投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こんばんは

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月22日(木)22時27分34秒
返信・引用
  風さんいいものもらったね~
このロビンエンジンのシリーズはかなりの広範囲の動力としてベストセラーのエンジンです。
このロビンエンジンは最近製造中止に成ったんでは無かったかな。
私も前の会社で、小型の建設機械とか農業機械、揚水ポンプなどに使われているものを
かなり修理しました。
4サイクルのエンジンで基本的なエンジンの構成で修理等で分解すると内部の構造が良く分かり
大変勉強に成ります。
私がこれ分解したときに、エーこうなっているんだと言う物が有りました。
それはガバナと言う仕掛けでエンジンの回転に因る遠心力でスロットルを自動的にエンジンが止まらないように回転数を安定調整してくれるしかけでした。
この驚きは「目から鱗が落ちる」様な感じで今も目に焼き付いています。
同じロビンエンジンのシリーズの取説(あまり詳しく無い)を持っていますので今度上げます。
 
    (風) またまた遊び道具が増えました、こんどアプローチの仕方を色々教えてください。  

こんばんは

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月21日(水)21時51分29秒
返信・引用
  風さん、お見事・・・

風さん、、段々腕をあげてくるな~
知り合い相手に修理の商売始めたらどお
 
    (風)  プロにその話をしたら、オレは木を伐るのは得意だけどメカは全く駄目で、今もすぐに止るやつがあるけど、診てもらおうかなあと言っていました。大体似たような症状だからなんとなくできそうな気もするけど、また別のメーカーのものだから、ダメ元で良ければと言ってあります。  

Re: 頑張れ風さん

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月21日(水)16時14分38秒
返信・引用
  JA6LGVさんへのお返事です。

メカのプロのKK5さんを差し置いてこの様な事を申し上げるのは余計な事ですが
ビスの材質、直径や長さやサイズを甘く見てはいけません、物や場合に因ってねじ込み部分の嵌合の保持力等
製品自体の組み合わせを確実に保持するだけのものを安全係数を見て決められています。
取り付け箇所に因っては、その長さが必要だからその長さのビスを使用しているのです
製品を落としたり、乱暴な扱い、製品自体の振動とか車の荷台の振動等・・・etc設計段階で
様々な試験をし、普通の取り扱いでは分解しないように作られています。
時としてアマチュア的な考察に於いての大丈夫だろうと言うは自己責任では通ると思いますが
場合に因っては致命的なケガと成る場合が有ることを心の片隅に置いておいて下さい。
もし仮に一本だけでも違うビスが付けられていた場合、それが主原因で部品が外れてけがをした等の
時にはPL法の適用は無いかもしれません。
 
    (風)  工業製品は「カイゼン、カイゼン」で、改良に改良を加えて無駄を無くして行くのでしょうが、その過程ではやはり無駄な部品などもあるわけで、今回の場合は、確かに別々のナットである必要はあるのでしょうか、まあ、うっかり見落としたのがシャクで書いたわけです。

 今日の日記に書きますが、例のチェンソー、新しいキャブレターでも駄目で、結局、燃料フィルターが原因だということが分かって、新しいものと取り替えて完全に復旧しました、いや、原因が分かってでなくて、取り替えた結果、フィルターが原因だったのでしょう。
 

頑張れ風さん

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月20日(火)22時41分52秒
返信・引用
  吸い込みも吐き出しもスムーズで無いといけません。
ダイヤフラムは見た目だけでは最大限迄能力を発揮しているかどうかは分から無い。
ダイヤフラムの反対側の方の二か所の弁の付いたパッキンみたいなやつも完全に開閉し無いと
燃料を吸い込むための気圧差が小さく成り燃料の供給に支障を来たします。
まあ、負荷がかかったスロットル最大では供給される燃料が追い付かないのでしょう。
見方としてはこのくらいにしておきます、風さん頑張って下さい。
但し経験則から考え方をお話ししただけですから、違う場合も有ります。
それから分解した時のビスや部品はプラスチックのいくつかに分かれて居るケース
用意し順番に箱ごとに入れていけば間違えにくく成ると思います。
何もかもビスを一緒くたに放り込むとビスが余ったり長さの違うものしか残らない様な
事に成り兼ねません、これも経験上です。
 
    (風)  分解した時に部品が無くならないように入れる容器、バットって言いましたか、小生は使わなくなったフライパンを使っていますよ。我が家のは安物のテフロン加工(って商品名のようですね、フッ素樹脂加工)のフライパンなのですぐに駄目になって買い換えるので、結構数があって、それを使っています。昨日も最後にネジが二個余って、あれ?ということになりました。大したところではないので本当は小生が間違って締めた方法をやれば部品の省略になると思うのですが、そうもいかなくてまたやり直しましたけど(w)
 それから、確かに、わざわざ分けることもあるまいにと思うのに微妙に大きさのネジが色々使ってありますね、今回はそんなにネジ数があるわけではありませんでしたが、部品をもっと共通化をしてコストダウンをすればいいのにと思うことがありますね。

 今日時間があれば、新品のキャブに取り替えてやってみましょう。

 
 

久しぶりに「阿蘇ものがたり」

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 2月18日(日)16時52分48秒
返信・引用
  あれは確か2012年の秋だったと思います。CD紹介のページを作っておきながら、どうして注文のページが無いのかと阿蘇市にメールを送ったことがありました。あれからもう5年、地元でもまだ余り広まってはいない様ですね。良い曲だと思っていますが勿体ないですね。著作権がどうのこうのと言わずに、「くまモン」の様にドンドン使って貰う算段が必要でしょう。当地でも防災無線から流れて来るオリジナルだと思える曲があるのですが、何度聞いてもしっくと来ません。

このとき風さんから「火の国旅情」も送って頂きましたが、「阿蘇は火の山空の果て 何を祈って吐く煙・・・・」という歌でしたね。冒頭に聞こえてくるのはトランペットではありませんか。これもいい曲ですね。

