投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: シールについて

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月23日(水)09時25分52秒
返信・引用
  > No.5376[元記事へ]

JA6LGVさんへのお返事です。

カーバイトランプのシールはネジを回して締まる直前の所にシールが有る訳ですね
そうすれば、塗った塗布シールは柔らかいので最後の締め付けの回転に因ってシールの厚さにムラが
出来る可能性は有りますね、従って回転に因って均等に広がったり、薄く成ったりすると
気密性の信頼性に欠ける結果、ガス漏れが起こりやすく成るのかな?
厚く成ったり薄く成ったりですから、ゴムかシリコン樹脂製のパッキンが良さそうです。
 

軽便鉄道と三和土

 投稿者:じっちゃい  投稿日:2017年 8月23日(水)07時52分42秒
返信・引用
  昨日の風さんの構想、拝読いたしました。

小生が子供時分、当地には軽便鉄道が細々と残っていました。私はその出発駅から割と近いところに住んでいたので時々見ていました。母の話では乗ったこともあったらしいですが、記憶には残っていません。

それと、三和土のこと、当時住んいた家の土間が三和土でできていました。表面が凸凹していて、雨の日、濡れて帰ってくると、三和土の凸凹がツルツル滑った記憶があります。どちらも半世紀以上前の話です。


https://www.google.co.jp/search?q=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E8%BB%BD%E4%BE%BF%E9%89%84%E9%81%93&rlz=1C1GGGE_jaJP572JP575&oq=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E8%BB%BD%E4%BE%BF&aqs=chrome.1.69i57j0.9166j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8
 
    (風)  宮崎でも昔走っていたのですね、そうか、じっちゃいはもう記憶に無い時代なんですね http://www.hotetu.net/haisen/Kyushu/160131miyazakikoutusen.html 車のない時代には地域の「足」のための鉄道だったの、すこしでも「早く」「大きく」が求められて、車の普及もあってだんだん効率の悪い小さな輸送手段は廃れていったのでしょうが、小生が思うに、南阿蘇では住民の交通手段としての比重は非常に小さくなっていると思うので、だから、地震以前でも、利用客の減少には苦しんでいたと思います、時々、お客さんを呼ぶために色々アイデアをだして、ビール列車だとか、有名な漫画家のラッピング列車だとか走らせていましたが、やはりそれだけだとインパクトが弱いと思います。だから、もちろん住民の足も確保した上で、観光特化の思い切ったことをやらなければと思ったので・・・・・

 f-JR九州!二重峠越えの代替バスを走らせろ!(これは交通関係の文章に、必ず付ける小生フレーズです)
 

シールについて

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月22日(火)23時15分26秒
返信・引用
  車や小型エンジンの筐体の接合部に使うチューブに入った塗るシールも有りますが、ランプに使うシールの部分の温度はどの位でしょうね、耐熱性の懸念が無ければ使えると思いますが。
アセチレンはガスの状態ですから、余程密封性が確保出来なければ漏れるのかもしれませんね。
 
    (風)  カーバイトと水が反応する時には熱が出るんですね、触れないほどの高温ではないのでせいぜい数十℃でしょう。
それから、出来るのは消石灰ですから、耐酸、それから耐アルカリも大丈夫でしょう。

 液体シールは最初使ってみたのですが、二つの面を貼り合わせる感じで使う場合は有効かもしれませんが、片方をオープンのままで平パッキンを作るようにすると、どうしても面が均一にならずに粘度があるので凸凹してこれが非常なネックになります。硬化後はゴムのような弾性があると言っても最初から凸凹している状態では駄目なようでした、あくまでフラットに仕上がらないと駄目ですね。板厚などを変えてまた手作りで平パッキンを作ってみます。
 

Re: 三和土の写真

 投稿者:  投稿日:2017年 8月22日(火)11時02分10秒
返信・引用
  KK5さんへのお返事です。

 注意書きによると、納付期限の翌日から延滞金が発生するとありますが、次に、督促したにもかかわらず納付しない場合は遡って延滞金が発生するという意味なんでしょうね、執行猶予期間のようなものでしょうか。

