時々帰ってきた時などは庭で一緒になってやっていますね、完全に高齢者だけの世帯では言われてみればしませんね。とにかく飲む機会があればどんな状況でもやるのでしょう(笑)

 太郎は、夏子もそうですが(夏子のほうがそうですが)とにかく臆病なので、畑に沢山のイノシシの足跡があるのですが、その話をすると、もう、怖がって、テント宿泊はしないでしょうね。

 でも白州もそうでしょうが、星が綺麗なので、テントで泊まって夜空の星を見上げるなんて、家で寝ていたのではわからない体験ができますからね。家を建てている時に寝泊まりしたコンテナハウス、夜、用足に出て夜空に煌めく星を見て感動したものです。人工衛星が天空をスーッと移動していくのをみて感動したものです。

 

アウトドア

 投稿者:ミモザ  投稿日:2017年 3月12日(日)16時33分36秒
返信・引用
  暖かくて風のない土曜日にたき火をして外でランチなんて
都会暮らしでは最高の贅沢で時間とお金がかかりますよね。
田舎暮らしの当初は皆アウトドア生活に憧れてるので炭火を起こして
ダッチオーブン料理や焼肉など仲間と集まってやりましたが
よそ者感が失われて行くと共に外より中でになりつつありますよ。
ジモティーに何が面白くて外で飯食ってんだ・・・と言われた話を
前にも書いたような気がするけど 一日中外仕事をした後に外で食べたいとは
思わなくて今では中でゆっくり休みたいと思うんです。
心はジモティーに近づいて来ました。
でもたき火は野生の血が騒ぐといいますか心躍るものがあります。
神事などでは火が使われる行事もあるし太郎君から「やろうよ」と
言うのは先が楽しみですよ 成長してますね。
風さん宅の広い広い領地なら他所宅への心配も無いでしょうし
居ながらにして最高に贅沢なアウトドアライフですが
太郎君が本当にそう感じるのはもっもっと大人になってからでしょうね。

 
    (風)  今日も連チャンでキャンプごっこしましたよ。いやいや地元の人も結構自宅の庭で仲間を集めてはバーバキューをやっていますよ、素晴らしい景色を眺めならが飯を食う、やっぱり贅沢ですよ。ミモザさんのところはそれをキャンピングカーでおやりなのでしょう、羨ましいですね。
 ただ、簡単なようで外でやるのはちょっと面倒な面がありますね、特に後片付けがね。
 今日の様子も日記にしますが、今日はテントまで張りました(笑)
 太郎は、なんとなく「冒険」気分を味わっているのでしょう、これからもできるだけ付き合ってやろうと思います。
 

Re: よう分かりません

 投稿者:  投稿日:2017年 3月12日(日)07時42分47秒
返信・引用 編集済
  > No.5218[元記事へ]

JA6JLZさんへのお返事です。

 羽仁五郎・・・・またずいぶんと懐かしい名前が出てきましたね。
 日本人は昔から、幼くて意味も解らないまま覚えて、長じて、ああそういうことだったのかと識る学び方を多くしてきました、寺子屋での論語の素読然りです。♪夕焼け小焼けの赤とんぼ、「おわれて」見たのはいつの日か♪、オンブされてでなくて追いかけられてと思ってずっと歌っていたが如くです。教育勅語も暗誦するとなかなか調子のいい文章ですよ。
 そうやって小さなころから漢文、漢語調、古文を身に着けてきたのです、素養です。それが日本の文化ですから、なんでも現代語に変換して学ぶと我々の由緒ある歴史というものを失ってしまいます。今、太郎がテレビで見ている、戦隊ヒーローもの、最近始まったシリーズで番組名は知りませんが、「お父さん、なんびと?ムニャムニャ?ここはオレのせんじょうだ」って、なんて言っとるの?センジョウて何ね?」と聞くので、多分、それはなんびとたりとも、だと思うよ、どういう意味ね?それはねと意味を分かりやすく教えてやって、ふーんそういうことかと納得して、そのセリフを言っています。最近の戦隊ヒーローもの、結構難しい言葉がたくさん出てきます。言葉は大切にしないとね、漢字は大切にしないとね、ということですね。「保育園落ちた日本死ね」なんて汚い言葉ではなくてね。

