teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 似顔絵 大原美術館 美観地区(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


これからの人生

 投稿者:けんじ  投稿日:2014年 5月29日(木)21時38分42秒
返信・引用
  僕は43歳まで職を5年から10年サイクルでキャリアUPとう言う転職をしてきましたが、プロになった職業が今の日本、世界には無くなってしまって、困り、学生時代に経験のあるガソリンスタンドで今(51歳)はアルバイトをしています。危険物乙4の免許も今年、1回パスしました。これからの人生はどうなっているのかは、分かりませんけれど、いままで、不思議と思い、理想、妄想した通りの人生になっているので、楽しみです。チモト先生も見ててね。  
 

美観地区に行きました。

 投稿者:けんじ  投稿日:2013年11月15日(金)20時25分50秒
返信・引用
  先生、こんばんは。13,14日で美観地区と羽鷲山温泉に行きました。美観地区には先生はいませんが、隣でアクセサリーを販売している平田さんと2年ほど前から懇意になり、頼まれていたものを渡しました。上田コーヒーのママも一段と元気で安心しました。仕事も決まり、これからは何時行けるかわかりません。  

2013 秋です。

 投稿者:けんじ  投稿日:2013年 9月24日(火)22時24分22秒
返信・引用
  先生、今年の夏は記録的な猛暑でしたね。今日は9月24日ですけど昼間はまだ30度超えです。きっと、すぐに冬が来て大雪で都会は麻痺すると予想します。最近が異常なのか正常なのか地球規模で考えると1000年、万年単位でみれば、予想外の事が地球にとっては正常なのでしょう。人類破滅に日々、近ずいている。福島の原発はチャイナシンドロームになっていると僕は感じます。  tarako65@gmail.com  

三回忌

 投稿者:けんじ  投稿日:2013年 9月 4日(水)19時38分37秒
返信・引用
  チモト先生がいなくなって3回目の夏が終わろうとしています。あれから、年に2回は美観地区を訪れていますが、やはり寂しいですね。僕も先生の処へ行きたいのですが、なかなか神様のお許しがでません。まだ、修行が足りないのでしょうね。  

みなさんへ

 投稿者:けんじメール  投稿日:2012年 2月 1日(水)00時23分18秒
返信・引用
  このホームページを先生の為に何かに活用しませんか?先生は女好き、金も好きでしたからその辺でモダイクのかからないサイトが僕はいいかな?と思います。  

本当に良かったんですか?

 投稿者:AOI  投稿日:2011年 2月15日(火)03時51分36秒
返信・引用
  思いがかなって良かったのか?・・・・・僕には解りません。本当にハチャメチャな人で、幾ら言っても聞かなかった。最後の最後まで約束は果たせませんでしたね!
せめてもう一度一緒に対面似顔絵をやりたかった。

いろいろありましたが、今の僕があるのは師匠・・・・貴方のお陰なんです。嘘ばっかり・・・言ってたくせに

これも嘘でしょ、嘘であってほしかった・・・・・
今でも実感がなくて、もう馬鹿げたHPも覗けなくなってしまったじゃないですか・・・・・・・・

 

ご冥福をお祈り申し上げます(_ _ゞ

 投稿者:GAPPE号船長  投稿日:2011年 1月16日(日)12時29分25秒
返信・引用
  存じ上げませんでした;
自宅にあった画材を持って、何度か大原美術館前まで足を運んだのですが、
最近ちっともお目に掛かれないなぁ、体調を崩されたのかなぁ?って思ってましたが・・・
「まさかっ!」という気持ちです。
いずれ後から参りますから、天国で似顔絵道を磨いて待ってて下さ~い(_ _ゞ

http://www2.oninet.ne.jp/t-inoue/

 

(無題)

 投稿者:けんじメール  投稿日:2010年12月 5日(日)21時50分34秒
返信・引用
  先週、倉敷の上田コーヒーに行ってきました。来年のママの誕生日には毎年、花を進呈していたんだね!!さすが、男前、来年のママの誕生日には、いい夢を見せてあげてね。先生様。  