 あえて金額を載せたのは、土地建物を含んだ田舎の相場を見ていただくためです。
 

三和土の写真

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 8月22日(火)10時04分39秒
返信・引用
  風さんに教えて頂いた

http://ashid.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08

の写真ですが、私の記憶にあるのは一番下の写真と同じでした。

球形のドーム(?)が独立していて、ランダムではなくある程度規則性のあるものでした。

土(?)を入れて均しておいただけで特に何もせずに、そのまま使っていたらいつの間にかあの様になってきたと言う様な話でした。


督促状ですが、私も何年か前にやはり固定資産税で経験があります。確か第一期分で4月末日が期限でした。
連休とかあってそのうち忘れてしまったのだと思います。

そのとき窓口で聞いたのですが、督促状即延滞金ではなくその後何日か(実際の日数は覚えていません)納税がないと発生するとのことでした。

払った事はありませんが、延滞金は確か納税額の14.?%(年率)とべらぼうに高いです。
 

三和土・土間

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月21日(月)22時38分22秒
返信・引用
  KK5さん・6LGVさんへのお返事です。

私の現在の家は建て替える以前は農家の家でした、その家にも三和土・土間が有りました。
以前この家を解体した時、100年程前の築造記録を書いた板が家の梁に打ちつけられていました。
その家の土間にも、わざわざ掘った様な円形の窪みが沢山有りました。
その時は特に不思議にも思わず、地面の弱い所からエグれて行ったのかな位にしか思いませんでした。
あの土間は非常に固かった様に覚えて居ます、下駄の音もカタン・カタンと言う位響いていましたね。
固いけどセメントでも無いし、触ると土の感触でしたからね。

風さん督促状後から来たの?
私は今年は市県民税の督促状が来ました、その何年か前も市県民税の督促状を頂きました。
ついうっかりです、督促常連者です。
そのうちブラックリストに載るのかも。
この税だけは何故か振替にしてい無かった為にこう言ったことが起こりました。
 
    (風)  市の督促状は納付期限から20日を過ぎると出すようで、小生が気がついたのは21日だったので一日遅れでした、督促状が届く前に気がついて「自首」したけど駄目でした(あたりまえですけどね)。

 今では、国民健康保険税、住民税、介護保険料(あと他になにかあったかなあ)、みんな年金から天引きの特別徴収になって、固定資産税だけが普通徴収なので、うっかりしていました。

 今回の手数料は別に当然のことだから腹は立たないけど、小生が腹が立つのは、銀行の手数料です。自分のカネを引き下ろすのに、時間外なんか手数料を「盗る」でしょう、一体今の預金利息はどのくらいなんだ、それに対して手数料は率に換算して一体何%になるんだ、ボッタクリだろう。だから小生は絶対に手数料が「盗られる」時間帯には自分のカネを下ろしません。それから細かいカネが欲しいときに両替機で両替するとやはり手数料が「盗られ」ますね、これも本当にハラが立ちます。キャッシュカードが財布に入れておいて他のカードなんかと擦れて使えなくなった時に、新しいカードを発行してもらうときなど驚くほどの手数料を盗られました、銀行の横柄さにはハラが立つことだらけです。銀行は本来「与信」で商売するものでしょう、本業で金儲けをしろ、姑息な手段でカネを「盗るな」、銀行から一斉に預金の引き上げをしようと思うのですが、そもそも引き下ろす預金が無い!これが一番腹の立つところです(笑)
 

三和土

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 8月21日(月)12時17分3秒
返信・引用
  鉄腕ダッシュは見ました、割と最近の様な気がします。

かなり昔、小学生の頃父親と群馬の田舎(今では高崎市南部)の農家に行ったときに屋内の土間(どま・竈<かまど>などが置いてありちょとした作業などが出来る空間)の地面が固い土の様に見えて、その表面が全て規則的なデコボコになっているのです。ジャガイモかピンポン球を埋め込んで頭部が1/3位出ている様な感じでした。

