teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了宣言!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月31日(土)21時00分6秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了宣言!」と題して、2010年09月25日(土)11時06分39秒に開設したAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)そして神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動セカンドシーズンの終了を宣言するという話題です。


2010年09月25日の当サイト開設より約6年3か月、2,289日が経過しその間、多くの皆様にご訪問して頂きまして管理人として衷心より厚く御礼申し上げます。


AGA(男性型脱毛症)科学的検証的サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズンは2016年12月31日(土)21時00分06秒をもって終了致します。

尚、2017年01月01日(日)00時00分より下記、URLアドレスにて神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動サードシーズンである新サイト Hair Loss Cure を開設し、より深化した内容でお届けするつもりです。



『参考資料』
Hair Loss Cure
http://hairlosscure100.blog.fc2.com/

Hair Loss CureのQRコード        Hair Loss Cure

2017年01月01日(日)00時00分・・・ Hair Loss Cure で、お逢いしましょう。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)の2016年12月31日21時00分06秒の活動終了時のカウンター画像。
下段は、2017年01月01日(日)00時00分開設の Hair Loss Cure のQRコードの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 
 

AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了理由 掲示板機能の限界

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月31日(土)18時00分32秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了理由 掲示板機能の限界」と題して、2010年09月25日(土)11時06分39秒に開設したAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)そして神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動セカンドシーズン終了の理由についての話題です。


2010年09月25日の当サイト開設より約6年3か月、2,289日が経過しその間、多くの皆様にご訪問して頂きまして管理人として衷心より厚く御礼申し上げます。


私自身は1990年中盤から後半にかけてインターネットを始めました。

当時は今のような情報の発信や取得の方法は少なくもっぱら掲示板が主流だったのです。

それまで素人の第三者が書いた文章を読む機会などはほとんどなく、掲示板というツールは私には非常に魅力的だったのです。

紙媒体のような一方的な情報発信とは違い掲示板では肯定派や否定派の意見も反映され、おおいに勉強になったものです。

しかし2000年代に入るとブログという名の表現方法が登場し昔ながらの掲示板は徐々に衰退していく事になるのです。

当初個人の日記的イメージのあったブログは様々なツールと結合する事により一大進化を遂げる事となるのです。

ブログサービス提供会社が開発した豊富なプラグインはもちろん第三者が開発し善意で提供している共有プラグインなど現行の掲示板にはない様々なサービスが存在するのです。

文章の編集機能だけで考えれば、この掲示板でも高機能エディターを備えておりブログと比較して遜色ありません。

文字装飾や文章作成には不便はありません。

動画もYouTubeのみですが貼り付ける事も出来ますし画像も同様です。

しかし画像は一記事に対して三点までしかアップする事は出来ません。

記事下部の画像三点のうち一点は管理人である私のキャラクター画像で使うために任意でアップ出来る画像は残り二点という事になります。

三点以上貼り付けたい場合はインターネット上に存在する画像のURLアドレスで記事中に貼り付ける事も可能です。

しかしこの場合は元画像が削除されれば記事中の画像も同時に消滅してしまう危険性があるのです。

一記事に対し投稿者がアップ出来る画像が三点というのは少ないかもしれません。

画像の容量制限があるのは致し方ない事ですがアップ出来る点数制限というのはかなり不便であると考えます。


また最大の問題は過去記事の編集権限です。

実は、この掲示板は管理者といえども一定期間経過してしまうと編集する事が出来ないのです。

記事を投稿した後も加筆、修正、画像や動画の差し替えを繰り返す私には使いづらい機能であると考えます。

また過去記事でアップした画像管理の為のアルバム機能もすでにサービスが終了しており画像の管理も面倒な状態なのです。

しかし、これらはある意味で致し方ない事かもしれません。

そもそも掲示板自体、テキスト文字からスタートしたツールの訳ですから、これでも機能として十分なのかもしれません。

過去Yahoo!などの有力プロバイダーのサービスも次々と終了しており衰退していく掲示板に対し新規の開発が出来るはずがありません。

私はIT関連の仕事ではありませんが、ソフトウェア開発は建設業に例えるなら更地に家一軒どころかビル一棟建設するのと同じくらいのコストと時間が必要なのです。

もし新たに掲示板を開設したいと考える方がいるのであれば私は迷わず、この掲示板をお勧めしますが私自身の今後の展開を考えた場合は、いささか機能的限界を感じているのも事実なのです。


このような事情も新天地を求める理由のひとつなのです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
管理人、神楽坂フジ丸のキャラクター画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了理由 サイトテーマと掲示板の意義と必要性

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月31日(土)17時00分39秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了理由 サイトテーマと掲示板の意義と必要性」と題して、2010年09月25日(土)11時06分39秒に開設したAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)そして神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動セカンドシーズン終了の理由についての話題です。


2010年09月25日の当サイト開設より約6年3か月、2,289日が経過しその間、多くの皆様にご訪問して頂きまして管理人として衷心より厚く御礼申し上げます。


2010年09月の当サイト開設当初、私が思い描いていたのは医学博士 故・高橋日出彦先生が考案した男性型脱毛症独自治療プログラム「新アロペシア治療法」の患者との交流・情報交換の場でした。

それ以前の神楽坂フジ丸の投稿活動ファーストシーズンでは第三者の運営・管理する掲示板を活躍の場としていましたが、ある種の限界を感じていたのです。

そもそも第三者の掲示板で投稿活動を展開するには、あまりもテーマがハード過ぎると考えたのです。

その為に思う存分、己が求めるテーマで投稿活動を展開出来る舞台を自らが構築し、そこを情報交換の場にする為にセカンドシーズンをスタートさせたのです。

私自身が知らないクリニックビタボナや高橋先生の秘蔵エピソードなどもお聞かせ願えればと考えていたのです。


2002年05月末日に伝説の医療機関クリニックビタボナが突如廃院し多くの患者が路頭に迷いましたが高橋門下のドクターであり学問上のDNAとスピリットの継承者である医学博士・栗山源慎先生が他院で治療法を継承する事を決意し私自身も九死に一生を得たのです。

2002年12月に品川シーサイドセントラルクリニックが開院しましたが、当初はMX-E系治療薬は完成しておらず翌年の2003年05月に既存の患者への処方を開始し、07月に新規の患者にも提供出来る体制が整ったのです。



セントラルクリニック育毛・発毛外来 新アロペシア治療法 AGA治療薬、最新バージョン MX-E6 80ml 女性ホルモン0.06%配合の画像   セントラルクリニック育毛・発毛外来 新アロペシア治療法 AGA治療薬、初期バージョン MX-E8 80ml 女性ホルモン0.08%配合



それから、いつしか十数年の歳月が経過したのです。

栗山先生にお聞きしましたが、鹿島と品川で、月に数名の新規の患者さんがおり2016年の現在、それら新規の患者は累計で数百名に達しているはずなのです。

しかしインターネット上には、そうした患者からのレポートは一切ありません。


せめて「効果があった!」とか「効果がなかった!」という話があれば良いのですが、それすらないのです。


私自身が思い描いていた新アロペシア治療法の患者との交流・情報交換の場とは程遠い環境になってしまったのです。

その為に結果、他の毛髪関連の記事を投稿せざるを得ない状況になってしまったのです。

そうなると当初のサイトテーマから離れる事になり掲示板である意義や必要性について考えるようになったのです。


このような事情も新天地を求める理由のひとつなのです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、セントラルクリニック育毛・発毛外来 新アロペシア治療法 AGA治療薬、最新バージョン MX-E6 80ml 女性ホルモン0.06%配合の画像。
下段は、セントラルクリニック育毛・発毛外来 新アロペシア治療法 AGA治療薬、初期バージョン MX-E8 80ml 女性ホルモン0.08%配合の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了予告

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月31日(土)16時00分12秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)及び神楽坂フジ丸の投稿活動セカンドシーズン終了予告」と題して、2010年09月25日(土)11時06分39秒に開設したAGA(男性型脱毛症)科学的検証的サイトGet!&併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)そして神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動セカンドシーズンを2016年12月31日21時を持って終了するという話題です。


2010年09月25日の当サイト開設より約6年3か月、2,289日が経過しその間、多くの皆様にご訪問して頂きまして管理人として衷心より厚く御礼申し上げます。


突然ですが、AGA(男性型脱毛症)科学的検サイトGet!&Get!Forum(公開討論室)そして神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動セカンドシーズンは、2016年12月31日21時を持って終了させて頂きます。


尚、終了予定時刻には、神楽坂フジ丸の毛髪系サイトにおける投稿活動サードシーズンの新URLアドレスの発表を予定しています。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
管理人、神楽坂フジ丸のキャラクター画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

HARG神 まさる様④ 絶望の館

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月31日(土)15時36分48秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「HARG神 まさる様④ 絶望の館」と題して、日本国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療 HARG®療法の患者として有名なHARG神 まさる様の大量脱毛が止まらず絶体絶命の窮地に立たされているという話題です。



HARG神・・・それはHARG®療法を受けた患者の中でも真の勇者のみに与えられる最高の称号なのです。



『参考資料』
HARG神 まさる様① PRP毛髪再生療法の開始を宣言!  投稿日:2016年 6月12日(日)14時16分18秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/197

HARG神 まさる様② PRP毛髪再生療法を断念!& 脱ミノタブ宣言!!  投稿日:2016年 8月 7日(日)21時27分18秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/208

HARG神 まさる様③ AGA検査 5αDHTの血中濃度を測定  投稿日:2016年 8月13日(土)14時24分57秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/210



HARG神 まさる様のブログが2016年08月21日を最後に更新が途絶えてしまいました。



『参考資料』
『ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/

2013年07月22日 第1回『ブログを開設した理由』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



案の定、事態は最悪の展開に発展していたのです。



『参考資料』
2016年08月21日『薄毛で自信を無くすのは仕方がない・・・・?』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-222.html


はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!



コメント欄反映の為の承認も怠っており放置と思われる状況が長期間続いているのです。

しかし私自身は、まさる様の心情は痛いほど理解できるのです。

決して各毛髪系webサイトを閲覧していない訳ではなく、閲覧は出来ても自身のプログ記事の執筆には精神的ダメージの為に至らない・・・そんな感じではないかと想像しています。

もちろん当Get!Forum(公開討論室)にも頻繁に訪れているはずなのです。

一時はテコ入れ策として欧米で広く実施されているPRP毛髪再生療法も検討しましたが、ご本人曰く「あるホルモン値が異常に高い!」という理由で断念されているのです。

そしてHARG神の面目躍如、近未来型の毛髪再生医療 HARG®療法を再度3回受ける事にしたのです。

結果は無残にも「いまだ髪の毛の復活を微塵も感じられません。。。。。」という状況になってしまったのです。

しかし真のHARG神は、そもそも考え方が私たち凡人の感覚を遥かに超越しているのです。


「これはハーグ療法が悪いのではなく、僕の男性ホルモンとその攻撃を受ける毛乳頭、毛母細胞の受容体の感度が良すぎる(完全にAGA体質)なのが原因だと思っています。」


あくまでもHARG®療法を守り抜く、この熱い頭皮こそ真のHARG神のあるべき姿なのです。


HARG神 まさる様の最後の切り札であるミノキシジルタブレットの効果をより有効にする為に約6か月間のミノタブ断ちという荒業に打ってでましたが、その為に脱毛が大量発生し、つらい現実を受け入れなければならないという最悪の状況になってしまったのです。


ほの暗く・・・そして深い絶望の淵を彷徨い歩く、まさる様の心情を思うと、それはかつての自分自身を彷彿させるのです。

いまや仕事の疲れを癒してくれる安息の地である自宅は、薄毛・若ハゲの恐怖が渦巻く絶望の館と化しているはずです。

そのような環境下においても明るく前向き生きる姿勢は、涙なくして語る事は出来ません。


その熱き頭皮に必ずや回復という名の一筋の光明が射すはずなのです・・・と言いたいところですが、現在の対処法ではおそらく回復は無理でしょう。

そもそもミノキシジルタブレットを医師の管理下以外で個人で使用する行為は言語道断です。

さらに特定のホルモン値が高い状態で放置しているのも問題です。

己の悪しきDNAと血みどろの死闘を繰り広げるには、あまりにも武器が貧弱すぎます。

その程度の武器では、敵にやすやすと防空網を突破されるのが関の山でしょう。

そこで芸風を変え「ハゲでもモテる人はいるじゃないかと・・・・・・。」・・・気持ちはわかりますが、その努力は回復の為に使べきです。

私自身の経験でも、髪の毛のあるなしによって女性の対応はかなり違います。

同じ女性が髪の毛のあるなしによって「ここまで態度が違うとは・・・」と驚いたり悲しんだり、そして喜んだりしたものです。

生殖活動が旺盛な青年期の薄毛・若ハゲは女性との交際には圧倒的に不利でありブラス要素にはなり得ないです。

私が見たところ過去の治療効果もあり、さして進行しているとは思えません。

もちろんご本人は、大量脱毛の自覚もあり現在は半狂乱状態かも知れませんが十分回復可能な段階であると考えます。

コメント欄の承認も出来ないくらい憔悴しているのなら私は最後の挑戦と考えて新たな行動を起こしてみるべきです。

そうそれは、医学博士・故高橋日出彦先生が考案し現在は愛弟子であり学問上のDNAとスピリットの継承者である医学博士・栗山源慎先生が実施しているAGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」しかありません。


もはやミノキシジルタブレットに頼るのは限界があるのです。

まさる様はHARG療法を受ける為に高速バスに乗り都心まで通院された努力家です。

特定のホルモン値の件とミノキジルタブレットの使用についての御相談も兼ねて栗山先生のカウンセリングを受けてみるべきです。

「新アロペシア治療法」の開始に関しては、その時に決定せず一度自宅で再考する事も可能です。

もしかしたホルモン値に問題があるのもしれません。

栗山先生は内分泌(ホルモン)のご専門ですから、診察を受ける価値は十分あります。

毛髪は一度抜けてしまうと回復には時間を必要としてします。

AGA(男性型脱毛症)治療で最も重要な事は脱毛を阻止する事なのです。


厳しい事を言うようですが、すべては、まさる様の事を考えての発言なのです。

何度も言いますが悪い事は言いません。


「新アロペシア治療法」を開始するのです。


それが、まさる様を救う最後の手段なのです。

迷う事は何もないのです。

私は常々言っているはずです。

そう「さぁ私を信じてついて来なさい!」と・・・

栗山先生が勤務している医療法人社団・土合会 品川シーサイドセントラルクリニックに連絡して「栗山先生に頭皮の診察をお願いしたい!」と予約をするのです。



『参考資料』
医療法人社団・土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 公式webサイト
http://www.centralclinic.co.jp/clinic/shinagawa.php


品川シーサイドセントラルクリニック


今回は随分な事を言いましたが、これもひとえに、まさる様をお助けしたいという一心からの事なのです。

なぜなら、まさる様のブログは当サイトとの現在唯一の相互リンク先だからなのです。



『参考資料』
相互リンクのお知らせ はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!  投稿日:2013年10月22日(火)18時30分6秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/173



どうか強引な口調の件は何卒お許し頂けたらと存じます。


HARG神 まさる様・・・HARG神の意地と誇りに賭けて絶対に回復を諦めてはいけないのです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、2016年08月21日『薄毛で自信を無くすのは仕方がない・・・・?』の画像。
下段は、医療法人社団・土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 公式webサイトの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

毛包新生!AGA(男性型脱毛症)在宅治療システム "RAIN" Follica社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月 9日(金)21時07分21秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「毛包新生!AGA(男性型脱毛症)在宅治療システム "RAIN" Follica社」と題して、米国に本拠を置くバイオテクノロジー企業であるFollica社(Follica,Inc.)が、現在開発中のAGA(男性型脱毛症)在宅治療システム "RAIN" についての話題です。



Follica社・・・謎多き注目のバイオテクノロジー企業が、いよいよ始動を開始しました。



2005年に米国マサチューセッツ州ボストンで設立されたバイオテクノロジー企業、Follica社(Follica,Inc.)のwebサイトが最近、全面的にリニューアルされ、それまで神秘のベールに包まれていた同社の研究内容の一端が明らかになり世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
Follica社 公式webサイト
http://www.follicabio.com/


Follica




Follica社は世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちの間では非常に知名度の高い企業ですが、実は謎多き企業として知られているのです。

なぜならニュースリリースを、ほとんど発表していないからなのです。

Follica社のwebサイト上で最後に確認された研究開発関連のニュースリリースは、2011年01月04日ですが、それから永い沈黙が続いたのです。



『参考資料』
2011年01月04日 ニュースリリース
『Follica Co-founder and Scientific Advisor, George Cotsarelis, M.D. Publishes New Research on Hair Follicle Stem Cells in The Journal of Clinical Investigation』(未検出)
http://www.follicabio.com/newsroom/2014/7/7/follica-co-founder-and-scientific-advisor-george-cotsarelis-md-publishes-new-research-on-hair-follicle-stem-cells-in-the-journal-of-clinical-investigation



日本では、2008年12月16日に開設した管理人クローン中山様の『毛髪再生ブログ』においても取り上げれれた事から一部の好事家の間では知名度はありましたが、なにより情報が少ない為に、いつしか忘れられた存在になっていたのです。




『参考資料』
毛髪培養ブログ - 毛髪再生医療による毛髪の再生 -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/


2009年06月11日:米Follica社による毛髪再生医療のアプローチ(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-99.html

2011年04月17日:毛髪再生に光をもたらすFollica社 -xconomy.com -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-220.html

2013年06月21日: Follica社、毛包形成因子「FGF9」の存在を明らかに。新しい治療法の可能性(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-321.html



あまりの情報量の少なさにAIR(Aderans Research Institute Inc.)のJiGami™ シリーズのように資金供給が停止してしまった為に人知れずフェードアウトした二の舞になるのでは!?と世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちの頭皮をヤキモキさせていたのです。



『参考資料』
アデランス JiGami™ 研究開発から撤退!? 投稿日:2016年 9月10日(土)22時03分24秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/217



しかし最近そのFollica社が永い沈黙を破りwebサイトの全面的リニューアルを実施し、同社が現在開発中のAGA(男性型脱毛症)在宅治療システム "RAIN" の知られざる一端が明らかになりました。



詳細なレポートの前にFollica社について簡単に説明しておきます。

デビッド・スタインバーグ(David.Steinberg)氏、ダフネ・ゾハール(Daphne.Zohar)氏、そして研究者であるジョージ・Cotsarelis(George.Cotsarelis)博士、リチャード・ロックス・アンダーソン(R.Rox Anderson)博士ら数名の共同創設メンバーにより2005年に米国マサチューセッツ州ボストンで設立されたのがバイオテクノロジー企業、Follica社なのです。

革新的なバイオテクノロジー企業を支援する投資会社であるPureTech社(PureTech Ventures:ピュアテック・ベンチャーズ)の子会社であり、米国ペンシルベニア大学・ペレルマン医学学校の皮膚科学・上皮幹細胞生物学の権威であるジョージ・Cotsarelis(George.Cotsarelis)博士が同社の学術諮問メンバーとして脱毛症治療のプラットフォーム開発の中心的役割を担っているのです。


情報流失に極度に神経質だった同社の今回のwebサイトリニューアルで、その研究開発内容の一端を初めて画像として公開しましたが、どうやら我々の想像とは違う治療形態の提供を目指しているようです。

それは医療機関と在宅治療が融合した近未来型の毛髪再生医療なのです。

実は、Follica社が開発している治療法が在宅治療をメインにしている事は早い段階から投資家向けのwebサイトでも指摘されていましたが、どうにも想像がつきませんでした。



『参考資料』
2015年09月04日
『Follica Announces Allowance for a U.S. Patent Related to its Principal Technology Platform to Treat Hair Loss』
http://www.stockhouse.com/news/press-releases/2015/09/04/follica-announces-allowance-for-a-u-s-patent-related-to-its-principal



Follica



"RAIN" と呼ばれる治療法とその製品群は、ギリギリまで観客に作品の全容を明かさないハリウッドのSFX映画のTrailer(予告編)の手法を駆使し、その一部分しか公開されていませんが独自に開発された医療用デバイスと局所製剤、そして専用スマホアプリが連携した非侵襲性の革新的な在宅治療システムとして構築されています。

専用に開発されたスマホアプリは日々の在宅での治療工程を管理し、患者自身が治療過程の画像を送信する事で適切なアドバイスと薬事指示を伝える事が出来るのです。

画像左の医療用デバイスは、単に治療薬の浸透性や細胞の活性化の為だけではなく、頭皮や皮膚の最上層を除去し細胞を引き起こすと海外の毛髪系webサイトでは報道されていますが、どうやら意図的に皮膚構造を破壊し、再生に導くという類稀なコンセプトであるとされています。

マウスを使用した前臨床試験では毛包の新生を確認しており、経営母体のPureTech社の研究開発パイプラインではすでにヒトに対する治療試験フェーズ3(第Ⅲ相試験)の段階にあるとしています。



ジョージ・Cotsarelis博士は、2009年頃よりFGF-9(線維芽細胞増殖因子-9ポリペプチド)やプロスタグランジンD2(PGD2)受容体の調節等々、アンドロゲン性脱毛症に関する特許を米国において精力的に多数出願しておりペンシルバニア大学の研究がFollica社のプラットフォームのコア技術開発に重要な役割を果たしているのです。



『参考資料』
ペンシルバニア大学・ペレルマン医学学校 研究者リスト ジョージ・Cotsarelis博士
http://www.med.upenn.edu/apps/faculty/index.php/g275/p19946



Possible Cure for Baldness - Awesome(4分29秒)日本語字幕変換可





『参考資料』
特許公開日:2009年12月10日 特許出願番号:20090304635
『Methods for generating new hair follicles, treating baldness, and hair removal』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20090304635

特許公開日:2010年05月13日 特許出願番号:20100120768
『METHODS, KITS, AND COMPOSITIONS FOR GENERATING NEW HAIR FOLLICLES AND GROWING HAIR』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20100120768

特許公開日:2011年01月27日 特許出願番号:20110021599
『METHODS AND COMPOSITIONS FOR INHIBITING OR REDUCING HAIR LOSS, ACNE, ROSACEA, PROSTATE CANCER, AND BPH』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20110021599

特許公開日:2011年04月21日 特許出願番号:20110092421
『METHODS FOR GENERATING NEW HAIR FOLLICLES, TREATING BALDNESS, AND HAIR REMOVAL』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20110092421

公開日:2011年06月23日 特許出願番号:20110152746
『METHODS FOR GENERATING NEW HAIR FOLLICLES, TREATING BALDNESS, AND HAIR REMOVAL』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20110152746

特許公開日:2011年11月17日 特許出願番号:20110282267
『FIBROBLAST GROWTH FACTOR-9 PROMOTES HAIR FOLLICLE REGENERATION AFTER WOUNDING』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20110282267

特許公開日:2012年05月17日 特許出願番号:20120121693
『METHODS FOR GENERATING NEW HAIR FOLLICLES, TREATING BALDNESS, AND HAIR REMOVAL』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20120121693

特許公開日:2012年06月21日 特許出願番号:20120156228
『Methods, Kits, and Compositions for Generating New Hair Follicles and Growing Hair』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20120156228

特許公開日:2015年03月12日 特許出願番号:20150072963
『COMPOSITIONS AND METHODS FOR REGULATING HAIR GROWTH』
http://www.patentsencyclopedia.com/app/20150072963



現在、Follica社は"RAIN"の正式投入時期については言及していませんが、海外の毛髪系webサイトでは、2019年から2020年には実現するであろうと推測しており、問題の資金調達面でも投資会社であるPureTech社の子会社である事を考慮するとプロジェクト頓挫の可能性は低いと考えられます。

創薬や再生医療企業は比較的小規模な会社が多く最大の問題が資金調達なのです。

海外の薄毛・若ハゲ諸兄たちは、非常にこの点に注目しますが、日本では、あまり問題視されない傾向があるようです。

幾多の有望な研究開発が実現せずに頓挫した原因の多くは、やはり資金面であるのです。

Follica社には、何とか実現してほしいものですね。


しかし"RAIN"の医療用デバイスには、かなり私も興味を持ちました。

早く全体の画像を見てみたいものです。


AGA(男性型脱毛症)在宅治療システム"RAIN"・・・登場するのが実に待ち遠しいものです。




さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、Follica社 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、Follica社のAGA(男性型脱毛症)在宅治療システム "RAIN" の製品群の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

AGA(男性型脱毛症)治療薬 開発コード:RT1640 RiverTown社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年12月 4日(日)20時19分26秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「AGA(男性型脱毛症)治療薬 開発コード:RT1640 RiverTown社」と題して、米国に本拠を置く研究開発型の創薬企業であるRiverTown社(RTI:RiverTown Therapeutics Inc.:リバータウン・セラピューティック株式会社)が、現在開発中のAGA(男性型脱毛症)治療薬 RT1640(開発コード:RT1640)についての話題です。



RiverTown社・・・この無名の企業が新薬開発のダークホースになる可能性があるのです。



最近、米国のある創薬企業のwebサイトがリニューアルした事により具体的な研究内容が明らかになり世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たち狂喜乱舞させました。



『参考資料』
RiverTown社 公式webサイト
http://www.rivertowntherapeutics.com/home/








企業家であり薬剤師の学位も取得しているマイケル・アルトマン(Michael Altman)氏と脳腫瘍の研究及び脊髄や神経損傷と再生医療分野で国際的に知られていたデビッド・ワインスタイン(David Weinstein)博士、この二人の共同設立者により2015年に米国ニューヨーク州ドブスフェリーで誕生したのが研究開発型の創薬企業、RiverTown社なのです。

RiverTown社が現在開発中のRT1640(開発コード:RT1640)はアンドロゲン性脱毛症の局所製剤として開発されました。

同社では、いくつかの疾患に対する創薬研究開発が進行していますが、RT1640は細胞の分裂・増殖を強力に促し毛髪再生に関連する複雑な経路を刺激する為のいくつかの特許を取得しているのです。

RT1640は、毛髪再生において三つの異なる経路に作用する小分子薬物から構成されています。

すでにFDAが承認しているポリペプチド抗生物質の一種であるシクロスポリンAとミノキシジル、そして同社が開発しているRT175と呼ばれる新規化学物質を使用し男女、年齢、発症からの期間の別なく、優れた効果と安全性を確保します。

またRT1640は活性型男性ホルモン5α-DHTに対する抑制効果もあるとし、さらに分化する幹細胞に対し発毛を促すシグナルを追加し異なる経路へのアプローチなどの手法は将来有望な治療薬の登場を予感させるとして海外の毛髪系webサイトでも注目されているのです。

同社が発表している被験者の画像でも概ね12週間~14週間で顕著な改善効果を示しており、海外の薄毛・若ハゲ諸兄たちが期待するのは無理ありません。


新薬の開発は気の遠くなるような歳月と莫大な開発資金が必要になり、さらにFDAの承認を取得する確率も非常に低く投資家からはハイリスク・ローリターンの典型として倦厭(けんえん)される傾向にあるのです。

日本の場合は国家成長戦略として再生医療の早期承認制度があり比較的実現が早いと考えらますが、それでも投資家が我慢出来ず資金を確保するのは至難の連続のようです。


現在同社の開発パイプラインを確認してみましたが、すでにヒトに対する臨床試験の実施段階にあり、実現の射程距離圏内にあると言っていいでしょう。



RiverTown Therapeutics Inc.PIPELINE



ここのところ海外の毛髪系webサイトでも有望な新薬開発のニュースが続いており、末梢血管拡張作用、還元酵素5αリダクターゼ阻害作用に続く第三の作用機序の治療薬開発競争は世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちに嬉しい状況ではないかと思います。

近未来型の毛髪再生療法の研究開発も重要ですが誰でも手軽に使用可能な治療薬開発に期待する人は多い事でしょう。

RT1640は、小分子化合物として外用薬として頭皮への浸透性を、かなり考慮されているようです。

どんなに効果的な化合物でも浸透性が低ければ治療薬としての効果を発揮する事は出来ないのです。


懸念される問題は、やはり資金調達であろうと考えられますが、現在同社はビジネスパートナーを探しており、日本国内の製薬会社が名乗りを上げてもいいかもしれません。

基礎研究から実用化までの年月を考えたら悪い選択ではないと思います。



AGA(男性型脱毛症)治療薬 開発コード:RT1640・・・ぜひ実現して欲しいプロジェクトです。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、RiverTown社 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、RiverTown社の研究開発パイプラインの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

毛髪クローニング&毛包バンキング HairClone社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月24日(木)00時08分42秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「毛髪クローニング&毛包バンキング HairClone社」と題して、英国マンチェスターに本拠を置く研究開発型のバイオテクノロジー企業であるHairClone社が研究開発をしている毛髪クローニング&毛包バンキングについての話題です。



Hair Cloning(毛髪培養)・・・それは世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちの究極の願いなのです。



2016年に入り英語圏の各毛髪系webサイトで、英国マンチェスターの研究開発型のバイオテクノロジー企業であるHairClone社の設立と研究内容が伝えられ、世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
HairClone社 公式webサイト
http://hairclone.me/


HairClone



まったく無名の企業の設立や研究内容が英語圏の各毛髪系webサイトで記事や掲示板に取り上げられる事自体は極めて異例ですが実はそれには深い理由があるのです。

1999年に英国マンチェスターで設立されたバイオテクノロジー企業、Intercytex社(Intercytex.PLC.インターサイテックス社)の創立者でありCEO(社長兼経営最高責任者)を務めた経験のある再生医療のエキスパートであるポール・ケンプ(Paul Kemp)博士が、HairClone社の設立者のひとりだからなのです。


Intercytex社は再生医療に特化した企業で早い段階で注目を集め海外のニュースサイトでも頻繁に取り上げられる存在だったのです。



Intercytex Group Plc (ICX.L) (3分26秒)日本語字幕変換可




特にIntercytex社が強力に推進していた人口皮膚研究ICX-SKN(開発コード:ICX-SKN)と毛髪再生研究ICX-TRC(開発コード:ICX-TRC)は有望視されていたのです。

毛髪再生研究ICX-TRCは治療試験フェーズ2(第Ⅱ相試験)まで進行しており、世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちも大きな期待を寄せていました。



2008年12月16日に開設した管理人クローン中山様の『毛髪再生ブログ』においても何度もとりあげられたのです。



『参考資料』
毛髪培養ブログ - 毛髪再生医療による毛髪の再生 -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/


2008年12月28日: 毛髪培養企業『Intercytex社』、幹細胞スペシャリスト『Axordia』を買収(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-18.html


2009年01月14日: 毛髪培養企業Intercytex社の今後の戦略(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-32.html

2009年01月28日: 毛髪培養企業 Intercytex社 50%人員削減を発表(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-44.html

2009年02月25日: 毛髪培養企業 Intercytex 生き残りの選択肢は(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-62.html

2009年03月27日: 毛髪培養企業 Intercytex社の将来をめぐる話し合い(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-70.html

2009年03月31日: 毛髪培養企業 Intercytex社08年度損失踏みとどまる(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-70.html

2009年05月05日: 幹細胞が毛髪培養企業Intercytex社に希望をもたらす(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-81.html

2009年11月25日: Intercytexオフィスを閉鎖 資産も売却 - 英Business Weekly-(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-149.html



しかし、その期待とは、裏腹にIntercytex社は常に資金調達に苦しんでいたようです。


2009年11月23日の『Business Weekly』の報道ではオフィスの閉鎖と資産売却が伝えられ完全に資金がショートしたと推察されます。



『参考資料』
2009年11月23日
『Intercytex closes Cambridge operation as assets sold off』
http://www.businessweekly.co.uk/news/biomedtech/11147-intercytex-closes-cambridge-operation-assets-sold




2006年02月には、オルタナティブ(代替投資)投資市場への上場も果たしましたが、再生医療の研究開発には莫大な資金が必要になる為に、いかに資金調達が重要なのかの典型例になってしまいました。


一時は世界的製薬メーカーであるファイザーに資産の一部を売却し、更に2010年03月18日のニュースリリースでは驚くべき事に毛髪再生ICX-TRCは、AIR(Aderans Research Institute Inc.)に2百万ドルで売却されましたが焼け石に水だったのか結局、事業清算を、せざるを得ない状況になったのです。



『参考資料』
2010年3月18日 ニュースリリース
『Sale of ICX-TRC』
http://www.intercytex.com/index.php?option=com_content&view=article&id=67:sale-of-icx-trc&catid=4:press-release&Itemid=16



ICX-TRCは、2009年03月にフェーズ2を完了しており当時最も商業化に近い近未来型の毛髪再生医療と考えられていましたが、他の皮膚疾患の治療試験の結果が思わしくなく資金調達に支障をきたしたのが真相のようなのです。


その後、Intercytex社は別の個人投資家の所有となり2010年には新生Intercytex社として再出発をしたのです。



『参考資料』
Intercytex社 公式webサイト
http://www.intercytex.com/


(2002年04月に取得した画像)
ntercyte



現在は表皮水疱症および瘢痕治療ICX-RHY((開発コード:ICX-RHY)の研究開発に特化した事業を展開しており引き続き再生医療のエキスパートであるポール・ケンプ(Paul Kemp)博士が、CEOに就任しています。


そのポール・ケンプ博士が、2016年に新たに設立したのが、HairClone社なのです。


HairClone社はIntercytex社が実現出来なかった近未来型の毛髪再生医療に特化した研究開発を推進しておりHairClone™と呼ばれる植毛クリニックと強力に連携し研究所と臨床現場を並列化した手法でHair Cloning(毛髪培養)技術の確立を目指します。


またHairClone社は世界にも類のない毛包バンキングサービスの計画を予定しています。

毛包バンキングサービスは英国と米国の植毛医の手によりFUEシステムを使用して短い手順で採取された毛包を-197度で長期保存し毛包細胞は培養、増殖して必要な時に患部に注入移植するのです。


しかし、このHairClone社にも資金調達の試練は待ち受けているのです。


HairClone社は、将来これらの治療を受けたいと希望する患者から投資を募っており、投資金額に応じて実際の治療で相殺するプロジェクトも計画しています。


海外の毛髪系webサイトでもポール・ケンプ博士の実績は評価しつつも資金調達面を最大の懸念材料と考えているようです。

現在、海外の毛髪系webサイトでは近未来型の毛髪再生医療として、資生堂&RepliCel社と辻孝研究室&オーガンテクノロジーズ&京セラに、かなり大きな期待を寄せていますが、最大の理由は資金調達面での不安が低いという事なのです。

資生堂や京セラと言った世界的企業と提携する事は近未来型の毛髪再生医療の商業化の実現に向けて重要な要素である事は間違いありません。


尚、HairClone社の2016年08月01日のニュースリリースでは、JAK(ヤヌス・キナーゼ)阻害剤で有名な米国コロンビア大学メディメディカルセンターのアンジェラ・M・クリスティアーノ(Angela.M.Christiano)博士の直弟子であるクレア・ヒギンズ(Claire Higgins)博士が、サイエンス・アドバイザーに就任したと発表しており海外の毛髪系webサイトでも好感しているようです。



『参考資料』
2016年08月01日 ニュースリリース
『DR.CLAIRE HIGGINS JOINS SCIENTIFIC ADVISORY BOARD』
http://hairclone.me/news/dr-claire-higgins-joins-scientific-advisory-board/

JAK阻害剤 臨床試験で円形脱毛症に効果を確認! コロンビア大学メディメディカルセンター
投稿日:2016年11月13日(日)00時12分44秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/233



HairClone社・・・この新たなバイオテクノロジー企業に己の頭皮を託してみるのも悪くないかもしれません。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、HairClone社 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、Intercytex社 公式webサイトのトップ画面の画像。
(2002年04月に取得した画像) <script type="text/javascript" src="http://parts.blog.with2.net/2.0/?id=1871066:.bM3q2HdXQI"></script>