ご愁傷さまです。

 投稿者:けんじメール  投稿日:2010年11月26日(金)07時11分55秒
返信・引用
  チモト先生は6月に天国に旅行に行かれたそうです。もう、あの楽しい笑顔は見れないです。生きる勇気を与えていただいて、ありがとう御座いました。
チモト先生を知る方、coco11157744@yahoo.co.jp まで連絡ください。けんじ。
 

 投稿者:けんじ  投稿日:2010年 6月29日(火)20時53分45秒
返信・引用
  先生が亡くなられたと言う噂が大阪まで飛んできました。誰か真意をご存じの方、書き込みをお願いします。  

今日訪ねましたが

 投稿者:けんじ  投稿日:2010年 6月25日(金)01時51分59秒
返信・引用
  6月24日、訪問しました。先生は何処に、引っ越しいたのかな?心配です。  

車で行きますから住所教えて下さい。

 投稿者:藤井寺バイク野朗メール  投稿日:2010年 6月23日(水)23時37分32秒
返信・引用
  こんばんわ。先生、藤井寺のバイク野朗で事故していまプー太郎です。自分用の自動車を買いました。カーナビを使って先生のご自宅まで行きたいと思います。この前はバイク2時間さがしてたどりつきましたが合えませんでしたね、kkkk7744@yahoo.co.jp まで住所を送ってください。よろしくお願い致します。美味しいものでもたべましょう!!  

先生へ

 投稿者:けんじメール  投稿日:2010年 5月30日(日)21時48分14秒
返信・引用
  絵を描いていただきありがとうございます。近い内に今度は車で行きます。一回、ウエダにもコーヒーを飲みに行ってください。みんなが、先生のことを心配しています。人間として光栄なことですよ。  

辻くんへ

 投稿者:gataro  投稿日:2010年 5月28日(金)19時38分55秒
返信・引用
  それにしてもお怪我なおり、なにより・・・・・・まいちゃん、大きくなりましたね!! まったくもって残念です。私は近くの川に釣りにいってました。まいちゃんと奥様の下書きデッサンです。 怪我した 辻君とまいちゃんです。 私も単車で何度も怪我をいたしました。そして今は酒をとめられいるので心療内科の薬で誤魔化しています。無理をしないでください。 出来たら、ご住所お願いします。よろしく

http://www.rak1.jp/one/user/gataro8/

 

辻くんへ

 投稿者:gataro  投稿日:2010年 5月28日(金)19時37分27秒
返信・引用
  それにしてもお怪我なおり、なにより・・・・・・まいちゃん、大きくなりましたね!!

まったくもって残念です。私は近くの川に釣りにいってました。まいちゃんと奥様の下書きデッサンです。

怪我した 辻君とまいちゃんです。


私も単車で何度も怪我をいたしました。そして今は酒をとめられいるので心療内科の薬で誤魔化しています。無理をしないでください。

出来たら、ご住所お願いします。よろしく

http://www.rak1.jp/one/user/gataro8/

 

けんじ

 投稿者:けんじメール  投稿日:2010年 5月21日(金)20時18分55秒
返信・引用
  先日、体調が良くなったので倉敷に行きました。先生には会えませんでしたが、ウエダのママから絵の注文がたくさんあるけれど、先生に連絡が付かないと言っていましたよ!また、行きます。よろしくお願い致します。  

オートバイ

 投稿者:けんじメール  投稿日:2010年 5月21日(金)19時53分21秒
返信・引用
  先生、先日、体調が良かったので、倉敷に行きましたが先生とは、お遭い出来ませんでした。ウエダの美味しいコーヒーを2回飲んで、帰りましたが、ウエダのママから聞きましたが、絵の注文が殺到しているが先生と連絡が付かなく困っているそうです。誕生日のプレゼントも渡したいそうです。  

生きる意味?