理由を聞くと、別にその様に作った訳でもなく、自然にその様になるというのです。割りと物知りだった父親も訳を知らないらしく不思議に思ったのを今でも覚えています。
こんな物(誰かが演説で話した、こんな人たち・・・ではありません)も「タタキ」と言うのでしょうか、その建物も今はもう無いでしょうね。そこには長屋門というのもありました。

確かめてはいませんが、金平糖の突起も自然に出来ると聞いたことがあります。

まだ若い頃、建物の玄関先などのちょっとした平面をコンクリートで作るときも棟梁がタタキと言っていたと思います。
 
    (風)  調べてみると、最近ではコンクリート製の土間もタタキと言うそうですね。三和土は三種類の土を混ぜて敲いて作るからだとかともありました。
コンクリートがまだ無い昔の人の生活の知恵で出来たのでしょうね、冷たくてすべすべしていますが、長年月使ったタタキは少しくぼんだりしていますが、土に混ぜた石ころが、柔らかな土の部分がすり減ってたまたま顔をだしたのではなくて規則性があるというのは、知恵者が居て、どうせすり減るのだから、逆スパイクのようにすべり止めで最初から石を綺麗に並べて混ぜて置いたのかもしれませんね。これですかねえ http://ashid.blog.so-net.ne.jp/2012-10-08

 金平糖は、確か核に芥子粒を使ってそれに砂糖が絡んでいって出来るようなことを聞きましたが、砂糖が結晶化する時にあんなトゲトゲになるのでしょうか。
 
 

赤水B&パッキング

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 8月20日(日)21時30分13秒
返信・引用
  昨日19日から道路が切り替わっています。新しい道が仮橋だとするとまた暫くして元の道に戻るのでしょうね。
他と違って景色が良いので赤水Aと赤水Bのカメラはよく見ています。

O(オ-)リングのことで書こうと思っていて忘れていました。

まず、品名から。

断面が円形でリング状になっているのでオーリングと言います。従って円形断面以外の物はありません。
円形以外の物はそれなりに別の呼び方があります。

P・G・V等々幾つかのシリーズがあり、同直径でも太さが異なります。
各シリーズ内では径の増大に従い段階状に太くなります。

寸法。

内径が基準になります、従って各シリーズ毎にそれぞれの、内径+太さ×2が外径になります。
軸に使うのであればカタログの呼び径そのままで良いですが、それ以外ののときは別途検討を要します。

材質。

通常の使用では1種A(ニトリルゴム)で問題ありませんが、薬品類に接するとか高温になる場合は慎重な選定が必要です。

日本オイルシールのサイトあたりで詳細が判ると思います。


オーリング同様多く使われているのが板状の物、平パッキンですが、鉄管継ぎ手のフランジ用などは既製品がありますが特殊なサイズの物がどの位出回っているかは調べたことがないので判りません。

風さんが自作されたそうですが、これが正解だと思います。

大量に使うならともかく、数枚程度なら探して取り寄せるより自作の方が早く手に入ります。


(私がやっている)円形の平(板)パッキンの製作方法

【用意する物】

(1)パッキンの材料
クロロプレンゴム板(通称ネオプレン)・・通常用
フッ素ゴム板(通称バイトン)・・耐熱用
厚さは作り易さからは1.5~3.0㎜位

(2)カッティングシート(テーブル表面にキズを付けないための厚手のビニルシート等)

(3)円形切り出し用カッティングコンパス(オルファカッターで売っている。正式品名ではないかも)
頻繁に使うのであれば、パッキンの外径用、内径用とい2個あった方が便利

(4)両面接着テープ(弱粘着の方が良い、普通の粘着力でも良いがはがすのが面倒)

(5)スケール、物差し、ノギス等

【作り方】

(1)切り出す位置に両面接着テープで貼りカッティングシートに貼り付ける(パッキンなら少し幅広く円形リング状、短冊状で大まかで良い、要はゴム板がずれたりしなければ良い)

(2)中心がずれない様に注意して内側の円から切り出す、厚いときは何回転かさせて少しずつ切り込む、一度に深く切り込まない。
寸法と、下まで切れているのを確認したらそのまま押し戻して貼り付けて(切り出した物は取り出さない)外側の円を切り込む。
何枚か作るときは、内-外-内-外・・・としないで内-内-内・・・外-外-外の順に行う。