 我々はミンシン党をガス抜きのための政党として期待したわけでは無いのですが、こんなことをやっていたのでは一定の支持は受けてもそれ止まりで、自民党と互角に闘う政党には絶対になりえないと思います、残念です。ミソもクソもごった煮だからでしょう。これじゃあ、なんでも反対の「社会党」となんら変わりは無いと小生は思っています。

 添付画像は、いろいろある意見のひとつですが・・・
 

よう分かりません

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月11日(土)22時54分23秒
返信・引用
  教育勅語成るものが有ることは知っていましたが、この言葉を聞くと或る団体さんは拒否反応を示し蕁麻疹が出来て、アナフィラキシーをおこすのでしょうか。
私にはさっぱりですので、一応其のままでは意味も訳も分かりませんし、第一日本語の漢字ですが読む事すら儘なりませんので、解説を読みました。
まあ、真っ当な事が書いて有りました。
そんなに目くじらを立てて反対する或る団体の気が知れません。

上記団体と関連する羽仁五郎と言う人物は、筋金入りのマルクス主義者の様で、天皇の存在そのものが許せんと言う方の様です。

 

教育勅語

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2017年 3月11日(土)07時24分9秒
返信・引用
  教育勅語に限らず国旗や国歌を否定する輩が、したり顔で
TV等でいろいろ発言しているようですが、一体どこが
軍国主義、帝国主義なのか理解に苦しみます。
美しい国旗や国歌、それに人としての生き方を教える教育勅語、
日本は素晴らしい国ですよ。
今は卒業式のシーズンですが相変わらず国歌や仰げば尊しなどの
斉唱はしないのですかね。
アホな先生や父兄も少なくないようですが、国の根幹は教育ですので
ぜひ頑張ってほしいと思いますよ。
 
    (風)  最近は日教組の組織率も相当下がって、妨害をする教員もいなようですね。式でも国旗はちゃんと掲揚してあるし、壇上に登る時には国旗に対して一礼をするようになったようです。
 今日は娘の中学校の卒業式だそうで、娘は送る側で「蛍の光」の伴奏をするそうで出掛けていきました。「仰げば尊し」はどうなんでしょうね、最近はあまり歌われなくなったようですね、この歌は最高だと思うのでがね。
 考えたら「蛍の光」は向こうの曲でしたね、でも、もうこれは日本にしっかりと根づいてやはり名曲ですね。
 

あら 懐かしや

 投稿者:ミモザ  投稿日:2017年 3月 8日(水)16時25分19秒
返信・引用
  ありましたね 黒電話
何時頃まで使ってたんでしょうかね 忘れてます。
子供の頃 田舎だったせいか電話のある家が少なくて
「呼び出してくれませんか」と頼まれて走ったもんです。
今考えると信じられないような時代です。
制服の夏子さんの後ろ姿 もう子供じゃなくて娘さんね。
この言い方も古過ぎ ああ歳は取りたくないな・・・

先日どんぐりが買った1000円の電動ドリルは錆び付いててもしかしたら
動かないかと心配したけどしっかり動いて良い買い物でした。
私は錆び付いた関孫六の刺身包丁を200円でゲット。
研いでもらったらピカピカで良い切れ味です。
これ茨城県大洗でのフリーマーケットでの出会いです。
断捨離の為に地元でフリマに出店したりしてるのに
こうしてまた物が増えてます でもすごく楽しいんです。
 
    (風)  そうですね、昔は電話はなかなか引けなくて、小生がここに移り住む住む前にいた神長県茅ヶ崎市の公団住宅に入居をする時には、昭和世40年前後だったと思いますが、電電公社の回線数が足りなくて、二戸で一回線を共用して使っていました、電話番号は別々でしたが。だからどちらかが使っている時は使えないという仕組みでした、でも、両方が同時に使おうとして使えなかったことはありませんでしたが、そんな時代でした。 それより昔は、我が家には電話がありませんでした、ミモザさんが仰る通り、掛けるのに電話がある家の電話を借りたりはしませんでしたが、我が家に用がある人がそのお宅に電話をして、そこのお宅の人が呼びにきてくれましたが、申し訳ないので、緊急時以外は電話をするなと口を酸っぱくして言っていたことを思い出します。