 投稿者:gataro  投稿日:2010年 5月12日(水)01時23分45秒
返信・引用
  吉備博物館より依頼の制作途中だが、描いていて涙が止まらないのだ。この上品なご夫妻が、なんと憲法第25条が国民に保障した生存権を勝ち得た人なのです。

それにしてもこんな女性、日本からおらなくなりましたね。

昨日も天満屋が税金使って倉敷駅前に移転し、その移転セールに血眼の女が六万人押し寄せたというから、驚き桃の木、山椒の気だよ。

私の祖父さんの話によると、私の家は手広く大阪で昆布屋してましたが、西大寺の片田舎からリヤカーで「灰」を売りつけてにきたのが「天満屋」の始まりだそうです。




話がそれましたが、橋口ご夫妻の「人間裁判」に戻ります。


 橋口ご夫妻の裁判は「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」-憲法第25条が国民に保障した生存権ですが、これを本当に根付かせたのが「朝日訴訟」です。憲法を暮らしに生かす出発点となった画期的な裁判闘争です。

 結核患者で生活保護を受けて岡山の療養所生活をしていた朝日茂さんが1957年に訴訟に至ったきっかけは、福祉事務所が30年以上も音信不通にあった兄を探し出し、朝日茂さんへの仕送りを迫ったことにあります。兄は月1500円の仕送りをすることになりましたが福祉事務所はこの1500円のうち日用品費として600円を朝日茂さんに渡すが、残り900円を国庫に取り上げるという決定をしました。
 月600円は、当時の生活保護基準で、肌着は2年に1枚、パンツは1年に1枚、ちり紙は一日に1枚半という、およそ人間らしい最低生活を保障するものではありませんでした。朝日さんは、厚生大臣を相手にせめて月1000円の生活必要品費を認めよと裁判を起こしました。憲法25条の定める最低生活保障を求めて毎日血を吐く重症の結核患者が生命をかけて訴えた「人間裁判」でした。

 そして、1960年10月東京地裁は月600円の生活保護基準は憲法25条違反だとする画期的な判決を下し、「国家は国民に健康で文化的な最低限度の生活を保障する義務がある」としたのです。まさに憲法25条に勝利というべき判決でした。厚生省は、この判決を不服とし控訴しましたが、生活保護基準を全面改正し、日用品費の基準は一挙に1.8倍に引き上げました。

 人間裁判は、東京高裁では逆転敗訴、そして1964年の朝日さんの無念の死を乗り越え、養子となった朝日健二さんが裁判を引き継ぎましたが、1967年最高裁は「生活保護受給権は一身専属のもので相続は認められない」との訴訟終了判決で幕を閉じました。

 今、社会保障の全面改悪の下で憲法25条は完全に無視され、さらに改憲策動の中では生存権保障規定の見直しさえ言われています。今一度、この人間裁判に学び、憲法25条を守り根付かせる闘いが必要となっています。

 大阪では、それこそ生活保護基準をはるかに下回る月数万円の年金で一人暮らしの高齢者から数千円の介護保険料を年金天引きすることに対し、「憲法違反だ」とする裁判(介護保険違憲訴訟)が2001年に起こされ、介護保険料に怒る一揆の会を中心に闘われています。社会保障の一つであるべき介護保険制度が高齢者の生存権を侵害するという逆立ちした事態を告発し、高齢者の人間らしい生活と尊厳を求めた「現代の人間裁判」というべきこの介護保険料裁判を大きく支援し、介護保険改悪や障害者施策の全面改悪の策動に国民的な反撃を起こしましょう。

http://www.rak1.jp/one/user/gataro8/

 

女に食わせて貰い、二日酔い!!の私だが・・・・・・

 投稿者:gataro  投稿日:2010年 5月 5日(水)10時44分0秒
返信・引用
  女に食わせて貰い、二日酔い!!の私だが・・・・・・



次のような記事があったので、書いておきます。





際限なき時代に巣食う「心の過労」
AERA4月12日(月) 12時57分配信 / 国内 - 社会
──じっくり、心を込めて、仕事をすることが難しくなっている。
効率的に、極限の仕事量をさばくのが日常となりつつある。
あるコラムをきっかけに、いま働く人たちが抱える心の問題を巡った。──