ところで、クラッチドラムの周囲の壁部分が破断とのことですが、原因は金属疲労破壊の可能性があります。と言っても現物を見ないとはっきりしませんが。
ただ現物を見ると言っても、破断面を電子顕微鏡で見て専門家の診断を仰ぐ必要があります。

メーカーではこの辺の事情は把握していてそれなりの対処はしてあると思いますが、もし原因が金属疲労破壊だったら純正品と非純正品との寿命差は大きいと思います。
 
    (風)  自治体の応援歌は保育園や幼稚園小学校などの低辺から広がっていかないとなかなか全体に浸透はしないのでしょうね、「町興しは教育委員会から」ですね。

 そうか、金属疲労・・・・・か、思っても見なかったなあ、あんなところにナイフを入れたように綺麗に切断するなんて、小生が扱い方が悪くて乱暴に扱ったからと言って切れるようなそんな硬いものドラムの周囲には無いものなあ。

 壊れたのは純正部品ですが、こんど注文したのはChina製ですからもっと弱いかもしれませんが、それでも10回以上交換しても大丈夫くらい安価なので、良としましょう。
 

お早うございます

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月18日(日)06時39分32秒
返信・引用
  野焼き、ああ~、もうそんな季節が近づいてきたのかな~
今年は寒い日が続いているので、春の風物詩ももうしばらくかと思っていました。
子供の頃は野焼きが行われることは余り好きでは有りませんでしたね
と言うのは野焼きの後の野山を駆けずり回ると、靴もズボンの裾も真っ黒になり
燃えた炭のカスが靴の中に入り、親から大目玉を喰らいます。
と言う事は新しい芽が出て燃えカスが無く成るまでは、野山は歩け無くなるので
学校を帰っても遊び場が制限されてきました。
新しい芽吹きの春より、枯草があり寝っころがえっても窪地で日向ぼっこしても、草スキーをしても良い春の一時期は悪ごろ坊主私たちに取っては特別な時でした。
 
    (風)  もっと先だと思っていたらもう野焼きの季節がやってきました、一応、阿蘇山麓一帯が2/25で北外輪山が3/4という予定になっていますが、例年、必ずと言っていいほど天気が悪くて順延されますが、今年はどうでしょうね。  

こんばんは

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月16日(金)21時03分46秒
返信・引用
  風さん、インパクトドライバー持っておられたら、簡単に緩みますよ。
ただし、スイッチを押す前にインパクトの回転方向の確認を。
締める時はインパクトは使わない、使うと(軸)或いはナットのネジ山がバカになる可能性が有ります。
もしご存じで有りましたら聞き流してください。
 
    (風)  ありがとうございます、インパクトを使うことは情報としては知っていましたが、先端に取り付けるビットがどういうものを使うのかわからなかったので、以前やった方法でやりました。

 せっかくバッテリーパックを取り替えたので頻繁に電動ドライバーを使えばいいのに、いつもネジを打つ以外になかなか思いつかなくて・・・・例えばチェンソーの掃除をする時に、カバーを外すのも、youtubeなんかを見ていると電動ドライバーを使っていますが、小生なんか相変わらず手回しのドライバーでやっています、そのほかにも、先日のオーブンの修理のときも、分解する時にやはり手回しのドライバーでした、なかなか思いつかないのですよね、努めて使うようにしていきたいと思っています、そのほうが効率がいいですからね。
 

県歌・市歌?

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 2月16日(金)11時17分36秒
返信・引用
  「阿蘇ものがたり」 良いですね!
阿蘇の自然を素直に表現してて歌詞も曲も素晴らしいし
直ぐに聞けましたよ。
地域の歌は歌い易さ 覚え易さ 分かり易さが大事だと
阿蘇ものがたりを聞きながら思いました。
それに比べると我が「北の杜賛歌」は組曲の中の一部ですからちょっとね。
覚えると歌えるけど・・・という感じでしょうか
新年会で「信濃の国」を歌ってくれたのは松本出身の友人です。
県民は皆歌えるそうです これもまた凄いですね。
ただ歌詞はもれなく地域全部を歌い込み過ぎのような・・
はい 個人的な感想です。

私の住む横手はよそ者専用のゴミ置き場があり今は問題は無いんですが
過去にはいろいろもめたようです。
区には財産が有るからジモティーでも跡継ぎ一人だけしか入れないと
いうのがこの地域なんですよ 何の財産かはよく知りませんが。
ゴミ置き場は市の物じゃなくて区の物という考えですね。
よそ者専用が無い地域では市役所の出先機に毎日曜日に
生ゴミ・資源ゴミを出せます。
区の作業をよそ者全員がお手伝いできるわけじゃないので仕方ないです。
風さんが農家でないのにあぜ道の草刈り作業などされるのは
区民としての務めを果たしておられるわけですよね。
都会暮らししか知らないと文句ばかり言う人もいて問題になりますが
田舎では税金を納めていても何でもやってもらえるわけじゃないです。
皆勝手にどんどん移り住んで来てますし。
それも高齢者予備軍ばかりね(予備軍じゃないか)
管理別荘地などにはゴミ置き場もあり雪かきもしてもらえるので(有料)
移住する時しっかり調べることが大事です。






 
    (風)  みんなが口ずさむ歌は芸術性よりは親しみやすいほうがいいですね。
「信濃の国」は子どもたちの長野県の地理や歴史の勉強になっていいですよ(笑)、「火の国旅情」も熊本県全般にわたって歌い込んでいるのでもの凄い番数がありますが(鉄道唱歌ほどではありませんが)、小生が知っているのは阿蘇を歌った部分だけです。

 田舎暮らしは良いとこと悪いとこがあるので、移住する人は慎重に検討する必要はありますね、最近は大分の方でもそういった騒ぎがありました。小生の場合は、故郷に帰ってきたと思っているので、特にそういった悩みはありませんでしたが。
 