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

HairSite.com リニューアル

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月20日(日)21時57分2秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「HairSite.com リニューアル」と題して、1997年に開設した米国の人気毛髪系webサイトであるHairSite.com が、リニューアルをしたという話題です。



海外(英語圏)の毛髪系webサイト・・・それはかつて世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちの絶対の安息の地だったのです。



1999年08月21日、管理人faf氏の「育毛を科学的に検証する」との提唱のもと、あるひとつのサイトがスタートしました。

その名はfar a fact...(通称・faf)このfafが後に伝説への階段を駆け上がる事となるのです。



『参考資料』
far a fact...トップ画面・ver.2.1(拡大版)
http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/faf_top_jpg/faf_presen.to_top_ver.2.1.jpg



そのfar a fact...が開設するおよそ2年前に米国でスタートしたのが今回ご紹介するHairSite.com なのです。



『参考資料』
HairSite.com
http://hairsite.com/


HairSite.com


1997年05月01日に開設したHairSite.com は数ある英語圏の毛髪系webサイトでも最も有名なサイトであり、現在毛髪系webサイトを開設している管理人たちにも多大な影響を与えたサイトでもあるのです。



『参考資料』
HairSite.com(1999年01月に取得した画像)
http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/hairsite_com_html.jpg



研究者へのインタビューや脱毛に関する最新ニュースはもちろんディスカッションフォーラム(掲示板)の充実度は特に有名で多くの薄毛・若ハゲ諸兄たちが掲示板を閲覧する事を毎日の日課としていたのです。


日本でいえば伝説の育毛サイトfar a fact...(通称・faf)のような存在であり、その圧倒的な情報量に多くの悩める子羊たちが、HairSite.com に救いを求めたのです。


驚く事に最盛期のフォーラム(掲示板)には現役の植毛医が参加する事もあり議論は大いに盛り上がったようです。

しかし実は利用者たちには、ある不満がくすぶっていたのです。

それは、HairSite.com のサイト本体と掲示板のレイアウトや使いずらい操作性にあり、初心者を中心に、永きにわたり不評を買っていたのです。

管理人デイビッド氏もこの問題を早い段階で把握しており、2007年に小規模な変更が実施されましたが根本的な解決には至らなかったのです。

HairSite.com 自体は植毛クリニックの広告が多数掲載されており植毛関連の要素が強く表れていましたが、近未来型の毛髪再生医療や治療薬に関する議論も活発で最新の研究開発動向の情報を取得するには最適なサイトとして認識されていたのです。

当時、還元酵素5αリダクターゼⅠ型/Ⅱ型阻害剤であるデュタステリド(製品名:Avodart)の議論では世界最大級とされており、時代の先駆者たちが己を頭皮を人柱として決死のレポートをしたものです。

しかし掲示板はいつしか寂れ、以前の輝き失っていったのです。

掲示板の衰退は世界的にも共通しており、徐々に常連たちもサイトに訪れる回数も減少していくのです。

fafのように開設者であり管理人であるfaf様がサイト管理を放棄したのとは違い、時代の変革の荒波に飲まれていく感が強いとはいえ掲示板の黄金期を知っている利用者からすればそれは、とても嘆かわしく悲しい現実なのです。


管理人デイビッド氏も2016年に入り開設以来、永年の蓄積により、あまりにも複雑になりすぎたサイト本体と掲示板システムをリニューアルする事を決意し宣言したのです。


2016年10月25日には管理人より近々、新掲示板に移行する旨の投稿があり、サイトリニューアルの最終段階であるとの発言がありました。



『参考資料』
2016年10月25日午後09時38分
『Temporary suspension - forum upgrades』
http://forum.hairsite.com/t/temporary-suspension-forum-upgrades/12991



そして2016年11月04日、世界的な毛髪系webサイト、HairSite.com が永年の懸案であったリニューアルを実現したのです。



『参考資料』
2016年11月04日午後02時31分
『Our NEW forum is officially launched! 』
http://forum.hairsite.com/t/our-new-forum-is-officially-launched/13003



2016年11月04日午後02時31分に管理人より新掲示板の開設宣言!の投稿があり、過去20年近くに蓄積された膨大な数のスレッドと投稿もスライドさせる事に成功したのです。

今回の主な改良点は使いやすいインターフェースとモバイルへの対応強化、そして大いなる遺産である過去ログの保存を最重要課題として事前に入念な調査検討とテストを繰り返し実施したようです。



『参考資料』
2016年11月04日午後02時31分
『Our NEW forum is officially launched! 』
http://forum.hairsite.com/t/our-new-forum-is-officially-launched/13003

hairsite.com フォーラム(新掲示板)
http://forum.hairsite.com/







hairsite.com フォーラム(旧掲示板)
http://www.hairsite.com/hair-loss/default-view-forum.html




このリニューアルによりブルーを基調とした旧掲示板の過去スレは新掲示板に移行・結合する事には一応成功していますが、一部の過去ログは新掲示板に反映されない可能性もあるとしています。

さらに新掲示板には新機能として「次ページ」タブに代わる「無限スクロール」機能が採用され、下方にスクロールする事によりスレッドが自動的に読み込まれページ間を行き来する必要がなくるのです。

また複数の画像のアップロードや他の投稿者の引用も容易になっています。


HairSite.com が以前のように勢いを盛り返すかは未知数ですが多くの利用者が好感しているようです。

ともあれ今後も同サイトの行末を見守りたいと思う気持ちは、どのご利用者も同じかもしれません。



近年、情報源として掲示板よりブログが重宝される時代ですが、HairSite.com には秀逸なコンテンツも多く、伝説の育毛サイトfar a fact...(通称・faf)のカリスマ的存在であったfromTokyo様(後にkeioに改名)が、日本人で唯一取り上げられる快挙を成し遂げたのです。



2001年03月16日から2002年01月20日まで間、ハンドルネームWASEDA名義で精力的に自らの育毛法と画像をアップしていました。

また、それ以前よりHairSite.com の掲示板でボランティア精神溢れる投稿活動を展開していた事が高く評価され、要約された投稿内容は【WASEDA'S REGIMEN】と題されシリーズ化され今なお根強い人気があるのです。




『参考資料』
【WASEDA'S REGIMEN】WASEDA'S BEFORE&AFTER PICTURES
http://6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000016.jpg

2010年03月30日
【WASEDA'S REGIMEN】(PDFファイル)
http://www.worldhairloss.org/files/hairsite-bayberry-topical.PDF



WASEDA'S REGIMEN




『参考資料』
2001年07月25日
【WASEDA'S REGIMEN】What Exactly is Waseda's Regimen?
http://6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000016_2.jpg


WASEDA'S REGIMEN




【WASEDA'S REGIMEN】が、HairSite.com に掲載されたのは2000年代初頭ですが丁度その頃、keio様がfafの投稿活動を中断、謎の失踪を遂げている時期とピタリと符合しており、いくら日本の人気サイトとはいえkeio様にはfafは物足りなかったのかもしれません。



WASEDA氏の再登場を熱望する声は多く、2010年03月06日にも海外の毛髪系サイト Immortal Hair においてWASEDA氏の提唱する治療法に関するスレッドが立ち上げられています。



『参考資料』
Immortal Hair 掲示板 スレッド【WASEDA'S REGIMEN】
http://immortalhair.forumandco.com/t2766-waseda-s-regimen




また2011年には、作者不明の【WASEDA'S REGIMEN】なる謎のwebサイトが立ち上げられました。

WASEDA氏の育毛法をテーマにして開設を試みたと推察されますが。その後【WASEDA'S REGIMEN】は正式に開設した様子はなく、2014年10月に一部手直した形跡が確認出来るのみの状態です。

作者や制作意図についての詳細は今日に到るまで一切不明であるとされているのです。




『参考資料』
Waseda's Regimen.com(2014)
http://www.wasedasregimen.com/

Waseda's Regimen.com(2011)
http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/wasedas_regimen_com.JPG




【WASEDA'S REGIMEN】は、HairSite.com が、火付け役となり他の有名サイトの掲示板でも数多く取り上げられ近未来型の毛髪再生医療が全盛の時代でも不朽の名作として今なお高い評価を得ているのです。



HairSite.com・・・ フォーラム(掲示板)の充実度と圧倒的な情報量を武器に、これからも毛髪webサイトの頂点を極めるでしょう。




さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、2016年11月にリニューアルしたHairSite.com、トップ画面の画像。
下段は、2016年11月にリニューアルしたhairsite.com フォーラム(新掲示板)の画像。 <script type="text/javascript" src="http://parts.blog.with2.net/2.0/?id=1871066:.bM3q2HdXQI"></script>

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

JAK阻害剤 円形脱毛症治療薬 ATI-50001 FDAに治療試験フェーズ1を申請! Aclaris社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月19日(土)19時43分1秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「JAK阻害剤 円形脱毛症治療薬 ATI-50001 FDAに治療試験フェーズ1を申請! Aclaris社」と題して、米国ペンシルベニア州マルヴァーンに本拠を置く研究開発型の創薬企業であるAclaris社(ACRS:Aclaris Therapeutics.Inc.:アクラリス・セラピューティック株式会社)が、FDAに円形脱毛症治療薬 開発コード:ATI-50001(経口薬)の治療試験フェーズ1(第Ⅰ相試験)の申請をしたという話題です。



Aclaris社・・・この無名の企業が世界中で円形脱毛症(Alopecia areata:AA)に苦しむ多くの患者を救えるかもしれないのです。



2016年10月31日、米国のAclaris社より驚くべきリニュースリリースが発表され、世界中の円形脱毛症で苦しんでる患者たちを狂喜乱舞させました。


『参考資料』
Aclaris社 公式webサイト
http://www.aclaristx.com


Aclaris 円形脱毛症



そのニュースリリースとは、米国ペンシルベニア州マルヴァーンに本拠を置く研究開発型の創薬企業であるAclaris社(社長兼最高経営責任者:CEO.ニール・ウォーカー)が、FDA(Food and Drug Administration:アメリカ食品医薬品局)に、JAK阻害剤(Janus kinase:ヤヌス・キナーゼ)を応用した円形脱毛症治療薬 開発コード:ATI-50001(経口薬)の治療試験フェーズ1(第Ⅰ相試験)の申請をしたという驚くべき内容だったのです。



『参考資料』
2016年10月31日 ニュースリリース
『Aclaris Therapeutics Submits Investigational New Drug Application for ATI-50001 to Treat Alopecia Universalis and Alopecia Totalis』
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=254196&p=irol-newsArticle_Print&ID=2217414



Aclaris社と聞いてもAGA(男性型脱毛症)で、お悩みの薄毛・若ハゲ諸兄たちもほとんどご存じないのではないでしょうか?


Aclaris社(Aclaris Therapeutics.Inc.:アクラリス・セラピューティック株式会社)は、2012年に設立され米国ペンシルベニア州マルヴァーンに本拠を置く研究開発型の創薬企業であり皮膚科領域に特化した新薬開発を中心にした企業なのです。


設立者のひとりでもあるニール・ウォーカーCEO(社長兼最高経営責任者)は皮膚科医としてだけではなく起業家としても非常に才能のある人物のようです。


Aclaris 円形脱毛症


製薬会社との関係はジョンソン&ジョンソンを皮切りに数々のバイオ医薬品メーカーの設立や経営に関与しており医師としても米国皮膚科学会のフェロー(客員・特別会員)の称号が与えられています。

そのような関係からかAclaris社は取締役の多くとまた社外諮問委員会の委員すべてが医薬品開発の各専門分野の医師で構成されているのです。



それでは今回のプレスリリースの概要です。


2016年10月31日にAclaris社は、新薬承認申請書をFDAに提出しました。

難治性の円形脱毛症治療薬、開発コード:ATI-50001(経口薬)のヒトに対する安全性を確認する為です。



Aclaris社の取締役であり、チーフ・サイエンティフィック・オフィサーである スチュワート・シャンラー(Stuart D. Shanler)氏は「この重要な節目を達成したことを大変うれしく思っています。」そして「ATI-50001を、これらの重度の円形脱毛症患者の経口薬として開発することを楽しみにしている」と発言しています。


それでは、Aclaris社が、FDAに申請して実施される新薬開発の為の治療試験フェーズ1(第Ⅰ相試験)についてです。

治療試験フェーズ1(第Ⅰ相試験)は、健康な成人ボランティアを対象として、実施されるヒトに対する試験です。

前臨床段階での動物実験を経て初めて人体に対して実施され安全性や薬物の体内動態、最終的な投与量などを決定する上でのデータの収集など非常に重要な試験なのです。

過去に英国でフェーズ1において重大な治験事故が発生している経緯もあり新薬開発において安全性の確認は、なによりも重要なのです。


現在、米国で治療試験を実施する場合非常に厳しい規制があり製薬会社の商業的な新薬開発はもちろん大学などの研究機関レベルの学術的な臨床研究においてもIND(Investigational New Drug:臨床試験実施申請書類)の提出が義務づけられているのです。


治療試験フェーズ1は、Aclaris社にとって最初に突破しなければならない難関なのです。


巨額な研究開発費かける世界的な製薬会社とて治験で良好な結果が出せなければ撤退せざるを得ない・・・それが新薬開発の厳しい現実なのです。


AGA(男性型脱毛症)で、お悩みの薄毛・若ハゲ諸兄たちも御存じのように円形脱毛症(Alopecia areata:AA)は難治性であり日本をはじめ世界中で苦しんでいる患者が多い疾患なのです。



そして、ほとんど無名に近い企業であるAclaris社は、ATI-50001開発の為に着々と準備を進めていたのです。



2016年03月28日に、Aclaris社は全額出資子会社、Aclaris Therapeutics International社(ATIL:Aclaris Therapeutics International Ltd.アクラリス・セラピューティック・インターナショナル有限会社)を通じて米国コロンビア大学とアンジャラ・M・クリスティアーノ博士が共同で設立したスピンオフ企業(派生会社)であるVixen社(Vixen Pharmaceuticals.Inc.:ビクセン・ファーマ・シューティカル株式会社)と契約し、Vixen社に帰属するクリスティアーノ博士の特許を独占的に使用する権利を取得したのです。


クリスティアーノ博士もAclaris社との提携には喜んでいる様子です。


それ以前にもAclaris Therapeutics International社は、2015年09月09日に、リゲル・ファーマシューティカル社(Rigel Pharmaceuticals,Inc.)と、また2015年11月には、JAK.Pharm社とKey Organics社と各バイオテクノロジー企業と独占的なライセンス契約を締結しており契約金及び長期的なロイヤリティの支払いに同意しています。



『参考資料』
リゲル・ファーマシューティカル社 公式webサイト
http://www.rigel.com/

Key Organics社(Key Organics Ltd.) 公式webサイト
http://www.keyorganics.net/

Key Organics社 会社概要 日本語(PDFファイル)
http://www.shigematsu-bio.com/BioRes/Supplier/KeyOrganics/pdf/KO-brochure-japanese-online.pdf#search='Key+Organics'



Aclaris社は、このような独占的ライセンス取得を継続する事により新薬開発の準備を整えていたのです。


そして最後にAGA(男性型脱毛症)で、お悩みの薄毛・若ハゲ諸兄たちに重要なお知らせをしておきます。

今回の投稿記事は円形脱毛症に関する内容でAGAには無関係とお考えかもしれませんが決してそうではないのです。


Aclaris社の開発パイプラインを確認しましたが同社は現在、今回申請した円形脱毛症治療薬、開発コード:ATI-50001(経口薬)の他に開発コード:ATI-50002(外用薬)そして世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たち待望のAGA(男性型脱毛症)の治療薬、開発コード:ATI-50003(外用薬)を研究開発中なのです。




Aclaris 円形脱毛症



JAK阻害剤(Janus kinase:ヤヌス・キナーゼ)・・・いずれAGA治療薬として登場する日も近いかもしれません。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、Aclaris社 公式webサイト、トップ画面の画像。
下段は、Aclaris社 経営陣の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

チバテレビで放送決定! 頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月16日(水)22時25分3秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「チバテレビで放送決定! 頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック」と題して、美容大国として名高い韓国にある頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックがチバテレビの昨今流行のメディカルツーリズムをご紹介する特別番組「ソウル美容の旅~韓国で美しくなろう~」で紹介されるという話題です。



メディカルツーリズム・・・それは観光と医療との見事なまでの合体と変形(トランスフォーム)なのです。



2016年09月22日に当Get!Forum(公開討論室)で、ご紹介した韓国の頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックが、チバテレビの取材を受け昨今流行のメディカルツーリズムをご紹介する特別番組「ソウル美容の旅~韓国で美しくなろう~」での放送が決定しました。



『参考資料』
頭皮&毛髪再生センター  イ・ムンウォン韓方クリニック 投稿日:2016年 9月22日(木)20時05分48秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/219



2009年から韓国政府が国家戦略として強力に推進しているメディカルツーリズム(医療観光)は現在ではアジア圏を中心に海外から観光を兼ねて多くの人々が韓国を訪れています。


2016年09月25日~09月26日に東京ビッグサイトで開催された旅の祭典である「ツーリズムEXPO」においても韓国はアジア最大規模のブースを展開しており盛況だったようです。

韓国と言えば美容医療というイメージがありますが、難易度の高い心臓外科手術や不妊治療、そして韓国伝統の韓方薬を提供するクリニックなど多岐に及んでいるのです。

年々拡大傾向にある韓国のメディカルツーリズムですが医療機関が、ひしめき合う人気の江南区でもひときわ異彩を放っているのでが頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックなのです。

世界的にも珍しい韓医学をベースにした毛髪再生医療は、最先端の医療を提供する韓国でも異色の存在と言っていいでしょう。



『参考資料』
頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック 公式webサイト(日本語版)
http://www.jap.leemoonwon.com/jap/


頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック




イ・ムンウォン(LEEMOONWON)韓方クリニック Korea A1 107667 Video2(2分25秒)日本語字幕





韓医学に立脚し独自に開発された内服薬や外用薬、そして栄養補助食品、オリジナルヘアケア製品を駆使した、その治療法には韓医学の真髄が随所にキラ星のように散りばめられているのです。










そして、イ・ムンウォン韓方クリニックが、2016年10月17日にチバテレビの取材を受け、韓国医療観光をテーマにした特別番組「ソウル美容の旅~韓国で美しくなろう~」で紹介される事になったのです。



放送日 2016年11月19日(土) 20:00~20:55



頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック


☆番組概要
最先端の医療や、実際にソウルに訪れている医療観光者へのインタビューなどを交えて、メディカルツーリズムの人気をリアルにご紹介。その他、江南区の観光情報・美容に良いグルメなど、魅力たっぷりの番組です。




2016年11月11日 ニュースリリース(PDFファイル)
『ソウル美容の旅~韓国で美しくなろう~』
http://www.chibatv.com/saved/file/news/02/87/839f98d2b22fafe3dd95c9bd0e64ef4e95f70287.pdf


頭皮&毛髪再生センター  イ・ムンウォン韓方クリニック



ローカル放送なので視聴可能なエリアは限定されますが、韓国文化や医療事情が少しでも理解出来ればと思います。



特別番組「ソウル美容の旅~韓国で美しくなろう~」・・・非常に興味のある番組です。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックのニュースリリース、チバテレビ2016年11月19日放送決定バナーの画像。
下段は、千葉テレビ放送 公式webサイトの画像。 <script type="text/javascript" src="http://parts.blog.with2.net/2.0/?id=1871066:.bM3q2HdXQI"></script>

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

JAK阻害剤 臨床試験で円形脱毛症に効果を確認! コロンビア大学メディメディカルセンター

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月13日(日)00時12分44秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「JAK阻害剤 臨床試験で円形脱毛症に効果を確認! コロンビア大学メディカルセンター」と題して、米国コロンビア大学メディカルセンター(CUMC)において円形脱毛症の被験者に対して実施された臨床試験の話題です。



ヤヌス・・・それは過去と未来を同時に見通す事が出来るローマ神話に登場する双頭の守護神なのです。



2016年09月22日、米国コロンビア大学メディカルセンターより驚くべきニュースリリースが発表され、世界中の円形脱毛症で苦しんでる患者たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
米国コロンビア大学メディカルセンター(CUMC) 公式webサイト
http://www.cumc.columbia.edu/



そのニュースリリースとは、米国コロンビア大学メディカルセンターで円形脱毛症(Alopecia areata:AA)で苦しんでいる被験者に対して実施されたオープンラベル臨床試験でJAK(ヤヌス・キナーゼ)阻害剤を投与した結果、劇的に改善したという驚くべき内容だったのです。




『参考資料』
2016年09月22日 ニュースリリース
『Drug Restores Hair Growth in Patients with Alopecia Areata』
http://newsroom.cumc.columbia.edu/blog/2016/09/22/drug-restores-hair-growth-in-patients-with-alopecia-areata/


円形脱毛症 Alopecia Areata




これらの研究成果は論文として2016年09月22日に科学雑誌ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション/インサイト(Journal of Clinical Investigation/Insight)に掲載され大反響を巻き起こしたのです。



2016年09月22日 論文(PDFファイル)
『Safety and efficacy of the JAK inhibitor tofacitinib citrate in patients with alopecia areata』
https://insight.jci.org/articles/view/89776/pdf




円形脱毛症は、その初期には十円玉大の大きさのパッチで発見される事が多く、通常は数か月から1年以内に自然治癒しますが、一部には経過の思わしくない症例も存在します。

悪性度の高い症例の場合は、小さなパッチが多発し、さらにそれらが結合し頭髪はもちろん眉毛や睫毛(まつ毛)及び全身のあらゆる体毛が抜け落ち全身脱毛症に進行する症例もあるのです。

原因については様々な諸説がありますが自己防御機能が、かく乱し毛包部で、自らを攻撃してしまう自己免疫反応説、その他にはアレルギー疾患説、肉体的・精神的ストレスやウイルス感染なども誘発や重篤化する原因と考えられています。


自己免疫反応説では、脱毛部分の毛包組織は萎縮しますが毛包組織そのものは消滅や破壊はしておら原因に遺伝的背景も考えられますが立毛筋付着部位のバルジ領域に存在する幹細胞には影響がない為に治癒の可能性も残されているのです。


日本国内での患者数は156万人前後と推定され30歳以下の若年層で発症する割合が81.8%であり,内15歳以下の発症の割合が全体の20%程度と高く深刻な問題となっているのです。

米国では数百万人の患者が、明確な治療法が存在しない Alopecia areata に苦しんでいるのです。



現在、円形脱毛症の治療は対処療法が基本であり根本的な治療法は確立されていません。



それでは2016年09月22日に発表されたニュースリリースの概要についてです。


このヒトに対する臨床試験はオープンラベル方式で実施されています。

通常、新薬開発の治療試験は二重盲検法(Double blind test:ダブル・ブラインド・テスト)を用います。

二重盲検法は被験者を、いくつかのグループ(治療群)に分け治験薬とブラセボ(偽薬)を投与します。

被験者や観察者の医師には、どのグループに正規の治験薬が投与されているかの情報伝達はありません。

これはプラシーボ効果と呼ばれる思い込み効果を排除し、被験者や医師の先入観などの心理的影響が試験に反映されないようにする為の方法なのです。


今回実施されたオープンラベル臨床試験(Open Trial:非盲検試験)は二重盲検法とは異なり被験者や観察者の医師らが試験内容を十分理解した上で実施されており一般的には二重盲検法と比較した場合、信頼度は低いと考えられています。



次に驚くべき試験結果についてです。


円形脱毛症の中程度から重度の被験者12名に対し骨髄線維症の治療薬であるルキソリチニブ(Ruxolitinib)錠を一日2回20mgを、3~6月か月間経口投与した結果、4か月程度で12名中9名の毛量が90%以上回復するという劇的な試験結果だったのです。

尚、投与を中止すると脱毛が再発し減少しますが試験前よりは毛量は維持されています。




コロンビア大学メディカルセンター臨床試験 2014年08月




Drug Restores Hair Growth in Patients with Alopecia Areata(2分14秒)日本語字幕変換可





今回の臨床試験で使用されたルキソリチニブは、JAK阻害剤(Janus kinase:ヤヌス・キナーゼ)と呼ばれる新規の作用機序のお薬でありヤヌス・キナーゼSTAT経路のシグナル伝達を遮断する事により炎症に関与する特定のT細胞の活性を抑え込むのです。

ヤヌス・キナーゼ酵素は炎症反応に深く関与している為にJAK阻害剤は新しい分子標的薬として今、世界中の研究者たちから注目を浴びているのです。

コロンビア大学メディカルセンターの臨床試験でも炎症の度合いが高い被験者ほど効果は高く、また炎症の度合いが低い被験者には効果が得られずらいという結果になっています。

円形脱毛症の代表的な治療法としてはステロイド療法(抗炎症作用)やドライアイス療法(冷却療法)が有効とされていますが、治癒の為に炎症を抑えるという方向性は正しいものと考えられます。




この臨床試験に先駆けてコロンビア大学メディカルセンターのアンジェラ・M・クリスティアーノ(Angela M. Christiano)博士、ジュリアン・マッケイ・ウィーガン(Julian.Mackay.Wiggan)博士、ラファエル・クリーンズ(Raphael.Clynes)博士らの研究発表ではFDA(アメリカ食品医薬品局)で承認されている治療薬の有効成分であるルキソリチニブ(ruxolitinib)を中程度から重度の円形脱毛症の被験者に投与した結果、初期参加者のうちの3名において、試験開始から4~5ヶ月以内に劇的に改善し毛包を攻撃するT細胞は頭皮から消滅したとされています。



『参考資料』
アンジェラ・M・クリスティアーノ(Angela.M.Christiano)博士
http://vesta.cumc.columbia.edu/dermatology/index.php?id=amc65&type=research

ジュリアン・マッケイ・ウィーガン(Julian.Mackay.Wiggan)博士
http://vesta.cumc.columbia.edu/dermatology/?id=jc299




『参考資料』
2013年08月17日 ニュースリリース
『FDA-Approved Drug Restores Hair in Patients with Alopecia Areata』
http://newsroom.cumc.columbia.edu/blog/2014/08/17/fda-approved-drug-restores-hair-patients-alopecia-areata/




FDA-Approved Drug Restores Hair in Patients with Alopecia Areata(3分56秒)日本語字幕変換可





『参考資料』
2013年10月21日 ニュースリリース
『Hair-Regeneration Method is First to Induce New Human Hair Growth』
http://newsroom.cumc.columbia.edu/blog/2013/10/21/hair-regeneration-method-is-first-to-induce-new-human-hair-growth/

2015年10月23日 ニュースリリース
『Blocking Enzymes in Hair Follicles Promotes Hair Growth』
http://newsroom.cumc.columbia.edu/blog/2015/10/23/blocking-enzymes-in-hair-follicles-promotes-hair-growth/



円形脱毛症 Alopecia Areata



さらに研究チームは別にマウスを使った動物実験を実施しておりFDAが承認しているJAK阻害剤ルキソリチニブ(ruxolitinib)とトファシチニブ(Tofacitinib)の効果によりは広範な脱毛を有するマウスは、両方の薬剤が12週間以内に体毛を完全に回復させました。

こちらもヒト同様に再生した体毛は薬剤投与を中止して後にも長期間作用は持続したとの試験結果が発表されています。



Blocking Enzymes in Hair Follicles Promotes Hair Growth(2分05秒)日本語字幕変換可




アンジェラ・M・クリスティアーノ博士は、円形脱毛症の発症メカニズムの研究中に、これらJAK阻害剤を投与した患者から多毛の報告を受け、JAK(ヤヌス・キナーゼ)の脱毛症に関わる位置や遺伝子を特定し、そのSTAT経路のシグナル伝達を薬理的に遮断する事により炎症性サイトカインの活性を抑制し症状が改善する事を発見・着目し、この種の研究者の間ではクリスティアーノ博士が先駆者とされているのです。


現在その研究は、かなり早い速度で進行していると言われており早い段階で円形脱毛症の治療薬とて登場する可能性を秘めているのです。


日本国内でのJAK阻害剤の発売状況ですが、トファシチニブは、2013年07月30日にファイザー株式会社と武田薬品工業株式会社によるコ・プロモーション(Co-promotion:並行販促)で新規経口関節リウマチ治療薬 JAK阻害剤「ゼルヤンツ®錠 5mg」として発売され、ルキソリチニブは、2014年09月02日に抗悪性腫瘍剤(骨髄線維症)「ジャカビ®錠5mg」としてノバルティス ファーマ株式会社から発売されています。



『参考資料』
2013年07月30日 ニュースリリース
『新規経口関節リウマチ治療薬 JAK阻害剤「ゼルヤンツ®錠 5mg」新発売』
http://www.takeda.co.jp/news/2013/20130730_5895.html

2014年09月02日 プレスリリース
『抗悪性腫瘍剤「ジャカビ®錠5mg」を新発売 稀な血液がんの骨髄線維症に対する初のヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤』
http://www.novartis.co.jp/news/2014/pr20140902.html



2016年09月22日の科学雑誌への論文掲載時も同様の研究を推進しているスタンフォード大学やエール大学の研究成果も同時に掲載されており諸外国においてJAK(ヤヌス・キナーゼ)関連の脱毛症研究は、かなり盛んにおこなわれているようです。



そして最後にAGA(男性型脱毛症)で、お悩みの薄毛・若ハゲ諸兄たちに重要なお知らせをしておきます。

今回の投稿記事は円形脱毛症に関する内容でAGAには無関係とお考えかもしれませんが決してそうではないのです。

この研究の先駆者であるアンジェラ・M・クリスティアーノ博士も動物実験の段階まではAGAに対する応用は未知数と考えられていたようですが、現在では対AGA用に開発された治療薬であれば十分な効果が得られるとしています。

すでに博士の関係する企業が研究開発中であり、当初は円形脱毛症適応そして後にAGA治療薬として登場する可能性は高いと考えられます。

この研究で円形脱毛症で苦しんでいる多くの患者さんが救われ、そしてAGAでお悩みの薄毛・若ハゲ諸兄たちも同時に救われる事を心から願ってやみません。


JAK(ヤヌス・キナーゼ)阻害剤・・・このまったく新しい分子標的薬は末梢血管拡張作用、還元酵素5αリダクターゼ阻害作用に続く第三の作用機序の治療薬になり得る底知れぬポテンシャルを秘めているのです。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、2016年09月22日 ニュースリリース
『Drug Restores Hair Growth in Patients with Alopecia Areata』の画像。
下段は、2015年10月23日 ニュースリリース
『Blocking Enzymes in Hair Follicles Promotes Hair Growth』の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

第21回 日本臨床毛髪学会学術集会

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月 5日(土)20時27分28秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「第21回 日本臨床毛髪学会学術集会」と題して、日本国内の毛髪研究に携わる第一線の研究者達が一堂に会する「第21回 日本臨床毛髪学会学術集会」の開催日程が、2016年11月26日(土)・27日(日)の2日間に渡り決定し、併せて公式webサイトが開設されたという話です。



学術集会・・・それは学問を志す者たちが一堂に会する、まさに研鑽の場なのです。



当サイトを、ご利用の皆様方は、どのような専門的な勉強をして、今の職業に就かれたのでしょうか?

日頃は意識しないでしょうが、もし貴方の職業が一般的に専門職と認識されているのなら学会は存在します。

また専門職でなくても貴方の生きる業界に学会は存在するのです。

製造業であるのなら新たな素材の発見や応用方法・製造方法は常に進化しているはずです。

私たちが日頃、お世話になる理美容の世界も理美容学という学問がベースになっているのです。

断片的な情報も集約、蓄積、体系化すれば、すなわちそれは学問になるのです。



貴方が「死にたい!」と思うくらい悩んでいるAGA(男性型脱毛症)にも、もちろん学会は存在するのです。



そう日本国内の毛髪研究に携わる第一線の研究者達が一堂に会するのが「第21回 日本臨床毛髪学会学術集会」なのです。



『参考資料』
日本臨床毛髪学会(JSCHR:Japan Society of Clinical Hair Restoration) 公式webサイト
http://www.jschr.org/


日本臨床毛髪学会(JSCHR:Japan Society of Clinical Hair Restoration) 公式webサイト



1980年代から1990年代にかけて欧米の形成外科医や研究者たちにより相次いで毛髪関連の学会発足の気運が盛り上がり、それに呼応するように1994年09月に日本に誕生したのが『日本臨床毛髪医学研究会』なのです。

平山峻、稲葉益已、江崎哲堆の三医師ら、そうそうたるメンバーが発起人になりスタートした研究会も本格的な学会形式に移行し紆余曲折を経て第9回からは『日本臨床毛髪学会』となり現在では外科学以外にも皮膚科学や近未来型の毛髪再生医療に携わる研究者など幅広く参加しています。


尚、1996年の第2回より『アジア臨床毛髪医学研究会』も同時開催しておりアジア圏において最も権威のある学術集会なのです。



そして2016年の『第21回 日本臨床毛髪学会学術集会』の日程とプログラムが発表されたのです。



『参考資料』
第21回 日本臨床毛髪学会学術集会(The 21st Annual Meeting of Japan Society of Clinical Hair Restoration) 公式webサイト
http://www.gakkai.co.jp/jschr21/guide.html


第21回 日本臨床毛髪学会学術集会(The 21st Annual Meeting of Japan Society of Clinical Hair Restoration) 公式webサイト




会期 2016年11月26日(土)~11月27日(日)

会場 はまぎんホール ヴィアマーレ 横浜市西区みなとみらい3丁目1番1号
http://www.yokohama-viamare.or.jp/index.html



今年の開催テーマは『DREAMS COME TRUE』・・・そう、それは皆さんの夢は必ず叶うという意味なのです。


『参考資料』
第21回 日本臨床毛髪学会学術集会 プログラム(PDFファイル・966KB)
http://www.gakkai.co.jp/jschr21/program.pdf

第21回 日本臨床毛髪学会学術集会 日程表(PDFファイル・925KB)
http://www.gakkai.co.jp/jschr21/schedule.pdf



プログラムを参照して驚きましたが、特別講演として理化学研究所・多細胞システム形成研究センター辻孝先生の『次世代器官再生医療としての毛髪再生医療の実現に向けて』や特別セッションとして近未来型の毛髪再生医療で今話題の東京医科大学・皮膚科学分野の坪井良治先生の『培養毛球部毛根鞘細胞(DSCC)を用いた毛髪再生臨床試験』・株式会社資生堂 グローバルイノベーションセンター 再生医療開発室、岸本治郎室長による『毛球部毛根鞘細胞(DSCC)の細胞特性とCPC施設における細胞培養加工』など興味深い演題も多く、その他にも名だたる医師や研究者による演題が目白押しの状態なのです。


学会発足当時は形成外科学が専門の研究者が大勢を占めていましたが、現在では薬理学やメソセラピー療法、植毛支援ロボットARTAS、幹細胞を応用した近未来型の毛髪再生医療の研究者も多く、協賛企業も多岐に及んでいます。

日本臨床毛髪学会は海外の学会とも幅広い交流があり、今後ますます学会の役割は高まるでしょう。




第21回 日本臨床毛髪学会学術集会・・・悩める薄毛・若ハゲ諸兄たちの為に有益な研究発表をして頂きたいものです。




さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は日本臨床毛髪外科学会(JSCHR:Japan Society of Clinical Hair Restoration) 公式webサイト、トップ画面の画像。
下段は、第21回 日本臨床毛髪学会学術集会(The 21st Annual Meeting of Japan Society of Clinical Hair Restoration) 公式webサイト、トップ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

下の投稿は偽物です。

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月 3日(木)18時55分30秒 61-205-92-118m5.grp4.mineo.jp
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

下記の投稿は私ではありません。偽物です。

恐らくはビタボナニボラレタ不正投稿者の仕業だと思います。
皆様、偽物にはご注意下さい。
さあ、私についてきなさい!
 

ビタボナ最高

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月 3日(木)17時54分13秒 61-205-92-118m5.grp4.mineo.jp
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。  皆様に朗報です。このたびビタボナが復活します。新しい店名はブタボナです。
店長は私、神楽坂ハゲ丸です。

さ~私についてきなさい!
 