 雨の月曜日は普段にも増してイライラ感が募っている。
 湿気が充満した満員電車の車内。乗客は下を向き携帯電話をいじっている。急ブレーキがかかり傘が隣の人に倒れかかる。舌打ちするだけで謝らない。
 改札の外には、宣伝文句をがなり立てながらビラを配る人。傘を広げようとするサラリーマンは、ビラに目もくれず迷惑そうに過ぎていく。落ちたビラが雨に濡れてぐちゃぐちゃに踏みつけられている。誰も自分以外のことには関心がない。
「剥がしても剥がしても張りついてくる薄い寂しさのようなものを、私たちは今抱えている気がする」
 一橋大教授で精神科医でもある宮地尚子さんは、3月17日の朝日新聞夕刊にこんなコラムを寄せた。読んで心が激しく共振した。殺伐とした砂漠のような社会で働く、一人の労働者として。

■尊厳守る最低ライン

「デフレで物の値段が下がる。物を作り、運び、売る人たちの価値が値切られる」
「肉体は動きを止めれば休養できるが、頭や心は職場を出てもすぐにスイッチを切れない」
「不安の時代」と言われるが、宮地さんは「不安」ではなく、「寂しさ」と書いた。いま労働者が直面する日常の救いようのなさは、寂しいという感情になってまとわりつく。
 最近私が取材した、従業員80人ほどの印刷会社で働く男性(31)は、こんなことをボソリとつぶやいた。
「際限がなくなっている気がするんですよね。これまで安心や安全やクオリティーのために、暗黙の了解で守られてきた一線が破られていく感じがします」
 昨年末に取引先から、「印刷代20%カット」を要求された。どんな不況期でも、「1メートル当たり1.6円」を死守してきた。それは「労働者の尊厳を守る最低線」でもあった。デフレや不況の前にはその最低ラインさえ存在しないかのような、値切り交渉を持ちかけられる。
 一方でここ数年、品質への要求水準がどんどん高まっている。目を凝らさなければ気づかない印刷のズレ、ごくわずかな発色の違い、本質的な機能には関係ない微細な部分まで完璧を求められ、その分仕事は増えていく。少しでも基準からずれれば、作り直しを命じられ、納期前は終電帰りの日が続く。「労働量の際限のなさ」を感じる。
 そんな究極の状態で、彼はあるとき年上のベテラン作業員が連発した単純ミスに、苛立ちに任せて怒鳴ってしまった。
「なんでこんなこともできないんだよ」
 ぶちまけたらスッキリするどころか、なぜあんな言い方になったのか、家に帰っても自問自答した。タイミングを見計らって、失礼な態度を謝った。
 胃炎、過敏性大腸症。体調を崩して病院に行くと、原因はストレスと診断されたという。
 穏やかな口調で話す大手メーカー勤務の女性(32)も、同じような経験を口にした。ある時、職場で自分が発した大声に驚いたことがあるという。
「そんなこと言ったってしょうがないでしょ」
 クライアントから急遽、変更要求が入ったからやり直してほしいと、上司から指示された。チームのメンバーは彼女だけが正社員で、ほかはほぼ年上の派遣や契約社員。彼女は気を使いながら、言葉を丁寧に選び、メンバーにやり直しを伝えた。だがメンバーからは、なんで余計な仕事をしなくちゃならないの?と、文句がこぼれた。どうにもならず、叫ぶしかなかったのだ。
「イライラしてすみません」
 次の日、彼女は饅頭を配って謝った。
 矛盾する要求の板挟み、終電まで働いてもさばききれない仕事量、いびつな社員構成……。職場で心を蝕むものを挙げればキリがない。でも誰も責めることはできない。理不尽な指示を出す上司だってパンパンだし、派遣社員たちにだって言い分があるのはわかっている。
 宮地さんのコラムには、こう書いてある。
「優秀だからこそ『よい人』でありたいと思う人も多いが、人の痛みへの共感は、自分をも傷つけかねない」