朝焼け

 投稿者:ミモザ  投稿日:2018年 2月15日(木)13時33分58秒
返信・引用
  素晴らしいモルゲンロートですね。
通学の寒さは厳しいけどこんな美しい通学路は無いですよ。
今実感できない美しさを大人になって故郷を離れた時思い出すでしょう。
その中に いつも通学路で写真を撮っていた太郎君のお父さんの姿も
一緒に入ってますね きっと。
こちらに家を建てた当時は西の甲斐駒がモルゲンロートに輝くのを感動して
眺めていましたが年数がたつと当たり前の景色になってます。
市に合併した時作られた歌に「北の杜賛歌」というのがありまして
合唱祭の最後とかに必ずみんなで歌うのですが
(朝な夕な 見慣れたはずの 里景色 離れたとたん恋しくなる
 西に甲斐駒 北に八ヶ岳 東に茅・瑞がき 南にはるか富士の山・・・)
こんな歌詞です まあ百名山に囲まれた山里であります。
阿蘇のモルゲンロートも眺めてみたいけどやっぱり寒いでしょうね
私は山は冬景色が一番迫力あると思ってますわ。


 
    (風) 「北の杜賛歌」ネットで検索して聴きましたよ、まさに賛歌ですね、ちょっと口ずさむには高尚過ぎる気がします、合唱だからでしょうね、何部合唱なんでしょうね。でも聴こうよ思えばちゃんと公開されているからいいですね。

 我が熊本県にも「火の国旅情」といういい歌がありますが、阿蘇市にはと思って題名を書こうとして「ど忘れ」して歌の名前を「阿蘇市 歌」で検索したら、例の市長のパフォーマンスしかヒットしませんでした。

 そうそう「阿蘇ものがたり」でした、これも出来た頃は、このCDで金儲けをしようと思ったのか、音源を開放しなくて、なんのために作ったのだ、本末転倒だろうと疑問に思いましたが、最近になってようやく、お昼の時報代わりに防災無線で流すようになりました。それでも沢山の人が唄うようになるには小中学校から教えたほうがいいのに教材にもなっていないようです。

 お隣の県の「信濃の国」はあれは「名曲」ですね、今だに県民こぞって、遠く離れて県人会などでも唄うようで、よそ者の小生ですら大好きで歌うほどですから。

 そう言えば、最近、御市の生ゴミ捨てに十キロだったか二十キロだったか遠くまで捨てに行かないと持っていってくれないというような記事が載っていましたが、横手は大丈夫ですか。

 小生は山岳に弱いのでモルゲンロートという言葉、耳にしたことはありますが意味は知りませんでした。そうですね山国で特に雪を頂いた山頂に朝日が輝く姿、素晴らしいですね、ああ、新しい一日が始まる、希望の一日になればいいなと感じますね。モルゲンロートが眺められる時は放射冷却で風もなく、キリッとして気持ちがいい朝です。小生が子どもたちの写真を撮るようになってまだ一年経ちませんが、季節がどんどん変わるのが撮っていてよくわかります、こどもたちが、数年経って、自分たちの過去の登校風景の写真を見てくれるといいですが、最大頑張って、太郎が卒業するまで、あと5年ですが、体力とサイトの維持が続くかなあ。
 

相互練習等々

 投稿者:JG1GMM  投稿日:2018年 2月12日(月)07時34分43秒
返信・引用
  というより教えてもらったというほうが正解だね。
何しろ狭い家の中で異音を発するので顰蹙ものですよ。
吹くたびに音が違いなかなか安定しません。
まあ、ボチボチ行きましょう。
KK5さんのリクエストにこたえられる日が来るのかなあ。

恵方巻は小生も金輪際いただきません。
カミサンは食べたがっていたけど・・・。

我が家の国旗も大分端がほつれてきたので、そろそろ新調
したいのですが旗とポールのサイズが今のものと微妙に
違うのでいろいろ探しているところです。
 
    (風)  とにかくドレミファソラシドが吹けるようにならないとね、まず、ドレミファまでかな、その次のソがなかなか出ない、上に行くほど出なくなる、チョット我慢してやっていたら小生のレベルくらいすぐですよ、レベルというといかにも高そうに聞こえるけど。そうだった、小生のレベルはまだ公開してなかったなあ、そろそろ映像を撮ろうかな。

 恵方巻きはどうみたって伝統的な日本の食事の作法からはずれているよね、無理に流行らせようとしたってすぐに廃れると思います。

 本当は旭日旗も揚げたいくらいだ。
 

Addiator

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月10日(土)20時33分17秒
返信・引用
  何だか玩具みたいな
穴に何か突っ込んで動かせば、桁上がりの計算は桁上がりするのかな?
見た目では薄っぺらだしそんな機構があるとは思えないな~
逆に桁下がりは?
風さん色々なものよくみつけてくるな~
 
    (風)  addiatorでも桁上りの計算は当然できます、addiatorの写真に赤字で表示されている部分がある写真がありますが、
その数字はその桁ではその数字はもう入力できませんよ、その場合は一番端っこ(加算の場合は、その加算しようと
する赤い数字を一番上までスライドさせて、そのまま左にちょっとスライドさせて下に降ろすと自動的に桁上りがし
た計算結果がでるようになっています。

 addiatorの厚みは計算尺の厚さと同じくらいだから非常に薄いものですね、どういうメカになっているのでしょう
ね。

 そう言えば、ソロバンで答えがマイナスになる答えの玉のはじき方ってあると思いますか?JLZはソロバンはどうし
たか、例えば3-5=-2をソロバンで弾けますか?引き算でも答えのある引き算はわかりますが、小生はソロバン
はもともとあまりと言うより全く得意じゃなかったので、そんなこと考えたことありませんでしたが、調べるとある
んですね。

 ここにその説明がありました http://soroban-no1.com/%E8%B6%B3%E3%81%97%E7%AE%97%E3%83%BB%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%AE%97%EF%BD%9C%E8%A6%8B%E5%8F%96%E3%82%8A%E7%AE%97%E3%81%AE%E8%A8%88%E7%AE%97/%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%82%93%E8%B2%A0%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9/