まあこんな手順で出来ると思いますが、機会がありましたら一度お試しの程を。
 
    (風)  確かに赤水Bの道路切り替わっていますね、先日通った時に走りながらちょっと見たところでは、新しい橋の欄干などがH型鋼などで作ってあったような気がしたので、これは仮の橋なんだろうと思いました、確かなことはわかりません。

 パッキンの作り方、ありがとうございます、円形に切るカッターがあるんですね、これだと綺麗に切れますね、小生はカッターで線に沿って刃を入れていきましたが、やはり美しくは切れませんでした、まあ、見えるところでは無いので、これでいいかと思いましたが、このカッターがあるといいですね、そうそう何度も作るものでもありませんが、例のカーバイトランプのパッキンが幾つか差し替える必要があるかもしれないので今度試してみたいと思います。
 

Re: ボンの遊び場

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月19日(土)21時34分44秒
返信・引用
  風さんへのお返事です。

 風さんへのお返事です。

成るほどですね
「三和土」ですか、一度だけですがTVの「鉄腕ダッシュ」で島の端から井戸の水を送る用水路を作っていたのと同じものでしょうかね。
水分は吸って乾燥している時は適度に放散すると有りました、昔からセメントの代わりに使われていたとか。
鉄腕ダッシュでは消石灰は貝殻を燃やして作り、にがりから作ったらしいけどどうやって作ったのかは覚えて居ません。
中々良いものですね。

うちのカナも草は偶に食べます、勿論一種類だけみたいです、軟かそうで先端がやや尖った感じの草です。
犬の癖や習性として穴掘りはストレス解消の一つみたいなものでしょうけど、それが一日に三つも掘る時が有るので、片っ端から埋めて行かないといつの間にか穴だらけに成っています。
紫陽花の葉っぱは有毒だと言われていますが、犬にどの様な症状を及ぼすのまでは知りません、人間も中毒を起こすそうですが、全草有毒かどうかは知りません。

夏ごろから穴掘りが激しく成ったので、朝晩の運動以外は小屋に繋いでいますので小屋の壁の垂木の柱の
3/1程齧っています、このままだと壁はそのうち壊れてしまいそうです・・・ハハハ
 
 
    (風)  ボンの小屋の前の三和土は冬の間地面が凍結して冷たすぎてボンが外で横たわる場所が無いので、ストーブの灰をまいてやると、温かいので、その上に横たわるので、それを何度か続けているうちに、自然に三和土化したのでしょう、灰はアルカリだから、「もどき」が出来たのではと思います。

 夏は特に暑さから逃れたいという気持ば強くて、穴を掘ってその中で横にないたいということもあるのではありませんか、阿蘇のような高地ででも、ボンも昔は、小屋の上によしず天井を張ってやった事があります。今は自分で小屋の裏にビクリするほどの窪みを作ってその中で横になっています。それから、成長期の犬は齧ることも必要なのかもしれませんね。齧り用のゴムのようなものが売っていますね、あるいはちょっと太めの木を何本かそばに置いておくとか・・・
 

Re: ボンの遊び場

 投稿者:  投稿日:2017年 8月19日(土)10時17分46秒
返信・引用
  > No.5368[元記事へ]

JA6JLZさんへのお返事です。

 意識してその場所に捨てたわけではありませんが、冬の間、かなりの量、ストーブの灰を捨てたのが三和土のようになっていて固くなっているようですね、それにボンのワイヤーが行動半径の部分、草の成長を妨げていのではと思います。

 ボンも、小屋の後ろのアジサイの根元をかなり深く掘り起こして、暑い時期にはそのなかに潜り込んでいます。ここ掘れワンワンは犬の習性ではないでしょうかね、ボンもあちらこちら穴を掘ることはあります、自分の小屋の下を掘って小屋が傾くほどですが、多分、意識しては土は食べていないと思います、ただ、一年間で360日は毎日約1キロ散歩をさせますが、散歩の時に時々草を食べています、これは食べ物として食べているのでなくて、毛玉などを吐き出すために食べているようにも見えます。食べる草も種類が決まっていて一種類の草しか口にしません、カナちゃんは草を食べることはありませんか。言われてネットで調べたら、上品な「お犬様」のような高級犬の飼い方のサイトに食べさてていけない草にアジサイなんかありましたが、我が家のような平民いや平犬はお構いなしです、多分食べていないと思います。
 