ロレアル 3Dプリンターで毛包を作製、研究開発に着手!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年11月 3日(木)16時33分3秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「ロレアル 3Dプリンターで毛包を作製、研究開発に着手!」と題して、世界最大の化粧品メーカー、ロレアル(L'Oréal)がバイオ・レーザー・プリンティング技術を保有するPoietis社(ポイエティス社:フランス・ペサック)とヒトの毛包を人為的に作製する共同研究開発の独占契約を締結し発表したという話題です。



ロレアル・・・それは言わずと知れた世界最大の化粧品メーカーなのです。



2016年09月28日、世界最大の化粧品メーカー、ロレアルより驚くべきニュースリリースが発表され、世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
ロレアル・グループ 公式webサイト(英語版)
http://www.loreal.com/



そのニュースリリースとは、フランス・クリシーに本部を置く世界最大の化粧品メーカーであるロレアルが、
Poietis社(ポイエティス社:フランス・ペサック)と共同でバイオ・レーザー・プリンティング技術を応用しヒトの毛包細胞を使用して人為的に毛包を作製するという研究開発の独占契約を締結し研究開発に着手したという実に驚くべき内容だったのです。




『参考資料』
2016年09月28日 ニュースリリース
『L'Oréal and Poietis sign an exclusive research partnership to develop bioprinting of hair』
http://www.loreal.com/media/press-releases/2016/sep/loreal-and-poietis-sign-an-exclusive-research-partnership-to-develop-bioprinting-of-hair


ロレアル 3Dプリンター



それでは、この驚くべき発表の概要についてです。


2016年09月28日の発表ではロレアルは過去30年に渡り、極めて専門的な組織工学の知見を蓄積しており、その結果同社が着目したのがPoietis社が保有するバイオ・プリンティング技術だったのです。


Poietis社は、2005年にフランスのボルドー大学(INSERM)生体材料研究所と共同で組織修復におけるバイオ・プリンティング・プロジェクトをスタートさせており、それが同社の起源とされています。

しかしPoietis社は私たちが一般的に考えるような単なる3Dプリンティング技術を提供する企業ではないのです。

3Dプリンティング技術を更に進化させた4Dバイオ・プリンティング技術を駆使して革新的なソリューションを医師や研究者に提供するバイオテクノロジー企業なのです。



『参考資料』
Poietis社 公式webサイト(英語版)
https://www.poietis.com/


Poietis  3Dプリンター



一般的には0次元(0D)は点、1次元(1D)は線、2次元(2D)は平面、3次元(3D)は立体空間の世界と解釈されていますが、4次元(4D)の世界とは、それらに時間が加わるのです。


つまり、ひとは誰でも人生という名の時間を旅する時空の旅人なのかもしれません(笑)


近年話題の3Dプリンティング技術は、3次元の立体的な構造物を構築する事は可能ですが、それらに時間を加える事により成形後も外的刺激により変化する事が出来るのです。

生体のあらゆる臓器や器官をモデリング可能な究極の医療用デバイス・・・それが4Dバイオ・プリンティング技術なのです。




L'Oréal and Poietis(5分14秒)日本語字幕変換可





しかし生命体ではない構造物と比べヒトの臓器や器官をモデリングする事は、たやすい事ではありません。


レーザー光のアシストにより生きた毛包細胞を含むバイオインクをマイクロレベルで精密に3Dマッピングされた位置に毎秒約1万個を滴下して細胞の積層を形成するのです。

複雑な細胞パターンを高い細胞解像度でマッピングする事により95%以上の高い細胞生存率を実現し構築後に毛包組織として約3週間かけて成長させるのです。



Laser-Assisted Bioprinting : how does it work(0分36秒)日本語字幕変換不可




現在の再生医療技術では限界のある臓器や器官の3Dモデリング化も、これらの技術を応用すれば十分可能なのです。


あとは時間をかけて熟成された毛包組織を患者の患部に注入、移植し植物の種のように発芽が待てばよいのです。

人為的に作製された毛包が周辺組織と結合して正常に機能すかという最大の難関は待ち受けていますが、実に夢のある話題ではあります。



4Dバイオ・プリンティング技術・・・それはAGA(男性型脱毛症)治療の中でも最も革新的な技術なのです。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、2016年10月25日 ニュースリリース
『L'Oréal and Poietis sign an exclusive research partnership to develop bioprinting of hair』の画像。
下段は、Poietis社 公式webサイトのトップ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

Samumed社 AGA(男性型脱毛症)治療の新規化合物 SM04554 米国での臨床試験フェーズ2を完了!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月31日(月)22時40分18秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「Samumed社 AGA(男性型脱毛症)治療の新規化合物 SM04554 米国での臨床試験フェーズ2を完了!」と題して、米国の研究開発型のバイオテクノロジー企業Samumed社(サムメデゥ社:Samumed.LLC)が米国で実施したAGA(男性型脱毛症)の被験者に対する新規化合物 SM04554の臨床試験フェーズ2(第Ⅱ相試験)が完了したという話題です。



AGA治療薬・・・それは薄毛・若ハゲ諸兄たちが一番最初に試みる手段なのです。



2016年10月25日、米国のバイオテクノロジー企業、Samumed社より驚くべきニュースリリースが発表され、米国の薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
Samumed社 公式webサイト
https://www.samumed.com/default.aspx


Samumed





そのニュースリリースとは、米国カルフォルニア州サンディエゴに本拠を置くSamumed社が研究開発中のAGA(男性型脱毛症)治療薬の新規局所化合物 SM04554が、 米国での臨床試験フェーズ2を完了したという内容だったのです。




『参考資料』
2016年10月25日 ニュースリリース(PDFファイル)
『Samumed Successfully Completes a Phase II Androgenetic Alopecia (“AGA”) Biopsy Trial Studying Regeneration of Hair Follicles』
https://www.samumed.com/medium/image/samumed-successfully-completes-a-phase-ii-androgenetic-alopecia-aga-biopsy-trial-studying-regenerati_35/view.aspx


Samumed Phase2 Trial





Samumed社と聞いても日本国内の薄毛・若ハゲ諸兄たちには馴染みが薄いかもしれません。

事実、ネット上でも情報は決して多くありませんが、断片的な情報を拾い集めてみると以下の事が判明したのです。


米国カルフォルニア州サンディエゴに本拠を置くSamumed社(Samumed.LLC)は、2008年にトルコ系であるオスマン・キバル(Osman Kibar)氏により設立されました。

事業内容は研究開発型のベンチャー企業であり、現在開発中の研究内容もAGA(男性型脱毛症)やOA(膝の骨関節炎)・AD(アルツハイマー病)・IPF(特発性肺線維症)と癌腫瘍など多岐に渡り、これらの疾患に苦しむ人たちの為に再生医学や腫瘍学に基づく革新的な新薬開発に注力しています。


創立者兼最高経営責任者(CEO)のキバル氏は、驚く事に米国でも大富豪のひとりとして知られ世界的経済紙フォーブス誌の2016年5月号の特集『業界を創るリーダー30人』に選出され表紙を飾っているのです。




Samumed




現在、Samumed社は総資産120億ドルと言われ、キバル氏の出身校であるイスタンブール・ロバート・カレッジ(Robert College)を卒業した友人をも含む120人を雇用しており、その潤沢な資金力で更なる成長を模索しているのです。

またキバル氏は過去にはギャンブラーとしての顔も持ち2007年にラスべガスで開催され3千人が参加した世界ポーカー選手権で第2位になった実績もある、かなり異色の経歴の持ち主でありユニークな人物のようです。




Meet The Billionaire With The Drug To Fix Baldness(1分17秒)日本語字幕変換可





それでは2016年10月25日に発表されたニュースリリースの概要についてです。



『参考資料』
『Safety and Efficacy of a Topical Treatment (SM04554) for Androgenetic Alopecia (AGA): Results from a Phase 1 Trial』(PDFファイル)
https://www.samumed.com/medium/image/american-academy-of-dermatology-aad-washington-dc_16/view.aspx

『Safety and Efficacy of a Topical Treatment (SM04554) for Androgenetic Alopecia (AGA): Results from a Phase 2 Trial』(PDFファイル)
https://www.samumed.com/medium/image/american-academy-of-dermatology-aad-washington-dc_19/view.aspx


Samumed Phase2 Trial



米国での臨床試験フェーズ2は、2015年06月16日~2016年06月13日に実施されましたが、2016年03月04日~03月08日に米国ワシントンD.Cで開催された第74回米国皮膚科学アカデミーの年次総会(AAD2016)においSamumed社の研究者による臨床試験に関するプレゼンテーションがあり、それらの一部がネット上に取り上げられ海外の毛髪系サイトでも話題になっているようです。


Samumed社は米国におけるAGA治療の新規局所化合物SM04554の1年間に渡る臨床試験フェーズ2を完了しました。

18歳~65歳の男性被験者49名に対し実施した試験は新規局所化合物SM04554を、0.15%と0.25%とブラセボ(偽薬)を1日1回を患部に塗布する3グループに分け90日間薬剤を投与した後、45日間の経過観察も含め計135日間を要しました。

被験者の多くはハミルトン・ノーウッドスケールで第Ⅳ期から第Ⅵ期であり明確に脱毛を認知出来るレベルです。

有効成分0.15%と0.25%を含有した薬剤を塗布した2グループでは毛量が増加し特に0.25%のグループでは大幅増加が認められSM04554の有効性を確認しました。

またブラセボを塗布したグループでは平均値を下回り、試験中にも関わらず毛髪の減少が認められています。

尚、検証には大解像度マクロ撮影と被験者本人の自己申告を基にしています。


Samumed社の研究者たちは、動物実験(in vivo)の前臨床試験において毛包の新生や毛量の増加を確認しており、今回の試験結果と一致しており、SM04554は統計学上優位にこれらは裏付けられたと考えているようです。


毛量の増加は当然意図したものと思いますが、外用薬で毛包の新生は、にわかには信じがたい話ではあります。

SM04554は、低用量でも効果が高く標的に対しヒットしやすい性質の化合物なのかもしれません。

一説によりとSM04554は、Wntシグナル伝達経路のなんらかを制御していると言われSamumed社のがん治療薬も同一のコンセプト上にあるとされています。

過去2回の臨床試験でSM04554の十分な有効性と安全性は確認されており、また小分子化合物とも表現され外用薬には非常に重要な要素であると考えられます。

現在、Samumed社からは臨床試験フェーズ3(第Ⅲ相試験)のスケジュールについては言及していませんが、正式発表が待ち遠しいものです。



Samumed社、新規化合物 SM04554・・・末梢血管拡張作用、還元酵素5αリダクターゼ阻害作用に続く第三の作用機序の新薬を世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちは熱望しているのです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。





『参考資料』
上段は、Samumed社 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、2016年10月25日 ニュースリリース(PDFファイル)
『Samumed Successfully Completes a Phase II Androgenetic Alopecia (“AGA”) Biopsy Trial Studying Regeneration of Hair Follicles』の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

Histogen社 中国企業とHSCのライセンス契約を締結!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月25日(火)21時13分26秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「Histogen社 中国企業とHSCのライセンス契約を締結!」と題して、近未来型の毛髪再生医療 HSC(Hair Stimulating Complex)の研究開発で有名な米国のバイオテクノロジー企業、Histogen社が中国企業、HUAPONTライフサイエンスの経営母体であるPineworldキャピタル株式会社とHSCの中国本土での独占的ライセンス契約を締結したという話題です。


HSC(Hair Stimulating Complex)・・・それはまさに究極の近未来型の毛髪再生医療なのです。


2016年09月27日、米国のバイオテクノロジー企業、Histogen社より驚くべきニュースリリースが発表され、お隣中国の薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
Histogen社公式 webサイト
http://www.histogen.com/index.htm


Histogen




そのニュースリリースとはHistogen社と中国の巨大複合企業HUAPONTライフサイエンスと中国本土での近未来型の毛髪再生医療 HSCの実施に向けて独占的ライセンス契約を締結したという内容だったのです。




2016年09月27日 ニュースリリース
『Histogen and Huapont Life Sciences Affiliate Partner to Develop Hair Stimulating Complex in China』
http://www.histogen.com/aboutus/news_events.htm#55


Histogen and Huapont Life Sciences Affiliate Partner to Develop Hair Stimulating Complex in China




契約自体は、HUAPONTライフサイエンスの経営母体であるPineworldキャピタル株式会社と締結しており、この契約によりPineworldキャピタル傘下のHUAPONTライフサイエンスにHSCの臨床研究及び中国本土での独占的なマーケティングが可能となります。




『参考資料』
HUAPONT ライフサイエンス公式webサイト
http://api.huapont.cn/


Huapont Life Sciences




14億人近い人口を抱える中国ですが一説によりと推定1億5000万人の男女が脱毛で悩んでいると言われており、革新的なHistogen社のソリューションであるHSCが近い将来、世界最大の市場である中国本土で実施される事となるのです。




Cure for Baldness DISCOVERED - Interview with Scientist!(5分00秒)日本語字幕変換可





Histogen社の2016年08月15日のニュースリリースによるとHSCの継続的な研究開発の為にHUAPONTライフサイエンスと600万ドルの資金調達の為のエクイティ・ファイナンス契約を締結したと発表しており、その後両社が本格的なパートナー契約の合意に向けての協議を継続していたのです。





『参考資料』
Histogen社 中国企業HUAPONTライフサイエンスより600万ドルの資金調達! 投稿日:2016年 8月21日(日)01時39分11秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/213

2016年08月15日 ニュースリリース
『Histogen and a Huapont Life Sciences Affiliate Enter Equity Financing Agreement for Development of Hair Stimulating Complex』
http://www.histogen.com/aboutus/news_events.htm#54




この契約によりHistogen社側は技術譲渡ロイヤリティと売上高による長期的なロイヤリティを得る事になり社長兼最高経営責任者であるゲイル・K・ノートン博士とPineworldキャピタルの最高経営責任者(CEO)のヘイデル・チャン氏も歓迎しているようです。


HUAPONTライフサイエンスは中国本土のトップクラスの医療機関と取引があり、その高い専門性と強力な営業力を駆使しAGA(男性型脱毛症)患者だけではなくステージ3とステージ4の卵巣がんで化学療法や放射線治療の影響で脱毛した女性患者に対しても臨床試験の実施を予定しているのです。

下記の画像はHistogen社が現在開発中のバイオリアクターの画像であり、近未来型の毛髪再生医療であるHSC(Hair Stimulating Complex)は特殊な環境を再現したバイオ・リアクター内で新生児の表皮細胞を培養することにより得られる成長因子とWntプロテイン(ウィントプロテイン)等のタンパク質を含む抽出液を頭皮に直接注入することにより毛髪を再生させる画期的な治療法なのです。




Histogen HSC




近い将来、日本の厚生労働省に相当する中国の審査機関に臨床試験開始の承認を求める為の申請がなされるでしょう。


米国での臨床試験フェーズI、フェーズIIとも良好な結果が得られていると言われ、またメキシコでの事業パートナーと共に330人の大規模の臨床試験を実施しており進捗状況も問題ないとされており2018年の正式承認を目指しているようです。


各国ごとに再生医療の法的な取扱いや定義が異なる為に完全実施までの時間差が生じるのです。

現時点では日本でのビジネスパートナーは決定していませんが、候補が現れれば意外と実施も早いかもしれません。


過去世界中の多くの企業が再生医療の名乗りをあげましたがプロジェクトは中断されたケースは数多く存在します。

なぜなら研究開発には莫大な資金を必要になり適切なビジネスパートナーがいなければ研究開発自体が頓挫してしまうのです。

今回の契約によりHistogen社の資金調達は問題なくクリアされ、近い将来に中国の悩める薄毛・若ハゲ諸兄たちにHSCは提供される事でしょう。



再生医療実現に向けての最大の難関・・・それは実は資金調達なのです。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。





『参考資料』
上段は、2016年09月27日 ニュースリリース『Histogen and Huapont Life Sciences Affiliate Partner to Develop Hair Stimulating Complex in China』の画像。
下段は、Histogen社が開発したバイオリアクターの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

新世代育毛デバイス プラズマクラスタースカルプエステ登場!! シャープ株式会社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月23日(日)18時32分35秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「新世代育毛デバイス プラズマクラスタースカルプエステ登場!! シャープ株式会社」と題して世界的家電メーカーであるシャープ株式会社が、技術の粋を結集して開発したプラズマクラスター技術を搭載したヘアドライヤー、プラズマクラスタースカルプエステを発売したという話題です。


プラズマクラスター技術・・・それはシャープが開発した究極の技術なのです。


2016年10月19日(水)19時07分56秒の投稿記事では近未来型の毛髪再生医療であるHARGR®療法の開発者のクリニック、福岡大太朗先生率いるHARG治療センター 新宿桜花クリニックにおいてHARGR®療法治療中の20~70歳代の男女115名を被験者としてプラズマクラスターの育毛効果検証の為の臨床試験を実施した結果プラズマクラスターで放出したイオンを照射した右側の患部は、自然放置の左側の患部と比較して、3カ月後の「増毛本数」が約2.5倍になったと驚愕の展開となったのです。



『参考資料』
プラズマクラスター技術で育毛効果を実証! シャープ株式会社 2016年10月19日(水)19時07分56秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/223

2016年10月13日 ニュースリリース(PDFファイル)
『プラズマクラスター技術での頭皮のバリア機能向上(頭皮環境改善)による育毛効果を実証』
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/161013-a.pdf



プラズマクラスター



そして2016年10月20日にシャープが満を持して発売したのが、新世代育毛デバイス プラズマクラスタースカルプエステIB-GX9K なのです。



プラズマクラスタースカルプエステIB-GX9K スペシャルサイト
http://www.sharp.co.jp/pci_hair/feature/ibgx9k/


プラズマクラスター




IB-GX9Kは、シャープが開発した究極のプラズマクラスター技術を搭載した頭皮ケア専用に開発された薄毛・若ハゲ諸兄たち待望の新世代育毛デバイスなのです。

特筆すべきは、HARG治療センター 新宿桜花クリニックでのヒトに対する臨床試験ではプラズマクラスターイオンの発生量が濃度約150万個/cm3を使用したのに対し当該製品は、ドライヤーの吹き出し口から15cmのところで、約330万個/cm3以上の驚くべきイオン発生量を実現しています。

それはモーターショーにプロトタイプ(試作品)として出品された出力300馬力の車が数か月後の正式発売では出力600馬力に仕様変更されているような衝撃度なのです。


従来から存在する除菌システムとはまったく違う発想のプラズマクラスター技術は、人間の嗅覚の100万倍から1億倍とまで言われ更に特殊な訓練を受けた警察犬の嗅覚すら欺く極東の島国ニッポンが生んだ世紀の大発明だったのです。




「プラズマクラスター」技術による肌保湿メカニズム(1分13秒)





プラズマクラスタースカルプエステ・・・薄毛・若ハゲ諸兄たちが待ち望んだ新世代育毛デバイスである事は間違いありません。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

育毛・発毛人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段はプラズマクラスタースカルプエステIB-GX9K スペシャルサイト、トップ画面の画像。
下段は、HARG治療センター 新宿桜花クリニックにおいて実施されたヒトに対する臨床試験のデータの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

びたぼな最高???フォー

 投稿者:神楽坂ハゲ三角  投稿日:2016年10月23日(日)02時03分6秒 KD182250250009.au-net.ne.jp
  禿げましておめでとう  

アデランス 自社買収で上場廃止を予定!?

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月22日(土)20時59分45秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「アデランス 自社買収で上場廃止を予定!?」と題して、世界最大のカツラメーカーである株式会社アデランスが経営陣による公開買付けを実施し将来的には上場廃止を予定しているという話題です。



アデランス・・・それはまさに世界最大のカツラメーカーと表現しても決して過言ではありません。



『参考資料』
アデランス メンズブランド 公式webサイト
http://www.aderans.co.jp/mens/


アデランス





2016年10月14日に世界最大のカツラメーカーである株式会社アデランスから薄毛・若ハゲ諸兄たちのみならず経済界をも驚かせるプレスリリースが発表されました。


かつて企業側にハゲタカと恐れられた米投資ファンドのスティール・パートナーズと壮絶な死闘を演じたアデランスの創業者たちが、どうやら経営再建の為に大きな決断をしたようです。




『参考資料』
2016年10月14日 プレスリリース(PDFファイル)
『アドヒアレンス株式会社による株式会社アデランス株券等(証券コード8170)に対する公開買付けの開始に関するお知らせの差し替えについて』
http://pdf.irpocket.com/C8170/xAmX/XMZl/Nd7m.pdf


アデランス





近年は年配者のカツラ離れも顕著であり、さらにスキンヘッドや坊主頭も若年層に容認、浸透しています。

またここ数年は近未来型の毛髪再生医療の機運が高まりアデランスのようなカツラメーカーにとっても必ずしも良好な経営環境とは言いがたいのが現状なのです。

赤字幅も拡大傾向にある現在、何らかの本格的な経営改革を断行しなければアデランスに未来はないのです。



それでは今回の公開買付け(TOB:take-over bid)の概要についてです。


アデランスの経営陣らは投資ファンドのインテグラルの支援を受けインテグラルの100%子会社であるアドヒアレンスが、アデランスの株式の買い取り(MOB:Management Buyout)を公開買付け(TOB:take-over bid)により実施し東証一部の非上場化・・・つまり上場廃止をを目指すとしています。


株式の上場廃止、非公開化により経営陣は抜本的な経営改革に集中できるというのがメリットのようです。


カツラ離れや新しいAGA(男性型脱毛症)治療薬の登場、近未来型の毛髪再生医療の将来的な台頭と市場拡大が難しい現在がアデランスの本当の意味での正念場なのかもしれません。


近い将来、米投資ファンドのスティール・パートナーズの一件で頓挫したJiGami™ シリーズの研究開発の復活再開などというグッドニュース舞い込んでくるかもしれません。




『参考資料』
アデランス JiGami™ 研究開発から撤退!? 投稿日:2016年 9月10日(土)22時03分24秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/217


アデランス




アデランス・・・世界最大のカツラメーカーの行く末が実に楽しみです(笑)




さぁ私を信じてついて来なさい!




【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

育毛・発毛人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、アデランス メンズブランド 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、2016年10月14日 プレスリリース(PDFファイル)『アドヒアレンス株式会社による株式会社アデランス株券等(証券コード8170)に対する公開買付けの開始に関するお知らせの差し替えについて』(PDFファイル)の画像。 <script type="text/javascript" src="http://parts.blog.with2.net/2.0/?id=1871066:.bM3q2HdXQI"></script>

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

プラズマクラスター技術で育毛効果を実証! シャープ株式会社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月19日(水)19時07分56秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「プラズマクラスター技術で育毛効果を実証! シャープ株式会社」と題して世界的家電メーカーであるシャープ株式会社が開発したプラズマクラスター技術で育毛効果が実証されたというという話題です。


プラズマクラスター技術・・・それはシャープが開発した究極の技術なのです。


2016年10月13日に世界的家電メーカーであるシャープ株式会社から薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させるニュースリリースが発表されました。

それはシャープが開発した究極の技術であるプラズマクラスター技術に育毛効果が実証されたという実に驚くべき内容だったのです。




『参考資料』
2016年10月13日 ニュースリリース(PDFファイル)
『プラズマクラスター技術での頭皮のバリア機能向上(頭皮環境改善)による育毛効果を実証』
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/161013-a.pdf


プラズマクラスター技術での頭皮のバリア機能向上(頭皮環境改善)による育毛効果を実証




プラズマクラスター技術とは、自然界に存在するのと同様の+(プラス)と-(マイナス)のイオンをプラズマ放電により人為的に作成し放出する事により浮遊ウイルスや浮遊カビ菌等を空中で分解・除去するシャープが独自に開発した究極の空中除菌技術なのです。


2008年09月01日に高濃度プラズマクラスター搭載加湿空気清浄機として登場したプラズマクラスター技術は瞬く間に人々の生活に浸透しプラズマクラスターイオン発生デバイスは現在では国内外の高級車や最上級ホテルはもちろん家電製品としてあらゆるシーンで使用される必須のアイテムであり、それはまさにモノづくり大国ニッポンが生んだ至宝の名作なのです。


シャープは2000年よりプラズマクラスター技術の効果を検証する為に世界各国の研究機関と積極的に連携し共同で試験を実施しており、浮遊・付着している菌やウィルス、ダニのふん・死骸などの浮遊アレル物質の増殖や作用を抑え、さらにタバコの付着臭を分解・除去し果ては衣類に染みついた汗臭や洗濯物の生乾き臭、静電気までも抑える効果を発揮するのです。

そしてスキンケアでは肌にハリを与えキメを整え、イオンの成分である水分子クラスターで水分子コートを形成し保湿効果もある事が試験で確認されているのです。


そして今回発表されたのがプラズマクラスター技術による育毛効果の実証なのです。



それでは実施された試験概要についてです。


シャープは、株式会社ナショナルトラスト(代表取締役社長:瀬戸山秀樹)に試験を委託し近未来型の毛髪再生医療であるHARG®療法の開発者のクリニック、福岡大太朗先生率いるHARG治療センター 新宿桜花クリニックにおいてHARG®療法治療中の20~70歳代の男女115名を被験者とし以下の条件で育毛効果検証の為の臨床試験を実施しました。




-----------------------------------------------------------------------------------------------------



『参考資料』
株式会社ナショナルトラスト 公式webサイト
http://nationaltrust.co.jp/

HARG治療センター 新宿桜花クリニック 公式webサイト
http://www.harg.org/



試験条件

・被 験 者:育毛メソセラピーを実施している 20~70歳代の男女115名
・評価項目:毛髪本数、頭皮水分蒸散量
・試験期間:約3カ月
・試験方法:同じ位置で毛髪本数を評価するため、事前に左右1箇所ずつ直径2cmの円状に剃髪し、剃髪部の中心に入れ墨で印を付けておく。

臨床試験専用イオン発生装置を用いて右側の剃髪部に毎日約20分間イオン(濃度約150万個/cm3)を照射。

1カ月に1回、左右に対して育毛メソセラピーを実施。

1カ月毎に剃髪部(面積160mm2)の毛髪本数を計測。



試験結果

イオンを照射した右側は、自然放置の左側に比べ、3カ月後の「増毛本数」が約2.5倍になり、統計学的に有意な増加であることを確認した。








-----------------------------------------------------------------------------------------------------



試験結果は、3カ月後の「増毛本数」が約2.5倍になるという実に驚異的な結果を叩きだしたのです。



次にシャープが株式会社総合医科学研究所に委託した頭皮環境改善検証試験についてです。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------



『参考資料』
株式会社総合医科学研究所 公式webサイト
http://www.soiken.info/index.html



試験条件

・被 験 者:健常者(40以上63歳以下の女性)59名
・評価項目:頭皮水分蒸散量、頭皮油分量、頭皮マラセチア菌数、VAS評価※12(実感調査)
・試験期間:約3カ月
・試験方法:ランダム化二重盲検並行群間比較試験において、「イオン(濃度約330万個/cm3)照射あり(29名)」と「風のみ(イオン照射なし)(30名)」の2グループに分け、臨床試験専用理美容試験装置を毎日5分間で連続12週間使用。評価項目において2グループの比較を行った。


試験結果

イオンを照射した被験者では、風のみ(イオン照射なし)の被験者に比べ「頭皮水分蒸散量」「頭皮油分量」「フケかゆみ原因菌(マラセチア菌)」の抑制が見られた。

また、被験者の実感(VAS評価結果)として、イオンを照射した被験者は、風のみ(イオン照射なし)の被験者に比べ「髪のボリュームアップ」「フケが気になる」「頭皮のかゆみが気になる」「白髪が気になる」「頭皮のにおいが気になる」「分け目が気になる」の項目において、使用後の値の差で良好な傾向が得られた。

同様に「抜け毛が気になる」の項目においても、使用前後の変化量で良好な傾向が得られた。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------




以前から十分な美肌効果や美髪効果はあるとの試験結果は得られていましが、高い育毛効果がある事を今回の試験で実証されたのです。

水分子コートによる高い保湿効果や頭皮のバリア機能向上と皮脂抑制効果、フケや痒みの原因菌であるマラセチア菌の抑制効果の結果、被験者の多くが頭髪のボリュームアップや頭皮の痒みの減少を実感しているようです。


現在、育毛効果を主張するデバイスは低出力レーザーやLED光、低周波などが主流ですが新たな選択肢としてのプラズマクラスター技術の登場は、それまでの育毛の常識を一変させるポテンシャルを秘めているのです。



プラズマクラスター技術・・・高い育毛効果と安全性を両立させた、この技術は薄毛・若ハゲ諸兄たちのまったく新しい選択肢に十分なり得ると判断しました。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】

育毛・発毛人気ブログランキング

http://blog.with2.net/link.php?1871066





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、2016年10月13日 ニュースリリース『プラズマクラスター技術での頭皮のバリア機能向上(頭皮環境改善)による育毛効果を実証』(PDFファイル)の画像。
下段は、HARG治療センター 新宿桜花クリニックでの臨床試験の様子の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

育毛・発毛 人気ブログランキングに参加 試験的運用開始!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月11日(火)19時43分33秒 softbank126015179218.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「育毛・発毛 人気ブログランキングに参加 試験的運用開始!」と題してAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)が『育毛・発毛 ブログランキング』に参加し試験的運用を開始したという話題です。


人気ブログランキング・・・それはweb上のサイトの実力を客観的に図るひとつの指標なのです。


日頃当サイトにお越しくださる薄毛・若ハゲ諸兄の皆様方も日夜、毛髪関連のwebサイトやブログを閲覧している事と思います。


私が毛髪の減少で悩んだ1990年代の中盤から後半にかけて毛髪関連の情報発信や集約そして取得はもっぱらBBS(bulletin board system)と呼ばれるインターネット上の電子掲示板が主流でした。

2000年代に入るとブログという手法が登場し急速に普及していきます。

当初個人の日記的イメージのあったブログですが、新たなサービスが続々と登場し隆盛を極める事となるのです。

ブログは瞬く間に人々の心を掴みブロガーなる新語も生まれます。

既存の掲示板は徐々に衰退し現在では絶滅危惧種として辛うじて存続している状況なのです。


私自身は1990年代後半から2000年代にかけての掲示板育ちを自認しているのでブログという手法には当初かなりの抵抗感を持ったものです。

そのイメージが変化したのは、2008年12月16日に開設した管理人クローン中山様の『毛髪再生ブログ』だったのです。




『参考資料』
毛髪培養ブログ - 毛髪再生医療による毛髪の再生 -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/




「ブログという手法も悪くないな」そう素直に感じはしましたが、結局2010年09月25日(土)11時06分39秒に自らが開設したAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)は昔ながらの掲示板を主体としたwebサイトだったのです。




『参考資料』
AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!
http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

Get!Forum(公開討論室)開設のご挨拶。 投稿日:2010年 9月25日(土)11時06分39秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/1




昔は多くの理論派たちが掲示板で有益かつ激しいバトルを展開していたものですが、どうも最近はTwitterのような短文が主流のようで私のような長文派には肩身が狭い状態です(笑)


当サイト開設当初の目的は旧クリニックビタボナや医療法人社団・土合会 セントラルクリニック『育毛・発毛外来』・・・つまり医学博士・故高橋日出彦先生が考案したAGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」の患者の交流の場にしたいと考えていたのです。

しかし「新アロペシア治療法」の患者というのは、どうも奥床しい(おくゆかしい)性格の方が多いのか殆ど投稿がないのが実情なのです。

そんなような状況と近年台頭してきたAGA治療の第三の選択肢である非外科手術である近未来型の毛髪再生医療の現状を鑑み、毛髪関連の時事問題も含めコツコツとブログのように記事をアップしている次第なのです。

当サイトでは訪問者アップの為の相互リンクも積極的におこなっておらず訪問者も限られる状況ですが少しでも維持発展させる方策がないか日々模索していたのです。


そこで考えたのが人気ブログランキングの導入だったのです。


しかしそこで大きな問題に直面します。

そもそも人気ブログランキングはブログの為に開発されたシステムです。

それを一般的な掲示板で正常に動作するのかという問題もあります。

またブログの場合はランキングバナーを一度設定すればよいのですが当掲示板では毎回埋め込み作業をするなどの手間も掛かります。


一応ブログランキングに登録し登録自体は完了し新着記事や新着画像という形では反映されているようですがランキング状態を知るには一定時間を必要とするようで、まだ反映されていません。

掲示板にかなり強引にシステムを押し込んでいる状態なので、今後、詳細な動作確認も必要です。

正常に動作しない可能性もあり、試験的運用とさせて頂き動作不具合もあるようなら撤退もありうる場合もあるのです。



人気ブログランキング・・・当掲示板で正常に動作するか確認しなければなりません。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【人気ブログランキング参加中!クリックという名の皆様の温かいお志を頂ければと存じます】



http://blog.with2.net/link.php?1871066




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、育毛・発毛人気ブログランキングのバナーの画像。
下段は、人気ブログランキング登録時のシンボルの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

男性型脱毛症(AGA) webセミナー 開催のお知らせ  グラクソ・スミスクライン株式会社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月 9日(日)22時31分33秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「男性型脱毛症(AGA) webセミナー 開催のお知らせ グラクソ・スミスクライン株式会社」と題して世界的製薬メーカーであるグラクソ・スミスクライン株式会社の男性型脱毛症情報サイト『発毛web』で「男性型脱毛症における最近の話題」と題したwebセミナーが開催されるというという話題です。



男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル・・・それは、かつてAGA(男性型脱毛症)治療の最後の切り札とまで言われていたのです。



『参考資料』
男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル0.1mg、0.5mg 発売日決定!&男性型脱毛症情報サイト 発毛web グラクソ・スミスクライン株式会社 投稿日:2016年 6月11日(土)14時10分36秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/195



現在、日本国内だけでもでAGAでお悩み方は推定約1,260万人いると言われ20代はもちろん10代でも抜け毛や薄毛でお悩みの方は増えているのが実情なのです。


そして2016年06月13日にグラクソ・スミスクライン株式会社から満を持して発売されたのが男性型脱毛症治療薬ザガーロ®カプセル 0.1mg、0.5mgなのです。

QOL(Quality of Life:生活の質)の向上という観点から誕生したザガーロ®カプセルは、還元酵素5αリダクターゼⅠ型/Ⅱ型阻害薬として日本国内の薄毛・若ハゲ諸兄たちも待ち望んでいたのです。




GSK ストーリー(3分38秒)日本語版





『参考資料』
男性型脱毛症情報サイト 発毛Web グラクソ・スミスクライン株式会社
http://hatsumo-web.jp/


ザガーロ



実は創薬という分野はベンチャー企業が育ちにくい分野であると考えられています。

なぜなら新薬開発には莫大な研究開発資金の調達と気の遠くなるような歳月が必要だからです。

とても発展途上のベンチャー企業が賄いきれる金額と時間ではないのです。

近年は治験も年々大型化しており全体を通じて千人規模に膨れ上がり費用も嵩むために投資家も倦厭(けんえん)する傾向にあり資金調達も一段と厳しくなっているのが実情なのです。


また被験者の募集も予定どおりに行かず度々治験が遅延する要因にもなっているのです。

世界的な製薬メーカーですら治験で良好な結果が得られなければ撤退せざる得ない・・・それが新薬開発の現実なのです。

そんな状況ですから新薬は、おいそれとは登場してきません。


そして2005年のプロペシア®の発売以来久々に登場したのが、ザガーロ®カプセルなのです。


そのザガーロ®カプセルを発売しているグラクソ・スミスクライン株式会社の男性型脱毛症情報サイト『発毛web』で「男性型脱毛症における最近の話題」と題しAGAの発症メカニズムや最新情報に関するwebセミナーが開催される事が決定しました。



『参考資料』
男性型脱毛症情報サイト 発毛Web webセミナーページ グラクソ・スミスクライン株式会社
https://live4.3esys.jp/streaming/gsk_aga/161020/regist/