 今度はじゃあ実際にソロバンでやってみようと思っても我が家にはソロバンがありません、(あるかもしれませんが、
どこか屋根裏の何処かにあるかもしれませんが、娘は学校で一応ソロバンの時間はあったよなあ、あのソロバンはどこ
のソロバンだったのだろう)、計算尺のシミュレーターはあってもソロバンのそんなもの無いだろうと思って、
調べたらありました
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/mnaka/ut/soroban.html
これで、やってみました。なるほど、答えがマイナスになるソロバンの弾き方あったのですね。

 addiatorでも同じ理屈で計算できると思いますが、そもそも当時の使用目的でそこまで必要だったかどうか。
 直接関係はありませんが、JLZはこの世の中でマイナスというものが実際に存在すると思いますか。氷点下も、
たまたまある温度をゼロに設定したからマイナス気温があるだけで、その場合でも実際としては温度は存在する
わけで、絶対零度からみると間違いなくプラスの世界ですよね。
 

Re: 確定申告

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 9日(金)21時21分6秒
返信・引用
  JA6LGVさんへのお返事です。

風さんこんばんは
いえいえ、相続したものを売り飛ばしたので、その譲渡益に対しての税金の申告ですよ。
Netも色々と検索していますが、要領を得ません。
相続については殆どは子に取っては負担に成る不動産でしたので相続税にはかすりもしませんでしたよ。
兄姉は水田・畑・山林・家土地の相続を見な嫌がって、私に押し付けて来ましたからね
しょうが有りません、そのうちの一つが片付いただけで厄介な農地が頭痛の種です。

田んぼの税金と水管理の費用(土地改良区へ納付)が年に併せて5万近くかかりますので、もう勘弁してほしい所です。
農地は農業委員会の別段面積と言うのが決められていて、市役所に有る農業委員会へ行って文句を言ったんだけど結局犬の遠吠えに終わりました。
結局ここの阿蘇市では、農地を買う人が農地を五反以上持ってないと、買うのも買えず売るのも売れず
と言った具合で、他所の自治体の農業委員会ではそのような別段面積が廃止されたところも有るそうです
阿蘇は相変わらず、頭の凝り固まった農業委員会に市長ですから廃止は夢のまた夢の様です。
別段面積なんて廃止して、都会からの農業を始めようとする人を呼び込む様な頭は無い様です。
まあ今回実家の家土地が売れたことに因って税の負担が少し少なく成りましたけどね。

 
    (風)  新しく農業を始めようとする人には入りにくい今の農政が現今の農業の衰退の一因にもなっているようですね。  

確定申告

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 8日(木)23時15分52秒
返信・引用
  風さんこんばんは
もう確定申告の送信終えたのですか、早いな~
私の方は所得と医療費のまとめと生保、火災保等はまとめたのですが、相続分の不動産の申告書の書き方が今一分から無くて手間取っています。
不動産が両親の共有名義なので、夫々の持ち分で計算して書けば良いのかなと思っていますがもう少し調べて確認しなければ成りません。
最悪は市役所の相談会に行くしかありませんが、2・3時間待って相談は10分とかなので
待っている時間がもったいないのですが。
いつもの年の様に他に無ければまとめればすぐに終わるのでしょうけど、間違って余計に
税金取られても割に合わないので何とかしなければ成りません。

それにしても今朝は寒かったですね、村の中ではあちこちでお昼前に成って水道管破裂で
水を吹き出していました。
そういう家庭に限って留守が多くて困ります。
そのうちの一軒がそこの主が施設に入っていて無人で、先ずは吹き出しているので元栓を閉めて止めなければ成りませんが、その元栓の場所がが分から無くて困ることが多々ありますね。
そこの家人が瓦をかぶせたり植木鉢とか波板を乗せて隠して有ることが往々にあるのです。
あっ、私は水道屋はやっておりませんが、村の中で水が吹き出している家が有ると、周り回って
私の所へ連絡が来る事が有ります。
漏れに気が付くのは爺ちゃん婆ちゃんに年配の女性で、気が付いても直ぐにどうしてよいか分から無いとか、元栓がどこに有るか分から無いとかです。
私が区長をした年が冷え込んで4件ほど閉めて回って主に連絡したことが有ります。
誰もが私が暇人だと確信しているせいかもしれませんけどね。
 
    (風)  相続で確定申告をしなくてはならないというのはすごいですね、小生の場合は相続財産なんて微々たるものだったので課税に関しては全く何も有りませんでしたから。税務相談に行かなくても、今はインターネットでいくらでも調べることができるのではありませんか。

 この冬は熊本平野でも水道管の凍結があるんですね、いまでもKLZが区長だと思っている人が多いのではありませんか。ここでは水道料が定額なので、メーターは気にしなくていいので何処の家でも水道は流しっぱなしのところが多いと思います、だから、冬場は水源の水が少なくなるから節水しろと時々放送が入ります。これが隣の宮地地区になると、上水道でメーターがあるので、あまり水を垂れ流すのも大変のようです。
 

寒い 寒い

 投稿者:KK5  投稿日:2018年 2月 5日(月)00時43分5秒
返信・引用
  いやー寒いですね。連日の最低気温-5℃はいつものことですが、問題は晴れているのに最高気温が5℃に届かないことです。
北西風が強いときは最高が2~3℃ですから、雪が降っているときと殆ど変わりません。雪のときは余り風は強くありませんのでこれは体にこたえます。先の東京の大雪の2~3日前からずっとこの調子で、この3,4日いくらかマシとは言えまだ一連の低温現象の終わりが見えず、2月も寒いそうですからまだまだ気が抜けません。

御地も連日雪景色で外輪のライブカメラ地点では日中も氷点下の様です。

また大雪が予報されている地域もあって、今年の春は遙か遠くでしょうか。

今度の課題はスポット溶接機ですか。次々と挑戦のチャンスに恵まれて張り合いが出ますね。
こちらは、期待もしないし頼みもしないのに次々と天から舞い降りてきて埋もれそうです。
スポット溶接機も古くからありますが、基本的な構造はご承知の通り中にはトランスがあるだけです。
後は電極ホルダのスライドと加圧機構、電圧と加圧時間を調整する電気回路等です。
ですから、小規模の物で数回に1回偶然に付けられれば良いのなら、一人が電極と材料を「グイッ」と押しつけておいて、もう一人がをバッテリーにつないでバチッとやれば出来るかも知れません。
しかし、個人のホビー向けであっても。一応機械である以上一定の範囲内で安定して作動する必要があります。