 

ボンの遊び場

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月19日(土)09時42分10秒
返信・引用
  お早うございます。
つかぬことをお尋ね致します。
ボンの遊び場の地面は何か敷いておられるのでしょうか、それともコンクリ、アスファルト?
全く穴も掘ってい無いし水捌けも良さそうですが。
と言うのもうちの犬は木が数本植えて有り、日陰の涼しい所に繋ぐ時が有るのですが、歯や足の爪の引っかかるものが有れば何で齧ったり穴を掘ったりと大変な状況なのです。
穴を掘るだけなら未だしも、土を食べて砂混じりの土を食べたりしてお腹の中に砂が残っていたりしています、この前別の件でX線を取った時に指摘されました。
何か良い方法は無い物でしょうかね。
 

そう言えば

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2017年 8月19日(土)09時14分53秒
返信・引用
  確かに小生の場合、本屋さんに限ったことではないね。
ヘソから下の件は全く関係ないでしょう。
内臓じゃないからね。
要は繊細な神経の持ち主という事で一件落着。
 
    (風) 「繊細ね」、うん、そういうことにしておこう、これにて一件落着~チョンチョン。  

どうでもいい話

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2017年 8月19日(土)06時54分52秒
返信・引用
  本屋さんといえば「青木まりこ現象」って知ってる?
小生はもろに当てはまるけど・・・。
 
    (風)  よくそうなるということは聞いたことがあるけど、そういう言い方をするというは全く知らなかった、小生の場合は、無い!と思うけど、どうだったろう、あるだろうか。寺さん(だったと思うけど)の場合は本屋に限らず、いつもトイレの場所の確認は必要だったね、これもどうしてだろね、そちら方面の病を持っているわけでも無いのにね。でも下の方ばっかり切っているから、関係あるのかもね(笑)

 「蜜蜂・・・」も「ポーツマス・・・」も面倒だから一緒に手配したからね。
 

吉村昭

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2017年 8月18日(金)06時33分28秒
返信・引用
  次はぜひ「ポーツマスの旗」を。
そして「蜜蜂乱舞」ね。
吉村昭の本は司馬遼太郎と違って主観があまり入らず
淡々とした文章で大好きです。
他にも「破獄」「羆」「光る壁」等々あるけど読んだものが
結構あるでしょ?
 
    (風)  「ポーツマスの旗」は「海の史劇」を検索すると、対で出てくるね、そのうちに読むよ。「蜜蜂乱舞」は小生の道楽に通じるものがあるだろうからこれも読もうね。でも、先日久しぶりに山を降りて大型書店に入ったけど、本の多さに本当に驚かされる、毎日、毎日、何かしらの本が出ているんだろうけど、一人の人間が一生に読める量なんてたかが知れているから、たとえ好きな分野の本に絞っても絶対に読みきれないね、他にも道楽が沢山あるしね。  

夏祭り

 投稿者:どんぐり  投稿日:2017年 8月16日(水)17時42分2秒
返信・引用
  ご無沙汰してます。
お盆休みの中あちこちで夏祭りが開かれてますがこちらはお天気が
はっきりせず 花火だけでも見たいが雨も気になる毎日です。
昨日からの雨が止みそうもない中 今夜隣の町で開かれる祭りの準備の
所を通りかかりながら昔の屋台の明かりの話をしてたんです。
昔は縁日の明かりはカーバイトランプでしたよね。
いやー懐かしい 何とも言えないあの匂い 郷愁を感じる匂いでしたね。
小学校のすぐ側に溶接工場があり 捨てられたカーバイトのかけらを拾って
悪ガキたちが水をかけ火をつけて遊んだことを思い出しました。
 