ザガーロ



-----------------------------------------------------------------------------------------------------


webセミナー『男性型脱毛症における最近の話題』

開催日時  2016年10月20日 21:30~21:50

演者    グラクソ・スミスクライン株式会社 開発本部メディカル・アフェアーズ部門


-----------------------------------------------------------------------------------------------------



尚、webセミナー視聴には申込みフォームからの視聴予約が必要です。


視聴予約送信後に【グラクソ・スミスクライン株式会社】名義で『2016年10月20日 男性型脱毛症(AGA)Webセミナー予約完了』というタイトルの確認メールが届きます。


2016年10月20日のwebセミナー開催当日に再度視聴に必要なURLアドレスとパスワードが記載されたメールが届きますので必ず確認してください。


メールアドレスと性別のみの簡単な申込みですので是非、薄毛・若ハゲ諸兄の皆様も申込みの上セミナーの御視聴・ご参加をして頂ければ思います。



webセミナー『男性型脱毛症における最近の話題』・・・私も楽しみしています。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、GSK グラクソ・スミスクライン株式会社が提供している男性型脱毛症情報サイト『発毛Web』のトップ画面の画像。
下段は、GSK グラクソ・スミスクライン株式会社が提供している男性型脱毛症情報サイト『発毛Web』webセミナーページの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

理化学研究所 細胞システム形成研究センター(CDB)細胞外環境研究チーム 藤原研究室

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年10月 5日(水)21時54分54秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)細胞外環境研究チーム 藤原研究室」と題して、日本の生命科学の総本山として名高い神戸にある理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)細胞外環境研究チーム 藤原研究室を、ご紹介するという話題です。



理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)・・・それは日本の生命科学研究の総本山であると同時に世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちからも四国八十八箇所の霊場を凌ぐメッカ(聖地)として崇められる存在なのです。



1917年に財団法人として創設された理研は永い歴史の中で紆余曲折を経て2015年04月には国立研究開発法人 理化学研究所として進化し物理学・工学・化学・計算科学・生物学・医科学など幅広い分野で研究を推進しているのです。

理研は国内外の各所に研究拠点が存在しますが神戸研究所には生命科学領域の研究施設が集中しており、日本のみならず世界的にもRIKENとして知られる存在なのです。

現在の多細胞システム形成研究センター(CDB)の前身である発生・再生科学総合センター時代の2014年01月に、細胞リプログラミング研究ユニットリーダーの小保方晴子氏のSTAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)騒動で理研の人気は一気に爆発し、その名を一躍世間に轟かせたのです。


理研といえば世界中の薄毛・若ハゲ諸兄には、辻孝先生が有名ですが、実は、その陰に隠れてひっそりと毛髪再生の研究をしているのが今回ご紹介するのが藤原裕展先生率いる藤原研究室なのです、




『参考資料』
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)細胞外環境研究チーム 藤原研究室 公式webサイト
http://www.cdb.riken.jp/tme/index.html



理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)細胞外環境研究チーム 藤原研究室



-----------------------------------------------------------------------------------------------------



研究テーマ


①毛包発生・再生における細胞外マトリックスの役割

器官の生理機能は、「異なる」細胞や組織が秩序正しくアッセンブルされることにより初めて発揮されます。

ここでは、毛包幹細胞ユニットを構成するヘテロな細胞集団がどのように集合し、機能的に統合されるのかについて、細胞間相互作用のインターフェースとして機能する細胞外マトリックスの分子多様性と領域特異性に着目して研究しています。

最近私達は、毛包幹細胞の遺伝子発現プロファイルを解析することにより、毛包幹細胞周囲のシート状の細胞外マトリックス「基底膜」の分子構成が高度に特殊化されていることを明らかにしました。

幹細胞由来の基底膜分子の一つであるネフロネクチン (nephronectin) を欠失させると、幹細胞に隣接する立毛筋(鳥肌形成に必須の筋肉)の数が減少し、残存した立毛筋の接続部がバルジ上部に異所性に結合することを報告しました (Fujiwara et al., Cell 2011)[Paper]。


本研究により以下のことが明らかとなりました。




①毛包幹細胞がニッチを提供する。

②基底膜が位置情報や分化誘導シグナル、つまり「ニッチ」の分子実体として機能する。

③立毛筋が毛周期に関わらずバルジ領域に安定的に結合できる理由ー>毛包幹細胞がバルジに常在するから。

④機能的にも遺伝子発現プロファイルから見ても、毛包幹細胞は(立毛筋のための)腱細胞の性質を併せ持つ。



これまで、幹細胞の運命や挙動が幹細胞周囲の微小環境「幹細胞ニッチ」によって制御されていることはよく知られていましたが、本研究は、幹細胞自身も周囲の細胞に対してニッチを提供し、周囲細胞の運命や機能をコントロールすることを初めて示しました。

幹細胞と周囲細胞との間に存在する基底膜が、シグナルのやりとりを仲介する重要なインターフェースとして機能するようです。現在当研究室では、バルジ上部と下部に存在する異なる性質の毛包幹細胞も研究対象に含め、毛包幹細胞と周囲組織をインテグレートする細胞外マトリックスの分子組成を網羅的に同定する「ECM zip code」プロジェクトを進めています。

郵便番号が割り振られているかのように最適化された細胞外マトリックスの分子構成とその機能を解明することにより、幹細胞ユニットの構築原理に迫りたいと考えています。

また、毛包の上皮系、間充織系の幹細胞の培養基質として有用な細胞外マトリックスの探索も行っています。



②細胞外環境がどのようにして幹細胞の挙動や運命を制御するのか?

毛包の発生・再生過程における幹細胞とニッチ細胞の振る舞いや協調性の動的制御機構を明らかにすることで、「幹細胞が誘導・維持されるしくみ」を理解することを目指しています。

マウス発生工学、毛包の ex vivo, in vivo 4Dライブセルイメージング、幹細胞とニッチ細胞のトランスクリプトーム解析などを駆使して取り組んでいます。

一方で、表皮に比べ、真皮を構成する多様な細胞の分化誘導機構やパターン形成の理解は遅れており、未だ多くがブラックボックスだと言えます。

我々は、真皮の前駆細胞から多様な真皮細胞が誘導されるメカニズムの一端を明らかにしました。

毛周期依存的に活性化される表皮基底細胞のWntシグナル経路が、脂肪誘導因子の分泌を介して真皮前駆細胞から脂肪細胞への分化を誘導することを報告しました(Donati et al., PNAS 2014)[Paper] [CDB News] [CDBニュース]。

真皮脂肪細胞の発生や再生のメカニズムは殆ど知られていませんでしたが、毛包表皮の発生・再生と密接に関わっていることが示されました。



-----------------------------------------------------------------------------------------------------




ニッチとは生物学では、各細胞に適した周囲の微小な環境を指し、これらの研究には、あの細胞外マトリックスが鍵を握っているのです。


世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちからは細胞外マトリックスと言えば一般的にはACELL社の製品を思い深べ奇跡を呼ぶ魔法の粉・・・これが一般的な認識なのです。


海外の医療機関では、すでにACELL社の製品とPRP(自己多血小板血漿)を併用した近未来型の毛髪再生医療として実施されており一定の評価を得ているようです。





Extracellular Matrix(2分13秒)日本語字幕変換可






細胞外マトリックスはヒトの生体内にも存在し細胞の分裂・増殖・分化に深く関与しているのです。

細胞が組織に、そして器官から個体にと段階的に変化していく姿は、まさにマイケル・クライトン原作の映画ジュラシックパークさながらの展開であり、それらを制御しているのが細胞外マトリックスなのです。


藤原研究室の研究テーマは『毛包発生・再生における細胞外マトリックスの役割』の解明なのです。


毛包の発生や再生に、どのように細胞外マトリックスが関わっているのか?その謎を解き明かす事こそ藤原研究室の最も重要な研究テーマなのです。


このような基礎研究は一見地味に見えますが毛髪の発生や再生のメカニズムを解明するという非常に重要な研究です。

どうのような疾患にも共通しますが、発症のメカニズムが解明されなければ効果的な治療法の提案が出来ません。



道なき道を切り開く・・・基礎研究の重要性を薄毛・若ハゲ諸兄たちも強く認識するべきなのです。



実は藤原研究室と国内のあるバイオテクノロジー企業が密かに合体と変形(トランスフォーム)を完了していたのです。





『参考資料』
レジエンス株式会社 公式webサイト
http://regience.jp/


レジエンス株式会社




レジエンス株式会社(社長兼最高経営責任者:村山正憲)は、2000年05月に株式会社ナレッジソリューションとして設立、2013年12月にレジエンス株式会社に商号変更し現在では崇高な経営理念の下に再生医療等製品の研究・開発・製造に特化した事業を展開をしています。


そして、そのレジエンス株式会社から驚くべきプレスリリースが発表されていたのです。



『参考資料』
2015年04月27日 プレスリリース
「毛包組織幹細胞の誘導・増殖と毛包器官の再構築」に関する共同研究契約の締結
http://regience.jp/2015/04/27/523/




開発コードREG 602(毛包の再構成)と呼ばれる研究開発は、どうやら藤原先生の細胞外マトリックス研究とレジエンス株式会社が持つメディウム灌流型3次元培養法の技術を融合させ体外での機能的な毛包の再構築及び大量作製を実現させAGA(Androgenic alopecia:男性型脱毛症)患者への最終的な治療形態を目指しているようです。


またレジエンスは2014年09月29日には大阪市立大学大学院医学研究科 皮膚病態学の鶴田大輔教授、吉里勝利客員教授らと『発毛促進の再生医療に関する共同研究』の契約を締結しており、更に2014年12月26日には生命科学の総本山、神戸にCPC(Cell Processing Center)施設とオフィスを確保し今後の事業展開の足掛かりを着々と築いていたのです。



『参考資料』
2014年09月29日 プレスリリース(PDFファイル)
『発毛促進の再生医療に関する共同研究を開始』
http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/pdfs/press_140929.pdf


2014年12月26日 プレスリリース
『レジエンス 神戸ポートアイランドに進出』
http://regience.jp/2014/12/26/309/



このような近未来型の毛髪再生医療に関わる研究発表やニュースは国内外問わず世界中から発信されますがテレビやネットで大きく報道されない限り本来この種の情報に敏感なはずの薄毛・若ハゲ諸兄たちですら見逃してしまうものなのです。


地道な毛髪再生研究にスポットライトを当てるのも、ひとつの醍醐味かもしれません。



細胞外マトリックス・・・辻孝先生というスター研究者の陰で今は隠花植物のような日陰の存在ですが近い将来に藤原研究室&レジエンス株式会社は世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちの眼前で、研究成果という名の鮮やかな大輪の花を咲かせてくれる事でしょう。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)細胞外環境研究チーム 藤原研究室 公式Webサイトのトップ画面の画像。
下段は、レジエンス株式会社 公式webサイトのトップ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

頭皮&毛髪再生センター  イ・ムンウォン韓方クリニック

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 9月22日(木)20時05分48秒 softbank060071096080.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック」と題して、美容大国として名高い韓国にある頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックと同院制作のプロモーションビデオを併せて、ご紹介するという話題です。


韓医学・・・それは中医学をベースに朝鮮半島で独自に発展した医学なのです。


韓医学と聞いても日本人には、あまり馴染みがありませんが韓国では西洋医学と同等の地位を得て韓医師は社会的にもステータスが高く人々の尊敬を集める職業なのです。



皆様は韓国の毛髪再生医療と聞いて、どんなイメージをお持ちですか?

そもそも韓国人は美に対する意識が日本人以上に厳しく、幼少の頃から男女限らず、容姿や外見だけで個人を評価する傾向があります。

それは大人が子供を美醜で判断するという、なんともおぞましい社会ですが、それだけでは終わりません。

そう、それは就職や結婚などありとあらゆる事が容姿で判断され生涯に渡り続くのです。

日本人であれば本人の個性や能力が重視されるのが当たり前ですが、韓国社会は決してそうではありません。

その結果、男女問わず自分自身の評価を上げる為に美を追求する事に熱中するのです。

最新のコスメや美容法、医学的根拠のある治療法から怪しげな民間療法的な美容法までもが韓国社会を跋扈(ばっこ)する事になるのです。


美容整形大国と言われて久しい韓国ですがソウル市の高級住宅街がある江南(カンナム)地区には「美容整形通り」と呼ばれる通りが存在し一説では数百の美容クリニックが、ひしめき合ってる状態だと言われているのです。

数百もの美容クリニックが密集していれば、それなりの相乗効果もあるでしょうが、当然のごとく過当競争に敗れて撤退するクリニックも多い事でしょう。

クリニックの存続を賭けた弱肉強食という言葉がピッタリのジュラシックパークさながらの厳しい生存競争の世界が日々繰り広げられているのです。


そんな韓国ですから美容外科手術を受ける女性の割合も高く一説には成人女性の5人に1人が経験者であると言われています。

手術件数の総数自体は米国や日本が勝っていますが、手術内容は、ハードかつ難易度の高い手術が多く、いわゆる全くの別人になる位の大規模工事が多いと考えられます。

そんな美に対する強いこだわりの女性が多い韓国社会ですから当然、男性も女性の期待に答えない訳にはいきません。

特に問題になるのは男性の薄毛でありカツラや植毛といった対策は、もはや常識の域に達しているのです。

ひとと接する機会の多い営業職などは日本人以上に容姿や外見で判断され営業成績にも関わってしまい、その上に女性に気に入られる為に涙ぐましい努力しなければならない韓国人男性が多いのが実情なのです。



その美容大国、韓国で2005年に開設されたのが、今回ご紹介するイ・ムンウォン(李 文元:LEE WOON WON)院長率いる頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックなのです。



『参考資料』
頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック 公式webサイト(日本語版)
http://www.jap.leemoonwon.com/jap/







院長のイ・ムンウォン先生は韓医学と毛髪再生医療を見事に融合させた韓国国内でも脱毛症治療の権威として最も有名なドクターなのです。


韓流スターやトップモデル、海外セレブも多数来院するクリニックは、韓医学を応用した脱毛症治療の他に植毛や西洋薬の処方、脱毛症専門の栄養士による栄養指導、ヘッドスパやヘアカットにカラーリング、さらに治療の途中にカツラが必要な患者の為に、カツラの専門家も常駐し装着指導も含む万全のアフターケア体制を構築しています。

もちろん独自に開発された LEE MOON WONブランドのヘアケア製品の販売など頭髪に関しては、およそ考えつくすべてのサービスを提供している・・・それが、頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニックなのです。



2002年に韓国伝統の韓医学をベースに毛髪再生の研究に着手したイ先生でしたが当時、韓国国内では本格的に脱毛症に関して学べる環境にはなく、たった一人で国内外の文献や論文を分析しながら大学の研究室で基礎研究やマウスを使用した動物実験を開始したのです。



道なき道を切り開く・・・韓医学に自信と誇り持っていたイ先生は西洋医学と同等のエビデンス(医学的根拠)を得る事により韓医学の優秀性を世界に実証したいと考えたのです。



それはまさに求道者の姿そのものだったのでしょう。



その後、念願の治療薬が完成、2005年にはに頭皮疾患、脱毛症治療専門クリニックとしてイ・ムンウォン韓方クリニックを満を持して開設したのです。

美容大国である韓国ですが開設当時は「頭皮疾患や脱毛症治療だけでは経営は無理!」と周りからアドバイスされたようです。

韓国では、この時代すでに植毛などは有名でしたが頭皮疾患や脱毛症治療専門のクリニックは前例がなかったようです。

もっとも日本でもそうですが怪しげな民間療法や疑似科学は、どこの国でも存在し、それは韓国でも同様であったと容易に推察できますが、イ先生のような医学的データが存在する韓医学ベースの治療法は、存在しなかったという意味かもしれません。


2011年に美容医療の激戦区、江南(カンナム)区の東部、清潭洞(チョンダムドン)に移転しヘアサロン LMW Hair Lab を併設しヘアカットやカラーリングなど美容室としての機能も導入したのです。


それでは同院制作のプロモーションビデオをご覧頂きましょう。




イ・ムンウォン(LEE MOON WON)韓方クリニック Korea A1 107667 Video1(5分18秒)日本語字幕





クリニックは黒を基調としたスタイリッシュなビルにありヘアサロンが併設されている内部も豪華ホテルを思わせる印象です。

近年、日本でもヘッドスパを導入する発毛クリニックは存在しますが充実度は随分違う気がします。








それでは具体的にクリニックの治療プログラムに関する解説です。

クリニックでは西洋医学の皮膚科医とも連携し西洋薬の処方や植毛も実施していますが、ここでは韓医師であるイ先生が独自に考案した治療法に絞って説明します。



最初は基本検査プログラムです。


STEP1.頭皮検査 頭皮診断顕微鏡

毛髪の厚さおよび本数、皮脂分泌量、毛嚢の模様角質の状態、頭皮の色および血管の態、炎症


STEP2.毛根検査 高倍率特殊顕微鏡

毛根の模様、毛根の弱さの程度、メラニン色素体の量、毛髪中心部の形態


STEP3.ストレス検査 生体電気自律反応測定器

毛根の模様、毛根の弱さの程度、メラニン色素体の量、毛髪中心部の形態


STEP4.生活習慣問診表作成検査

生活様式、健康状態、失病状態、職業環境、食習慣、頭皮状態および脱毛症の程度などについて多様な質問式作成



基本検査に加えオプション(追加検査)で一般的な血液検査とホルモン検査がありますが、更にイ先生が独自に考案した詳細な検査メニューも存在するのです。



次は治療プログラムです。


STEP1.脱毛抑制/頭皮環境改善 治療スタート~3-4ヶ月まで

韓方薬:RH-本(湯薬)
外用薬:RH-2/RH-S(1,2)/RH-炎症
(外用薬は症状によって選択)
治療目標:脱毛症の根本的な原因を除去/頭皮疾患治療/新陳代謝調節/身体的緊張感低下/体質改善


STEP2.毛嚢機能活性化/育毛促進4-5ヶ月~7-8ヶ月まで

韓方薬:丸薬又
外用薬:RH-2/RH-S(3)
(外用薬は症状によって選択)
治療目標:毛髪成長因子の活性化/毛髪成長に関わる腸器機能強化/血液循環改善


STEP3.発毛促進/頭皮免疫力強化 5-6ヶ月~9-10ヶ月まで

韓方薬:粉薬
外用薬:RH-2/RH-S(3)/RH-発毛
(外用薬は症状によって選択)
治療目標:毛根の再生促進/頭皮の免疫力強化/新陳代謝促進/毛髪成長に関わる腸器機能強


STEP4.生活習慣改善及びホームケア 10-11ヶ月~

ホーム頭皮ケア製品使用
6ヶ月毎毛髪検診/睡眠時間調節/規則的な食事/ストレス調節
治療目標:治療効果の維持及び毛髪健康増進



治療には独自に開発された内服薬や外用薬を処方し、その後はホームケアに移行するようです。








実はネット上で日本人の毛髪再生治療の体験談を探したのですが、残念ですが今回は見つける事は出来ませんでした。

体験談の多くは女性でヘッドスパやカット、カラーリングであり、数泊の韓国旅行の間に立ち寄ったものと思われます。

日本国内のファッション雑誌でも度々取り上げられており、知名度は高いと思われますが、毛髪再生治療の場合は現地に駐在しているか仕事で頻繁に渡韓する方でないと継続的な治療は難しいかもしれません。

クリニック側も海外からの患者の来院を積極的に誘致していますが、基本的には直接の診察を推奨しています。

どうしても来院困難な患者にはイ先生が直々にテレビ電話で20分程のカウンセリング(要費用・30ドル)をおこなうシステムもあり、脱毛状態を確認出来る写真、1年以内におこなわれた健康診断の結果、webサイトの問診表への記入が必要になります。

このカウンセリングは外国語にも対応しており日本語・英語・中国語・ロシア語などの各言語の専門通訳スタッフが韓国語以外の言語をサポートしてくれます。

また実際に治療は受けなくてもカウンセリングのみでも受け付けてくれるようです。

クリニックに日本語の対応出来るスタッフが常駐しているのも心強く安心ですね。


尚、イ・ムンウォン韓方クリニックはフランチャイズにも力を入れており2014年にはロシア・サンクトペテルブルク(St.Petersburg)でLEE MOON WONサロン1号店を開店、その後モスクワ(Moscow)で提携医療機関2号店、サロン2号.3号店をオープンさせており積極的に海外展開を推進しています。

日本にないのが不思議なくらいですね。

どこか提携の名乗りを上げるクリニックはないのでしょうか!?他の医療機関との差別化という点では悪い選択ではないでしょう。



そして実は、そのイ・ムンウォン韓方クリニックと東京で直接ふれあう機会があるのです。


2016年09月24日(土曜日)と09月25日(日曜日)に東京ビッグサイト東展示棟(メイン会場:一般入場日)で開催される世界最大級 旅の祭典『ツーリズムEXPOジャパン2016』に出展が決定しています。



『参考資料』
世界最大級 旅の祭典 ツーリズムEXPOジャパン2016 公式webサイト
http://www.t-expo.jp/



ツーリズムEXPOジャパン2016は世界最大級の旅の祭典として世界140カ国から1200余りの企業や団体が出展しており韓国も美容やコスメを通じて韓国を、もっと知ってもらおうと地方自治体などが支援しています。


尚、韓国観光公社 東京支社から発表されたプレスリリースでは韓国14の自治体、医療観光、ホテル、免税店など昨年に引き続き過去最大の50ブースが出展を予定しています。



『参考資料』
2016年09月15日 プレスリリース(PDFファイル)
『ツーリズムEXPOジャパン2016』韓国ブース出展
http://www.t-expo.jp/news/pdf/160917_1_jp.pdf



t-expo2016(2分38秒)日本語




クリニックのブースを訪問するとSPECIAL EVENTとして無料頭皮検査などのサービスもあります。


近未来型の毛髪再生医療が注目される中で韓国伝統の韓医学をベースにした脱毛症治療は非常に貴重な存在であり、独自に開発された治療薬は自然由来の生薬を主体として、ステロイド剤やホルモン剤は一切使用されておらず随所に韓医学の真髄である免疫力の強化向上の精神か大切にされています。



頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック・・・世界的にも珍しい実に興味深いクリニックです。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、頭皮&毛髪再生センター イ・ムンウォン韓方クリニック公式Webサイトのトップ画面の画像。
下段は、イ・ムンウォン先生が独自に開発した脱毛症治療薬製品群の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

日本発の毛髪再生研究 海外でも報道! HairLossTalk.com

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 9月18日(日)18時59分38秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「日本発の毛髪再生研究 海外でも報道! HairLossTalk.com」と題して近年、日本発の毛髪再生研究が海外のニュースサイトや毛髪系サイトで大きく取り上げられているという話題です。



HairLossTalk.com・・・それは脱毛症患者のためだけの世界最大のソーシャルネットワーキングコミュニティなのです。



私は、このようなwebサイトを運営している関係で情報収集の為に毎夜主要な毛髪関連のwebサイトを巡回していますが数年前までは管理人クローン中山様が管理・運営する『毛髪培養ブログ -毛髪再生医療による毛髪の再生-』を極めて重要な情報源としていたのです。



『参考資料』
毛髪培養ブログ - 毛髪再生医療による毛髪の再生 -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/



クローン中山様は翻訳が、ご本業という事で、TOEIC850のその英語力を駆使して海外の毛髪再生医療における最新研究開発動向を国内では、いち早く提供したのです。


そこで感じたのは「海外の研究は日本より格段に進んでいる!」という事でした。


もちろんそのように感じたのは私だけではないはずです。

毛髪培養(ヘア・クローニング:Hair follicle coloning)のような最先端の毛髪再生研究の最新情報に触れる事により、多くの薄毛・若ハゲ諸兄たちも毎夜、熱狂し閲覧していたのです。


しかし時は流れ時代は移り変わり、現在では海外のwebサイトでも日本発の毛髪再生研究が注目され大きく取り上げられるようになり、その先がけとなったのが以下の画像だったのです。




Hair follicle coloning




日本時間2012年04月18日午前0時をもって報道が解禁された東京理科大学・総合研究機構名義のプレスリースは実に驚くべき内容だったのです。

それは東京理科大学・総合研究機構 辻孝先生が中心となって推進してきた研究が2007年、2009年に世界に先駆けて成功した器官再生技術を更に進化させ近未来の器官再生技術としての毛髪再生の実現の可能性を示す内容だったのです。




『参考資料』
2012年04月18日 プレスリリース(PDFファイル)
『成体毛包由来幹細胞による毛髪再生を実証』
https://www.tus.ac.jp/ura/pressrelease/pdf/120418.pdf#search='%E6%88%90%E4%BD%93%E6%AF%9B%E5%8C%85%E7%94%B1%E6%9D%A5%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%AF%9B%E9%AB%AA%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A8%BC'




併せて公開された画像が与えた衝撃は凄まじく世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちのみならず近未来型の毛髪再生医療に関わる研究者たちまでも驚愕させたのです。

世界各国の毛髪系サイトはもちろん米国三大テレビネットワークのニュース番組やニュースサイトでも大きく取り上げられ辻孝先生は一躍世界的な研究者として広く、その名を知られる存在となるのです。


更にその1か月後の2012年05月28日には辻孝先生が中心となって推進してきた次世代再生医療としての器官再生に関する研究成果が、科学雑誌『Scientific Reports』(Nature Publishing Group)で発表され辻孝先生は器官再生分野の第一人者として不動の地位と知名度を築く事になるのです。




『参考資料』
2012年05月28日 プレスリリース(PDFファイル)
『成熟再生毛包移植による毛髪再生医療のコンセプトを実証』
http://www.cdb.riken.jp/org/topics/pdf/pressrelease12_05_28.pdf




それまで基本的にはノーマークだった日本の毛髪再生研究は、これらの報道をきっかけに一躍海外から脚光を浴びる事となるのです。


そして2013年05月29日に世界的な化粧品メーカーである株式会社資生堂より発表されたプレスリリースの内容は海外でも報道され、それまで情報を求めていただけの極東の島国、日本から最先端の情報を発信するという逆転現象が起きたのです。




『参考資料』
2013年05月29日 プレスリリース(PDFファイル)
資生堂、毛髪再生医療の本格研究に着手 カナダのバイオベンチャー企業〝レプリセル社〟と技術提携契約について基本合意
http://group.shiseido.co.jp/ir/pdf/ir20130529_700.pdf




カナダのバイオテクノジー企業であるRepliCel社と世界的にも有名な資生堂との合体と変形(トランスフォーム)は、RepliCel社が開発している毛髪再生医療技術 RCH-01(開発コード)を諸外国に先駆けて、この日本で実施する事を意味しているのです。


その後、資生堂&RepliCel社の毛髪再生医療技術 RCH-01 と理研の辻孝研究室&オーガンテクノローズの『器官原基法』の情報は海外の毛髪系サイトでも定番のネタとして取り上げられていく事となるのです。


現在、米国では4000万人以上の薄毛成人男性が存在しており女性の薄毛も加えると推定約6000万人が頭髪の悩みを抱えていると言われています。

しかし毛髪系サイトが充実しているはずの米国ですが日本で言えばYahoo!ニュースのような一般のニュースサイトで毛髪関連の話題が扱われる事は日本同様ほとんどありません。

しかし、その中で精力的にニュースをアップしているのが、やはり毛髪系サイトという事になります。

中でもHairLossTalk.com は、日本発の毛髪再生研究のニュースを積極的に取り扱っており、影響力の強いサイトなのです。




『参考資料』
HairLossTalk.com
https://www.hairlosstalk.com/


HairLossTalk.com




1999年に開設したHairLossTalk.comは、脱毛症に関する最新情報や研究動向をはじめ製品レビューやディスカッションフォーラム(掲示板)フォトギャラリー、ビデオキャスト、リソースライブラリなどの豊富なコンテンツが魅力な消費者の為の情報サイトです。

現在6.000名以上の男女メンバーのプロフィールが登録されておりweb上で脱毛症患者のためだけのソーシャルネットワーキングコミュニティを構築しています。


2016年も多くの日本発の毛髪再生研究のニュースがアップされましたが、HairLossTalk.com は開設時から管理人ケビン・ランズ(Kevin Rands)氏以外にも特派員的な協力者が存在しますが、彼らは一体どうのようにして日本発の情報を知り記事を執筆しているのでしょうか!?


日本国内の報道と同様に英語圏で発表された科学雑誌での論文や企業のプレスリリースを参考にしているようです。

一説には日本語を英語に翻訳する特別な協力者が存在すると言われていますが真意のほどは定かではありません。




『参考資料』
2016年07月25日『Kyocera to Begin Regenerative Hair Loss Treatment Research』執筆者 Damian S.
https://www.hairlosstalk.com/news/new-research/kyocera-regenerative-hair-loss-treatment/


Kyocera to Begin Regenerative Hair Loss Treatment Research





『参考資料』
2016年08月11日『Shiseido to Begin Cell Hair Regeneration Trial』執筆者 Damian S.
https://www.hairlosstalk.com/news/new-research/shiseido-stem-cell-regeneration/


Shiseido to Begin Cell Hair Regeneration Trial




彼らの情報源は国内の企業や研究機関が発表しているプレスリリースの英語版を参考にしており、多くのサイト管理者も同様であり、方法論としては日本のメディアと変わりません。

辻孝研究室の『器官原基法』の概要や理研・辻孝研究室&オーガンテクノロジーズ&京セラのトリプル合体劇もプレスリリースにより詳細を把握しており投資家向けの経済ニュースと共に最重要チェック対象なのです。



『参考資料』
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)器官誘導研究チーム 辻 孝研究室(英語版)
http://www.cdb.riken.jp/org/en/research/organ/hair.html

2016年07月12日 ニュースリリース
『再生医療「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究の開始について』(日本語版)
http://www.kyocera.co.jp/news/2016/0703_kogi.html

2016年07月12日 ニュースリリース
『KYOCERA, RIKEN and Organ Technologies Launch Joint Research in Regenerative Medicine to Treat Hair Loss』(英語版)
http://global.kyocera.com/news/2016/0702_nfid.html





『参考資料』
2014年04月 プレスリリース(PDFファイル)
『資生堂、毛髪再医療の中核となる「資生堂 細胞加工培養センター」を神戸医療産業都市に開設』(日本語版)
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2289-j.pdf

2014年04月 プレスリリース(PDFファイル)
『Shiseido Opens Research Facility Dedicated to Hair Regeneration
-Shiseido Cell-Processing and Expansion Center- 』(英語版)
https://www.shiseidogroup.com/releimg/2289-e.pdf#search='shiseido+hair+loss'




今やShiseido、Kyocera、RIKEN、と言った企業名や研究機関名は世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちにメジャーな存在となり、資生堂細胞加工培養センター(SPEC:スペック)や理化学研究所・多細胞システム形成研究センター・器官誘導研究チームがある神戸はKOBEとして近未来型の毛髪再生医療の研究開発のメッカ(聖地)として崇められている場所なのです。











特にバイオテクノロジー企業の場合、資金調達が研究開発の重要なカギになる事は間違いなく資生堂&RepliCel社や理研・辻孝研究室&オーガンテクノロジーズ&京セラという組み合わせは株主や投資家も含めて好感されているようです。


私が薄毛で最高潮に悩んでいた1990年代後半には日本発の毛髪再生研究が、これだけ世界で評価されるとは考えもつきませんでしたし、そもそも近未来型の毛髪再生医療のイメージさえ想像出来ない・・・そんな時代でした。

アデランスがARIのJiGami™ シリーズから撤退し世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちも嘆き悲しみましたが、2014年に再生医療に関する法整備が整い成長戦略としての規制改革が進んだ事により参入企業、患者側にも大きなメリットをもたらしてくれるのです。



『参考資料』
アデランス JiGami™ 研究開発から撤退!?  投稿日:2016年 9月10日(土)22時03分24秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/217



日本発の毛髪再生研究・・・今後も世界を席巻するでしょう。





さぁ私を信じてついて来なさい!




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、2016年07月25日『Kyocera to Begin Regenerative Hair Loss Treatment Research』執筆者 Damian S.の画像。
下段は、2016年08月11日『Shiseido to Begin Cell Hair Regeneration Trial』執筆者 Damian S.の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

アデランス JiGami™ 研究開発から撤退!?