スポット溶接機の溶接電源は交流と直流の2種類があります。
通常は交流が殆どですが、ステンレスを焼き付き痕(焦げ跡)なく綺麗に溶接したいとか、銅や真鍮の様に電気抵抗の小さい材料を溶接するときは直流を使用します。スポット溶接は溶接する材料が通電電流によって発熱して溶接が完了します。従って鉄やステンレスより、真鍮・銅・銀の順に溶接条件が厳しくなり機械の安定性も同様です。当社の場合は直流式を使用しています。

直流式では溶接の大電流を直接整流しますので大電流で安定性良い整流器が必要です。そのためある程度以上の場合は溶接電気容量は一度コンデンサに溜めてから放電する機構になっています。充電時間を作業サイクルに影響しない範囲で長くすることによって充電電流を小さく出来ます。そんな訳で直流機の方が2倍以上高価になります。当社の場合は銅の溶接が必須でしたので直流機を使っています。

以下、最近の話題からランダムにつまみ食い

【国家予算で全線復旧の工事が決まったようですよ】その様な情報は伝わっていましたが、本決まりならまず一安心ですね。ただあの鉄骨のアーチ構造は復活するのでしょうか。長陽大橋の様なPCコンクリートラーメン橋となるとちょと味気ないと思いますが、橋脚を建てる場所が無さそうなのでアーチしかないかも知れません

【草津白根山噴火】私も一度だけ行ったことがあります。1971年の秋だったと思います。割と簡単に登れた記憶があります。阿蘇火口を見学した後だったのですが、何もない静寂の中切り立った噴火口に青緑の水が溜まっていました。火口縁の傾斜は阿蘇より厳しく足を踏み外したらどこにも引っかからずにドボンだなと思いました。阿蘇の噴火口も同じ色なのは写真で知っていましたが、実際に見たのは2006年に行ったときでした。始めて阿蘇に行ったときは噴煙が多く出ていましたが火口底は見えませんでした。

【修理した薪ハサミがまた折れた】写真を見たときこれはヤバイと直ぐ気付きました。でも2~3日は大丈夫と思っていましたが翌日とは。
風さんのことですから直ぐに適切な対処法を見付けるだろうと思っていました。今回は完璧(だと思います)

【寺さんがとうとうトランペットを買ったぞ】
お二人で競い合って近いうちに YouTubeで披露して下さい。トランペットの掛け合いなんて最高じゃありませんか。私もトランペットの音色は好きですが自分でやろうとは思いませんでした。

【恵方巻き】風さん始め私と近い年代の方はあんなバカバカしいことはないと思っていませんか。昨日家内が買い物に行ったらあの売り場近くには同じ物ばかりで買う物は無かったと言っていましたし、ラジオの投稿でも同じで、寿司を買いに行ったらあれしかなかったと。

【オーブン修理用の整流用の半導体】私も初めて見た時は何のため?と思いましたが、単に出力を半分に落とすためだったらそんな設計も有りかと思います。電源はそのままで出力を落とすと言うことは実際行うとすれば結構面倒な仕掛けが必要です。一番真っ当な方法はトライアックを使うことですが、他に連続可変な出力も要らないとなれば、これはオーバースペックとなります。となると半波整流というのは(半導体が壊れなければ)合理的な方法です。私としてみれば盲点を突かれた思いです。私が整流器に興味を持ったのは、模型の列車を逆転させるためには直流の電源と界磁に永久磁石を使ったモータが必要だったからです。当時(1950~1955年)整流器と言えばセレン整流器が普通でブリッジ整流の場合セレンを塗った整流板(緑、空色、柿色などの塗装がしてあった)が4枚必要でした。許容電流は郵便はがきくらいの大きさの整流板3~5A位、耐圧は1枚当たり8V位だったと思います。
その後の半導体の進歩はめざましいものがあり、200V50A位のブリッジダイオードでもこんな物で良いの?位の感覚です。ですから余り気楽に考えると何年かして今回の様な不具合になるのかなと思います。取付てあった場所は判りませんが、多分取付場所の温度が高すぎたのかも知れません。コード(耐熱線が必要)を長く引き延ばしても良いから温度が上がりにくい場所に置いた方がよいと思います。

【新年QSOパーティの今年の干支のステッカー】もう一回り大丈夫じゃありませんか。ちょと散歩気分でもう一回りしましょうよ。

【冬の星座】やたら寒い寒いと書きましたが、今の季節冬の星座が良く見えませんか、特に阿蘇地方は民間の天文台も多いことだし。
この掲示板をご覧の皆様方は私の年代に近い方も多いかと思うのですが、中学生の頃「冬の星座」という曲を習った方もいらっしゃると思います。

  木枯しとだえて さゆる空より
  地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
  ものみないこえる しじまの中に
  きらめき揺れつつ 星座はめぐる

初めてこれを聴いたとき、メロディはいいんだが歌詞がしっくりしないなと感じていたのです。
他の部分はともかく、「ものみないこえる」って何だろうとずっと思っていました。

「者皆憩える」ではないかと思ったのはそう古い事ではありません。一字でも漢字が入っていれば良かった(オレは馬鹿か・・馬鹿だ・・やっぱり間違い無く馬鹿だ・・でもう手遅れだ)