    (風)  腰の具合もおよろしいそうで、よかったですね。
 ニュースなどを聞いていると甲信地方はなんだかずっと雨模様の毎日だとか、今年は変な年ですね。

 捨てられたカーバイトに水をかけて火をつけて遊んだり、どんぐりさんとはほぼ同じ時代を共有していますね。あのカーバイトの「匂い」、人によっては「臭い」になりますか、懐かしいですね。それに電灯には無い、趣があって最近、数個集めては火を灯して喜んでいます。どんぐりさんもあちらこちら移動の機会が多いので、ひとつ用意しておいて旅先で食事の際にでも雰囲気作りに灯されたら如何でしょう、「一杯」が美味しくなりますよ。それから日本各地を旅される時に古道具屋さんを覗いて、掘り出し物でも探してください。
 

ちょっとのつもりが

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 8月16日(水)12時48分43秒
返信・引用
  浦島太郎ほどではありませんが、ちょっとサボったつもりが1ヶ月半にもなっていて、こりゃマズイなと思って急遽投稿したのですが、やっぱりご心配をお掛けした様で申し訳ありません。

赤水の件、やはり橋の架け替えでしたか。あそこは川沿いに走っていた道が合流していた地点で元々T字路の形になっていました。
今度の道路も曲がり方がちょっときつい様に見えました、やはり元の位置に本格的に作るのでしょうね。

都会地でしたら仮橋を作って迂回路とし、元の位置に本橋が出来たら仮橋を撤去するのでしょうが、赤水の様に土地が広いのでしたらいきなり本橋を造っても問題ない様に思いますが色々な事情があるのかも知れません。ただ急カーブにならない様に比較的長い取付道路の変更が必要になります。

太郎君との会話、「シマの分」ではさすがの風さんも1本取られましたね。「なんだこりゃあ」の後に「シマの分か?」と言っておけばドローだったのですが、これは嬉しい負けですね。

トンネル、道路、架橋など復興工事の実況ライブカメラなどあれば(探せばいくつかはあるかも知れませんが)、多少経費が掛かるとしてもかなりの人が観ると思います。
実際どうなっているのか地元でなくても関心のある人も多く、その様な現場も一般人が見ることはまず不可能ですからかなりの反響があると思います。但し、こんなライブやってるよと言う宣伝、公報が肝要ではありますが。

少し前の日記の写真に何やら丸い薄汚い(失礼、金属製の、多分真鍮?)容器のような物が写っていました。ああこれはカーバイドランプだなあと思いましたが多分正解でしょう。

父親等の昔話を思い出すと、アセチレン溶接や溶断にカーバイドを使ったそうで専用の容器の水の中にカーバイドを放り込んでアセチレンガスを発生させていたとのことです。
ただ使用中にトーチの火が逆流して爆発事故も多かったそうで、その後アセトンにアセチレンを溶解したボンベを使う今の形になったと言う事です。

ですからランプに使う程度より多くのカーバイドは決して使わないでください。
 
    (風)  小生も道楽でガス溶断などをしますが、アセチレンの扱いには非常に神経を使います、逆火防止器は付けていますが、最初の頃はそれでもおっかなびっくりでした。爆発力は凄いですね。

 そうですか、昔は、今のような溶解アセチレンでなくて、直にカーバイトに水をかけてアセチレンガスを発生させて溶断をやっていたのですね、だから、昔、町の鍛冶屋さんに使い残しのカーバイトが捨ててあったのですね。

 外国にはこのカーバイトを使って大音響を出す「遊び」があるんですね。
https://www.youtube.com/watch?v=Apb0FpMlF8s
https://www.youtube.com/watch?v=Abql2ExwG54
https://www.youtube.com/watch?v=IEnNv1RyYf8
https://www.youtube.com/watch?v=FxE_PwOBe3w

 カーバイトランプの場合は、水を一度に与えすぎないことと、あまり大きなカーバイトを入れないということでしょうが、カーバイトを入れる容器そのものがそれほどでもないので、一度に大量のガスが発生するおそれはそれほどでもないようです。
 
 