 黒電話はわりと遅くまで使っていましたね、自宅も会社もそうでしたけど、ピポパピポが出始めた時は新鮮に感じましたが、今は逆にジーコジーコに郷愁を感じます、家の固定電話も現在では受信専門で、発信は皆携帯を使うのであまり出番が無いので、レトロで使いにくい電話でかえって雰囲気があるかなあと思って、手に入れましたが、今のNTTの回線はどうも、ダイヤルパルスでは発信できないようで、完全に受信専用になってしまいました。

 フリーマーケットも楽しいし、リサイクルショップも楽しいですね、好きですね、リサイクルショップも今はネットオークションがあって情報が入るので、えっ!こんなに高いの?というものがありますが、そのなかかから掘り出し物を見つけては、我が家がリサイクルショップ化しています。ミモザさんご夫妻もノマドライフであちらこちらで掘り出し物にぶつかることがおありなんですね。そそそろ花の季節、ミモザンのところも「啓蟄」の季節ですね。
 

そうでしょ、そうでしょ

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月 7日(火)21時27分37秒
返信・引用
  風さんこんばんは
そうだと思います、多分終戦後の事でしょうから戦車や飛行機の通信器をどの様にして入手されたのか良く分かりません。
一番年上のOMさんは風さんより10歳上に成るのですか、そうですねCZYが中学生の時に先生でしたからね、もうその様なお歳に成られるのですね。
このOMさんの球のコレクションは一見の価値ありですよ。
もうひとりのOMさんは私が学生時代は、既に社会人で今も昔も羽振りが良い人の様で、一度軍用の無線機のごく一部見せてもらった事が有ります。
昔警察無線が自由に聞けた時代には、大井電気(大井競馬の有る所だったと思う)?で売っていた軍用の受信機でプッシュ式の選局ボタンが付いていたものを、遊びに行くと二階の小さな部屋で聞いておられましたね。
他にはBC-1000?と言ったかな軍用のトランシーバでUAのテレビ音声を聞かせてもらって感激したことが有りました。
それにベトナム戦争時代のヘルメットの縁に取り付ける万年筆の様な大きさと形をした受信専用の無線機などを見せて貰った事が有ります
いずれにしろコレクションは年期が入って良いものや珍しいものを持っていらっしゃいましたね。
そちらは今日は雪が降ったのですか、こちらは風が冷たくて寒い一日でした。
ボンを繋いでいるワイヤーはこの前も外れて居ませんでしたか、あちら製は粗製乱造品では有りませんか。
圧着ペンチでかいですね、圧着スリーブいくつ迄行けますか?
もう一つはワイヤーカッターでしょうか。
風さんも物持ちだね~
 
    (風)  短時間でしたが、結構強い雪が降りました、30分ほどでやみましたが、ちょうど風呂に行く時でした。
犬のワイヤー、一箇所切れると、当然、他の場所も劣化しているということでしょうから次々に繋いで行かなければならないでしょうね、あちら製でしょうからね。
ワイヤーは3.5ミリまでつなげます。
小生、結構道具類を持っていますよ、安いものばっかりで、小生の財力で買えるものばかりですが。あとは最後にユンボが欲しいですが、こればっかりは逆立ちしてもダメですね、ユンボがあると便利なんですけどね。
 

ジャンクの珍品は

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月 7日(火)09時26分26秒
返信・引用
  風さんお早うございます。
やはり遠いですね、こちらから行くとしても大よそ200km程位でしょうか。
ジャンクの珍品を探すなら、そちらのOMさんの所の押し入れは、博物館並みの珍品の山ではないでしょうか。
昔このOMさんから戦車の送信機とか、飛行機用の無線機の「地1」「飛1」のどちらかを部品どりとして
貰ったことが有ります。
ハムフェアーに出すほどジャンクは既に出尽くしたのでしょうね、ましてや同じハムでも
されている趣味の範囲も広いので好みも変わって来ているのでしょう。
 