で、最近判った事は原曲はこれだったのです。これだったらメロディと歌詞はしっくり会いますね。

https://www.youtube.com/watch?v=_GncWU0Ua5Q

https://www.youtube.com/watch?v=hzuk_xGUJb0

皆様ご存じでしたか、これが何で冬の星座になってしまうのか。
これ最初に聞いていれば、この曲の楽しみ方も変わってきたと思います。

前にも書きましたが、当時の音楽教育どうしてこんなだったのだろう、過ぎ去った時を返して欲しいと思いますね
 
    (風)  K5さん、違いますよ、冬の星座は賛美歌が原曲ですよ、と書こうと思って、その出典を載せようと思って検索していたら、いやいや別物でした、小生は今の今まで同じだと思っていました。というのは、宗派違いで教会での婚礼や葬儀に参列したりすると、いきなり賛美歌の本を渡されて唄う歌に「いつくしみふかき」があり、ぶっつけ本番でもなんなく歌えるので、ああこれは冬の星座を知っているからだなと思っていましたが、全く別物だったのだなあ。
http://www.ffortune.net/calen/xmas/songs/erie.htm
 それにしても昔の歌はゆったり、しっとりしていて、そしてまた歌詞がいいですね(外国語の歌詞のことではありませんよ)、詩を本当に大事にしていて、今時の音楽は一体なんだといつも腹立たしく思います、字余り、字足らず、日常会ををそのまま歌詞にしてと。本当に音楽を大事にして一生懸命練習して、習得した音楽家があまり報われずに、今の連中が安直なわけの分からない歌でちやほやされて高い報酬を得ているのをみると、これまた本当に腹立たしく思います。オーケストラの楽団員なんて驚くほど薄給なんだそうですね、これもモノの値段の分からない一つです。今の季節の歌は「早春賦」ですね。

 本当に今年は寒いですね、珍しいですね、昔はこんなものだったのでしょうかね。と言っても自慢ではありませんが、我が家は24時間暖かいのです。家にいる限り阿蘇は寒かねえということはありません、母が生前、阿蘇の冬は暖かかいねといつも申しておりました。周辺のお宅は皆昔ながらのお屋敷が多くて、家の造りも、寄り合いができるように「田の字」「目の字」に部屋があってその境を襖で仕切ってあって、イザという時にはその襖を取っ払って寄り合いができるようになっているところが多くて、あまり暖房には配慮していないところが多いようで、聞くところによると仏壇の水が凍ると聞いたことがあります、それに、以前も書いたかもしれませんが、日本の古来よりの文化、素晴らしい建築工芸技術がありながら不思議と暖房にはあまり気を使わなかったようで、基本は「火鉢」、そして「コタツ」くらいで、屋外との境も明かり取りのためでしょうか、障子で、隣国のようにオンドルなどという発想が無かったというのが面白ですね。隣国あたりからみると、今でも北国の女学生がスカート姿で通学しているのが驚異的に映るようで、日本人というのは寒さに強い民族なんでしょうかね。

 それで、我が家ですが、周辺のお宅に比べたら狭いですし、人の集まるような広間的構造にはなっておらず、それに何よりストーブを24時間焚いているので、我が家にはコタツがありません、子どもたちがコタツって何ね、コタツに入りたいと言います。むこうから持ってきたコタツがあることはありますが、今や小生の机代わりになっていろいろなものが乗っかっています。コタツも風情があってなかなかいいものなので、そのうちに復活してやろうかと思いながら、ずっとそのままです。ただ、24時間暖房のために薪作りが大変で、今年なんかなかなか晴れてくれないので、自転車操業の薪つくりには苦労させられてます、まあ、自業自得ですが。それに何故だか、ストーブに関しては一から十まですべて小生の仕事になっています、煙突掃除に始まって、薪材集めから薪つくり、まあ、ここまでは良いとして、薪運び、点火、火の管理、灰捨てまで全てです。我が家の連中は暖房は完全全自動だと思ってます。

 トランペット、近いうちに、自分の成長の記録として動画を取っておこうと思っています。一般公開のyoutubeにアップすると全国から袋叩きに遭うでしょうが、自分のサイトだからつべこべ言わせません。とにかくトランペットを初めて手にしたジジイが完全に独学で数ヶ月くらいでとりえずメロディーが吹けるようになったという程度ですが。

 スポット溶接機、いろいろ充電式のバッテリーを組み込んだものがあって、バッテリーが馬鹿になって使えなくなるとユニットごと買い換えなければならず、それが結構高いので、中身だけ取り替えたくて、タブ溶接をしたいなというのが動機です、ネットを検索すると世界中でDIYで色々作って皆さん自慢げにウンチクを傾けていますね、小生、もう少し先になりそうです。

 少し前のとくにトースターのような家庭電気製品は電子部品なんて全く使っていませんね、だからあまり複雑な機能はありませんが、それだけに小生でも中を開いてちょっと扱えます。

 新年QSOパーティ、75+12=82・・か、ご近所の先輩HAMは小生より10年先輩になりますが矍鑠としておいでなのでもしかしたら、もう一回できそうですね、うん、できそうだなあ、できなくてもそれはそれで、出来るところまでやりましょうかね、斃れてのち已む、で行きますかね。
 

こんばんは

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 4日(日)22時13分30秒
返信・引用
  温度設定と調整は、このオーブンがそうかどうかは不明ですが
メカ式であればバイメタルの接点ONの間隔設定で温度調整が出来る様にネジのピッチの分だけバイメタルの跳ね返りの距離を制限をして、ツマミと連動して変化させています。
電子制御はトライアックをトリガーダイオードでゲートにONトリガーパルス信号を与えてヒーターONにして
AC100Vのゼロクロスの点で導通はOFFします、再びONにするためには又ゲートにトリガーパルスをかけてやらなければONしません。
この調整は感熱素子の変化でトリガーダイオードの制御をしていると思います。
ヒーターのW数が大きく成るとトライアックも容量の大きい物が必要に成ります。
その様な回路を作るためには部品の点数が多く成りバイメタル方式の方が商用的には有利で
実績が有るので故障も少ないです。
たかがオーブンなので温度を一定に保つと言っても恒温槽の様に微妙な絶えず温コンを使ってヒーターや換気のON-OFFを繰り返す様な精密なものは要らないと思います。
それから交換したダイオードは一個のみですか?、例えばヒーターが其々上下500Wとした時は
500Wをシリーズに繋いで中間を共通ラインにダイオードを繋いだとすれば
上下同時にヒーターがONすれば合計1KWで10A近くが流れるので、購入されたダイオードでは
容量が持たないはずで、もう一方のヒーターの方にもダイオードがつながっている様にも
思えます。
まあ、今度調子が悪く成った時にバラシて見られたら分るかも知れません。
動いている時(寝た子は起こさないようにしましょう)は触る必要は有りませんからね。
 