お盆休み

 投稿者:KK5  投稿日:2017年 8月15日(火)20時48分30秒
返信・引用
  しばらく投稿をサボっていました、この所特に変わったことはありません。ただ忙しなくゆとりがなかっただけです。
余りサボってばかりいると、あいつどうしているのかな、息してんのかいな?、みたいな疑惑(?)が生じると困るのでアリバイを作っておこうかという次第です。皆様のご活躍ぶりは毎日しっかりと拝見していました。

中にはあと2日休んで21日からという所もあるでしょうが、大部分は休みは明日16日まででしょうか。
私個人単体としてはこの間普段と変わりなく動いています。

2012年の阿蘇地方に続いて今度は北の方ででまた大変な水害が起きてしまいました。日本中で特異な気象が続いています。
当地でも8月9日迄は暑かったのですがその後は長期予報に反して涼しい日が続いています。直近の予報ではこの先1週間近く同じ様な天気が続くそうです。もっとも長期予報なんて信用してはいませんでしたが。

梅雨が明けても阿蘇地方の天候は芳しくなく、阿蘇の山々がすっきりと綺麗に見えた日は殆どありませんでした。
爆発こそありませんでしたが、噴煙の量も多く、せっかくの夏休みの観光にも大打撃となっているのではないかと心配しています。

昨日あたりのライブ映像で見る限り車の量はそれなりに多く見えましたが、例年と比べてどうだったのでしょうか。

ライブと言えば、ミルクロードの赤水Bを見ていると少し前から何か道路工事をしている様子があって、数日前に一応完成した様に見えます。
迂回路と言うかバイパスの様です。このカメラの100メートル程手前には黒川に架かる橋がありますから、この橋の架け替え工事が(あったとすれば)これが終わったのではないかと思っています。そのうち車の流れが変わればはっきりすると思います。

14日の日記にある蘇山郷と言う旅館は与謝野晶子が泊まっていたという宿ですね。
川の反対側に金時という旅館があります。この金時と九州電力阿蘇ファミリーハウスの間の今は空き地となっている所に昭和苑と言う旅館があって、最初に阿蘇に行ったときに泊まったことがあります。翌朝歩いても行けたのですが役場前(今公園になっている所)まで車で送ってくれて、そこから阿蘇火口に向かうバスに乗りました。48年近くも前のことです。
 
    (風)  K5さん、ご息災とのこと、安心しました、最近動静が伝わってこないので、ご病気でもされているのかと本気でメールでも差し上げようかと思っていたところです。「便りの無いのは良い便り」と云いますが、今のように通信環境が発達していると、逆に便りが無いのはなにかあったのかという風に思ってしまいます、小生も毎日更新されていた友人の記事が更新されないと何かあったのかなと思ってしまいますから、ある種IT時代の弊害ですね。

 毎日お忙しいようで、民間企業が忙しいということは喜ばしいことですね。

 今年の阿蘇は異常に暑い日が続いて、エアコンがない我が家、いつもは扇風機の風で十分だったのですが、流石に今年は、ちょっとエアコンがあったらなあと思ったことが何度かありました。それもここ数日は天候不順もあって気温が低めで、朝などは20℃を切ることもあり、もうこの頃になると、一気に秋に突入するのではと思っております、ストーブの季節ももうすぐです。

 赤水Bの工事現場は、そうですね、橋の架け替え工事の新しい橋に通じる道で、先日通った時に見えましたが、このあたりは、熊本地震の影響が大きなところで、道路もかならり褶曲していて、黒川の堤防も大掛かりな改修がなされています、新しい橋も恒久的でなく、見たところ一時的なものかもしれません。近くでトンネル工事も始まっています。どうせなら、工事の進捗状況がわかるライブ・カメラを設置したら、一つの観光資源になると思うのですが(以前も書きましたっけ)。

 赤い建物の「金時」は今も立派に営業をしていると思います。「蘇山郷」は過疎化が進む内牧温泉の中にあって、非常に趣のある旅館です。熊本地震で旅館の源泉が枯れて、一時廃業の危機に陥りましたが、ボーリングをして源泉が復活できました。今度ご来熊の機会には是非ご利用ください。