    (風)  そうですね、ハムフェアのジャンクももう出尽くした感がありますね、それに今は部品が集積化さているので、昔のような部品の形で出ることも少なくなったのでしょう。DIさんのシャックや小生の屋根裏の方があるかもしれません。そのうちに現在のOM諸氏が本当にリタイアする頃になるとまたジャンク品の放出があるかもしれませんね。AJ*の蔵には軍用無線が山ほどあるようですけど、そのうちそのうちと言ってなかなか公開しないんですよね。DIさんなんかも、山ほど部品なんかあるけど結局また買ってしまうんだよねと笑っておいででした。DIさんももうそろそろ身辺整理をしなくてはいけないと思っていると言っておいででしたけど、氏は小生のちょうど10年の先輩になりますが、先日三人で昼飯を食ったときなんか、その健啖ぶりに驚きました、生命は食うことが一番の源泉ですから、まだまだ大丈夫ですよ。それにDIさんは最近真空管でラジオを作ってそれにクリスタルコンバーターを噛まして短波帯の受信機を作るなどして、まだまだ意気軒昂です。  

お早うございます。

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月 6日(月)09時29分2秒
返信・引用
  昨日のハムフェアーお楽しみに成れましたか?
軌跡を見ましたが時間もかなりかかった様ですね、行かれたのは今度で何回目ですか始めて行くときより気分的には楽で、早く着いたような気がしませんでしたか。
風さんの日記にはハムフェアーの様子が余り記載が無かった様でしたので、興味あるものはあまりなかったのでしょうか。
何か真新しいものは有りましたか、ジャンクなんかの出典品は良さそうなものは有りませんでしたか。
それにしても駐車場の車の数は凄いですね、会場内はごった返していたのではないでしょうか。
 
    (風)  150キロを3時間半ですから、50Km/h弱でしょうか。会場が長洲町からあちらに移ってずっと行ってますから三回目か四回目でしょうか。
フェアの中身は大したことありませんでした。新製品は無銭家なのでもう興味の対象外ですから、あとはジャンクですが、ジャンクも年々出尽くして面白いものはありませんでしたね。行くのが楽しみということでとにかく我々年寄りばっかりでした(笑)。若い世代が続かないと・・・・・・

 駐車場の車の停め方を見ると、会場に近い方の場所には車に色々なアンテナを沢山付けた凝った車ばかりで、離れたところに停まっている車にはアンテナが無かったり、あっても遠慮がちに一本立ててあったりで、我々が着いた時にはもう殆どの車が入った後だったので全く混雑はありませんでした。つまり、ハムフェアーに対する気持ちの入れ具合の差で、好きな人はオープン前から詰めかけて近い場所に停めて、そうでもない人が遅れて入場した結果が、車の停め具合にあらわれていたのでしょう。そういったわけで、会場の混み具合も、波があって、入場したころは混んでいましたが、最初に入った人が帰って次の波が押し寄せるまでは少し隙間ができたりと、見ていてそう感じました、来年は是非どうぞ。
 

足のふるえ

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 3月 4日(土)21時03分48秒
返信・引用
  飼っていた、うちの前の犬もそして、今度飼って入る仔犬も時々ブルブルと震えているときが有ります。
生まれつきの股関節の障害(障害を持って生まれる犬は多いとの事)や胴長短足のダックスやコーギーに大型犬等が後天的に成り易いのだとかあるそうです

明日はハムフェアーに行かれるのですね、良いな~
長洲の時は行ったことが有りますが、福岡は遠いです、丁度九州の真横を東の端までですからね
土産話待っています。
 
    (風)  DIさんとMQY局と三人でいってきます、小生はAPRSで軌跡を取るために軽トラで行きますが、OMたちは一台の車で行きます。長洲もここからだとちょっとありましたけど、行橋は福岡県ですからね。是非モノは
特に無いのですが、三人とも行くのが楽しいんですね。
 

/248