    (風)  本当にたかがオーブンで、基本はニクロム線に通電して赤熱させるだけですから構造的には簡単なものなんでしょうね。一番のメカ部分は温度選択の部分で、後は回路をダイヤルで切り替えて動かす部分を選択するだけだと思います。
温度選択はバイメタルでしょうね。ダイオードは上下別々、独立で付いてます。今度壊れたらよく見てみます

 

ダイオード

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 4日(日)15時53分4秒
返信・引用
  現物も見て居ないし、ましてや初物のデロンギオーブンなので推測の域を出ませんが
思ったことだけを述べて見ます。
先ずはどの様な配線に成っているのか図面に書き表し見るのが手始めだと思われます。
ヒーターが上は上で、下は下でそれぞれ何本あるのか、そのそれぞれのヒーターは通電が
どの様な経路で通電され発熱するのか。
そして、そのダイオードを経由して通電される時のSWの表示の指し示すものは何を表しているのか。
そうすればおのずとダイオードの役割は分かると思います。
ではなぜダイオードを通す意味が有るのかですが、当たり前ですが家庭はAC100Vが供給されます。
交流ですから、直流の場合とではWの計算が違います。
簡単な話西日本は60Hzなのでオーブンのヒーター回路を閉じた時、電気が流れる方向が60回入れ替わっています。
その入れ替わっている電気の流れをダイオードで+側か-側どちらかを流れ無くしてしまいますと、その事は流れて居る時間を合計すると片側半分の時間しかヒーターを温めていないと言う事に成るのではと思います、又サーモSW等と組み合わせればもっと良い温調が出来るのかも知れませんね。
おそらく、じわじわ温める場合とかパン生地の醗酵?とかの為かなと想像しますが。
まさか発熱量を抑える為に、別のヒーターを設けたり、シリーズに消費抵抗を入れたりするような、金のかかる事はメーカーはしないと思います。
以上は推測なので、元の持ち主に発熱を抑えた使い方が出来たのかどうかを聞かれてみるのも良いかもです。
 
    (風)  部品が非常に狭いところに押し込んであって(というほどたくさんはありませんが)、回路を追うのは難しい上に、一旦ケースを外すと、組み立てがまた困難で、メンテナンスなんか最初から考えていないようです。デザインは流石ですが、中の方はね。外から見る限り、半導体はこの整流用のものだけで、基板も抵抗もコンデンサも見当たりません。

 大きく分けて、調理によって、上のヒーターだけ動かす場合、上下のヒーターを同時に動かす場合、それにファンを回す場合、回さない場合、それから、温度設定をする場合と温度設定をしない場合、それと時間設定ですね、時間設定はゼンマイ式なのでこれは全く関係なし。上の各機能の使い分けも単に切り替えスイッチで済みますね。

 一番注目するところと言えば、切り替えダイヤル式の温度設定(60℃から230℃まで数段回)ですか、そもそも、こういったヒーターの温度はどういうメカで切り替えるのでしょうか、熱電対は見えますが、温度コントロールはどうやるのでしょうね、温度の目盛りごとに異なるサーモスタットがついているのでしょうか。いずれにしてもヒーターを使う全てのラインは必ず整流用のダイオードを通るようになっています、つまり、シーズヒーターにつながるライン一本ですから。

 となると、もともとシーズヒーターの仕様が半端整流電流で使うようになっていて、ACのままでは流れすぎるということなのかなあ。ところで半波整流で無効部分も使用電力料に影響しましたっけ。

 ヒーターは上と下のその二つだけで、他にはまったくありません。

 まあ、修理後はテスト運転しましたが問題なく働いているようですよ、また壊れたら、その時に細かく分解して回路を起こしましょう。
 
 

お早うございます。

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 4日(日)10時06分34秒
返信・引用
  この様な先達者とレベルの低い私とを、一緒しないで下さいね。
今の私は「山」命では有りませんしね
でも体が太めに成るのは良くありませんから、体重は少し落とさなければ成らないのはその通りです。
1Kg落とすのに大変な努力を要するのですが、増えるのはいとも簡単に増えてしまいますね~

今日は北北西か北風か、頬を刺す様な冷たい風が吹いていますので
今日は外の仕事は無しにします。
 
    (風) おはようございます。
 ちょっと踏み違えたくらいでギクリとくるのはよくありませんからね。小生も、住民検診のしばらく前から調整しますが、3キロくらい特に苦にはなりません。なにも健診のためにすることもないと思うのですが、オマエはメタボだと言われるのが愉快じゃありませんからね。

 今日は、とにかく風が強くて、体感最低温度は氷点下10℃以下を示しています、時々雪が舞っています、お体ご自愛ください。

 デロンギのオーブン直りました、依然として整流用の半導体の役目がわかりませんが。
 

高岳登られたのですか

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 3日(土)22時12分15秒
返信・引用
  風さん今晩は
どちらから登られたのでしょうか
仙酔尾根(通称バカ尾根)?それともロープウェイの下の中岳経由?登られて頂上の感じは如何でしたか
家に帰られてから、高岳を見た時又登りたいなと思われましたか、それとも二度と登らんぞと思われましたか

風さんは私への観察がまだまだ足りない様ですよ。
以前も私の仕事と無線のイメージがつながらい様な事を仰ってましたが
人を表向きの事で結論付けてはいけませんですよ。

まあ、結婚してから贅肉の付き方がスピードを増して来ましたけどね
今度お伺いするときに証拠写真を持って行きましょう。
 
    (風)  このブログ http://blog.goo.ne.jp/genmei-2014 のMさん、いつも我が家の前をご夫婦で散歩されておいですが、山がお好きであちらこちら登っておいでです、スリムで健脚で、やっぱり人は見かけによりますね(笑)