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 9月10日(土)22時03分24秒 softbank126015213136.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「アデランス JiGami™ 研究開発から撤退!?」と題して、世界最大のカツラメーカーである株式会社アデランスの米国での研究機関アデランス・リサーチ・ インスティテュートが研究開発していた近未来型の毛髪再生医療である JiGami™ から事実上撤退していたという話題です。



JiGami™ ・・・それは近未来型の毛髪再生医療の中でも最も実現が近いとされていた究極の研究開発なのです。



2014年に市場に投入されると予定されていたアデランス・リサーチ・ インスティテュート(AderansResearch Institute:ARI)の近未来の毛髪再生医療JiGami™ シリーズですが詳細な続報がないまま今日まで来てしまいました。


なによりもアデランス側からの正式発表はなく事実上の事業撤退なのか研究開発の遅延または一時的な中断なのかもハッキリしない状態であり薄毛・若ハゲ諸兄もヤキモキされていた事と思います。

現在でもネット上にはARIに関する記事が多数見受けられますが、いずれもアデランスの正式発表ではなく業界事情通の談話として語られる事が多く推論の域を出る事はありませんでした。




『参考資料』
アデランス・リサーチ・ インスティテュート公式webサイト(未検出)
http://www.aderansresearch.com/







2013年後半にはARIの公式webサイトが未検出となりましたが当初は単なるアクセス障害か又はサイトリニューアルの為ではと考えられていましたが待てど暮らせど再開する様子はありませんでした。

私もネット上に存在するアデランスの資料を再度掘り起こしてみましたが2012年中頃以降の国内向けプレスリリースにはJiGami™ シリーズに関する記述はありませんでした。

当初は華々しく発表され数百憶円の資金を投入していたと言われるJiGami™ シリーズですが、一体アデランスにどのような事情があったのでしょう。


アデランスからの国内向けの正式発表はないもののJiGami™ シリーズからは、すでに撤退したと噂されており、今回は会社発表の資料や報道記事を元に検証してみたいと思います。


その前に、今回のJiGami™ 撤退劇に登場する主要なキャストを簡単に説明しておきます。



株式会社アデランス

1968年(昭和43年)09月に根本信男・平川邦彦・大北春男の三氏が「個人商店アデランス」を創業、現在では世界最大のカツラメーカーとして知られる超有名企業なのです。

創業以来、成長を持続させ現在では日本をはじめ米国・ヨーロッパ・アジア圏も含めて世界15ヶ国に子会社・関連会社を展開しています。



BOSLEY(ボズレー・メディカル・インスティチュート:BMI)

1974年に米国カリフォルニア州ビバリーヒルズにおいて形成外科医であるL・リー・ボズレー博士によりボズレー・メディカルとして創立された全米屈指の植毛クリニックチェーンです。

自毛移植手術の分野において「自然な美しさ」を、追求したカリスマ的存在であり、そのアート感覚と繊細なテクニックは、自毛移植手術に対する世の評価を、一変させたとも言われています。

また自らFollicular Micrografting(毛包マイクロ植毛法)やVarigrafting(バリエーション植毛法)などの手術法も開発し、博士自身、数万件以上の手術実績があり特にボズレー博士は、後進の育成・指導にも熱心で定評があると言われています。

現在はメディカル・ディレクターにケン・ワシニック医学博士が就任しています。

2002年01月にはアデランスは、ボズレー・メディカルを総額約77億円で買収しました。



アデランス・リサーチ・インスティテュート(ARI)

2002年06月にBOSLEYの付属研究機関としてアデランスにより創設されました。

米国ジョージア州アトランタ(研究所)とペンシルベニア州フィラデルフィア(製造拠点)にありアデランスの毛髪培養JiGami™ の研究開発拠点として世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちからも総本山として崇められる存在です。

ボズレー・メディカルのケン・ワシニック博士が、CEO(最高経営責任者)に就任しています。



スティール・パートナーズ

1993年に代表者であるウォーレン・リヒテンシュタイン氏により米国で誕生したスティール・パートナーズは企業からハゲタカと恐れられる投資ファンドであり敵対的買収を基本戦略としています。

企業再建や企業の成長には興味はなく、只々高値で売る抜ける事を目的としています。




アデランスと毛髪培養・・・一見すると関連性は薄いと思われかもしれませんが実はアデランスは1990年代より毛髪培養に着目していたのです。

アデランスにとってカツラは重要な商品ですが今後創業時のような成長性は期待出来ません。

女性用のフォンテーヌブランドも立ち上げ、それなりに順調のようですが創業時のような勢いを取り戻すまではいきまん。

将来、カツラに代わる新たな成長戦略の必要性を痛感したアデランスは、毛髪培養(ヘア・クローニング:Hair follicle coloning)に着目し細胞工学の領域に踏み込んでいく事になるのです。

ヘア・クローニング・・・それは患者の頭皮から特定の細胞を採取し独自の技術で加工し分裂・増殖させ大量にクローンを作製し再度患者の患部に注入移植するという究極の近未来型の毛髪再生医療なのです。

当初は全国の大学などの研究室を訪問して研究資金の提供の申し出をおこない、共同研究という形でアデランスの毛髪培養研究はスタートしたのです。

・・・とは言え毛髪培養研究は、そう簡単に完成するものとは思えませんし、その研究は困難を極めたものと容易に想像できます。


しかし、その後アデランスにとって大きな転機が訪れます。


2002年01月に全米屈指の植毛クリニックチェーンであるボズレー・メディカルを総額約77億円で買収、同年2002年06月ジョージア州アトランタに付属の研究所であるアデランス・リサーチ・インスティテュートを開設したのです。


このボズレーの買収とARIの創設によりアデランスの毛髪培養研究は一気に加速する事となるのです。

2002年02月にはJiGami™ コンセプトを提案、2006年09月には早くも米国でフェーズ1(第1相試験)が実施されたです。



『参考資料』
2010年06月10日プレスリリース『毛髪培養における毛髪再生』(PDFファイル)
http://www.aderans.co.jp/corporate/ir/management/pdf/m_management_handout_2.pdf#search='



ボズレー博士の懐刀であるメディカルディレクターのケン・ワシュニック博士も国際的な学術会議でARIの毛髪培養研究を引っさげて華々しくスピーカーとして登壇し一躍アデランスの名を世界に轟かしたです。



傍目には順風満帆なイメージのJigami™ の研究開発ですが、実はこの時期に世界最大のカツラメーカーであるアデランスは創業以来の最大の危機に陥っていたのです。


事の発端は、ハゲタカと呼ばれ怖れられた米系投資ファンド、スティール・パートナーズ(ウォーレン・リヒテンシュタイン代表)が、発行済み株式の27.7%を取得し一躍筆頭株主に躍り出たのです。

2009年05月の株主総会では、スティール・パートナーズ側の株主提案で新経営陣を送り込む事に成功し、事実上経営権を掌握し創業時の旧経営陣は排除される事になるのです。

当初、株主総会で社外取締役として新経営陣のひとりとして送り込まれた大槻忠男氏は同年12月には社長兼最高執行責任者(COO)に就き、翌年の2010年には社長兼最高経営責任者(CEO)にまで登りつめる事となるのです。

新経営陣は従来不評であった押売り商法の廃止など運営面でも経営の健全化を目指すと共にさらに矢継ぎ早の新戦略を打ち出しますが、社内でも混迷を極める事となるのです。


その混迷の象徴的な出来事が商号の変更だったのです。

2010年09月01日付けには知名度高い『アデランス』から新社名である『ユニヘアー』に変更したのです。

それは旧態依然とした『アデランス』との決別の意味が込められていたのかもしれません。




『参考資料』
2010年年09月01日プレスリリース『吸収合併による会社統合と株式会社ユニヘアーへの商号変更のお知らせ』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/kzOO/lQLC/lZiG.pdf






しかし中期的な会社再生を目指す新社長とハゲタカの異名を持つスティール・パートナーズの代表とが経営方針を巡り徐々に対立を深める事になるのです。

2007年度にカツラ需要もピークを迎え減少傾向に転じています。

一見すると日本は少子高齢化であり薄毛人口も増加している事からカツラを使用する層は多いように感じます。

しかし実際は、若年層では被り物系であるカツラに対する抵抗感は根強く、さらに年配層では定年退職などで高額なカツラの維持費の捻出が困難になり仕事もカツラも両方リタイヤ(引退)するケースも多いようです。

女性用カツラのフォンテーヌブランドも当初は順調であったと思われますが業績回復の決定打にはなり得ません。

長引く業績不振を右肩上がりに回復させる事は、いくら経営手腕のある大槻氏でも至難の技以外の何物でもないのです。

大槻氏ら新経営陣が提案する大胆な再建案もスティール・パートナーズから見れば不満以外の何物でもなかったのでしょう。

更なる資産の売却や不採算部門の切り離しを要求してきます。

本来、カツラを容認しない層を対象としたBOSLEYや長期戦略として未来を託したJiGami™ シリーズのような北米事業も例外ではありません。

報道では大槻氏は、これら北米事業に関しは理解を示し「必要不可欠である」と考えていたようですがウォーレン・リヒテンシュタイン代表と強い見解の相違があったようです。



しかし、このような混乱の中においてもARIのJiGami™ の臨床試験は順調に進んでおり株式会社ユニヘアー名義で2010年11月と12月には立て続けにJiGami™ シリーズに関するプレスリリースが発表されたのです。




『参考資料』
2010年11月12日プレスリリース『アデランス・リサーチ・インスティテュートが国際的な毛髪外科学会で実績を発表』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/kzOO/ckI2/BcNk.pdf#search='%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%80%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E6%96%B0%E7%A4%BE%E5%90%8D%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%8E%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%98%E3%82%A2%E3%83%BC'


2010年11月17日プレスリリース『アデランス リサーチインスティテュートが臨床試験で200事例を登録』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/kzOO/PtB6/UiQr.pdf#search='%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%8C%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%82%BA%EF%BC%92+%E8%87%A8%E5%BA%8A%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%A7%E7%94%BB%E6%9C%9F%E7%9A%84%E3%81%AA%E6%88%90%E6%9E%9C'


2010年年12月10日プレスリリース『アデランス・リサーチ・インスティテュートの臨床試験第1段階で、約半数の被試験者が1年後も毛髪成長中』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/kzOO/uSXZ/alts.pdf#search='%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88'




スティール・パートナーズの目的は短期で企業価値を上げ高値で売却する事であり、本来の企業再生を目指す大槻忠男新社長とは、そもそも水と油だったのかもしれません。


送り込んだ側と送り込まれた側の対立という予想困難な番狂わせに世間は固唾を飲んで見守りました。

業を煮やしたスティール・パートナーズ側は2011年02月に開かれた取締役会で大槻氏を解任し創業者のひとりである現会長の根本信男氏に社長復帰を要請、71歳にして代表取締役会長兼社長として再登板し社内外から疑問視されていた社名ユニヘアーもわずか1年足らずの2011年07月01日に社名をアデランスに戻すなど原点回帰を目指しました。




『参考資料』
2011年年04月06日プレスリリース『商号の変更及び定款の変更に関するお知らせ』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/kzOO/pb2P/zw0Y.pdf


ユニヘアーからアデランスへ。 投稿日:2011年 4月 8日(金)00時05分20秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/45




2011年12月に発表されたコーポレートプロフィール(企業情報)によると『アデランスグループの毛髪再生医療研究』としてBOSLEYと共に大きく取り上げられており、この時期までは研究開発は順調に継続されていたものと考えられます。





『参考資料』
2011年12月 コーポレートプロフィール2011(PDFファイル)
http://www.aderans.co.jp/corporate/company/img/ade2011cb.pdf#search=%27Aderans+Research+Institute%27







2009年04月27日に初めてクローン中山様のブログ『毛髪培養ブログ』でも「アデランス 毛髪培養の臨床試験フェーズ2開始」というタイトルで記事がアップされ、その後も進捗状況の続報記事が出る度にJiGami™ の知名度は上がり日本国内の薄毛・若ハゲ諸兄たちも大きな期待を寄せていたのです。




『参考資料』
毛髪培養ブログ - 毛髪再生医療による毛髪の再生 -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/


2009年04月27日: アデランス 毛髪培養の臨床試験フェーズ2開始(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-80.html

2010年03月14日: Aderansによる毛髪再生医療 - trx2.com -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-162.html

2010年05月23日: 毛髪培養 臨床試験フェーズ2拡大へ - Aderans Research -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-173.html

2010年07月06日: 毛髪培養「Jigami™」を2014年に市場投入 -アデランス - (未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-177.html

2010年11月23日: 毛髪培養 Aderans Research 学会でも注目を集める - sfgate.com -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-198.html

2010年11月28日: 毛髪培養 「Jigami™」 臨床試験200人達成へ -Aderans Research-(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-200.html

2010年12月16日: 毛髪培養「Jigami™」 半数以上で効果 - Aderans Research -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-204.html

2011年07月28日: 毛髪培養「Jigami™」の概念と臨床試験(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-234.html

2011年09月12日: 毛髪培養の開発に150億円を投資② - Aderans Research -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-239.html

2011年09月11日: 毛髪培養の開発に150億円を投資① - Aderans Research -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-238.html

2011年10月08日: 毛髪培養、国際自毛移植学会でのテーマにも - Aderans Research -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-243.html

2011年11月02日: 毛髪培養「Jigami™」臨床試験300人到達へ。「Aderans HPA™」も開発(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-252.html

2011年12月01日: 毛髪培養JiGami™ 新たに4都市で臨床試験拡大へ。- Aderans Research -(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-259.html

2012年02月01日: 毛髪培養JiGami™、冬期皮膚臨床医療学会2012で話題に(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/blog-entry-267.html




2012年01月24日のアデラランス名義のプレスリリースでも米国ハワイ州マウイで開催された2012年冬季 臨床皮膚科学会議(the 2012 Winter Clinical Dermatology Conference)においてARIのJiGami™ シリーズの研究開発が『新たな脱毛治療』という演題で発表され高い評価を得たようです。




『参考資料』
2012年01月24日プレスリリース
『アデランス・リサーチ・インスティテュートがハワイでも高い評価を獲得』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/oWM7/Jd02/OQZV.pdf




そして、その期待が最高潮に達したのが以下のプレスリリースだったのです。


『参考資料』
2012年03月28日プレスリリース
『アデランス・リサーチ・インスティテュートがフェーズ2 臨床研究で画期的な成果』(PDFファイル)
http://pdf.irpocket.com/C8170/oWM7/N28u/eEWL.pdf







この株式会社アデランス名義のプレスリリースで薄毛・若ハゲ諸兄たちを興奮の坩堝(るつぼ)に叩きこんだのです。


しかし、上記のプレスリリースが発表された数か月後のコーポレートプロフィール2012では前年まで大きく取り上げられていたARIの記述が完全に削除されており、ある種の矛盾と迷走を暗示していたのです。




『参考資料』
2012年07月 コーポレートプロフィール2012(PDFファイル)
http://www.aderans.co.jp/corporate/company/img/ade2012cb_r.pdf#search='Corporate





業界事情通の談話では2013年の中頃、05月から07月にかけてARIへの資金提供を停止、その後ARIは清算手続きに移行したようです。

ARIの公式webサイトが閉鎖された時期とも符合するので間違いのない事実でしょう。


一時はRepliCel社の毛髪再生技術RCH-01、Histogen社のHSC(Hair Stimulating Complex)、ACELL社のACELL、ARIのJiGami™ シリーズと日本のみならず欧米各国からも注目されていましたが、最も実現が近いと思われたJiGami™ シリーズの消滅は残念としか言いようがありません。

数百億円の研究開発資金の投入と350人とも言われる臨床試験まで実施しており安全性や治療効果には十分な自信があったと思われますが、スティール・パートナーズによる混乱の中での苦渋の決断であったものと思われます。



その後、解任された大槻氏は「虚偽の解任理由の公表で名誉を傷つけられた」として損害賠償として慰謝料など計2300万円を求めアデランスを被告として東京地裁に提訴し反撃の狼煙を上げました。

一方スティール・パートナーズはアデランスの保有株式を大量に売却し2014年02月28日の決算報告書では、筆頭株主としては、その名は消えていました。


結果として長期的な展望であったARIのJiGami™ シリーズは消滅し残ったのは元のカツラ事業だけなんて笑うに笑えない結末となってしまいました。

一連の騒動とは一体何だったのでしょうか!?結局一番割りを食ったのはJiGami™ シリーズの完成を待ち望んでいた世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちだけだったと言う事になるのです。



ひとは、いつかは目の前にある現実を受け入れなければなりませんが、このまま埋もれさすには惜しい研究です。

現在、日本は再生医療に関する法整備が進み再生医療の導入の可能性は世界で最も高い国です。

米国は確かに薄毛人口も多く市場は大きいという利点はあるかと思いますが医療機関で正式に実施するには難関が多くハードルが高すぎます。

日本国内の研究機関に今までに蓄積したJiGami™ シリーズの基礎研究や応用研究のデータを移行しアジア圏の富裕層をターゲットに絞ったほうが良かったかもしれません。



アデランスのJiGami™ シリーズ・・・一企業が果敢に挑んだ毛髪再生研究を世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちは決して忘れる事はないでしょう。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、2011年12月コーポレートプロフィール2011『アデランスグループの毛髪再生医療研究』(PDFファイル)の画像。
下段は、2012年03月28日プレスリリース『アデランス・リサーチ・インスティテュートがフェーズ2 臨床研究で画期的な成果』(PDFファイル)の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

RepliCel社 リーバックラーCEO インタビュー  Market One Minute

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 9月 3日(土)22時52分11秒 softbank126015213136.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「RepliCel社 リーバックラーCEO インタビュー  Market One Minute」と題して、近未来型の毛髪再生医療を研究開発しているカナダのRepliCel社のリーバックラーCEO(社長兼最高経営責任者)が、カナダの経済番組「Market One Minute」に出演し、今後の展開と提携パートナーである資生堂についてインタビューを受けた動画を、ご紹介するという話題です。



RepliCel社 公式webサイト
http://replicel.com/




RepliCel




カナダに本拠を置くバイオテクノロジー企業、RepliCel社(RepliCel Life Sciences Inc.)の社長兼最高経営責任者のリーバックラーCEOが、マーケット・ワン・メディア・グループの経済番組である「Market One Minute」で、インタビュワーのハンナ・バーナードのインタビューを受け、今後の展開や資生堂とのパートナー関係、現在開発中の次世代型のインジェクターRCI-02について語りました。



Lee Buckler of RepliCel Life Sciences Inc. Interviewed on Market One Minute(4分12秒)日本語字幕変換可




「Market One Minute」は、日本で例えると「日経サテライト」のような番組で特に投資家が情報収集の為に視聴しているようです。

リーバックラーCEOは、これらのインタビュー番組に精力的に出演しており、自社の展開について語っています。


特にカナダは国家レベルで再生医療に力を入れており、投資家も大きな期待を寄せています。

世界的な化粧品メーカーである資生堂との提携も大々的に報道されており、リーバックラーCEOも度々この「資生堂との提携を誇りに思う」と発言しています。

日本の超優良企業である資生堂との提携は投資家に対しても強力なインパクトがあった事は間違いありません。


そしてインタビューの後半では現在開発中の次世代型のインジェクターRCI-02について触れています。





『参考資料』
RepliCel社が開発した次世代型のインジェクターRCI-02の画像。

RepliCel社が開発した次世代型のインジェクターRCI-02





RCI-02は、RepliCel社のRCH-01(毛髪再生)及びRCS-01(皮膚再生)そして RCT-01(アキレス腱修復)をサポートする為に専用に開発されました。


本来、RepliCel社はデバイス(医療機器)のメーカーではありませんが、真皮層や皮下脂肪組織に対し特定の深度、均一のボリュームで注入する事が必要な為に開発されたものと思われます。

プロトタイプ(試作品)はすでに完成しておりヨーロッパでは2016年以内に発売を予定しているとし現在、産業および規制試験のための最終調整段階のようです。

近いうちにCEマークの取得も問題ないでしょう。



それでは次世代型のインジェクターRCI-02についての具体的な概要についてです。


画像を見ると非常に洗練されたデザインであり、また携帯性に優れ、操作性を追求したコンフォートグリップはもちろん、ハイパワーのLED光を装備し、すべてを制御するタッチスクリーン式のディスプレイモニターを搭載したドッキングステーションが標準化されています。


電力供給や設定はドッキングステーションでおこないデジタルコントロール化する事により注入プロセスを簡素化しています。


注入の為に設定した指定の深度やボリュームをターゲットに対し確実にヒットさせるのです。

RepliCel社の細胞製品以外にもヒアルロン酸や脂肪溶解剤及びコラーゲン製剤の注入など応用範囲は広いとされています。


また製品メンテナンスもよく考えられており治療前の麻酔薬投与の為に組み込まれたペルティエ素子(サーモ・モジュール:板状の半導体素子)は殺菌のための取り外し可能であり、インジェクターのヘッド部分をはじめ操作性や整備性には、かなり工夫が凝らされているようです。

局所麻酔をRCI-02で行う事により別に麻酔注射をする必要がなくなるのです。


予め薬剤を充填したカートリッジは使い捨てであり素早く交換する事により治療の時間短縮を実現しています。


ヘッド部分には注入の為の針が16針(4×4)設置されており任意で1針から16針まで増減が可能な交換型のヘッド構成を持ち、広い表面積被覆率を実現した世界初の電動式注入装置なのです。


従来、薬剤の注入は手動でおこなう為に医師の技量に大きく左右される事が多く治療結果にもムラが生じましたが次世代型のインジェクターRCI-02の登場により結果の一貫性も向上するのです。

デザインや操作性、衛生面で配慮されたRCI-02はデジタルコントロールに依存する事により近未来型の毛髪再生医療を強力に支援するのです。


RepliCel社の次世代型のインジェクターRCI-02は同社が研究開発した毛髪再生技術RCH-01にも導入する事により良好な治療結果を得る事が出来るでしょう。




再生医療に関する法体系が整った事により今や日本は世界で最も有望な巨大市場として世界中のバイオテクノロジー企業が熱い視線を送っているのです。



薄毛・若ハゲ諸兄たちにはRCH-01の陰に隠れて海外の掲示板でも、あまり語られる事のなかったRCI-02ですが、強力な支援ツールである事は間違いありません。



資生堂&RepliCel社・・・とにかく日本での正式実施が待ち遠しいものです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、RepliCel社 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、RepliCel社が開発した次世代型のインジェクターRCI-02の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

再生医療JAPAN2016 パシフィコ横浜

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月27日(土)23時20分32秒 softbank126015047010.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「再生医療JAPAN2016 パシフィコ横浜」と題して、国内初パートナリングイベントである再生医療の展示会である再生医療JAPAN2016(Regenerative Medicine Japan 2016)がパシフィコ横浜で開催されるという話題です。



再生医療・・・それは生体が本来持っている力を最大限に引き出す究極の医学なのです。



2014年に、再生医療に関する法令が施行された事により、それまで曖昧であった再生医療の定義とポジションが明確になりました。

2000年代に入り多くの企業が再生医療分野に参入しましたが、まだまだ海外勢との差は大きく一刻も早い法整備が求められていたのです。

なによりも2012年に京都大学iPS細胞研究所所長である山中伸弥教授がケンブリッジ大学名誉教授のジョン・バートランド・ガードン博士(発生生物学)とノーベル生理学・医学賞を共同授賞した事が大きな契機なっている事は間違いのない事実なのです。



『参考資料』
Nobel prize winner Shinya Yamanaka(山中伸弥) says-don´t believe your teacher!
(0分46秒)日本語字幕変換可





山中伸弥先生の受賞で日本国内でも一躍脚光を浴びた再生医療ですが、その再生医療の祭典である『再生医療JAPAN2016』がパシフィコ横浜のDホールで2016年10月12日(水)~14日(金)に開催される事になりました。




『参考資料』
再生医療JAPAN2016 公式webサイト
http://saiseiexpo.jp/main/ (日本語版)

http://saiseiexpo.jp/ (英語版)




再生医療JAPAN2016 パシフィコ横浜




主催は、FIRM(一般社団法人・再生医療フォーラム)JBA(一般財団法人・バイオインダストリー協会)株式会社JTBコミュニケーションデザインの共催となりイベントの事務局はJTBコミュニケーションデザイン内に設置されています。



FIRM(一般社団法人・再生医療フォーラム) 公式webサイト
https://firm.or.jp/

JBA(一般財団法人・バイオインダストリー協会) 公式webサイト
http://www.jba.or.jp/pc/index.html

株式会社JTBコミュニケーションデザイン 公式webサイト
http://www.jtbcom.co.jp/



国内外のバイオテクノロジー企業が一堂に会する、この展示会は最先端の研究開発やテクノロジー、デバイスが大集結する一大イベントなのです。


特に近年は欧米各国をはじめアジア圏であれば韓国勢の躍進は凄まじく上市製品が少ない国内企業にとってもこの上ない刺激になるでしょう。

一部専門家の為の展示会のように思われがちですが、一般の入場も可能ですので是非興味のある方はお立ちより願えればと思います。

展示ブース以外に専門家が会する予約制のクローズドセミナーや一般入場者が見学可能のように展示会場の中央に位置するオープンステージや会場内に設営された四か所のプレゼンテーション会場でオープンセミナーや出展者のプレゼンテーションなど盛り沢山の内容となっています。

また単に研究開発成果の展示会に留まらず日本初のパートナリングプログラム(マッチング・システム)方式を導入する事により新たなビジネスチャンスを広げてくれるでしょう。



尚、再生医療JAPAN2016は、1986年の初開催から今回で18回目の開催を迎えるバイオビジネスにおけるアジア最大級のパートナリングイベント!であるBioJapan2016(C・Dホール)との同時開催となり、イベント全体では世界30ヶ国から750以上の企業や研究機関の参加が見込まれるバイオテクノロジーでは世界規模の巨大イベントになる予定です。



『参考資料』
BioJapan2016 公式webサイト(同時開催展示会)
http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/




一般の展示会入場料は5,000円(税込)で設定されていますが、事前にWebサイトで登録された方また招待状を持参の方は入場無料となります。


近未来型の毛髪再生医療関連では、話題のHistogen社(米国)やRepliCel社(カナダ)も出展予定です。




再生医療JAPAN2016・・・アジア最大級の再生医療の祭典である事は間違いありません。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、再生医療JAPAN2016 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、BioJapan2016 (同時開催展示会)公式webサイトの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

Histogen社 ゲイル・K・ノートン博士への電話インタビュー!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月24日(水)21時02分10秒 softbank126015213136.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「Histogen社 ゲイル・K・ノートン博士への電話インタビュー!」と題して、1999年に開設した海外の毛髪系サイト HairLossTalk.com が、Histogen社、社長兼最高経営責任者であるゲイル・K・ノートン博士への電話インタビューを成功させたという話題です。



HairLossTalk.com・・・それは世界最大の脱毛症患者の為のコミュニティなのです。



1999年に米国で誕生したHairLossTalk.com は、脱毛症に関する最新情報や研究開発動向をはじめ製品レビューやディスカッションフォーラム(掲示板)フォトギャラリー、ビデオキャスト、リソースライブラリなどの豊富なコンテンツが魅力の消費者の為の情報サイトです。

現在6.000名以上の男女メンバーのプロフィールが登録されておりweb上で脱毛症患者のためだけのソーシャルネットワーキングコミュニティを構築しています。



『参考資料』
HairLossTalk.com
https://www.hairlosstalk.com/

HairLossTalk.com



そのHairLossTalk.comの創設者であり、オンライン・ヘルス・ネットワーク社(米国・フロリダ州マイアミ)社長ケビン・ランズ(Kevin Rands)氏が、Histogen社の社長兼最高経営責任者のゲイル・K・ノートン博士への電話インタビューを成功させたという記事が同サイトに掲載されました。




『参考資料』
ゲイル・K・ノートン博士へのインタビュー記事 Histogen HSC Clinical Trials Update
https://www.hairlosstalk.com/news/new-research/histogen-hsc-interview-0816/

ゲイル・K・ノートン博士へのインタビュー記事 Histogen HSC Clinical Trials Update




また併せて電話インタビューの模様も動画として公開されています。




Histogen HSC Clinical Trials Update - Aug 2016(17分00秒)日本語字幕変換可





今回のHistogen社とHUAPONTライフサイエンスとの600万ドルの資金調達に関するプレスリリースは2016年08月15日にHistogen社のwebサイトで発表されていますが、08月18日に記事は掲載されています。

当初、広報担当者であるアイリーン・ノートンブラント氏に電話でのインタビューを申し込み、その後ゲイル・K・ノートン博士へのインタビューが続きます。

冒頭ではインタビュアーのケビン・ランズ氏がインタビューを応じてくれた事への感謝を表し話題は今回の資金調達の件に移ります。




『参考資料』
Histogen社 中国企業HUAPONTライフサイエンスより600万ドルの資金調達! 投稿日:2016年 8月21日(日)
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/213




ゲイル・K・ノートン博士はHUAPONTからの投資を歓迎しており今年中に中国本土でのHSCの本格的な商業化に向けた正式協議に入るとしていますが現在は、その協議のレイアウトの作成段階であると説明しています。

さらに今後の資金調達に関しても12ヶ月で追加の1.100万ドルも調達可能としています。


またメキシコと米国でもHSCの臨床試験が継続しており米国でフェーズ3に移行する事に期待をしているようが、その前に女性の臨床試験フェーズ1の申請も示唆しています。

予期せぬ遅延の可能性を含める必要があると発言していますが、現時点では開発は順調であると判断しています。


その後、インタビューはHSCの作用機序や問題点も含めて、かなり専門的になります。

インタビューではDPC細胞やDP細胞(真皮乳頭細胞)という単語が出てきますが、どうやら制御系T細胞の事のようです。

治療評価に関してはコンピュータ制御の機器を採用したが目視でも十分確認できたとの事です。



またインタビューでは日本での展開について質問しています。

近年、日本国内での再生医療に関する法律が整備された事により進出が容易になり、日本国内からの有力なパートナーの申し出もあるとの事です。

世界的には、これは規制緩和と理解されており、再生医療の分野では日本はトップランナーになる可能性も十分あるのです。


日本進出に関しては資生堂&RepliCel社の提携を、かなり意識しているのかもしれません。


インタビュー全体を通じてHSCの研究開発の進捗状況は予想以上に進んでいるとの印象を持ちました。

法体系の違いもあり先に米国以外での実施の可能性は、かなり高いと思います。

日本でのライセンス・パートナー契約の発表が待ち遠しいものです。


Histogen社 ゲイル・K・ノートン博士への電話インタビュー・・・海外の毛髪系サイトは、やはり進んでいますね。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、HairLossTalk.com のトップ画面の画像。
下段は、HairLossTalk.com のゲイル・K・ノートン博士へのインタビュー記事『Histogen HSC Clinical Trials Update』の画像

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

Histogen社 中国企業HUAPONTライフサイエンスより600万ドルの資金調達!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月21日(日)01時39分11秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「Histogen社 中国企業 HUAPONTライフサイエンスより600万ドルの資金調達!」と題して、近未来型の毛髪再生医療 HSC(Hair Stimulating Complex)で有名なバイオテクノロジー企業、Histogen社(Histogen Inc.)が中国企業、HUAPONTライフサイエンスと600万ドルの資金調達契約を締結したという話題です。



HSC(Hair Stimulating Complex)・・・それはまさに究極の近未来型の毛髪再生医療なのです。



Histogen社の2016年08月15日のニュースリリースによるとHSCの継続的な研究開発の為に中国・重慶市に本拠を置く複合企業HUAPONTライフサイエンスとエクイティ・ファイナンス契約を締結したと発表しました。

Histogen社の広報担当者であるアイリーン・ノートンブラント氏によると、この契約によりHuapontより600万ドルの投資を受け近未来型の毛髪再生医療であるHSCの研究開発を継続し将来の中国本土でのHSCの展開の足掛かりを獲得し最終的には1千800万ドルの資金調達を予定しているとしています。


また一方のHUAPONTは取締役としてヘイデン・チャン氏を送り込み Histogen社の将来の株式資金調達に投資する特定の参加権を得るとしています。


それでは両社に関する簡単な説明です。



『参考資料』
Histogen社公式webサイト
http://www.histogen.com/index.htm




Histogen社(社長兼最高経営責任者:ゲイル・K・ノートン博士)は2007年に米国サンディエイゴ州で設立されたバイオテクノロジー企業でありヒト胚性細胞や付加価値の高い成長因子や成分・製品を開発する事に特化した企業です。

現在開発中の近未来型の毛髪再生医療であるHSC(Hair Stimulating Complex)は特殊な環境を再現したバイオ・リアクター内で新生児の表皮細胞を培養することにより得られる成長因子とWntプロテイン(ウィントプロテイン)等のタンパク質を含む抽出液を頭皮に直接注入することにより毛髪を再生させる画期的な治療法です。


下記の動画は、Histogen社の社長兼最高経営責任者ゲイル・K・ノートン博士による企業プレゼンテーションの様子であり日本語字幕への変換可能です。




Histogen - Company Presentation(11分53秒)日本語字幕変換可






『参考資料』
HUAPONT PHARM公式webサイト
http://api.huapont.cn/



そしてHUAPONTライフサイエンス社は、中国・重慶市に本拠を置き、Pineworldキャピタル株式会社傘下として1994年09月に重慶華国製薬有限会社として設立されました。

革新的なヘルスケア製品を始めとして皮膚科製品、心臓血管製品、抗結核薬、自己免疫関連製品なのどの医薬品事業、大手製薬会社製品の製造、マーケティングおよび販売、また米国と南米では除草剤などの農業ビジネスを展開しており年間約11憶ドルの売上高を誇り従業員約7100人を有する巨大企業なのです。

深セン証券取引所(002004.SZ)に上場しており、現在、時価総額は30億ドルと評価されています。



HCSは、2011年春よりシンガポールで臨床試験を開始し日本国内では2003年に東京・表参道に開設された赤井クリニックが、Histogen社よりHCSの供給を受けて開始しています。

また2018年にはFDAの正式承認を得る可能性が高いと報道するニュースサイトもあります。




『参考資料』
佐藤まさひでクリニックHSC(Hair Stimulating Complex)第2次モニター募集のお知らせ 投稿日:2012年 1月10日(火)19時57分30秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/90

赤井クリニック HSC(Hair Stimulating Complex) 公式webサイト・リニューアル 投稿日:2012年 6月10日(日)00時42分18秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/118


赤井クリニック公式webサイト
http://www.akaiclinic.com/

トピックス HSCによる毛髪再生医療
http://www.akaiclinic.com/topics/p21.html

診療科目  毛髪再生医療
http://www.akaiclinic.com/treatment/hair.html






『参考資料』
赤井クリニック公式webサイトのトップ画面の画像
赤井クリニック HSC(Hair Stimulating Complex)





2013年に締結した資生堂&RepliCelとの電撃的なライセンス契約は今回の契約にもかなり影響しているものと考えられます。

上記の契約では中国、韓国を含むアジア全域を対象している為にHistogen社、HUAPONTライフサイエンスの両社とも強く意識しない訳にはいかないでしょう。

HUAPONT側も早期に投資という形でも参加しておかないと実施地域をアジア全域と希望する出資者が現れた場合、ビッグチャンスを逃してしまう可能性もあるのです。



近い時期にHistogen社はHUAPONTと中国本土でのHSCの本格的な商業化に向けた正式協議に入るとしており新たな展開が発表されるでしょう。



Histogen社・・・最近はHSCに関するアナウンスが少なく心配していましたが、研究開発は継続していたので、なにやらほっとしました(笑)





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、Histogen社公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、HUAPONT PHARM公式webサイトのトップ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

医薬品に関するサイトポリシー正式採用のお知らせ

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月16日(火)21時51分36秒 softbank126065165112.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「医薬品に関するサイトポリシー正式採用のお知らせ」と題して、2016年06月11日の投稿記事より試験的に導入していた医薬品に関する【追記】を、AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)のサイトポリシーとして正式採用したという話題です。


1999年08月21日、管理人faf氏の「育毛を科学的に検証する」との提唱のもと、あるひとつのサイトがスタートしました。


その名はfar a fact...(通称・faf)このfafが後に伝説への階段を駆け上がる事となるのです。



『参考資料』
far a fact...トップ画面・ver.2.1(拡大版)
http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/faf_top_jpg/faf_presen.to_top_ver.2.1.jpg



1999年は後に歴史に残るキラ星のようなwebサイトが数多く開設され毛髪系サイトの若き神々たちが、相次いで本格始動を開始した時代でもあったのです。



1999年05月      kaminoke.com

1999年05月      HIROの植毛日記(後に、ふさふさになろ!ドットコムと改題)

1999年06月05日     RiUPでハゲは治るか?

1999年06月17日     ふさふさになりたい!(最初期のタイトルは、TONGPOO Online)

1999年08月21日     far a fact...