■善意や思いやりが凶器

 今の職場では、善意や思いやりさえも自分への凶器となって跳ね返る。気を使い、心を砕くことよりも、悩みもしないで効率的にこなすことの方が賢いとされてしまう。
「一番ひずみがたまっている現場かもしれません」
 そう言って、話を聞かせてくれたのは神奈川県の公立小で教員をする女性(34)。
 個々の児童に合わせた教育が求められ、会議や報告書の作成量が以前に比べ格段に増えた。親からは、クラス運営やクラス替えのメンバーについて細かい要求が入る。かつては「ちょっと個性的でやんちゃ」だった子どもに、病名が付けられ特別対応を迫られる。
 もともとは、子どもたちのために少しでもよい教育をしたいという学校や親たちの思いだ。でも、それは教師という個人のキャパシティーを超え、本末転倒な結果を生む。子どもから、
「先生、話があるんだけど」
 と言われても、忙しさのあまり後回しにしてしまったことがある。新人の教員たちの相談にもゆっくり耳を傾けたいが、余裕はない。
 そのひずみは彼女自身の子育てにものしかかる。今7歳の娘がアトピーやぜんそくに苦しんだ時期があった。病院でお母さんの忙しさが原因では、と言われた。どうしようもなかった。
 後輩の女性教員たちからは、
「そんなふうに仕事も子育てもするなんて絶対ムリ」
 と言われる。ここまで必死に働いて、後輩から目指されない存在でしかないって、何なんだろうと感じる。

■ゆっくり味わいたい

 確かなのは、そんなふうに働くことや生きることを誰も望んでいないということだ。それなのに、殺伐とした日常に私たちは搦めとられている。
 どうしたら抜け出せるのか、手がかりを教えてもらいたくて、宮地さんに会いに行った。
「私も答えを持ち合わせていません」
 宮地さんはそう前置きし、自分自身もストップできない日常に巻き込まれていると語った。ただ、ほんのちょっとした意識の大事さを教えてくれた。
「目には見えないけれど、脳や心にもキリがあることを意識すること。だれも万能ではないのだから、疲れたら少しでいいから肩から荷をおろすこと。『できる人』と自他ともに認める人やトップに立つ人ほど、『できない』と言う勇気をもつこと。みんなが少しずつ降りることを実践すること。そんなことしかないんじゃないでしょうか」
 小さなことから始めてみる。メールを見ない時間を作る。返信が少しぐらい遅れても割り切る。電車の中でまで寸暇を惜しんで情報をかき集めたり勉強したりしない。待つ時間や何もしない時間の豊かさを感じる……。そんなことで「心の過労」は少しずつ癒されていくのではないだろうか。
 前出の印刷会社で働く男性は、意識的に歩くことを心がけた。歩くために、少し早めに仕事を切り上げるようになった。歩く間は自然と頭が切り替わる。心が随分解放されたという。
 宮地さんの近著『傷を愛せるか』にはこんな一節がある。
「味わいたい。ゆっくり味わいたい。そう心が叫ぶ」
 忙しさから逃れてたどりつきたい境地は、丁寧に、心を込めて、ただ仕事を味わうことだ。
編集部 木村恵子
(4月19日号)




私はヤクザを嫌う、新しいヤクザな人間なのだろうか。

http://www.rak1.jp/one/user/gataro8/

 

timoto

 投稿者:gataro  投稿日:2010年 5月 3日(月)21時50分1秒
返信・引用
  似顔絵 宏プロ、女に食わせ背手、二日酔い!!「第九章??

http://www.rak1.jp/one/user/gataro8/

 

レンタル掲示板
/13