 当時の日記 http://kazenotayori.ddo.jp/0306rec.html (6/1)にもルートが書いてありますが、ほとんどの皆さんが登って下るルートでした。決して二度と登らないなんて思いませんでした、ああ、登ってよかったとは思います、ただ、なかなかそこまでのモチベーションが無いだけで、プライオリティーはうんと下の方ですね。
 

つまらんことを書きました

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 2日(金)21時20分49秒
返信・引用
  風さんへのお返事です。

風さんこんばんは
えっ、なんですって・・・
山歩きと私がつながらない?
多分今の私の体形と照らしあわせておられるのでしょう、少し太っているし小柄で華奢だし。
不思議ですが、風さんは私がやっていた事に対して、私の今のイメージが違うように感じられるのは何でしょう他に有りますか。

以前馬上の人に会ったと話した阿蘇外輪山も、最終的に一周全てのコースは歩いてはおりません

以下の所は歩きました
北向山~俵山~護王峠~地蔵峠~高麗返峠~天神峠~多津山峠~清水峠~中坂峠~高森峠迄
箱石峠~滝室坂迄
北外輪の小嵐山の外輪山の峠の所~二重の峠迄

以下の区間は歩いていません。
高森峠から大戸ノ口を経て箱石峠(清栄山の先は道無き道の様です)
滝室坂から小嵐山の外輪山の峠の所迄
二重の峠から立野発電所迄

俵山を尾根伝いに降りたところに護王峠と言う処が有ります、ここは角閃石と言うやや大きめの結晶を
運が良ければ見つける事が出来ます、私も探してみましたが見つかりませんでした。
南外輪にはイノシシの水浴びの後や野生の猿等も生息しているそうです。
帰りに道で大体4~50m位かな、イノシシとばったり出会って暫くお見合いをしていましたが
向かって来たらザックを投げ捨てて逃げようと覚悟しましたが、イノシシは谷の方へ去って行きました。

天神峠と清水峠の間には高千穂野(たかじょうや)という阿蘇山創世記の古い時代の火山の跡が
小ピークとして残っています。

山を縦走する時に困るのは登山口の麓へ戻るようなコースだと問題は無いのですが、ずーっと先の
方へ歩いていってから山を下る場合は、元の置いた車の場所迄引き返さなければ成らず大変です。

神奈川にいる頃は寮の相方と登っていましたが、こちらに帰ってからは全て単独行です
テントを担いで行っていたのですが、体力が無いのでせいぜい担ぐのは30kg位で二泊三日止まりでした。
自慢では有りませんが、野宿や殆どの所で寝るのは平気です、まあ墓地の横は遠慮したいですがね。

もう今はその様な事はしたくても体が言う事を聞きません。

今日は嫁さんとJAの春の植木市へ行ってきました、スイートスプリングスとブルーベリーの苗を
買ってきました。
昨年はは大秋柿に桃の木の苗も植えました。
やはり花より果物・・・?
それに昨年の強くない台風の風でポポーの木が倒れてしまい、切ってしまいました。
 
    (風)  山歩きとJLZがつながらない・・・今のJLZがを見ると、誰が見てもつながるとは思いませんね。こんど昔のスリムな精悍な頃の写真を持ってきてください。

 阿蘇カルデラは東西18Km、南北23Kmくらいと言われています、楕円ですが、これを便宜的に直径20Kmの円とすると、円周は2πrで、約60Kmですか、実際はくねくね道ですからもっとうんと長いでしょうね、それに縦走と言っても登ったり下ったりですから全部歩くと相当な距離になりますね。小生なんか全くそちら方面の趣味がないので、そんなにまでして、と思ってしまいます。

 でも山歩きの人にとっては阿蘇に住んでいるということは素晴らしいことですね、いくらでも登ったり歩いたり出来ますからね。小生は一度くらいは登らなければ阿蘇に住んでいると言えないので、ここにきてすぐの頃、高岳に登りました、それくらいですね、太郎が登れるようになったら久住に一度いってみたいとは思っています。太郎の脚はもう大丈夫でしょうが反比例で小生がだんだん駄目になりつつあります。
検索したら、H15年6月1日に高岳に登った日記がありました、日記は付けておくものですね。 http://kazenotayori.ddo.jp/0306rec.html
 

デロンギってどこ製

 投稿者:JA6JLZ  投稿日:2018年 2月 1日(木)22時45分20秒
返信・引用
  こんばんは
デロンギってオイルヒーターは良く聞くけど、オーブンは知らなかった
ダイオードってヒーターにシリーズに入ってるですか
片側の半波整流だと単純考えると時間当たり半分しか電流を流がさないということは
熱量が下がる。
その用途とすればじわじわ温めるとか、余熱のためのものとかかな~
例えば何か切り替えスイッチがあって、そのような用途が有るのかも、私は現物を見たことがないので
あくまでも想像ですが。

大体半導体が燃えたり破裂したりするのは部品の採用の際の安全係数を規定ギリギリとかに(コストの面)
してあるのではないのかな。
ヒーターの抵抗値からヒーターのワット数を計算して、まあ普通は1.35倍位だけど、1.5倍ぐらいの
電圧と電流の耐圧のものを使うとかしないと、また壊れるのではないのかな
ただ壊れるのは良しとしても、破裂したり燃えたりしたら唯では済まないですからね。
SWを切り替えたときラッシュカーレントでダイオードにストレスを与え続けたために壊れたことも
あり得ると思います。
 
    (風)  そうですね、デロンギというと条件反射的にオイルヒーターですね、同じメーカーでイタリアです。
とにかくあまり詳しく配線を追っていませんが、シリーズにシーズヒーターに片方の極につながっていますね、ヒーターには極性なんか無いと思うのですが、部品が届いてから改めてよく見てみます。そう思って1000V6Aのダイオードを注文しました。
バラバラになっていてどう付いていたかわからないのですが、仮に逆につけてもツェナーとして働くだけで流れないだけで、改めて付け直せばいいですよね、それにしてもどうしてなんだろう、電流の節約なのかなあ、温度の設定と関係するのかなあ、ファンの関係かなあ、小生にはわかりません、また、部品が届いてから教えてください。
 

/263