1999年09月          育毛大辞典

1999年10月15日      Hageからの脱出By松本きよし Escape from Hage

1999年12月     ぶるーすと呼ばれる男たち(後に、ぶるーす系と改題)



当時、各毛髪系サイトの管理人たちはもちろん閲覧者たちの多くが育毛サロンやカツラメーカーの育毛コースと呼ばれる医学的根拠の乏しい施術といわれる行為により、その頭皮と心・・・そして財布に深い傷を負わされていたのです。


つまり俗な表現をすれば「やられにやられまくった!」という事になるのです。


そのような環境下で一個人が経済的利益を考えずに情報の発信や集約化を開始する訳ですから閲覧者たちも彼ら毛髪系サイトの若き神々たちに惜しみない賞賛の拍手を送ったのです。


それまで、たった一人で深い絶望の淵を彷徨い続けた薄毛・若ハゲ諸兄たちも若き神々たちのwebサイトに救いを求め、ほんの束の間の心の安息を得たのです。


「悩んでいるのは自分だけではない」と・・・


現代はインターネットで利益を得る方法が数多く存在しますが、当時は今ほど確立されていた訳ではありません。

それでも一部の管理人は次第に利益を追い求めるように徐々に、その頭皮を変質させる事になるのです。

しかしそれはまだ趣味と実益を融合させた段階であり現在ほど拝金主義的なものではありませんでした。


時は流れブログという情報発信手段が全盛を迎えるとインターネットの世界も大きな変革の波に飲み込まれていく事となります。

猫も杓子もブログ、ブログとまるで熱にうなされるようにブログを開設します。

多くの場合、明確なテーマもなく開設する訳ですから次第に放置される運命を辿ります。

仮に、どうしても読者に伝えたいテーマがあったとしても仕事の傍らの記事のアップは時間的な制約があり負担の大きいものです。


しかし利益誘導型のプログラムが多数登場してくると様相は一変します。


それまで自分のブログを放置していたブロガーまでもが利益を得る為に再挑戦するようになるのです。

もちろんマニアックなテーマで勝負すればいいのですが、中にはまったく自分自身が興味がない分野や単に利益率が大きいという理由だけでテーマを決定し、さらに利益拡大の為に複数ブログを運営するブロガーも多数出現するのです。

もちろんこのような行為にはなんら問題はありません。

中にはステルスマーケティングのようなグレーゾーンの手法も存在しますが法律的にも道義的にも違法行為ではありません。


つまりそれは扱う製品により事情は異なるという事なのです。

車が好きな人が車をテーマにブログを運営しグーグルアドセンスやアフィリエイトプログラムで利益を得る事はなんら問題はありません。

しかし毛髪系のブログの管理人が海外発送の未承認の医薬品のバナーを積極的に設置する行為は、大きな問題が生じる事になるのです。


なによりも自分自身と第三者の健康被害に直結する可能性があるからです。


少なくても毛髪系サイトを運営する管理人には「利益のみの為にやらないで欲しい」と私は切に願いますが、しかし今の時代もうそれは無理なのかも知れません。

利益を得るプログラムの導入自体には問題ありませんが海外発送の未承認の医薬品のバナーを積極的に設置する行為は、その背後に潜むアウトロー(ならず者)集団に加担する行為なのです。

今からでも遅くありませんが「利益が得られなければ明確にモチベーションが下がる」と主張するブロガーも存在しますので、この問題の闇は深いのかもしれません。

最近、各ブログなどを閲覧していると因果関係はハッキリしませんが健康被害を訴えるケースがあります。

特に長期にわたりミノキシジルタブレットを服用した為に体調不良を認識しているケースが多いようです。


AGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」の考案者である伝説の医療機関クリニックビタボナの開設者でもある孤高の天才ドクター、医学博士・故高橋日出彦先生は、その研究者生活を大脳生理学者としてスタートしました。

また薬理学、毒性学(薬の毒性)も、ご専門でした。

AGA治療の為にミノキシジルタブレットのような薬を多くの薄毛・若ハゲ諸兄たちが服用している状況を、ご存じになったらなんと思うでしょう。


きっと高橋先生は草葉の陰でお泣きになっているに違いありません。


私は高橋先生の著書を手垢がつくほど何度も何度も読み返したましたが、薬の副作用には、かなり厳しいドクターであったとの印象を持っています。


このような状況を鑑みた時に、私のサイトで医薬品に関するサイトポリシーを明確にするべきであると考えました。

下記の投稿記事より【追記】という形で試験的に導入してきましたが本日より【医薬品に関するサイトポリシー】として正式採用と致します。



男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル0.1mg、0.5mg 発売日決定!&男性型脱毛症情報サイト 発毛web グラクソ・スミスクライン株式会社  投稿日:2016年 6月11日(土)14時10分36秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/195



ミノキシジルタブレットを含む日本国内未承認薬・・・医師の管理下以外では絶対に使用するべきではありません。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、1998年06月01日 リヨン社/二見書房 『脱毛・ハゲは諦めないで私にまかせなさい 4カ月で若々しい髪がどんどん生えてくる!高橋Dr.の新アロペシア治療法』の画像。
下段は、医学博士・故高橋日出彦先生の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

メディカルSMP 日本初上陸! HIS Hair Clinic

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月14日(日)12時22分20秒 softbank126065165112.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「メディカルSMP 日本初上陸! HIS Hair Clinic」と題して、以前、毛髪培養ブログでも取り上げられていた事もある英国の HIS Hair Clinic が開発したメディカル・ヘアタトゥーが日本国内でも受けられるようになったという話題です。



メディカルSMP(Scalp MicroPigmentation)・・・・・・それは近年世界的に評価されつつある革新的なAGA(男性型脱毛症)の解決策なのです。



2002年に創始者のイアン・ワトソンとランビア・ワトソンが英国・バーミンガムにおいて開設したのがHIS Hair Clinic なのです。



HIS Hair Clinic 公式webサイト(英語版)
http://www.hishairclinic.com/



『参考資料』
HIS Hair Clinicの創設者 イアン・ワトソンとランビア・ワトソンの画像
HIS Hair Clinicの創設者 イアン・ワトソンとランビア・ワトソン




HIS Hair Clinic - New Headquarters & Scalp Micropigmentation Training Centre in Birmingham England(0分57秒)日本語字幕変換不可






ふたりが独自に開発したMHT(マイクロ・ヘアー・テクニック)と呼ばれる技術は特殊なインクと針を用い、色素を頭皮に注入する事により毛穴や毛髪と同じ形を描き、あたかもそこに毛髪が存在するが如く再現する革新的な技術なのです。

頭皮への刺青と表現される場合もありますが、メディカルSMPは一般的な刺青とは注入する深さ、針やインクの性質が大きく異なりアートメイクの一種として日本国内では医療従事者のみが施術可能な技術なのです。


スキンヘッドが坊主頭なる事は見た目にも大きな違いがあり、またこの技術ならAGA(男性型脱毛症)以外の先天性脱毛症などにも効果は高いと判断されます。



現在、HIS Hair Clinic は世界の主要都市でメディカルSMPを展開していますが、2016年、満を持して日本初上陸を果たしました。




SPJ(スカルプ・ピグメンテーション・ジャパン)公式webサイト
http://www.hisjapan.jp/

メディカルSMPセンター 表参道首藤クリニック公式webサイト
http://m-smp.com/




管理人クローン中山様が管理・運営する『毛髪培養ブログ -毛髪再生医療による毛髪の再生-』でも取り上げられていた事もある英国のHIS Hair Clinic ですが当時私は、この報道に非常に懐疑的でした。



毛髪培養ブログ-毛髪再生医療による毛髪の再生-(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/



なぜならそれは頭皮への刺青であり根本的な解決策には成りえないと考えたからです。

また当時公開された画像のほとんどがスキンヘッドに対する施術である事や日本国内では容易に受けられないなど私の興味をかき立てるものではありませんでした。


しかし時は流れ近年公開されている画像や動画は、スキンヘッドとはいえ、ある程度の既存毛髪が残存している薄毛に対して高度なテクニックを駆使する事により非常に高い視覚効果を実現しているようです。


下記の動画は、HIS Hair Clinic 制作の動画ですが機械翻訳ではない日本語字幕が採用されているために非常にわかりやすい内容になっています。




HISヘアークリニック・アル氏のケース(2分18秒)日本語字幕変換可





イアン・ワトソンとランビア・ワトソンのふたりが開発したMHTの技術もさらなる進化を遂げているようです。

現在、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、香港、ドバイ等などの主要都市にも展開しているメディカルSMPですが、各国の法令に合わせ医療機関やヘアサロンと提携し、または現地法人を設立したフランチャイズ方式を採用しているようです。

HIS Hair Clinicの直接経営ではなく技術指導に特化した展開をしています。


メディカルSMPの総本山、英国 HIS Hair Clinic ではさらなる技術革新を目指し3DメディカルSMPを開発しています。

既存の自毛移植と併用する事により、さらに立体的に再現する技術であるとしています。


メディカルSMPを受けた有名スポーツ選手も多数おり、今後注目の最先端の技術であると思われます。



メディカルSMP・・・日本古来の刺青とは一線を画した、この技術は薄毛・若ハゲ諸兄たちにとって、新たな選択肢になりうると思います。





さぁ私を信じてついて来なさい!





【重要特記事項】

2001年(平成13年)に厚生労働省医政局医事課長より各都道府県衛生主管部(局)長宛てに医師免許を有しない者が業として「針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為」を行えば医師法第17条「医師でなければ、医業をなしてはならない」に違反する旨の通達が出されています。


2001年11月08日(PDFファイル)
医政医発第105号『医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて』
https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/anzen/kyougikai/h15/documents/131109-a.pdf#search='2001%E5%B9%B4%E3%81%AB%E5%8E%9A%E7%94%9F%E5%8A%B4%E5%83%8D%E7%9C%81%E3%82%88%E3%82%8A%E3%80%8C%E9%87%9D%E5%85%88%E3%81%AB%E8%89%B2%E7%B4%A0%E3%82%92%E4%BB%98%E3%81%91%E3%81%A6%E8%A1%8C%E7%82%BA%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%A1%8C%E7%82%BA%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%8D'

2005年07月26日(PDFファイル)
医政発第0726005号『医師法第17条、歯科医師法第17条及び保健師助産師看護師法第31条の解釈について(通知)』
http://www.mhlw.go.jp/stf2/shingi2/2r9852000000g3ig-att/2r9852000000iiut.pdf#search='%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E6%B3%95%E7%AC%AC17%E6%9D%A1'




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、HIS Hair Clinic 公式webサイト(英語版)の画像。
下段は、SPJ(スカルプ・ピグメンテーション・ジャパン)公式webサイトの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

HARG神 まさる様③ AGA検査 5αDHTの血中濃度を測定

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月13日(土)14時24分57秒 softbank126065165112.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「HARG神 まさる様③ AGA検査 5αDHTの血中濃度を測定」と題して、日本国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®の患者として有名なHARG神 まさる様が、AGA検査 5αDHTの血中濃度の数値を測定するために血液検査を受けられたという話題です。



HARG療法®・・・それは国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療なのです。



HARG神 まさる様① PRP毛髪再生療法の開始を宣言!  投稿日:2016年 6月12日(日)14時16分18秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/197

HARG神 まさる様② PRP毛髪再生療法を断念!& 脱ミノタブ宣言!!」  投稿日:2016年 8月 7日(日)21時27分18秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/208



そのHARG療法®の患者の第一人者として有名なHARG神 まさる様が現在治療中のクリニックでAGA検査 5αDHTの血中濃度の測定のために血液検査を受け、その結果をブログで公開しています。




『ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/


2013年07月22日 第1回『ブログを開設した理由』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



2016年05月15日 PRP毛髪再生法!?
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-215.html

2016年05月31日 PRP療法、アンケート結果!! その他費用について
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-216.html

2016年07月10日 一度死のうと思います・・・・・
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-217.html

2016年07月14日 本日ハーグ療法治療日です!
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

2016年08月07日 脱ミノタブ宣言!!
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-219.html

2016年08月12日 プロペシアは効果がないのか、検証!
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-220.html




2016年08月12日の『プロペシアは効果がないのか、検証!』の記事では現在、服用しているフィナステリドが実際に5αDHT(5αジヒドロテストロン)の血中濃度を低下させているかを検証しています。


近年、AGA(男性型脱毛症)治療を実施するクリニックは星の数ほど存在しており、その多くがAGA関連の血液検査を導入しています。

検査項目は血液検査や遺伝子検査など数種類存在しますが、フィナステリドの内服効果を測定する検査を希望される方は多く、今回のHARG神 まさる様の検査結果は、0.19ng/mL(基準値:0.2-1.0ng/mL)という数値を示しており、あきらかに数値において、お薬の効果はあると判断できると思います。


また定期的に肝機能などの検査もおこない医師の管理下で慎重に使用する事が重要なのです。


それではなぜ!?血中の5αDHTが減少しているのにも関わらず脱毛数が増大しているのか、実に謎多き事例です。



AGA(男性型脱毛症)は性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降に発現する進行性の生理現象です。

それは自然の摂理、遺伝の法則に従って引き起こされるのです。

一般的には特別な疾患とは考えられていません。



近年AGAを疾患として捉える医療機関や製薬会社も存在しますが、私に言わせれば、それは多くの男性が持つ宿命であり特別な事ではありません。


しかしQOL(Quality of Life:生活の質)という観点からは、かなり問題があります。


あるヒトは20代前半から明確に周りから薄毛・若ハゲと認識され、片やあるヒトは幼少の頃からヘルメットのような無敵の剛毛の頭髪を維持し50代以降にやっと人並みの柔らかさになり多少の満足を得る。

薄毛・若ハゲは生殖活動が旺盛な青年期には圧倒的に不利であり損はあっても得はありません。

もちろんその不利な状況を乗り越え己を磨いていけば良い事なのですが、私を含めて多くの皆様方は只々薄暗い深き絶望の淵を彷徨うだけなのです。


世の中には、このような不条理が存在する事だけは間違いありません。


それでは今回の事例について具体的に考えてみたいと思います。


男性の場合、思春期になると精巣(Testicle)の間質に存在するライディッヒ細胞(Leydig cell)や副腎(adrenal gland)からアンドロゲン(androgen,男性ホルモン)の一種であるテストステロン(testosterone)と呼ばれる性ホルモンが放出されます。

精巣は哺乳類などでは睾丸とも呼ばれ動物の雄のみが持つ生殖器のひとつであり、特に脊椎動物の場合は精巣で精子を作りだす他に、ホルモンであるアンドロゲンを分泌する内分泌器官として知られており成人男性の精巣で、つくられる男性ホルモンの85%は、このテストステロンであり、一日の合成量は約8㎎であると医学博士・故高橋日出彦先生の著書には記述されています。

ライディッヒ細胞は精巣の精細管の付近に存在する超微細構造を持つ細胞でテストステロンを放出し、神経などとも密接な関係があります。

またライディッヒ細胞は胎児期の妊娠16週から20週にかけて形成されますが思春期になるまでは無活動の状態であると言われています。

ちなみに、このライディッヒ細胞は1850年にドイツの解剖学者フランツ・ライディッヒ(Franz.Leydig)により発見されライディッヒ細胞(Leydig cell)と命名されました。


次に副腎は、腎臓の隣に位置する事から副腎と呼ばれ哺乳類などに存在する器官で多種のホルモンを分泌する内分泌器のひとつです。



Leydig cell(3分13秒)日本語字幕変換可




そして還元酵素5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)についてです。

還元酵素5αリダクターゼは毛母細胞の細胞膜に存在する酵素です。

思春期以降、精巣のライディッヒ細胞や副腎から放出されるテストステロンと5αリダクターゼが結合し代謝・還元される事により脱毛を促す活性型男性ホルモン、5αジヒドロテストステロン(5-alpha-dihydrotestosterone,以下、5αDHT)に変換されます。


テストステロン+還元酵素5αリダクターゼ=5αDHTとなります。


この5αDHTが毛髪をつくる細胞の分裂・増殖に必要なタンパク質の合成を抑制し、毛髪の生産工場である毛包がミニチュア化(毛包の萎縮)する事により徐々に細毛化及び短毛化し毛髪の消失に至るのです。


近年は上記のメカニズムにおいて各種の成長因子や脱毛因子が特定されてはいますが、還元酵素5αリダクターゼ阻害物質であるプロペシア®やザガーロ®を使用する事は重要な対処法のひとつと考えられてます。



今回のHARG神 まさる様の血液検査では、基準値以内に収まっていますが、それは血中内の数値です。

どんな分野でも言えることですが数値だけでは説明出来ない何かが存在するものなのです。


睾丸から365日24時間休む事無く飽和攻撃を仕掛けてくるテストステロンに対し完全な迎撃システムを構築する事、還元酵素5αリダクターゼのレセプターをバリアーで封鎖し活性をさらに抑制する事、それでも警戒網を突破してきた5αDHTに対し局所において待ち伏せ攻撃で敵を殲滅・破壊する抗男性ホルモン剤が必要です。

もちろん物資の補給は最も重要である事は言うまでもありません(笑)



男性の場合は年齢と共に、ある程度、薄毛化していく事は致し方ない事かもしれません。

HARG神 まさる様の今回の記事では遺伝子に触れる内容もありますが、還元酵素5αリダクターゼの量が多いか、または活性が高いかという事になります。

還元酵素5αリダクターゼ欠損症など特別な症例を除いて普通は誰でもが持っている遺伝的要素である事は間違いありません。

HARG神 まさる様がヒトより過剰に受け継いでいるとは思えませんし、男性なら誰でもが持っている通常レベルであろうと思われます。

つまり今回の検査結果も、お薬の効果で数値は基準値以内に収まっていると言ってもそれは通常レベルであり脱毛してもおかしくないという意味の通常レベルなのかもしれません。

普通、頭髪が抜けても当り前の年齢であると考えられます。


かなり高齢になっても頭髪に不足を感じないケースも存在しますが、それらは極めて稀な例と考えたほうがいいでしょう。

5αDHTは毛包に対し頭髪ではマイナスに作用し、ヒゲや体毛ではプラスに作用します。

ではなぜ?・・・という事になると高橋先生の著書でも未だ解明はされていないという事になっています。

フィナステリドを使用して以前と比較して頭皮の皮脂が減少しているなど体感的にも認識できるケースもありますので、そのあたりをひとつ効果判定の指標にする事も重要でしょう。




記事の後半では資生堂&RepliCel社の毛髪再生医療技術 RCH-01 に触れ毛髪に対する飽く事の無き執念を見せつけてくれました。



資生堂&RepliCel社 毛髪再生医療技術 RCH-01 臨床試験受託医療機関決定! 投稿日:2016年 7月18日(月)13時58分36秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/203



HARG神 まさる様の執念には驚くほかありません。


毛髪再生医療技術 RCH-01 完全実施までには時間があり、何よりも現状を維持する事が重要なのです。

まずはミノキシジルタブレットの耐性リセットではなく完全離脱を目指し、そして最終仕上げとしてAGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム『新アロペシア治療法』を実施する事を強く推奨します。



2016年07月10日 新アロペシア治療法しかありません。
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-217.html#comment626



上記の私のコメントを意図的にスルーされているようですが、毛髪再生医療技術 RCH-01 の完全実施を待つよりは『新アロペシア治療法』の実施を真剣に考えるべきです。

つまり、そのような時期が、HARG神 まさる様に訪れているという事なのです。



今後もHARG神 まさる様の動きに要注目です。




AGA検査・・・真実の数値が一体何なのか私も知りたいものです。





さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、2016年08月12日『はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』の画像。
下段は、医学博士・故高橋日出彦先生の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

究極のナノテクノロジー ナノインパクト100 アジア市場に進出!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月11日(木)15時21分1秒 softbank126065165112.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「究極のナノテクノロジー ナノインパクト100 アジア市場に進出!」と題して、ナノテクノロジーでは世界的企業であるホソカワミクロン株式会社の子会社であるホソカワミクロン化粧品株式会社が販売している高浸透型発毛促進剤『薬用 ナノインパクト100』をアジア市場をターゲットに海外展開を開始するという話題です。


ナノテクノロジー・・・それはホソカワミクロンが100年にわたり築き上げた究極のテクノロジーなのです。


それは2006年04月27日の事です。


ホソカワミクロン株式会社より驚くべきプレスリリースが発表され薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
2006年04月27日 プレスリリース(PDFファイル)
養毛料「ナノインパクト(化粧品)」500 名限定会員募集(販売)開始のお知らせ
http://ke.kabupro.jp/tsp/20060427/241b01d0_20060427.pdf



それはホソカワミクロン株式会社の関連研究開発会社である(株)ホソカワ粉体技術研究所が開発した画期的な養毛料『ナノインパクト』を、500名限定の会員販売方式で販売を開始するという内容だったのです。

東洋医学とナノテクの融合から誕生した画期的な養毛料、そして世界特許出願中であり、2006年05月中旬より500名限定の会員に対し宅配方式で出荷を開始する旨の説明をしています。


1916年に大阪市西区で創業者・細川永一氏の手により『細川鉄工所』として産声を上げた、後のホソカワミクロンは粉体製造機や混合機他、集塵や除塵などのナノテクノロジー技術を応用したシステムの企画製造を得意としており、特に粉体製造システムでは世界トップレベルの技術を持つ企業として世界的に評価される企業なのです。

近年はナノテクノロジーを応用した化粧品や育毛剤を開発しており、薄毛・若ハゲ諸兄たちにも知られる存在になっているのです。


当初、養毛料・化粧品という位置付けであった『ナノインパクト』もその後、改良に次ぐ改良を重ね、さらに進化していく事となります。


2009年11月09日にはDDS(Drug Delivery System)技術の粋を結集した『ナノインパクトTera2.0』をサントリーウエルネス株式会社の通信販売において販売開始を発表し、翌年の2010年01月13日には、更なる新製品を市場に投入しています。




『参考資料』
2009年11月09日 プレスリリース(PDFファイル)
高浸透性頭皮料 【新商品】『ナノインパクト Teraテラ2.0』11月10日、サントリーウエルネス社から新発売
http://www.hosokawamicron.co.jp/jp/news/pdf/news20091109.pdf#search='2013%E5%B9%B45%E6%9C%8813%E6%97%A5+%E3%83%9B%E3%82%BD%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%B3++%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%88'

2010年01月13日 プレスリリース(PDFファイル)
【新製品】 高浸透型発毛促進剤『薬用 ナノインパクト WTera(ダブルテラ)』および『薬用 ナノインパクト WTera レディ』(女性用)を新発売
http://www.hosokawamicron.co.jp/jp/news/pdf/news20100113.pdf#search='%E3%80%90%E6%96%B0%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%80%91%E9%AB%98%E6%B5%B8%E9%80%8F%E5%9E%8B%E7%99%BA%E6%AF%9B%E4%BF%83%E9%80%B2%E5%89%A4%E3%80%8C%E8%96%AC%E7%94%A8%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%A4'





2013年05月13日には産学官の共同プロジェクトによるシリーズ最大の進化である高浸透型発毛促進剤『薬用ナノインパクトプラス』を発表し破竹の快進撃は留まる事を知りません。




『参考資料』
2013年05日13日 プレスリリース(PDFファイル)
【新製品】高浸透型発毛促進剤「薬用ナノインパクトプラス」を開発
http://www.hosokawamicron.co.jp/jp/news/pdf/news20130513.pdf

2013年10月 企業トピックス 高浸透型発毛促進剤の紹介 (PDFファイル)
https://www.hosokawamicron.co.jp/info/wp-content/uploads/2013/04/201310sgk.pdf#search='%E3%80%90%E6%96%B0%E8%A3%BD%E5%93%81%E3%80%91%E9%AB%98%E6%B5%B8%E9%80%8F%E5%9E%8B%E7%99%BA%E6%AF%9B%E4%BF%83%E9%80%B2%E5%89%A4%E3%80%8C%E8%96%AC%E7%94%A8%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%A4'

2015年02月 企業トピックス 高浸透型発毛促進剤の紹介 (PDFファイル)
https://www.hosokawamicron.co.jp/info/wp-content/uploads/2015/04/1502%E3%80%8C%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%83%88%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%80%8D%E3%83%9B%E3%82%BD%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%9F%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%B3%E6%A7%98.pdf#search='%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81%E3%83%BB%E8%82%B2%E6%AF%9B%E5%89%A4%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%B1%95%E9%96%8B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6'




ナノインパクトプラス キャンペーンver.(0分35秒)





2016年02月16日にはホソカワミクロン創立100周年を記念してスキンケア化粧品および頭皮ケア製品の全面リニューアルを実施し、究極の浸透型発毛促進剤『薬用 ナノインパクト100』を2016年04月11日に発売する事になります。



『参考資料』
2016年02月16日 プレスリリース(PDFファイル)
スキンケア化粧品および頭皮ケア製品のリニューアルについて
http://www.hosokawamicron.co.jp/info/wp-content/uploads/2016/02/news20160216.pdf




そして2016年06月14日に現行モデル『薬用 ナノインパクト100』を引っさげて将来の中国・韓国市場も視野にいれてアジア市場進出を発表しました。



『参考資料』
2016年06月14日 プレスリリース(PDFファイル)
化粧品・育毛剤の海外展開について
https://www.hosokawamicron.co.jp/info/wp-content/uploads/2016/06/news20160614.pdf#search='%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81%E3%83%BB%E8%82%B2%E6%AF%9B%E5%89%A4%E3%81%AE%E6%B5%B7%E5%A4%96%E5%B1%95%E9%96%8B%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6'


ホソカワミクロン化粧品株式会社『薬用 ナノインパクト100』 公式Webサイト
http://www.nanoimpact.jp/cp01/index.html




2014年09月に設立したホソカワミクロン化粧品株式会社よりシンガポールの有名物販WebサイトであるBest Buy Worldに同社の製品を掲載し、また世界最大のインターネット上の国際展示会であるAlibaba.com に化粧品および育毛剤を出展し世界中のバイヤーとの提携募集を開始しています。



『参考資料』
Best Buy World ナノインパクト100
http://sg.bestbuy-world.com/index.php?main_page=product_info&cPath=229&products_id=42723



今年2016年は創業者・細川永一氏がホソカワミクロンの前身である『細川鉄工所』を設立して丁度100周年を迎えます。


創業100周年に相応しい『100』を冠した『ナノインパクト100』がアジア市場でどのように評価されるか実に興味深いものです。


ナノインパクト100・・・ホソカワミクロン100年の技術を結集した究極の育毛剤なのです。



さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、ホソカワミクロン化粧品株式会社 ナノインパクト100 公式Webサイト、トップ画面の画像。
下段は、2016年06月14日 プレスリリース(PDFファイル)『化粧品・育毛剤の海外展開について』の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

HARG神 まさる様② PRP毛髪再生療法を断念!& 脱ミノタブ宣言!!」

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月 7日(日)21時27分18秒 softbank126065165112.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「HARG神 まさる様② PRP毛髪再生療法を断念!& 脱ミノタブ宣言!!」と題して、日本国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®の患者として有名なHARG神 まさる様に新たな動きがあったという話題です。


HARG療法®・・・それは国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療なのです。



HARG神 まさる様① PRP毛髪再生療法の開始を宣言!  投稿日:2016年 6月12日(日)14時16分18秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/197



そのHARG療法®の患者の第一人者として有名なHARG神 まさる様がPRP毛髪再生療法の開始を宣言されましたが、まさる様のブログの最近の記事では、なにやらある事情があり治療を断念したとの事でした。



『ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/


2016年05月15日 PRP毛髪再生法!?
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-215.html

2016年05月31日 PRP療法、アンケート結果!! その他費用について
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-216.html

2016年07月10日 一度死のうと思います・・・・・
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-217.html

2016年07月14日 本日ハーグ療法治療日です!
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-218.html

2016年08月07日 脱ミノタブ宣言!!
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-219.html



2016年07月10日の記事ではPRP毛髪再生療法の事前の血液検査で、あるホルモンの値が異常値に近い数値を示していたために治療には不適格と判断され、その為にHARG療法®を3回受ける事を決意したようです。

記事タイトルが『一度死のうと思います・・・・・』とかなり刺激的ですが現在、服用しているミノキシジルタブレットの効果が薄れ脱毛数が増大し一時的な使用見合わせも検討しているようです。


ミノキシジルタブレットの使用見合わせは、まさる様にとって、それは死にも匹敵する事なのです。


状況から察すると増大している脱毛数を減少させる事が急務であると思われます。

一般的に一日あたり100本前後の自然脱毛数は正常範囲と考えられていますが・・・とは言え精神的には辛く、さらに入浴時に毎日継続して50本~70本とかなり目立つ抜け毛があるという事は、おそらく1日に200本を超える脱毛がある可能性を否定できません。

例外はあるかもしれませんが脱毛数を減少させる事が先決であり、これなくして毛量のアップは難しいと思われます。

ヒョロヒョロになって、今にも抜け落ちる寸前の毛髪をしっかり頭皮に引き留め、毛包の賦活再生を計る・・・これが最も重要なのです。


過去のHARG療法の効果とミノキシジルタブレットの服用により改善してきましたが丸2年にわたり服用している為に薬の効果もかなり薄れてくるのは致し方ない事かもしれません。


ミノキシジルタブレットはAGA(男性型脱毛症)の改善には即効性はあるようですが、調べてみると副作用は凄まじく全身の浮腫みの他、なによりも不整脈や動悸など心臓に係る負担や他の疾患を誘発する要因にもなる事、美容的には顔面や各部位における体毛の大量発生と頭髪の改善と引き換えに犠牲にするものは、あまりにも大きいと思われます。

まさる様をミノキシジルタブレットを劇薬とまで表現していますが、正直この問題は、まさる様に限らず多くの使用者に共通した問題なのです。

ミノキシジルタブレットを中止すれば脱毛数が増大する恐怖から止めたくても止められないというのが本音なのです。

しかし現状では服用しているにも関わらず脱毛が止まらない状況では一度服用を中止しリセットすることが最善の策と判断されたようです。


2016年06月16日にHARG療法®を再開し、07月14日に2回目を終え次回は08月10日以降を予定しているとの事です。

この3回のHARG療法®により見事改善に向かえば何よりと思います。


AGA改善の為にすべてを賭ける、まさる様の姿勢は称賛に値するものであり、私ですら忘れかけようとしている熱い気持ちを呼び覚ましてくれるのです。


まさる様には、もし3回のHARG療法®で効果が実感出来なければ最後の手段としてAGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」を強く推奨するコメントを残しておきました(笑)


2016年07月10日 新アロペシア治療法しかありません。
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-217.html#comment626


ミノキシジルタブレットの耐性リセットではなく完全離脱をめざすべきだと思います。

PRP毛髪再生療法の事前の血液検査で、あるホルモンの値が異常値に近い数値を示してる事に関しては医療法人社団・土合会 セントラルクリニック『育毛・発毛外来』の栗山源慎先生に是非ご相談してほしいものです。


栗山先生はホルモン(内分泌)のご専門ですから、的確な診断をして頂けるでしょう。


今後もHARG神 まさる様の動きに要注目です。


ミノキシジルタブレット・・・医師の管理下以外では絶対に使用するべきではありません。



さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、2016年08月07日『はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』の画像。
下段は、日本国内未承認のミノキシジルタブレット2.5mgの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

ターゲットは日本国民の健康! レジットスクリプト日本語レポート

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 8月 1日(月)21時22分39秒 softbank126065165112.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「ターゲットは日本国民の健康! レジットスクリプト日本語レポート」と題して米国で誕生した不正オンライン薬局監視団体レジットスクリプトにより発表された日本における不正オンライン薬局の現状についてのレポートの話題です。


レジットスクリプト(LegitScript)・・・それはインターネットに潜むアウトロー(ならず者)集団と対決する正義の組織と表現しても決して過言ではありません。



レジットスクリプト公式webサイト(英語版)
https://www.legitscript.com/



米国で誕生した不正オンライン薬局監視団体レジットスクリプトは、かつてホワイトハウスの医療行政担当の補佐官であり、NASCARの評議員を勤めた経験のあるジョン・カーレン・ホートン氏(John.K.Horton)により設立されました。

米国オレゴン州ポートランドに本拠を置き、その初期の活動には医師の処方箋なくステロイド剤をオンラインで販売する巨大な地下組織のwebサイトを閉鎖に追い込んだ実績もあるのです。

彼らの活動はNABP(アメリカ全国薬事評議会連合会)によって支持され、オンライン薬局の検証と監視をおこなっています。

以下の動画はレジットスクリプトの社長兼最高経営責任者(CEO)のジョン・カーレン・ホートン氏が米国下院司法委員会の場でICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)のコンプライアンスプロセスにおける透明性の欠如について証言している動画です。

ICANNは、インターネット空間におけるドメイン名、IPアドレス、プロトコルポート番号及びパラメータ番号などを調整する事を目的として1998年10月に米国で設立された民間の非営利法人なのです。



ICANN公式webサイト(英語版)
https://www.icann.org/



LegitScript John Horton ICANN Testimony 2015 1(4分47秒)日本語字幕変換可






2014年04月01日には一般競争入札で『インターネット上の違法な医薬品販売に関するインターネットパトロール事業』を、22,451,186円で落札しており日本の厚生労働省と委託契約を締結しています。

不正オンライン薬局のwebサイト自体はもちろん、彼らがレジストラと呼ぶインターネット・プロバイダーやドメイン名登録業者に対しインターネットの遮断やドメインのロックを要請する権利を有しており、各国の行政機関と委託契約を締結している為に、そのような事が可能なのです。


そのレジットスクリプトが、2013年と2016年に日本における不正オンライン薬局の現状についてのレポートを日本語で発表していますので、ご紹介しましょう。




2013年05月15日
日本における不正オンライン薬局市場 2013年データと不正オンライン薬局ネットワークについて(PDFファイル)
http://www.legitscript.com/download/Japanese%20Threat%20Assessment%202013%20Update%20JAPANESE%20Version.pdf#search='%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%96%AC%E5%B1%80%E5%B8%82%E5%A0%B4+2013%E5%B9%B4%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%A8%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%96%AC%E5%B1%80%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6'


2016年01月
日本における違法医薬品広告問題 違法医薬品販売ウェブサイトが特定のレジストラへ集中している現状(PDFファイル)
https://www.legitscript.com/download/LegitScript%20Report%20on%20GMO%20Internet%20and%20Illegal%20Online%20Pharmacies%20(Japanese).pdf




2016年01月に発表されたレポートの概要では世界の違法医薬品販売webサイトの10%にあたる約3,000ものwebサイトが日本語だと推定されています。

不正医薬品販売はサイバー犯罪であり、その背後に潜んでいるのはアウトロー(ならず者)集団であり、日本は世界第二位のターゲットであると断言しています。


違法医薬品販売webサイトの活動を黙認するインターネット・プロバイダーやドメイン名登録業者、それらを助長するアフェリエイターなどはレジットスクリプトからすれば犯罪の共犯者なのです。


今や日本人の健康そのものがサイバー犯罪組織により完全にターゲットされているのです。


しかし国により医薬品に関する法令と概念に大きな違いがあります。

日本では問題ない行為であっても国によっては犯罪になりうる事もあり、また逆の場合もあるのです。



台湾メディアによると台湾・基隆市に住む女性(48歳)がインターネットで日本から、かぜ薬3箱を個人輸入しましたが台湾税関の検査により、違法薬物輸入の嫌疑で身柄を拘束されるという事件がありました。

日本国内では問題のないメチルエフェドリンやヒドロコドンといった成分が台湾では違法薬物として指定されていたようです。

最終的には個人輸入をした量は一般家庭が消費する正常な範囲内であり、実際に咳止めなどの風邪の症状を緩和する効果が認められ、さらに、この女性に明確な違法性の認識がなかったという事もあり不起訴処分となったようです。


国によって違法性の基準が異なるために起きた事件であったと思われます。


レジットスクリプトは各国の医薬品や医療行政に関する法令を徹底的に調べ上げ、その国に応じた対応をしています。


それではレジットスクリプトは、日本の一体何を問題視しているのでしょうか?