 小生、最近、ちょっとカーバイトライトに凝っていまして、古いやつを見つけてきては汚れを落として磨いて、補修して、点灯しては郷愁を感じてニヤニヤしています、小生のレトロ動態保存博物館の陳列品に加わりました(笑)
 

あわあわ

 投稿者:ミモザ  投稿日:2017年 8月15日(火)10時49分46秒
返信・引用
  トンカツを前にした太郎君の「おっ」という表情はラッキーってことですよね。
まさかビールの泡ではないでしょうね。
風さんもたまには飲まれるんですか 揚げ物にビールは良く合います。
でもノンアルコールかな

そういえば風さんは今年も大量の梅干しを作られたんでしょうか。
こちらは梅雨明けから毎日雨の降らない日は一日も無く…(今も降ってます)
土用の梅干しも外に出すこともできず部屋の中でちょっとだけで終了です。
阿蘇はいかがだったんでしょう。
幸い今年はジモティの方が手入れできなくなった梅畑の草刈りをして
自由に梅を収穫するという仲間に誘って頂きたくさん手に入りました。
梅干し・梅ジュースともう一つ梅酎ハイ用に青梅を煮て果肉だけを
冷凍保存して置いてグラスに入れるとそれは美味しいんですよ。
どんぐりが草刈りできるようになり本当に感謝でございます。
 
    (風)  ミモザさん、さすが目の付けどころが違いますね、ご明察、あの泡はノンアルコールです。先日の親戚の葬儀で飲んだノンアルコールビールが美味かったので、最近時々、飲んでいます。昔と違って最近のノンアルコールはなかなかですね。

 梅干しのことですが、毎年沢山漬けていましたが、今年は、中岳の爆発的噴火で火山灰、火山礫が大量に降って、果樹系が全部やられて、カボスは一本は木が枯れて、もう一本は花が咲かずに今年はほぼゼロです。梅の実も、非常に数が少なくて、知らないうちにシーズンが終わって結局漬けませんでした。知らないうちに、というのは、梅の実が生って熟してくると嫌でも目について、それが早く漬けろというプレッシャーになるのですが、今年は実が生っているのが気がつかないほどで、近くまで寄ってみると、ああ、確かに実が生っているなというほどの少なさでした。

 甘い梅酒でなくて、梅酎ハイですか、さすがだなあ。

 どんぐりさん、腰のひねり、大丈夫そうですね、完治してよかったですね、そば打ちも大丈夫ですね。
 

お早うございます。

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月15日(火)06時18分43秒
返信・引用
  昨日はお邪魔致しました。
いつも美味しいコーヒーと楽しいお話で、暫しの語らいの時を過ごさせて頂き
有難うございました。
飼いネコと言えども、やはり家族の一員であります
太郎君の心の内には、これからも長く添い続けている事でしょう。
 
    (風)  ネットでコミュニケーションも面白いですが、アイボールQSOのほうがやはりいいですね。「粗茶」でよろしければいつでもお立ち寄りください。  

ご苦労様でした

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2017年 8月11日(金)22時50分37秒
返信・引用
  お墓掃除を為さいましたか。お疲れさまでした。

私は午前10時頃にうちの畑に着いて畑とお墓の生垣の選定を致しました。
暑いのは暑かったけど、適宜に雲が有りカンカン照りでは無かったし、時折風も吹いて
この頃にしては良い草刈り日でした。
余り広い畑では有りませんが耕地と土手の草刈りで結構時間を喰ってしまい、肝心の
お墓の方は生垣の選定だけしか出来ませんでした。
石塔が大夫汚れているので洗う筈でしたが遅く成り、新しい花も供えられず帰宅しました
明日でも又行かなければ成らないと思います。
 
    (風)  年に一度の墓掃除ですから、子孫としてはちゃんとやっておかなければ小生が向うに行った時に叱られますからね。
 仏壇もろくに掃除がしていないので今日は綺麗にして、供物などをお供えして明日を迎えます。明日の朝は小生の次の祭祀後継者太郎と一緒にご先祖様をお迎えに山に登ります。そうそう八千場にある分家の墓の掃除もしなくては・・・・今日も遊んではいられないあ。
 

/255