それには日本における医療用医薬品・一般用医薬品・・・そして医薬部外品の区別を明確に理解しておく必要があるのです。


星の数ほど存在する医薬品ですが、ここでは解り易くAGA(男性型脱毛症)関連のお薬に絞って説明します。


日本においてプロペシア®やザガーロ®のような医療用医薬品として承認を受けたお薬は医療機関を受診し医師の診断、処方のもとでなければ使用する事は出来ません。

またリアップ®のような第1類一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入する事が原則なのです。


しかし急速に普及したオンライン通販により日本未承認のお薬が、いとも簡単に入手出来る現状をレジットスクリプトは憂慮しているのです。


本来、医師の処方箋が必要な医療用医薬品ですが現在ではインターネットと個人輸入代行というふたつのキーワードにより日本国民の健康がターゲットにされていると表現しても過言ではありません。


しかし個人輸入そのものは完全な違法行為ではありません。

以前であれば貴方が海外から製品を個人で輸入しようとした場合は、まず日本に発送してくれる業者を探し、英文のメールで注文しなければなりませんでした。

しかしそんな煩わしい作業を貴方に代わって手続きしてくれるのが個人輸入代行業者なのです。

個人が使用する適正範囲内の量であれば問題はなさそうですが、これが医療用医薬品や一般用医薬品であれば問題は違ってきます。


医師の処方箋もなく、また対面販売が原則である医療用医薬品や医療機器の購入は、あきらかに違法行為なのです。

発送する側の業者に関しても医薬品販売業の免許を取得している訳ではなく、海外発送ですから医薬品管理の実態はもちろん薬剤師や販売登録者の確認も出来ません。

現在はリスクの低いとされる第2類~第3類の一般用医薬品は日本国内では一部条件付きでネット販売が認められていますが第1類に関しては発売から4年以上経過後という厳しい規制があるのが現状です。


その規制の網を掛けられない海外発送での医薬品購入は日本国民の健康を脅かす存在なのです。


悪い事は言いません・・・貴方の健康の為に正規品を使用するべきです。



医薬品の個人輸入・・・一見安全そうですが、その背後には犯罪組織が潜んでいる事を決して忘れてはいけません。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、2013年05月15日 日本における不正オンライン薬局市場 2013年データと不正オンライン薬局ネットワークについて(PDFファイル)の画像。
下段は、2016年01月 日本における違法医薬品広告問題 違法医薬品販売ウェブサイトが特定のレジストラへ集中している現状(PDFファイル)の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

ジェネリック医薬品戦国時代 フィナステリド錠 製薬メーカー各社が相次いで参入!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 7月24日(日)22時27分51秒 softbank126010225210.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「ジェネリック医薬品戦国時代 フィナステリド錠 製薬メーカー各社が相次いで参入!」と題してAGA(男性型脱毛症)の世界的標準治療薬である還元酵素5αリダクターゼⅡ型阻害物質、フィナステリド(Finasteride)が主成分であるプロペシア®のジェネリック医薬品であるフィナステリド錠の製造販売に製薬メーカー各社が相次いで参入したいう話題です。


プロペシア®・・・それはAGA(男性型脱毛症)の世界的標準治療薬と表現しても決して過言ではありません。


日本ではMSD株式会社(旧:万有製薬)が2005年10月11日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、同年12月14日より医療機関において正式に処方が開始されました。

現在ではAGA(男性型脱毛症)の世界的標準治療薬として認知されたプロペシア®は発売当時は唯一の医療用医薬品の内服薬として大ヒットする事となります。


そして時は流れ・・・2015年02月20日に世界最大の製薬メーカーであるファイザーの日本法人であるファイザー株式会社より驚くべきプレスリリースが発表されたのです。


プレスリリース 2015年02月20日 男性型脱毛症治療薬「フィナステリド錠」の製造販売承認取得後発医薬品として日本初
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2015/2015_02_20.html


世界最大の製薬メーカーであるファイザーがプロペシア®のジェネリック医薬品の製造販売を手掛ける事にも驚かされましたが、更に衝撃は続く事になります。



2016年02月19日にはジェネリック医薬品で有名な沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)が2016年02月18日にフィナステリド錠「サワイ」0.2mg・フィナステリド錠1mg「サワイ」の製造販売承認を取得したと発表したのです。


2016年02月19日プレスリリース(PDFファイル)
フィナステリド錠 0.2mg「サワイ」・フィナステリド錠「サワイ」1mg の製造販売承認を取得
http://www.sawai.co.jp/files/press/2016/lsaq1q1zrp.pdf



『参考資料』
上段は、2016年02月19日プレスリリース『フィナステリド錠 0.2mg「サワイ」・フィナステリド錠「サワイ」1mg の製造販売承認を取得』(PDFファイル)の画像。




ファイザーに続き、あの沢井製薬も参入し2016年03月17日に発売したのです。


しかも沢井製薬が製造販売承認を取得した同日にクラシエ薬品株式会社(本社:東京都港区)も承認を取得していたのです。



2016年02月22日プレスリリース
フィナステリド錠0.2mg/1mg「クラシエ」製造販売承認取得及び新発売のお知らせ
http://www.kracie.co.jp/news/10119943_3894.html

2016年03月01日プレスリリース
フィナステリド錠0.2mg/1mg「クラシエ」製造販売承認取得及び新発売のお知らせ
http://www.kracie.co.jp/news/10120404_3894.html

2016年03月17日プレスリリース
フィナステリド錠0.2mg/1mg「クラシエ」発売日のお知らせ
http://www.kracie.co.jp/news/10121197_3894.html



沢井製薬が、2016年3月17日に、そしてクラシエ薬品が2016年04月21日に相次いでフィナステリド錠を発売した事により、いよいよ日本国内においてもプロペシア®のジェネリック医薬品戦国時代に突入した感があります。

性機能改善薬のバイアグラもシルデナフィル錠として数多くのジェネリック医薬品が発売されておりフィナステリド錠も今後もこの傾向が続くと予想されます。


現在、フィナステリド配合を主張するコピー薬を、ご使用の方は是非これを機会に先発医薬品のプロペシア®か後発医薬品のフィナステリド錠に切り替える事を強く推奨します。

それが例え海外向けのPROPECIA®であっても日本国内においては未承認のお薬です。

特にインターネット通販の場合は健康被害に発展するような粗悪な偽造品を掴まされるケースもあるのです。

悪い事は言いません・・・貴方の健康の為に正規品を使用するべきです。



フィナステリド錠・・・薄毛・若ハゲ諸兄たちに、さらに新しい選択肢が増えました。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、2016年02月19日プレスリリース『フィナステリド錠 0.2mg「サワイ」・フィナステリド錠「サワイ」1mg の製造販売承認を取得』(PDFファイル)の画像。
下段は、2016年03月吉日プレスリリース『フィナステリド錠 0.2mg「クラシエ」・フィナステリド錠「クラシエ」1mg-新発売のご案内-』(PDFファイル)の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

分子レベルで発毛! TRX2®育毛サプリメント Oxford BioLabs

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 7月23日(土)00時19分51秒 softbank126010225210.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「分子レベルで発毛! TRX2®育毛サプリメント Oxford BioLabs」と題して、英国のOxford BioLabsが、AGA(男性型脱毛症)治療のために開発した育毛サプリメントの概要と併せて同社制作のプロモーションビデオ(日本語吹き替え版)をご紹介するという話題です。


それは2009年01月17日の事です。

いつものように主要な毛髪関連のwebサイトを巡回しているとあるひとつのサイトにたどり着きました。

それは管理人クローン中山様が管理・運営する『毛髪培養ブログ -毛髪再生医療による毛髪の再生-』だったのです。

当時『毛髪培養ブログ』は私にとって極めて重要な情報源であり、海外の近未来型の毛髪再生医療の現状を知る上で欠かせないサイトだったのです。



毛髪培養ブログ-毛髪再生医療による毛髪の再生-(未検出)
http://hairclone.blog63.fc2.com/



そしていつものようにトップページを開くとある記事が目に飛び込んできました。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


2009.01.17 Sat オクスフォードの学生がハゲを過去のものに 英デイリーテレグラフ紙

オクスフォード大学の博士課程に在籍する学生が、多くの人にとって効果的な脱毛予防になると考えられる新技術を開発している。


- 英紙デイリーテレグラフ -


ほとんどの男性の人生においては、自分の髪の毛が薄くなっているということを認めざるを得ない時がやってくる。

髪の毛が薄くなるという現実を認めるのは非常につらいもので、薄くなる髪の毛に何かしようとしても状況は悪くなるばかりだ。

よくありがちなパターンである育毛ローションや、経口育毛薬、男性用カツラ、植毛は恐怖でいっぱいだ。

しかし、そんな意味のない虚しい治療法の類に、たくさんのお金がつぎ込まれる。

薄毛や脱毛は職への道が閉ざされることや、希望を失うことに等しいのだ。

そこで突然、虚しいヘアケア製品から、より本質的なそして価値のある治療法の登場だ。

では、Thomas Whitfield君に注目してみよう。

27才の彼は、オクスフォード大学の生物化学の博士課程の学生で、TRX2(ギリシャ語の髪の毛を意味するTrichosと、あなたの新しい2世代目の髪の毛を意味する”2nd"に由来する)技術の研究開発に取り組んでいる。

彼によれば、この新技術はハゲを過去のものすることを約束するという。

この新技術は知的権利の保護の手続きの途中であるため、どのようなものかは公開できない。

しかし、Whitfield君はこの技術による”製品とサービス”を12ヶ月以内に市場投入する計画だ。

彼が唯一教えてくれたことは” 遺伝子治療ではない ”ということである。

このKilcady生まれのドイツ育ちである起業家は、- 彼の母親はドイツ人である - 『現行の薄毛治療は効果があまりないし、不便であり、何よりも値段が高い。

私たちはきわめて手軽で、もっと安価な方法を考案した』と語る。

まだ信用できないというかたに付け加えておくと、彼はすでにMiomi.com という、ユーザーが人物の経歴や生い立ちを作成するネットベンチャー企業を立ち上げ、成功を収めている。

昨日、彼はアメリカに向けて飛び立ち、シリコンバレーにある医療機器の開発をサポートするインキュベーターの研究室で時間を費やすつもりだ。


彼は茶色の髪の毛を頭いっぱいにフサフサとはやしている。

これが研究目的であることを助けてくれている。


■ 引用元
Thomas Whitfield: The Oxford student who plans to make baldness a thing of the past -
http://www.telegraph.co.uk/finance/yourbusiness/brightideas/4268434/Thomas-Whitfield-The-Oxford-student-who-plans-to-make-baldness-a-thing-of-the-past.html
Telegraphより翻訳



-----------------------------------------------------------------------------------------------------


この記事ではトーマスF.A.ウィットフィールドという若干27歳の青年がTRX2®と呼ばれる革新的なソリューションを開発して12ヶ月以内に市場投入する計画があるとしています。


Oxford BioLabs公式webサイト(英語版)
http://www.oxbiolabs.com/

TRX2®公式webサイト(英語版)
http://www.trx2.co.uk/


しかし私は、この報道に非常に懐疑的でした。

なぜなら特に医師を志している感じでもなく、すでにインターネット上で別のサービスを展開している事もあり当時は単に起業家精神に溢れる一青年の夢物語にしか過ぎないように感じたのです。


しかし彼は2008年08月にオックスフォード大学に在籍経験のある科学者たちと共にOxford BioLabs LLC(有限責任会社)を設立しており、TRX2®プロジェクトは着々と進行していたのです。

後に世界中に多くの顧客を抱える製品に成長するとは、この時は夢にも思いませんでした。



そもそも、この青年起業家が開発したとされる方法論とは、どんなものなのでしょうか!?


それは毛包内の皮膚乳頭細胞内に存在するカリウム・イオン・チャンネルに着目するまったく新しいアプローチだったのです。

近年の発見によりヒトの毛包内の皮膚乳頭細胞内にカリウム・イオン・チャンネルが存在するとしています。

カリウム・イオン・チャンネルは、C型肺炎から糖尿病まで関与する治療標的として研究者たちに新しいターゲットを与えました。


これらの小さな小孔形成タンパク質構造は毛包の細胞膜の輸送を管理し、毛包の完全な生物製剤アクティビティーと機能のために必須であるとしています。

そしてOxford BioLabsの科学者たちは脱毛の進行と毛包内のカリウム・チャンネルの機能低下が関係する事を特定したのです、

それはカリウム・チャンネルの機能低下と毛包細胞膜のイオン輸送の遮断が関係しているとし、毛包内でのカリウム・チャンネルの活性化こそが最良の解決策であると結論付けたのです。


この研究の成果は後にTRX2®育毛サプリメントや、その製品群として見事に昇華したのです。



『参考資料』
TRX2®製品群の画像。
TRX2®育毛サプリメント



トーマス青年はオックスフォード大学より生化学の博士号を取得しカリウムチャンネル研究とアンドロゲン性脱毛症の分子構造の専門家として国際的に認知される事となります。


それでは同社制作のプロモーションビデオ(日本語吹き替え版)をご紹介しましょう。



TRX2の脱毛治療 - その背後にある科学(2分28秒)日本語吹き替え版




そしてTRX2®の使用により、どのような改善効果がもたらされるのでしょうか。


2011年の5000人以上の個人ユーザー対象にした調査ではTRX2®の使用開始後、9か月後には平均毛髪数が35.1%増加、髪の濃さが22.5%改善、身短期の変化(産毛から非産毛への変化)が23.2%で18か月後には、その割合が更に増え、長期使用者の87%に大幅な改善があったとしています。


科学者チームの脱毛に関する前臨床試験では天然のエネルギーを発生する物質を(カリウム, BCAA, ニコチン酸)強力な代謝刺激剤と混合することによって分子レベルで脱毛を阻止し、発毛を促進することが可能である事を発見しました。

TRX2®はhamilton-norwood scale(ハミルトン・ノーウッド・スケール)では初期から中程度であるで第1期~第4期程度の症例を対象としており、また18歳未満や70歳以上の使用に関しては専門家の助言が必要であるとしています。


海外の薄毛・若ハゲ諸兄たちが集う掲示板でも過去何度も話題になりコアな使用者は多いようです。


『毛髪培養ブログ』において幾度となく取り上げられたTRX2®ですが、改めてクローン中山様の翻訳や文章の上手さと情報収集能力には驚かされますね。

浅学の私などは単に中山様の後追いをしているに過ぎず何とも恥ずかしい限りです。

TRX2®情報に関して今更感はありますが現在でも時折、海外の毛髪系サイトで取り上げられている事や当初は存在しない日本語吹き替え版の動画のご紹介と新たに毛髪系サイトに参入された新規の方へ情報を提供したく記事にしました。




TRX2®育毛サプリメント・・・一青年起業家の夢が現実になったのです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
上段は、Oxford BioLabs公式webサイト(英語版)のトップ画面の画像。
下段は、TRX2®製品群の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

毛包新生 器官原基法 近未来型の毛髪再生医療に京セラも参入!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 7月19日(火)00時06分59秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「毛包新生 器官原基法 近未来型の毛髪再生医療に京セラも参入!」と題して、国立研究開発法人 理化学研究所・辻 孝研究室&株式会社オーガンテクノロジーズが開発した近未来型の毛髪再生医療の切り札である器官原基法を応用した毛髪再生医療に世界的企業である京セラが参入を発表したという話題です。


それは2012年04月の中旬の事です。


学校法人 東京理科大学・総合研究機構より驚くべきプレスリリースが発表され薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
2012年04月 プレスリリース(PDFファイル)
科学雑誌『Nature Communications』(オンライン版)に成果を発表『成体毛包由来幹細胞による毛髪再生を実証』
https://www.tus.ac.jp/ura/pressrelease/pdf/120418.pdf#search='%E6%88%90%E4%BD%93%E6%AF%9B%E5%8C%85%E7%94%B1%E6%9D%A5%E5%B9%B9%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%AF%9B%E9%AB%AA%E5%86%8D%E7%94%9F%E3%82%92%E5%AE%9F%E8%A8%BC'



日本時間では2012年04月18日(水曜日)午前0時の報道解禁後に発表された報道内容は実に驚くべきものだったのです。


それは東京理科大学・総合研究機構の辻 孝先生らのグループが器官原基法なる方法を用いてマウスの背中で毛髪の再生に成功し、世界的に有名な科学雑誌『Nature Communications』(オンライン版)に、その成果が発表されるという内容だったのです。

併せて公表された画像や動画に日本国内の薄毛・若ハゲ諸兄たちのみならず世界中の脱毛患者や研究者たちを興奮の坩堝(るつぼ)に叩き込んだのです。


海外のニュース番組にも大きく取り上げられ、その様子は世界中に大きな衝撃を与えました。



A Japanese study using adult stem cells to counteract hair loss was successful on mice
(2分46秒)日本語字幕変換不可




数名の共著であった論文ですが、辻先生は研究の中心的役割を果たしたとして一躍脚光を浴びる事となります。

現在は国立研究開発法人 理化学研究所・多細胞システム形成研究センター・器官誘導研究チームのチームリーダーとして活躍されている辻先生ですが、辻先生らが開発した器官原基法とは、どのような方法論だったのでしょう。




『参考資料』
理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)器官誘導研究チーム 辻 孝研究室公式webサイト
http://www.cdb.riken.jp/org/topics/index.html

株式会社オーガンテクノロジーズ公式webサイト
http://www.organ-technol.co.jp/index.html




その前に毛包原基について理解しなければなりません。

毛包原基は胎児期に発生する毛包の前身のような存在です。

毛包原基は毛包の発生の前段階で、毛包としての形態や機能が器官として未分化状態の細胞群の事を指します。

毛包は出生後に毛周期として再生を繰り返す器官である事は皆さんもご存じの事と思います。

器官原基法による毛髪再生は、患者自身のバルジ領域に存在する上皮性幹細胞と間葉性幹細胞である毛乳頭細胞を分離し人為的に毛包原基を作成します。

さらに再生移植された毛包原基は神経や立毛筋などの周辺組織とも結合し立体構造を持つ正常に機能する毛包へと進化していくのです。




『参考資料』
従来の自毛移植(FUT)と器官原基法による毛髪再生治療モデルとの比較イラストの画像。





2016年07月12日に、器官原基法に関する更に驚くべきニュ-スリリースが世界的企業である京セラ株式会社から発表されたのです。



『参考資料』
2016年07月12日 ニュ-スリリース
再生医療「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究の開始について
http://www.kyocera.co.jp/news/2016/0703_kogi.html



それは世界的企業である京セラが再生医療分野に参入するという実に衝撃的な発表だったのです。

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)器官誘導研究チーム・辻 孝研究室&株式会社オーガンテクノロジーズに新たに京セラが融合する事により奇跡のトリプル合体が完成するのです。



・辻 孝研究室&株式会社オーガンテクノロジーズは、器官原基法のさらなる進化の為に細胞の培養・増幅技術の確立を推進し、京セラ側は微細加工技術や生産技術を応用した細胞加工機器の開発を手掛けるとしています。

世界的企業の京セラとトリプル合体が完成した事により研究開発速度は大幅にアップし2020年の実用化も夢ではないかもしれません。



器官原基法・・・毛髪のみならず、あらゆる再生医療の切り札になるかもしれません。




さぁ私を信じてついて来なさい!




『参考資料』
上段は、従来の自毛移植(FUT)と器官原基法による毛髪再生治療モデルとの比較イラストの画像。
下段は、2016年07月12日に京セラが発表したニュ-スリリース
『再生医療「毛包器官再生による脱毛症の治療」に関する共同研究の開始について』の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

資生堂&RepliCel社 毛髪再生医療技術 RCH-01 臨床試験受託医療機関決定!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 7月18日(月)13時58分36秒 softbank126010225210.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「資生堂&RepliCel社 毛髪再生医療技術 RCH-01 臨床試験受託医療機関決定!」と題して、世界的に事業展開をしている日本国内で最も有名な化粧品メーカーである資生堂がカナダのバンクーバーに本拠を持つバイオベンチャー企業 RepliCel社(RepliCel Life Sciences Inc.)と共同研究開発中である毛髪再生医療技術 RCH-01(開発コード)の日本国内での臨床試験受託医療機関が決定したという話題です。


それは2013年05月29日の事です。

世界的に事業展開をしている化粧品メーカーの株式会社資生堂より驚くべきプレスリリースが発表され薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させました。



『参考資料』
2013年05月29日 プレスリリース(PDFファイル)
資生堂、毛髪再生医療の本格研究に着手 カナダのバイオベンチャー企業〝レプリセル社〟と技術提携契約について基本合意
http://group.shiseido.co.jp/ir/pdf/ir20130529_700.pdf

近未来型の毛髪再生医療 資生堂&RepliCel社 毛髪再生医療技術RCH-01で基本合意   投稿日:2013年 7月15日(月)20時06分51秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/160



資生堂が2013年05月16日にカナダのバンクーバーに本拠を持つ研究開発型バイオベンチャー企業 RepliCel社が研究開発中の毛髪再生医療技術 RCH-01を導入し、日本を含む人口21億人を擁するアジア全域を対象とした技術提携契約について基本合意し契約金として4億円を支払うという内容でした。

また本契約により資生堂側は安全で有効な毛髪再生医療の確立と事業化を5年を目途に目指していくと発表したのです。


その後、資生堂は2014年05月01日に神戸医療産業都市・神戸バイオメディカル創造センター(BMA)に通称“SPEC®"と呼ばれる『資生堂細胞加工培養センター』(CPC施設)を開設しており2015年06月にはCPC施設の施設許可を厚生局より取得、同施設で患者から採取した細胞の培養・加工をおこなうとし近未来型の毛髪再生医療の実現に向け着々と準備を整えてきました。


『参考資料』
2014年04月 プレスリリース(PDFファイル)
資生堂、毛髪再生医療の中核となる「資生堂細胞加工培養センター 」を神戸医療産業都市に開設
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2289-j.pdf

2014年05月01日に神戸医療産業都市・神戸バイオメディカル創造センター(BMA)に資生堂が開設した通称“SPEC®"と呼ばれる『資生堂細胞加工培養センター』(CPC施設)が入居している建物の外観の画像
http://userimg.teacup.com/userimg/6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000203_2.jpg



神戸医療産業都市は阪神・淡路大震災からの復興プロジェクトの一環として建設され280を超える医療機関や研究機関が集積する事により基礎研究から産業化までを実施できる一貫体制を整えています。



神戸医療産業都市’14~ダイジェスト版(2分03秒)




当初、資生堂とRepliCel社のコラボレーションと聞いて驚かれた方も多かったのでないでしょうか。

男性には資生堂という企業は一部では男性向けの化粧品や育毛剤がラインナップされているとは言え基本的には女性の為の化粧品メーカー・・・どうしてもそんなイメージしかありません。

しかし資生堂の事業は現在では皮膚科学や抗加齢医学(アンチエイジング)などの医学的領域など多岐に及んでいます。



そして、いよいよ2016年、新春の展望として資生堂ライフサイエンス研究センター 再生医療開発室の岸本治郎室長より「今年中の臨床研究開始に向けて準備中」との報道がありました。


それはまさに資生堂&RepliCel社との奇跡のコラボレーションである近未来型の毛髪再生医療の完全実施に向けてヒトに対する臨床試験を示唆する発言だったのです。


薄毛・若ハゲ諸兄たちも今や遅しとばかりに固唾を飲んで正式発表を待つばかりの状態でした。

何よりも資生堂は2018年の実用化を目指していると公言している訳ですから時間がありません。

もちろん薄毛・若ハゲ諸兄たちも日々迫りくる脱け毛の恐怖におののいている訳ですから時間がないのはまったく同じなのです。

しかし完全実施には臨床試験を受託する医療機関がなくてはなりません。


以前より、この事業の陣頭指揮を取る資生堂の岸本治郎室長も大学病院との連携を示唆していましたが、運命の日というのはある日突然・・・しかも唐突に訪れるものなのです。



2016年06月27日 プレスリリース(PDFファイル)
毛髪再生医療の確立へ向けた臨床研究を開始 ~東京医科大学、東邦大学医療センター大橋病院および株式会社資生堂と連携し脱毛症や薄毛に悩む患者さんのQOL向上に貢献へ~
http://www.tokyo-med.ac.jp/160627hihupress.pdf#search='%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A



そう毛髪再生医療技術 RCH-01(開発コード)の日本国内でので臨床試験受託医療機関が東京医科大学、東邦大学医療センター大橋病院に決定したのです。


QOL(Quality of Life)の向上・・・なんと素晴らしい言葉でしょう。


プレスリリースでは『臨床研究を開始』と表現していますが、ヒトに対する臨床試験である事に間違いはありません。

一説には本臨床試験は3年間で男女約60人の試験を予定しているとの情報もあり、被験者の募集方法が気になるところでもありますが過去に東京医科大学付属病院では新聞広告での募集実績もあり現在ならインターネット上のエントリーの可能性もあるかもしれません。


この臨床試験全体の統括責任医師は創立100周年を迎える東京医科大学 皮膚科学分野 主任教授の坪井良治先生であり同時に東京医科大学付属病院で実施される試験の責任医師も兼務します。


坪井先生はMSD株式会社が提供している男性型脱毛症の啓発サイト【AGA-news】の監修もされているのでご存じ方も多い事でしょう。



東京医科大学公式webサイト
http://www.tokyo-med.ac.jp/

東京医科大学付属病院webサイト 皮膚科 スタッフ紹介
http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/hifu/staff/00100.html

男性型脱毛症の啓発サイト【AGA-news】MSD株式会社
http://www.aga-news.jp/index.xhtml



そしてもうひとつの受託医療機関である東邦大学医療センター大橋病院の責任医師は皮膚科 准教授の新山史朗先生です。

新山先生は1999年に留学先のドイツで毛髪再生研究に着手し細胞レベルでの治療の確立を目指してきました。



東邦大学医療センター大橋病院公式webサイト
http://www.ohashi.med.toho-u.ac.jp/

東邦大学医療センター大橋病院 皮膚科公式webサイト
http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/dermatology/index.html



そして最後は、この事業の陣頭指揮を取りRepliCel社の毛髪再生医療技術の導入や神戸医療産業都市に『資生堂細胞加工培養センター 』の開設に尽力したのが資生堂ライフサイエンス研究センター 再生医療開発室の岸本治郎室長なのです。

資生堂は1872年(明治5年)の創業当時から頭髪・育毛製品を手掛けており永年にわたって培った豊富な知見とRepliCel社の近未来型の毛髪再生医療との融合を試み奇跡のコラボレーションを実現させた一大立役者なのです。


つまりこの三者が連携して今回の臨床試験を実施するのです。


資生堂&RepliCel社からスタートした超絶な合体と変形(トランスフォーム)は東京医科大学と東邦大学医療センター大橋病院と新たに合体する事により一大進化を遂げました。


しかし完全実施までには更なる合体と変形(トランスフォーム)を繰り返さなければなりません。


そう次の合体相手は・・・被験者である貴方の頭皮なのです(笑)



毛髪再生医療技術 RCH-01(開発コード)・・・また一歩、近未来に向けて前進しました。




さぁ私を信じてついて来なさい!




『お断り』

当記事中にRepliCel社の毛髪再生医療技術 RCH-01(開発コード)という表現がありますが、株式会社資生堂及び臨床試験受託医療機関では一切使用していません。

また当サイトでは毛髪再生医療技術 RCH-01 は、RepliCel社の研究開発コードであると認識しています。



『参考資料』
上段は、2016年06月27日 プレスリリース『毛髪再生医療の確立へ向けた臨床研究を開始 ~東京医科大学、東邦大学医療センター大橋病院および株式会社資生堂と連携し脱毛症や薄毛に悩む患者さんのQOL向上に貢献へ~』PDFファイルの画像。
下段は、2014年05月01日に神戸医療産業都市・神戸バイオメディカル創造センター(BMA)に資生堂が開設した通称“SPEC®"と呼ばれる『資生堂細胞加工培養センター』(CPC施設)が入居している建物の外観の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

男性型脱毛症治療薬 フィナステリド錠0.2㎎/1㎎&男性型脱毛症に関する疾患啓発サイト ファイザー

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 7月10日(日)20時21分40秒 softbank126010241227.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「男性型脱毛症治療薬 フィナステリド錠0.2㎎/1㎎&男性型脱毛症に関する疾患啓発サイト ファイザー」と題して世界的製薬メーカーであるファイザーより発売している還元酵素5αリダクターゼⅡ型阻害物質、フィナステリド(Finasteride)が主成分である男性型脱毛症治療薬 フィナステリド錠0.2㎎/1㎎と併せて同社が提供している『男性型脱毛症に関する疾患啓発サイト』を、ご紹介するという話題です。


ファイザー・・・それは世界最大の製薬メーカーと表現しても決して過言ではありません。


1849年に創業者チャールズ・ファイザーらの手により米国 ニューヨークで誕生したファイザーは、あの南北戦争では北軍に対し、ほとんどの医薬品を供給するという輝かしい歴史を持っています。

1949年には抗生物質テラマイシンの開発によりファイザーは最初の大成功を収める事となります。

その輝かしい歴史の中で同業他社を次々と買収し、合体と変形(トランスフォーム)を繰り返しながら巨大製薬メーカーへと成長していったのです。


まさにグローバル企業の名に相応しい製薬メーカー・・・それがファイザーなのです。


そしてファイザーの日本法人であるファイザー株式会社より2015年02月20日、驚くべきプレスリリースが発表されたのです。



プレスリリース 2015年02月20日 男性型脱毛症治療薬「フィナステリド錠」の製造販売承認取得 後発医薬品として日本初
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2015/2015_02_20.html



それは、2015年02月19日付で還元酵素5αリダクターゼⅡ型阻害物質、フィナステリド配合のジェネリック医薬品(後発医薬品)の製造販売承認を取得したという内容だったのです。


そして同年、04月06日に満を持して発売されたのが、有効成分フィナステリド配合としては日本初のジェネリック医薬品『フィナステリド錠0.2㎎/1㎎』なのです。



プレスリリース 2015年04月06日 男性型脱毛症用薬「フィナステリド錠」を04月06日に発売 後発医薬品として日本初
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2015/2015_04_06.html



それではここでジェネリック医薬品(後発医薬品)についての確認です。

ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ医薬品の有効成分(主成分)単一の特許期間が満了した後に他の製薬会社が同一の有効成分で製造・販売する医薬品の事です。

医薬品の開発には莫大な開発費用と気の遠くなるような歳月が必要です。

他社開発の有効成分が使用できれば大幅な開発費と時間の節減となり先発品と比較して安価な価格で提供が可能なのです。

尚、近年は健康保険財政を考慮して後発医薬品の使用が積極的に奨励されていますが、AGA(男性型脱毛症)は、美容医療の領域に属する為に健康保険等の公的医療保険の給付対象ではありません。


ここで何よりも重要な事は、薄毛・若ハゲ諸兄たち、そしてその予備軍の選択肢が増えたという事なのです。

医薬部外品・医薬品を使用する薬物治療、自毛移植手術、そして・・・第三の選択肢である近未来型の毛髪再生医療など少なくても私が最大に悩んでいた1990年代とは状況が雲泥の差である事は間違いありあません。


薄毛・若ハゲ諸兄たちにとっては悪い時代ではありません(笑)


そしてファイザーは、その輝かしい栄光の歴史に新たな1ページを刻もうとしたのです。


2015年11月24日付けの報道では、ファイザーが、ボトックスで有名な製薬メーカー、アラガンの買収を発表したのです。


Pfizer/Allergan Deal Creates Huge Global Company 日本語字幕変換可(0分43秒)



買収予定総額約1500億ドル・・・この空前絶後の買収劇は世界中のエコノミストたちを仰天させました。


しかし2016年04月07日付けの報道では、ファイザーが、アラガンの買収を白紙撤回したと発表しました。

どうやら米財務当局は、この買収劇を好ましくないと判断したようです。

過去幾度となく繰り返した超絶な合体と変形(トランスフォーム)により進化を遂げたファイザーですが今回ばかりは完成形態に至らなかったようです。


それでは最後にファイザーの日本法人であるファイザー株式会社が提供している『男性型脱毛症に関する疾患啓発サイト』をご紹介しましょう。



プレスリリース 2015年06月08日 男性型脱毛症に関する疾患啓発サイトをオープン
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2015/2015_06_08_03.html



男性型脱毛症に関する疾患啓発サイト(http://mens-haircare.jp



監修は、杏林大学医学部 皮膚科学教室 教授・大山学先生です。

大山学先生は2015年4月19日、NHKで放送されたサイエンスZERO「細胞技術が毛髪再生を変える」に出演されご存知の方も多いかと思います。



ファイザー、フィナステリド錠・・・薄毛・若ハゲ諸兄たちに、また新しい選択肢が増えました。



さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
上段は、ファイザー株式会社 公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、2015年06月08日に開設した男性型脱毛症に関する疾患啓発サイトのトップ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

近未来型の毛髪再生医療 KERASTEM(ケラステム)毛髪再生 KERASTEM社 日本語サイト開設 

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月19日(日)17時16分10秒 softbank126010210054.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「近未来型の毛髪再生医療 KERASTEM(ケラステム)毛髪再生 KERASTEM社 日本語サイト開設」と題して、脂肪幹細胞を応用した毛髪再生医療を研究している米国のKERASTEM社の日本語サイトが開設され併せて同社制作のプロモーションビデオをご紹介するという話題です。


それは2013年09月の事です。

いつものように主要な毛髪関連のwebサイトを巡回しているとあるひとつのサイトにたどり着きました。

そしてそこである告知を発見したのです。

クリックしてみると実に驚くべき内容が目に飛び込んきました。


それは当時、日本国内で8院を展開している聖心美容外科が新たに導入を予定している近未来型の毛髪再生医療の臨床試験の被験者募集のお知らせだったのです。




『脂肪由来幹細胞移植による毛髪再生』モニター募集のご案内(東京院限定)の画像
http://userimg.teacup.com/userimg/6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000201_2.jpg



内容をよく読むと患者本人の腹部や臀部から脂肪幹細胞を採取し、脂肪と幹細胞を分離、加工処理後に患者の頭皮真皮層内に移植するという近未来型の毛髪再生医療に驚きを禁じ得ませんでした。


1993年に九州・福岡県に誕生した聖心美容外科は、かなり早い時期から再生医療に着目し、2007年には世界初の『セリューションシステムによる幹細胞豊胸術』を実施、また同年には近年、注目されているPRP皮膚再生療法を他院に先駆けて開始しています。


2008年には『毛髪再生外来』を新設、2010年05月01日には、グロースファクター(細胞成長因子)の総本山、あの米国 BENEV社の GF Hair Care Complex を、いち早く導入し日本国内でグロースファクター毛髪再生療法を世に知らしめた一大立役者でもあるのです。


2015年04月01日のプレスリリースでは2015年04月16日より新たに『KERASTEM(ケラステム)毛髪再生』が、全国8院で治療を開始する旨の告知がありました。

そう2013年に『脂肪由来幹細胞移植による毛髪再生』として何気にモニター募集していた治療法が正式メニューとして導入されたのです。

それはまさに患者本人の自己脂肪由来幹細胞を採取し、患部に移植するというの日本初の究極の近未来型の毛髪再生医療の新時代の幕開けだったのです。


治療法の概要については下記のサイトで確認して頂ければ思います。



聖心美容クリニック 毛髪再生外来 KERASTEM(ケラステム)毛髪再生
http://www.mouhatsu-saisei.com/male/kerastem/



それでは聖心美容クリニックとKERASTEM(ケラステム)毛髪再生を共同研究開発をしている KERASTEM社
(Kerastem Technologies LLC)についてです。


米国にあるKERASTEM社は、ビミニ・テクノロジーズ社(Bimini Technologies LLC) 傘下の未上場のバイオテクノロジー企業です。



KERASTEM社 公式webサイト(英語版)
http://kerastem.com/



2001年に脂肪組織由来幹細胞を発見したマーク・ヘドリック博士(Dr.Mark Hedrick)が設立したサイトリ・セラピューティクス社のテクノロジーを製品化する為の独占権利契約を締結しており強固な関係を構築しています。


米国以外の医療機関とも提携しており、英国・スイス・スペイン・セルビア・・・そして日本では聖心美容クリニックが臨床試験の為の提携をしています。


そのKERASTEM社の公式webサイトに新たに日本語版が追加されました。



KERASTEM社公式webサイト(日本語版)
http://kerastem.com/ja/



webサイトを確認したとこトップページのみ日本語化されており他のコンテンツのページは英語版のままでした。

今後、順次日本語に更新されるものと思われます。


植毛で有名なボスレー・メディカルのメディカルディレクター、ケン・ウォシュニック博士がメッセージを寄せているのが印象的ですね。


それでは最後に同社制作のプロモーションビデオをご覧ください。



Kerastem Hair Therapy 日本語字幕変換可(2分30秒)




KERASTEM(ケラステム)毛髪再生・・・それは究極の近未来型の毛髪再生医療なのです。



さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

聖心美容外科は、2014年01月01日に『聖心美容クリニック』に改称しています。

プレスリリース ─名称変更のお知らせ─
開院20周年!聖心美容外科から、聖心美容クリニックへ
http://www.biyougeka.com/files/3013/9962/1484/20131015.pdf



『参考資料』
上段は、近未来型の毛髪再生医療 KERASTEM(ケラステム)毛髪再生を開発している米国 KERASTEM社公式webサイト(日本語版)トップ画面の画像。
下段は、『脂肪由来幹細胞移植による毛髪再生』モニター募集のご案内(東京院限定)の画像の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

新アロペシア治療法 最新研究開発動向 FAGA(女性の男性ホルモン型脱毛症)の前兆現象 女性の縮毛治療

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月18日(土)20時22分45秒 softbank126010241227.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「新アロペシア治療法 最新研究開発動向 FAGA(女性の男性ホルモン型脱毛症)の前兆現象 女性の縮毛治療」と題して、AGA治療では世界的権威であり、伝説の医療機関クリニックビタボナの開設者である孤高の天才ドクター、医学博士・故高橋日出彦先生の愛弟子であり学問上のDNAとスピリットの継承者である医学博士・栗山源慎先生が医療法人社団 土合会 セントラルクリニック育毛・発毛外来で実施しているAGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」の最新研究開発動向についての話題です。


女性の縮毛・・・それは女性のヘアケア関連の悩みでも常に上位にランクされる悩みなのです。


10代の頃までは美しく艶やかなストレートだった毛髪も年齢とともに髪質が徐々に変化してきます。

しっとりとした潤いを失い、艶も消失し、うねりやクセが出始めます。

女性の場合は男性と比較してパーマやヘアカラーをおこなう頻度が高く、元の色や髪質が男性に比べ比較しずらい場合が多く見受けられます。



「クセ毛をなんとかしたいなぁ~、でも歳だからしょうがないのかなぁ~・・・」


スタイリングの度に、こんな事を考えませんか?


確かに年齢が増すごとに症状が悪化するので加齢現象であると判断できます。


しかし女性の場合、原因は様々と言われています。

ストレスや過度なダイエット、睡眠不足や偏った食生活などの生活習慣の乱れ。

若年性の更年期障害による女性ホルモン量の低下、出産後のホルモンのアンバランス等々。


でもちょっと待ってください!


その髪のうねりやクセ毛、もしかしたらFAGA(女性の男性ホルモン型脱毛症)の前兆現象かもしれません。


ある調査会社のリサーチによりと女性の30代以降から急速に増え始めるヘアケア関連の悩みが男性のAGA(男性型脱毛症)の前兆現象と酷似しているのです。


髪や頭皮のベトつきや毛髪の細毛化、毛量のボリュームダウン、毛髪の艶やハリ、コシがなくなり切れ毛や枝毛の発生率も高くなります。

当然スタイリング時は髪の流れから逆らうようにハネた毛髪が多くなり以前のように簡単にセットできなくなるのです。

大量脱毛による頭皮の露出に至らずとも脱毛数は増大しているはずです。

現在、毛髪のうねりやクセ毛等の縮毛修正に関しては理美容学の領域とされ、皮膚科学や美容外科学の領域とは認識されていません。

実際に女性を対象に薄毛治療を実施している医療機関の先生方も髪のうねりやクセ毛を治したいと相談を受けても「それは美容室に行ってもらったほうが・・・」となるでしょう。


1999年代後半、男性でさえ薄毛・若ハゲの類で医療機関を受診するという概念がほとんどなかった時代です。

2016年の現在でも女性が縮毛治療の為に医療機関を訪れる事はまずありません。

縮毛で悩む女性の多くはヘアサロンなどで縮毛矯正をおこない、サロン推奨のシャンプーやトリートメントで解決しようと考えます。

表面的には即効性もあり、安価で一時的には改善される訳ですから、それはそれで悪くないと思います。

しかしこれでは根本的な解決策にはなりません。

それらはあくまでも表面的な改善であり頭皮下の根本治療ではありません。

細毛化した毛髪が太くなる事はありませんし、ベトついた毛髪や頭皮が改善される訳でもありません。

もちろんキューティクルやメラニン色素の合成も不完全ですから、とても健康的な毛髪とは言えないでしょう。

毛髪の生産工場である毛包そのものを治療することが重要だと考えます。



海外でも女性の薄毛であるFAGA(女性の男性ホルモン型脱毛症)は深刻なようですね。

米国の有名なテレビ番組『ザ・ドクターズ TVショウ』でもAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性の男性ホルモン型脱毛症)は度々取り上げられています。



Female Hair Loss - The Doctors TV Show & Dr. Craig Ziering 日本語字幕変換可(7分55秒)




AGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」は頭皮下の毛包に対する在宅治療法であり男性だけではなく女性も治療対象です。

毛髪のうねりやクセ毛でお悩みで改善に即効性を求める場合はヘアサロンなどの縮毛矯正や推奨のシャンプーやトリートメントを使用したほうが安価であり一時的または表面的ですが時間的には圧倒的に早いと思います。

また新アロペシア治療法は遺伝子を操作する治療法ではありません。

遺伝子情報としてDNAにプログラミングされた毛幹の直径や色、形状・・・つまり生まれつきのウェーブやクセ毛を変える事はできません。

活性型男性ホルモン5αDHTの影響によってミニチュア化(毛包の萎縮)した毛包を正常値レベルのサイズまで戻し、乱れたヘアサイクル(毛周期)を整える治療法です。

もし30cmの髪の長さがある場合、治療開始後、治療薬の効果が「兆候あり」または「有効」と判断された後に30cmの髪の先端まで美しくなるには毛髪の成長速度が1ヶ月1cmと考えられていますので最低でも30ヶ月以上は要します。

ヒトの毛髪は植物の成長とは違い先端が成長する訳ではなく根元が、せり上がって成長する為にこの程度の時間は想定する必要があります。

しかし深刻な頭皮の露出を伴わない程度の脱毛数であれば、うねりやクセ毛の改善と同時に毛量の増加やボリュームアップも十分可能だと思います。


頭髪クリニックや近未来型の毛髪再生医療を実施している医療機関の多くは薄毛の改善治療を中心にしており縮毛まではメニューに加えて積極的に告知していないのが現状です。

医療法人社団・土合会 セントラルクリニック『育毛・発毛外来』でも積極的に告知はしていません。

しかし私自身がAGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム「新アロペシア治療法」を実践した経験では髪質の改善により見た目の印象が、かなり良くなりました。

活性型男性ホルモン5αDHTの影響により皮脂まみれで頭皮に貼りついたような髪型は見た目にも不衛生に見え老けた印象すら与えてしまいます。


女性も同様ではないでしょうか?


栗山源慎先生は内分泌(ホルモン)のご専門ですからホルモンの補充療法も実施しており、お近くの方は、ご相談だけでもされてはいかがでしょうか!



医療法人社団・土合会 セントラルクリニック
http://www.centralclinic.co.jp/index.html

品川シーサイドセントラルクリニック
http://www.centralclinic.co.jp/clinic/shinagawa.html

鹿島セントラルクリニック
http://www.centralclinic.co.jp/clinic/kashima.html



女性の縮毛・・・いよいよ医療機関で治療する時代が到来するかもしれません。



さぁ私を信じてついて来なさい!




【お断り】

医療法人社団・土合会 セントラルクリニック『育毛・発毛外来』では、正式に女性の縮毛治療という診療メニューは存在しません。

また薄毛を伴わない女性の縮毛治療のみの患者が存在し治療データが存在するかは不明ですが以前、栗山先生に確認したところ「縮毛の改善は十分可能」との事でした。



『参考資料』
上段は、2003年に HairLossTalk.com の姉妹サイトとして開設した女性の男性ホルモン型脱毛症や円形脱毛症など女性の脱毛症に特化したwebサイト HerAlopecia.com のトップ画面の画像。
下段は、女性の脱毛症の指標 Ludwig Classification scale の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ  厚生労働省

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月16日(木)23時44分0秒 softbank126010241227.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ 厚生労働省」と題して、近年、インターネットの普及に伴い急速に拡大した個人輸入に関して厚生労働省の見解についての話題です。


厚生労働省・・・それは。まさに日本の薬事行政の総本山と表現しても決して過言ではありません。


2001年の中央省庁再編により、厚生省と労働省を廃止し、このふたつの省庁が合体して誕生したのが厚生労働省なのです。

「ひと、くらし、みらいのために」をキャッチフレーズに日本国民の医療・公衆衛生・福祉・年金はもちろん労働・雇用を所管し国民の生命と健康に直結する極めて重要な行政機関です。

薬事行政においては医薬品・医療機器等の有効性・安全性を確保し、日本国民の生命・健康を守る為に製造から販売、市販後の安全対策まで一貫した厳格な規制を行っています。

近年、インターネットの普及に伴い急速に拡大した医薬品の個人輸入に関して厚生労働省の見解が公式webサイトで発表されています。


果たして個人で国内未承認の医薬品を輸入する事に対してどのような問題が発生するのかを検証してみたいと思います。



医薬品等を海外から購入しようとされる方へ 出典:厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html
-----------------------------------------------------------------------------------------------------


【医薬品等の個人輸入は健康被害などの危険性があります】


医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、体外診断用医薬品又は再生医療等製品(以下「医薬品等」という。)を、海外からインターネット等を利用して取り寄せ、又は外国の旅行先で購入して持ち帰る等(いわゆる個人輸入)して、使用される方がおられます。

しかし、そうした医薬品等は、日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品等に比べて、次のような保健衛生上の危険性(リスク)があります。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------


【医薬品、医療機器等の個人輸入は、危険性と必要性をよく考えて】


日本国内で正規に流通している医薬品、化粧品や医療機器などは、医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。

個人輸入される医薬品等の品質、有効性及び安全性(以下「品質等」という。)については、我が国の医薬品医療機器等法に基づく確認がなされていません。

国によっては、医薬品等の品質等について、我が国と同じレベルでの確認が行われていないことがあります。

品質等の確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られなかったり、人体に有害な物質が含まれている場合があります。

いわゆる健康食品、ダイエット食品等として販売されている製品についても、医薬品成分が含まれていて、健康被害を引き起こすことがあります。

また、美容機器等と称して、あたかも医薬品医療機器等法の医療機器に該当しないかのように販売されている製品であっても、人の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼし、健康被害を引き起こすことがあります。

不衛生な場所や方法で製造されたものかもしれません。

虚偽又は誇大な効能・効果、安全性などを標ぼうして販売等されている場合があります。

正規のメーカー品を偽った、偽造製品かもしれません。

個人輸入される医薬品等は、効能・効果、用法・用量、使用上の注意等が外国語で記載されているため、一般に、記載内容を正確に理解することが困難です。

記載内容を正確に理解できたとしても、規制当局により認められていない効能・効果、用法・用量等が記載されていることがあります。

また、その製品の使用によって起こり得る望ましくない作用(副作用)や成分・分量などが、きちんと記載されていないこともあります。

海外の規制当局により品質等が確認された医薬品等を、用法・用量等の記載内容を守って使用した場合でも、副作用等を生じることがあります。

個人輸入された医薬品等については、医師、薬剤師等の専門家でも、その成分や作用等に関する十分な情報を有しておらず、副作用等に迅速に対応することが困難な場合があります。

医薬品については、その安全な使用を図るため、医師による診察、処方及び経過観察が必要とされているものがあります。

そのような医薬品を、医療機関を受診せずに安易に個人輸入して使用した場合、安全性が著しく損なわれます。

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。

しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

一般の方が自己判断で使用して副作用や不具合などが起きると、適切な対処が困難なおそれがあります。

以上より、医薬品等の個人輸入については、通常、メリットよりも危険性(リスク)のほうが大きい場合が多いと考えられます。

そうした外国製品によって不利益を被るのは、それを購入・使用するあなた自身や、あなたの家族であることに留意して下さい。

特に、医薬品の個人輸入を考えている方には、自分ひとりで判断せずに、家族の方などと話し合い、また、お住まいの地域の医師、薬剤師等の専門家に相談されることをお勧めします。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------



近年、インターネットの普及に伴い医薬品の個人輸入は急速に拡大しています。

しかし医薬品はもちろんですがサプリメントでさえ個人輸入での使用は、生命や健康に直接被害が及ぶ場合があるのです。

少なくても1990年代中盤から後半にかけては医薬品の個人輸入は今ほど簡単ではありませんでした。

育毛関連で言えばごく一部の上級者のみが英文のメールで海外より未承認薬を個人で輸入していたのです。

そもそも迫りくる抜け毛の恐怖の前では善悪の判断力は著しく低下し、さらに当時は日本国内で正規品が発売されていない事もあり、致し方ない事情もありました。

1999年06月に大正製薬からミノキシジル1%含有のリアップが発売され、2005年12月にはフィナステリド含有のプロペシア・・・そしてつい先日の2016年06月13日にはGSK グラクソ・スミスクラインより待望の還元酵素5αリダクターゼⅠ型.Ⅱ型阻害物質、デュタステリドが主成分であるザガーロ®カプセル0.1mg/0.5mが発売され表向きは個人輸入の必要性はなくなりました。

しかし正規品に比べ安価な個人輸入はなによりも経済的な問題を内包しているのです。

最近は医療機関で処方されるお薬でさえジェネリック医薬品を推奨されジェネリックと粗悪なコピー薬との区別が、かなり曖昧な形で理解されているようです。

そして、お隣中国では粗悪なコピー薬が大きな社会問題になっているのです。


世界最大の偽薬集散地 中国 日本語吹き替え版(4分45秒)New Tang Dynasty Television




上記のような粗悪なコピー薬に医師や医療関係者のような専門家ですら騙される事もあるのです。


ここで簡単にジェネリック医薬品(後発医薬品)とコピー薬、そしてニセモノ(模倣品)との区別の定義について簡単に説明しておきましょう。


ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれ医薬品の有効成分(主成分)単一の特許期間が満了した後に他の製薬会社が同一の有効成分で製造・販売する医薬品の事です。

医薬品の開発は莫大な開発費用と気の遠くなるような歳月が必要です。

他社開発の有効成分が使用できれば大幅な開発費と時間の節減となり先発品と比較して安価な価格で提供が可能なのです。

尚、近年は健康保険財政を考慮して後発医薬品の使用を積極的に奨励されています。


次にコピー薬です。

有名なのはインド製ですが、大前提として先進諸国とは医薬品に関する制度や法体系が大きく違います。

発展著しいインドですが、個人所得は先進諸国と比較するとまだまだ低く、これが法体系の違いに大いに関係しています。

また日本のように充実した国民皆保険制度は存在せず高額な医療機関を受診する事は難しく風邪と思われる程度の体調不良なら売薬で済ませてしまうのが普通です。

しかし、その売薬ですら先進諸国と同様の価格で購入する事は困難なのです。

結果、同一の有効成分を主張し製法を変えるだけの低価格のコピー薬が多数出回る事になります。

2005年には医薬品の特許に関する大幅な法改正がありましたが、根本的な問題は解決されていません。


そして最後に医薬品のニセモノ(模倣品)についてです。

プロペシア®に関しては日本国内正規品では確認されていませんが、海外では既にニセモノが存在すると日本MSDの公式webサイトで警告しています。

メルク社製のプロペシアと同一のパッケージに模倣されており、本物と比較しないと区別がつかないかも知れません。

またED治療薬のバイアグラもかなりのニセモノが流通していると言われ製造メーカーのみならず各国の行政機関が警告を発しています。

ニセモノが大量に流通する裏には大掛かりな偽造集団が暗躍している可能性も否定できません。


コピー薬とニセモノ(模倣品)にはこんな違いあると理解して頂けてば幸いです。



コピー品やニセモノ(模倣品)などは有名ファッションブランドや子供たちが遊ぶ玩具にも存在し、頻繁に回収騒ぎを起していますが医薬品における健康被害は桁違いです。

もちろん国内の製薬・化粧品メーカーの正規品にも健康被害は存在しますが海外製の国内未承認薬ではメーカーの補償はおろかサポートも受けられません。


因果関係は明確ではありませんが育毛関連でも健康被害を訴えるケースはあるようです。



国内未承認薬・・・私だったら怖くて使えません。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


【お断り】

当記事中に一部、厚生労働省ホームページより文章を引用していますが、厚生労働省ホームページ利用規約を順守して定められた方法で出典元の記載をして引用しています。



『参考資料』
上段は、厚生労働省 啓発パンフレット「健康食品や医薬品、化粧品、医療機器等を海外から購入しようとされる方へ」の画像。
下段は、厚生労働省 啓発パンフレット「医師・歯科医師による医薬品等の個人輸入について」の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

タカロフェン スキャルプクリーム、生産中断のお知らせ メディカルファーマシューティカル

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月15日(水)00時55分48秒 softbank126010210054.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「タカロフェン スキャルプクリーム、生産中断のお知らせ メディカルファーマシューティカル」と題して、大脳生理学者でありAGA(男性型脱毛症)治療では世界的権威である、伝説の医療機関クリニックビタボナの開設者である孤高の天才ドクター、医学博士・故高橋日出彦先生が自らの研究機関、薬理学中央研究所で発明した傑作物質、遊離脂肪酸吸着物質タカロフェンを配合した頭皮洗浄用クレンジングクリーム、タカロフェン スキャルプクリーム(旧名称、スカルペリクリーム)の現在の供給体制についての話題です。


平素より当AGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)を、ご利用頂きまして誠にありがとうございます。

サイト管理人として衷心より感謝し厚く御礼申し上げます。


AGA(男性型脱毛症)独自治療プログラム 新アロペシア治療法・・・それは師匠から弟子に密かに受け継がれる一子相伝の治療法であり独自に開発されたアイテムと門外不出のスーパー治療薬は己の悪しきDNAとの壮絶な死闘に勝利する為の神の盾と表現しても過言ではないでしょう。

近未来型の毛髪再生医療が注目される、この2016年の現在でも考案者の高橋先生の治療コンセプトは決して色褪せる事はありません。

しかしどのような効果的な治療薬であっても外用薬である以上、ターゲットに到達させる事は至難の技なのです。


多くの方は毎夜入浴後にバシャバシャと頭に育毛剤をふりかけて手指でマッサージしていますよね?

そう儀式と呼ばれるあの行為ですよ(笑)

でもそれで本当に成分が頭皮下に浸透していると思いますか?

もしかしたら育毛剤の半分以上は無駄になってしまっているかも知れません。

手指でのマッサージも逆効果になっているとしたら、どう思いますか?

高橋先生は、これらの問題を解決する為に独自に開発したアイテムと治療薬を組み合わせ治療法を考案したのです。


まず治療薬に配合する主成分は物質のサイズの小さいものを選択しています。

物質のサイズが大きければターゲットに到達しません。

この場合、頭皮上で蒸発して無駄になるだけです。

近年、注目されているメソセラピー療法などは新アロペシア治療法で配合される成分と比較して物質のサイズが一桁違うためにシリンジなどの医療機具や専用の機器が必要なのです。


そして、そのターゲットとはズバリ!毛穴深部・・・毛包なのです。


しかし毛穴は多くの場合、皮脂や老廃物などの角栓様物質で蓋がされた状態にある為に、まず物質の通り道を確保しなければなりません。


それを、自宅に居ながらいとも簡単に可能にしたのが、医学博士・故高橋日出彦先生が対AGA用に開発した遊離脂肪酸吸着物質タカロフェン配合の新アロペシア治療法の必須のアイテムである頭皮用洗浄クリーム「スカルペリクリーム」なのです。



『参考資料』
医学博士・故高橋日出彦先生が自らの研究機関、薬理学中央研究所で対AGA用に開発した吸着成分タカロフェン配合の新アロペシア治療法の必須のアイテムである頭皮用洗浄クリーム「スカルペリクリーム」の大変貴重な画像。
http://6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000155M.jpg

頭皮用洗浄クリーム「スカルペリクリーム」の表面ロゴマークと裏面の商品説明部分の拡大画像。
http://userimg.teacup.com/userimg/6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000155_2.jpg

メディカルファーマシューティカル様製作・提供の有効成分タカロフェンの脂肪酸吸着実験データとAGA治療では世界的権威であり、伝説の医療機関クリニックビタボナの開設者である孤高の天才ドクター、医学博士・故高橋日出彦先生のプロフィールの紹介画像。
http://userimg.teacup.com/userimg/6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000159_2.jpg



毛穴のすぐ脇に存在する皮脂腺から発生した皮脂は、当初毛穴から排出されますが、活性型男性ホルモン5αDHTの影響により過剰に分泌されるようになります。

毛穴上部が詰まりだすと今度は一転して毛穴深部を、めがけて下方に逆流を開始します。

大量に逆流し行き場を失った皮脂は活火山直下のマグマ溜まりのように皮脂溜まりを形成します。

こうなると毛包は極度の低酸素状態に陥り、細菌繁殖の温床と化すのです

さらにフケや脂漏などの老廃物が頭皮上にうず高く堆積し、頭皮のコンディションを悪化させるのです。



Comedo of the pore of a scalp 【back of the head】(8分52秒)




『参考資料』
タカロフェン スキャルプクリーム、バナー設置のお知らせ メディカルファーマシューティカル  投稿日:2013年11月 7日(木)22時14分6秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/178

タカロフェン スキャルプクリーム メディカルファーマシューティカル  投稿日:2013年 7月14日(日)23時39分2秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/159

クリニックビタボナ スカルペリクリーム   投稿日:2013年 2月11日(月)19時49分56秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/155

ビタボナ メディカル・コスメティックス ビタボナアソシエイツクラブ  投稿日:2012年 9月30日(日)21時08分15秒
http://6726.teacup.com/kagurazaka/bbs/127



この「スカルペリクリーム」が、「タカロフェン スキャルプクリーム」と名称を変え密かに復活していたのは患者の皆様方もご存知の事と思います。

当初、取り扱いディーラーである広島県のメディカルファーマシューティカル様にもそれなりに在庫があり当サイトでもお知らせする事ができました。

しかし告知後は販売ディーラー様のご好意もありセット品のまとめ買いも多く急速に在庫が底を突いたようです。

そこで再生産という事になる訳ですが、事はそう簡単ではありません。

基本的には新アロペシア治療法の患者さんを対象としているので、正直そこまで数がでる製品ではありません。

製造メーカーに生産を委託する場合一回の発注単位は最低1000本程度になる為にビジネスとしては中々成立しずらい部分はあります。

従って現在、残念ですが生産再開の予定はありません。


・・・とは言え新アロペシア治療法にとっては必須のアイテムである事は間違いありません。


今年に入り在庫状況と生産再開予定の確認の為にメディカルファーマシューティカルのご担当者である中島様と電話で話をしましたが「このまま埋もれさすには惜しい、もったいない!」と意見は一致しています。

あとは患者の皆様方をはじめ一般にユーザーの支持を、どれだけ集められるかが重要になってきます。

まとめ買いされた方も徐々に本数が少なくなるにつれて不安になってくるものです。


そこで皆様方にお願いがあります。

発売元のメディカルファーマシューティカルのご担当者の中島様へ『タカロフェン スキャルプクリーム再生産の要望の件』と題して要望のメールをお願いしたいのです。


*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

メディカルファーマシューティカル
担当:中島
TEL 082-507-3351
FAX 082-507-3352
MAIL dct_ism★yahoo.co.jp (PC)
MAIL dct_ism★softbank.ne.jp (MOBILE)
〒731-0822 広島市西区庚午中3-8-2-301

*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*

スパムメール防止の為に@を★印に置き換えてあります。


前回の告知時は患者以外の方には在庫の問題もあり強く推奨しませんでしたが今回は違います。

この製品に興味のある方にもお願いします。

門外不出のスーパー治療薬であるMX-E系治療薬の効果を最大限に引き出す為に絶対に必要なアイテムです。


タカロフェン スキャルプクリーム・・・必ずや復活させなければならない必須のアイテムなのです。



さぁ私を信じてついて来なさい!



【追記】

当記事で使用しているタカロフェン スキャルプクリームの画像は制作及び著作権者の広島県のヘアケア製品の販売ディーラー、メディカルファーマシューティカル様の使用許諾を得ています。

また連絡先の公開も同様に許諾を得ています。



『参考資料』
上段は、メディカルファーマシューティカル様製作・提供のタカロフェン スキャルプクリームのオリジナル画像。
下段は、メディカルファーマシューティカル様製作・提供のタカロフェン スキャルプクリーム皮膚吸着作用と改善例の画像

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

HARG神 まさる様① PRP毛髪再生療法の開始を宣言!

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月12日(日)14時16分18秒 softbank126015040143.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「HARG神 まさる様① PRP毛髪再生療法の開始を宣言!」と題して、日本国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®の患者として有名なHARG神 まさる様がPRP毛髪再生療法の開始を宣言され併せて海外の動画をご紹介するという話題です。


PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)・・・それは近年、日本国内でも急速に認知度が高まってきた再生医療のひとつなのです。


PRPは患者本人の静脈血を採取し遠心分離、濃縮した後に自己多血小板血漿を患部に注入する治療法です。

血管や細胞はもちろんの事あらゆる損傷部位に対し修復作用が高く、また作用の持続時間も長いとされています。

生体が本来持っている自然治癒力を最大限に引き出す・・・それがPRPなのです。


そして当サイト唯一の相互リンク先である『はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』の管理人であり、HARG神の誉れ高い、まさる様がいよいよ近未来型の毛髪再生医療のひとつであるPRP毛髪再生療法の開始を宣言されたのです。



『ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/

2016年05月15日 PRP毛髪再生法!?
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-215.html

2016月05月31日 PRP療法、アンケート結果!! その他費用について
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-216.html



2013年07月22日に日本毛髪系サイト界に突如彗星の如く登場した、まさる様は頭髪クリニックの薬物治療に60万円また近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®には100万円以上を賭け毛髪への飽くことなき執念を見せつけてくれました。



2013年07月22日 第1回『ブログを開設した理由』
http://hargdefusafusa.blog.fc2.com/blog-entry-1.html



自らの頭皮に課せられたAGA(男性型脱毛症)という重い十字架をバネに薄毛と恋愛をテーマにスタートしたブログは、HARG療法®を中心に女性との出会いと別れなど薄毛諸氏たちにも興味深い内容となっています。

頭髪の完全復活と恋愛成就、その苦難の道のりを克服する管理人まさる様の姿勢に対し多くの読者が熱い共感を寄せています。


HARG神の誉れ高い、まさる様が新たに54万円の大金を投じ、いよいよ近未来型の毛髪再生医療のひとつであるPRP毛髪再生療法に挑戦するのです。


それではPRP毛髪再生療法に関する海外の動画をご紹介しましょう。



Hair Loss Treatment - Platelet Rich Plasma (PRP), Queens, Brooklyn, Nassau County, NYC
(2分15秒)




上記の動画は、米国ニューヨークにある医療機関、Cross Bay Physical Medicine & Rehabilitation P.C.(Benjamin Bieber医師)で制作された動画です。



HARG神 まさる様とPRP毛髪再生療法・・・どちらも目を離せない存在になりそうです。



さぁ私を信じてついて来なさい!



『参考資料』
上段は、HARG神 まさる様のブログ『はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』のPRP毛髪再生療法の開始宣言時のページ画面の画像。
下段は、HARG神 まさる様のブログ『はげ治療、ハーグ療法に100万円以上かけ続ける年収240万サラリーマンの発毛挑戦実録!!』の当サイトとの相互リンク時のページ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

AAPE®の総本山 韓国バイオテクノロジー企業 Prostemics社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月12日(日)01時20分45秒 softbank126114182025.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「AAPE®の総本山 韓国バイオテクノロジー企業 Prostemics社」と題して、日本国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®で使用されるAAPE® ヒト由来脂肪幹細胞抽出タンパクの開発・製造メーカーである韓国のバイオテクノロジー企業 Prostemics社の概要と同社制作のプロモーションビデオをご紹介するという話題です。


HARG療法®・・・それは日本国内で最も知名度の高い近未来型の毛髪再生医療です。


そして、そのHARG療法®の最大のキモが、AAPE®(Advanced Adipose-derived stem cell Protein
Extracts)なのです。

AAPE®はヒト由来の脂肪幹細胞から抽出したタンパク質であり、製造時の上澄み液を凍結・乾燥させパウダー状に加工されています。

このAAPE®パウダーには150以上の成長因子が含まれており、さらに各種の成分とブレンドしHARGカクテルとして患者に提供されるのです。

尚、HARG療法®の総本山である日本医療毛髪再生研究会では当初、生体タンパク質AAPE®から放出される各種因子を単にグロスファクターと表現していましたが現在ではサイトカイン製剤であると説明しています。


そのAAPE®を開発しているのが、お隣韓国のバイオテクノロジー企業 Prostemics社なのです。


Prostemics社公式webサイト(英語版)
http://prostemics.com/en/


2005年09月に韓国の首都ソウルに設立されたProstemics社は先進的かつ革新的な研究開発型企業としてAAPE®をはじめペプチド・ヒアルロン酸などを応用したヘアケア製品、スキンケア製品やアトピー性皮膚炎の治療薬の開発もしています。

設立時よりヒト由来の脂肪幹細胞研究に注力しており、現在では米国、中国、日本、シンガポールにも製品や成分が供給されています。


それでは同社制作のプロモーションビデオをご覧頂きましょう。

6分以降には、HARG療法®開発者であるHARG治療センター総院長・福岡大太朗先生も登場します。


[AAPE] Bio-tech for Stem Cell & Protein(8分09秒)




厳格な管理の下、製品が製造されているイメージですね。


2009月07月にはHARG療法®を統括している日本医療毛髪再生研究会の関連企業メトラス株式会社とAAPE®に関する包括的な契約を締結し、より一層強固な関係を構築しています。


尚、毛髪再生医療HARG療法®及び皮膚再生療法メソスキン療法で提供されているAAPE®パウダーは諸外国に供給される製品と比較して濃度2倍の専用品が提供されています。


『参考資料』
近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®で使用されるAAPE®パウダーの画像。
http://userimg.teacup.com/userimg/6726.teacup.com/kagurazaka/img/bbs/0000196_2.jpg


化粧箱側面にHARG&SKIN、日本向けの専用品である事の表示があります。



Prostemics社 AAPE®パウダー・・・革新的な製品である事は間違いありません。



さぁ私を信じてついて来なさい!



『参考資料』
上段は、韓国バイオテクノロジー企業 Prostemics社公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、近未来型の毛髪再生医療 HARG療法®で使用されるAAPE®パウダーの画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル0.1mg、0.5mg 発売日決定!&男性型脱毛症情報サイト 発毛web グラクソ・スミスクライン株式会社

 投稿者:神楽坂フジ丸@管理人  投稿日:2016年 6月11日(土)14時10分36秒 softbank060071122006.bbtec.net
編集済
  いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

さて本日の投稿テーマは「男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル0.1mg、0.5mg 発売日決定!&男性型脱毛症情報サイト 発毛web グラクソ・スミスクライン株式会社」と題して世界的製薬メーカーであるグラクソ・スミスクライン株式会社が発売を予定している還元酵素5αリダクターゼⅠ型.Ⅱ型阻害物質、デュタステリドが主成分である男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル0.1mg/0.5mの発売日情報と同社が提供している男性型脱毛症情報サイト『発毛web』を、ご紹介するという話題です。


近年は細胞工学を駆使した近未来型の毛髪再生医療ばかりが薄毛・若ハゲに悩む方々に脚光を浴びています。

もちろん最先端の医療情報を求める気持ちは十分理解に出来ます。

確かに今までにない幹細胞を応用した治療方法は薄毛や若ハゲたちの頭皮と気持ちを刺激するには十分なのかもしれません。


しかし忘れてはならないのが、お薬での治療です。

近未来型の毛髪再生医療は、かなり高額な治療費が発生し、さらに十分な満足が得られない場合もあります。

治療前に担当医とのカウンセリングで詳細な説明があり、AGA(男性型脱毛症)の進行が軽度の場合は外用薬や内服薬を勧められるケースもあるのです。

もし現在AGAでお悩みで、一般用医薬品や医療用医薬品を、ご使用でない方がいるのであればAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)の管理人である私は是非ご使用になるべきであると考えます。

そしてその医療用医薬品の最後の切り札が世界的製薬メーカーであるグラクソ・スミスクライン株式会社が満を持して発売を予定している還元酵素5αリダクターゼⅠ型.Ⅱ型阻害物質、デュタステリドが主成分である男性型脱毛症治療薬ザガーロ®カプセル0.1mg/0.5mなのです。



『参考資料』
GSK グラクソ・スミスクライン株式会社公式webサイト
http://jp.gsk.com/jp/


GSK グラクソ・スミスクライン株式会社公式webサイト



2015年09月28日、グラクソ・スミスクライン株式会社は厚生労働省より「男性における男性型脱毛症」の効能・効果において、還元酵素5αリダクターゼⅠ型/Ⅱ型阻害薬である男性型脱毛症治療薬 ザガーロ?カプセル0.1mg」「ザガーロ®カプセル0.5mg」の製造販売承認を取得しました。


AGA(男性型脱毛症)は性ホルモンの分泌が活発になる思春期以降に発現する進行性の生理現象です。

それは自然の摂理、遺伝の法則に従って引き起こされるのです。

一般的には特別な疾患とは考えられていません。

しかしQOL(Quality of Life:生活の質)という観点からは、かなり問題があります。

現在、日本国内だけでもでAGAでお悩み方は約1,260万人いると言われ20代はもちろん10代でも抜け毛や薄毛でお悩みの方は増えているのが実情なのです。

まったくの初心者であればAGA治療に理解のあるドクターの下でザガーロ®のような医療用医薬品を処方して頂き併せて一般用医薬品の外用薬を併用し、まずは増大した脱毛数を正常値レベルまで戻す事が非常に重要なのです。


中には「抜け毛が少なくなったくらいじゃなぁ~」と思う方もいるかもしれません。


しかし増大した脱毛数を正常値レベルまで戻す事はAGA治療の基本中の基本なのです。

これが出来れば治療の第一段階は完了と考えていいでしょう。

頭皮を温存しておく事は何より大切な事なのです。


それでは男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセルの現在までの供給体制についてです。


2015年09月28日に同社は厚生労働省より、還元酵素5αリダクターゼⅠ型/Ⅱ型阻害薬である男性型脱毛症治療薬 ザガーロカ®プセル0.1mg」「ザガーロ®カプセル0.5mg」の製造販売承認を取得し当初2015年11月24日に発売を予定していましたが、医療関係者向けのプレスリリースによると委託製造工場である仏キャタレント社ベインハイム工場において、製造工程の一部でフランス当局より指摘を受け生産が停止、原因究明が完全になされるまで全世界的に出荷を停止する処置を取っていました。

2015年12月の追加情報では、「現在原因の調査中であり、一刻も早い発売に向け鋭意努力している」と医療関係者向けに情報提供しています。

2016年01月の同社の発表によると、デュタステリド配合の前立腺肥大症治療薬「アボルブ®カプセル0.5mg」の保留在庫に関しては、日本国内においては代替薬がないという事もあり、フランス当局と協議の結果、出荷可能になったようです。


2016年3月14日には、アボルブ®カプセル0.5mg キャタレント社ベインハイム工場での製造再開ならびに出荷調整解除の発表もあり、ザガーロ®カプセルも順次生産が再開されるものと考えていました。


安定的な供給体制が整えば近いうちに同社から正式な発売日の発表があると考えていましたが、医療関係者向けのプレスリリースでは、2016年06月13日に正式に発売日が決定しました。


また同社は男性型脱毛症に関する正しい情報提供を目的としたWebサイトも開設しています。



『参考資料』
男性型脱毛症情報サイト 発毛Web グラクソ・スミスクライン株式会社
http://hatsumo-web.jp/


男性型脱毛症情報サイト 発毛Web グラクソ・スミスクライン株式会社



同サイトでは男性型脱毛症に関する最新情報が提供されており「AGA大辞典」や「髪のデータバンク」などのコンテンツも充実しており、より理解が深められる内容になっています。





尚、大脳生理学者でありAGA治療では世界的権威である、伝説の医療機関クリニックビタボナの開設者である孤高の天才ドクター、医学博士・故高橋日出彦先生の学問上の愛弟子でありDNAとスピリットの継承者である医学博士・栗山源慎先生(医療法人社団・土合会 セントラルクリニック『育毛・発毛外来』)もザガーロ®カプセルの導入を決定しています。


お近くの方は、ご相談だけでもされてはいかがでしょうか!



『参考資料』
医療法人社団・土合会 セントラルクリニック
http://www.centralclinic.co.jp/index.html

品川シーサイドセントラルクリニック
http://www.centralclinic.co.jp/clinic/shinagawa.html

鹿島セントラルクリニック
http://www.centralclinic.co.jp/clinic/kashima.html




男性型脱毛症治療薬 ザガーロ®カプセル・・・2016年06月13日の発売日が待ち遠しいものです。




さぁ私を信じてついて来なさい!




【追記】

神楽坂フジ丸の運営・管理するAGA(男性型脱毛症)科学的検証サイトGet!及び併設の掲示板であるGet!Forum(公開討論室)では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。




『参考資料』
上段は、GSK グラクソ・スミスクライン株式会社公式webサイトのトップ画面の画像。
下段は、GSK グラクソ・スミスクライン株式会社が提供している男性型脱毛症情報サイト『発毛Web』のトップ画面の画像。

http://www.geocities.jp/kagurazaka_fujimaru/

 

レンタル掲示板
/5